ペット検査の原理が証明する糖の怖さ

PET検査を受けました。と言われる方が増えてきましたね。

1ミリのガンを見つけるという早期発見検査

ガンの再発転移を確認するための検査としても広く使われています。

日本で活躍するPET検査ですが、欧米などでは使用禁止とされています。

許可されているのは、日本、韓国、台湾のみというのはどういう事でしょう・・・

このPET検査は、全くもってあてにならないことが判明しています。

国立ガン研究センターの調査でも「85%ものガンを見逃していた」という怖ろしい事実が分かっています。

見逃しだけでなく、誤診も多いPET検査。

ガンでないものをガンと診断しています。

PET検査の原理はいたって単純です。

ガンは糖が大好きなことをご存知ですか?

ガンは糖を食べて活動しています。

そこに目を付けたのがPET検査です。

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、ガンと診断されます。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理です。

誤診が多い理由は、船瀬俊介氏によれば、炎症箇所にもPETは反応するという。

扁桃腺炎にまで反応

しかも、ブドウ糖をエネルギー源にする脳はPET撮影をすると真っ白に映るとか・・・

これは脳転移の診断はいったいどうなのでしょうね・・・

それ以前に、ガンはブドウ糖を多食する細胞であることが分かっていながら、病院はブドウ糖をどんどん投与する。

砂糖がガンのエサになっていることを知っていながら病院は患者さんに伝えないのはなぜでしょうね・・・

自分へのご褒美やストレス発散に甘いスイーツを食べている人の体の中では、ガン細胞が確実に活性化されています。

ガンは糖をエサに活動していること

砂糖はガンを増殖させる

この事実を教えてくれる病院がどのくらいあるでしょうか・・・

PET検査、CT検査においても危険性がどのくらいあるのか伝えるべき事実ではないでしょうか。

日本は、何かあればすぐさまCT検査です。

日本のガン患者の約1割がCT検査による発ガンであるという近藤誠医師

知らずに一生懸命、真面目に検査する洗脳社会で生きてきた私たち日本人。

知ろうとしない罪の大きさを感じますね。

自分の命は自分で守る

子どもの命を守れるのは親だけです

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

引き算の医学がNK細胞も活性化

まずは9割の医療を引き算!

***************以下 いのちのガイドブックより引用******************************

「地上から9割の医療が消え失せれば、人類は間違いなく健康になる」

メンデルソン博士の言葉を思い出してください。

つまり、現代医学の9割が不要なのです。

それどころか有害無益です。

日本の医療費40兆円のうち、36兆円は不要です。

世界の医療費、推計1000兆円のうち900兆円は不要ということになります。

これが引き算の医学なのです。

新医学への第一歩です。

**********************************************************************************

薬が足し算の医療であるなら、引き算の医療はファステイング(断食)です。

薬、添加物、食べ過ぎ、ストレスなどが足し算された毒素

これらを引き算する断食は心と体の毒素を排出します。

生まれてから足し続けてきた毒

この毒素を排出しなければ自然治癒力も働きません。

心身ともに浄化させなければならないということです。

断食でガンを治った人もいますから、どれだけ足し算の生き方がマイナスを生んでいたのかがよく分かります。

ガンのエサはブドウ糖以外にないという

そのブドウ糖を増殖させているのが、悪玉タンパク質をだそうです。

タンパク質が関与してブドウ糖を出させ、ガンを増殖させてしまう。

この悪さをするタンパク質をカットするには、断食しかないということです。

また、断食をするとどんなことが起きるかというと

くっついた赤血球が離れて、毒素が腸内に流れ込み、宿便となって排出されます。

脂肪細胞もどんどん減り、正常化していきます。

空腹時が細胞活性のチャンスです。

私たちの体の中を常にパトロールしてガン細胞を発見しては食べてくれているNK細胞

このNK細胞も空腹時にしっかりと役目を果たしてくれています。

私たちは、食事をすると眠くなったり、だるくなったりします。

それと同じく、私たちが食事をして血液を通し栄養が運ばれてくると、NK細胞もお腹いっぱいになり働き方が鈍くなってしまいます。

NK細胞をしっかり働かすためにも少食、または断食が効果的だといえます。

数カ月に1度、3日断食をします。

私の場合は水と塩と活性酸素を除去する抗酸化物質のみ摂取しています。

3日経過後は心身ともにスッキリです。

私の場合は、断食終了翌日あたりに一気におトイレで毒素が排出されます。

まずは腹7分目の少食から始めてみるのも良いでしょう

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

カンジタ症を繰り返す人はがんになりやすい?

カンジタ膣炎を毎年、数カ月に一度、毎月、繰り返す人

それは免疫が低下している証拠ですから要注意です。

カンジタ膣炎とは、何かしらで免疫が低下したことで、カンジダ菌が膣に侵入し異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

昔に比べ、現代の女性はおりものが増えていることも原因のひとつです。

細菌など、異物を出そうとする反応のひとつであるおりもの

このおりものが増えた理由は食べ物や環境の変化からです。

動物性の食事が増えたこと

添加物や農薬、薬などの化学物質が増えたこと

食事の回数、量が増えたこと(おやつや夜食など)

これに加え、不快感を軽減するために、化学製品であるおりものシートやウォシュレットを使うようになり、さらにカンジタ症は増えています。

また、症状も悪化しています。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれていますが、これは大変な有害化学物質といわれています。

発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっており知らず知らずのうちに子宮を冷やしています。

子宮が冷えれば免疫力が低下してカンジタ菌は増殖します。

冷えは癌などの病気を招き、癌は真菌の塊です。

これ以上、真菌を増殖させないよう生活を改める必要があります。

癌を治すためには、カンジタ症にならない生き方をすることです。

カンジタ膣炎を繰り返す人は要注意です。

子宮を冷やさないこと、体を鍛え体力をつけること

そして、免疫力を下げないようバランスよく栄養を摂取しましょう。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

放射能から体を守る

放射能による子どもの健康被害が関東でも心配されています。

福島市、郡山市などでは、多くの子どもが甲状腺ガンを発症しているという情報がありますが、関東にまで影響が出てきているのでしょうか・・・

福島原発事故前の子どもの甲状腺ガン発症の割合に比べ、今では145倍にもなっているそうです。

福島だけでなく、関東の子どもたちの白血球の数値も低くなってきているとか・・・

原発との関係性はわかりませんが、放射線を受けると骨髄細胞が白血球を作り出すことができなくなるのは確かですね。

いずれにしても、子ども達の健康状態は心配です。

もちろん、子どもだけでなく大人も同じです。

最近は、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都の方からのご相談が非常に増えています。

偶然ではないように思います。

なかでも30~40歳代の甲状腺ガンの方が多いように思いますが、部位はそれぞれです。

この地域は低レベルの放射線ということで、あまり意識されていなかったのではないでしょうか。

無防備できたために、数年経った今、表れてきたのかもしれません。

ガンでなくても、最近よく風邪をひくなど免疫の低下が気になる方も増えています。

ガン発症はこれからもっと増えていく可能性があります。

放射能からの体を守るためには、抗酸化物質を積極的に摂ることです。

ガンにならないように毎日味噌汁

ガンになったら味噌汁

生きた味噌を毎日摂ることをおススメします。

また健康食品を上手に活用して、自分の体は自分で守るしかないことを意識することです。

食事だけでなく、規則正しい生活と適度な運動を心がけたいですね。

風邪を引きやすい、胃腸炎を起こしやすい、そんな方は特に気を付けた方がいいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

毒素の排出は胃液を薄めないこと

食事のとき、水やお茶など水分を摂りすぎていませんか?

水分を多く摂ると、胃液が薄くなってしまい、消化が悪くなります。

その結果、体内の水分の排出がスムーズに出来なくなり、浮腫みなどが起きます。

つまり、毒素の排出が抑制されさます。

ガンは、毒素の塊

毒素の排出がスムーズに出来ることが大切です。

食事前の30分、食後の3時間は水分を控えることがポイント

実は、これは食中毒などの予防にもなります。

食べものと一緒に病原菌が胃の中に侵入してきても、胃液で病原菌を消毒し、十二指腸へ流れることなく、食中毒や感染症を阻止できます。

水分だけでなく、しっかりと噛んで食べることで胃液の欠乏も防げます。

しっかりと噛んで噛んで砕いて食べれば、本来、食事中の水分は必要ないのです。

水を飲まなくても飲み込めるように噛むこと

この噛む回数が、本来の咀嚼と言われます。

現代人は、噛む回数が少なく、水分がないと食事が摂れないようになっています。

しっかり噛むと、唾液もしっかり出ます。

唾液は、天然の抗ガン剤

しっかり噛んで食べるようにしたいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ミトコンドリアをメインに

私達は、エネルギーの生成に「解糖系」と「ミトコンドリア系」の2つを働かせています。

「解糖系」は糖質からエネルギーをつくっています。

炭水化物を糖に変え、皮膚や骨髄など細胞に働きかけ体をつくるエネルギーとなります。

「ミトコンドリア系」は酸素からエネルギーをつくっています。

とても持続性に優れていて、脳や神経細胞に働きかけ持続的エネルギーとなります。

この2つが働いて私達の体は動いているのですが、年齢により瞬発力のある「解糖系」がメインで働いたり、また持続力のある「ミトコンドリア系」がメインに変わったりします。

若い時は「解糖系」でエネルギーをつくります。

だから、若い時には炭水化物であるご飯をしっかりと食べ「解糖系」を働かしていました。

しかし、40歳頃を境に今度は「ミトコンドリア系」の働きがメインになってきます。

私達が吸った酸素が血液を介して細胞内のミトコンドリアに届き、届いた酸素を使ってミトコンドリアはエネルギーをつくります。

ここで忘れてはいけないのが、ミトコンドリアは酸素と体温が揃わないと働いてくれません。

しかも若い時と同じように炭水化物をしっかり摂りつづけていると、メインが「ミトコンドリア系」から「解糖系」に切り替わってしまいます。

そこで何が起きるかというと、多くの酸素を取り込むミトコンドリア系は、解糖系がメインに登場してくると、取り込んだ酸素を活性酸素に変えてしまうのです。

つまり、炭水化物をしっかり食べていると、ミトコンドリアが誤作動を起こし活性酸素が大量に出てしまうということです。

そして、ミトコンドリアが出した活性酸素が、強い抗酸化力で細胞を酸化させてしまうのです。

するとガン、脳卒中、糖尿などの病気が発生してしまいます。

メインが「ミトコンドリア系」に切り替わる年齢にきたら、糖質が豊富な食品は控えることが健康の秘訣です。

ミトコンドリアを元気に!! 

とくガンの方はそうです。

「解糖系」はガン細胞が大好きな環境です。

メインが「解糖系」になってしまうと、ガン細胞は喜び増殖します。

ストレスを感じたら甘いもの

疲れたら甘いもの

この瞬間に「解糖系」が動き出すことを頭に入れておいて下さいね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

機械論と生気論のがん治療

機械論の西洋医学では、病気を治すのは医者であるという

生気論の代替医療、では、病気を治すのは自然治癒力であるという

生気論とは科学理論ではなく、目に見えない人間の生命と信念であること

エビデンスがないことにこだわる方がいらっしゃいますが、ご自身の体を見て頂いたら分かります。

擦り傷が出来ても、やがてかさぶたになります。

手を切っても、やがて傷口がふさがってきます。

これが自然治癒力の立派なエビデンスです。

ガン治療においても、機械論派 と 生気論 に分かれます。

私個人的には、一部の急性期を除けば生気論派です。

目に見えない力が、ガン治療には非常に大きく影響することは、私は自分自身の経験や、たくさんのガン患者さんの実際の体験で確信しています。

信じることからみなぎってくる喜びのエネルギーが最高の自然治癒力を引き出すことは言うまでもありません。

思考と言霊が痛みを和らげる

信じない人は別として・・・

本当はみんな自然治癒力を信じてみたいものです。

私のクライアントさんも皆さんそうです。

しかし、現実は一番多いパターンは、西洋医学ので三大療法を受けてきた結果、再発転移を繰り返し、結果、病院から見放された。

もしくは、三大療法をこれ以上続けることに命の危機を感じた。

散々やって最後に気付く・・・

こんな方が一番多いです。

そして、現在、三大療法進行中の方です。

この方々も、三大療法が体に良くない事、副作用の重大性、次なるガン作ってしまう危険性はよく分かっていらっしゃいます。

ですから、決して三大療法を好んで受けている訳ではなく、薬が体を治すという洗脳、エビデンスにこだわる機械論が自分の意思の邪魔をし、苦しんでいたり

また、自分の力を信じることが出来なかったり・・・

そんな方々ですから、抗ガン剤の副作用の軽減、抗ガン剤成分の解毒、術前術後の免疫力の維持、放射線による酸化防止などを目的に取り組まれていらっしゃいます。

治療に対する安心材料にもなっている方もいらしゃいます。

私は、新医学宣言でも専門家として賛同、協賛していますの本来のガンのメカニズム、三大療法の実態はお伝えします。

しかし、自分が信じきれない時もありますから、そんな時はせめて解毒とリンパ球活性に自然療法を活用して過ごすのもありでしょう。

もうひとつは、自然体が一番良いという考えの方です。

代替療法、自然療法のみという方です。

人は自然体が一番であり、ガンになったのは不自然な生活をしてきたため

ですから、自然体に戻すには、自然の恵みのみを頂き、自然のエネルギーをしっかりと活かす。

心も体も自然体。

そして、口に入れるものも出来る限り自然のもので・・・。

この自然派のほとんどの方は、親御さん、ご兄弟が過去に抗ガン剤で苦しんで亡くなっています。

それを目の当たりにしてこられ出された結論です。

人任せではガンは治せないことをよくご存知ですから、自分で治す覚悟と責任をもってされています。

ホメオスタシスに目を向けること

皆さんそれぞれですが、どの療法を選ぶかも、実は目に見えない力が働いています。

ガンに対して、生命に対してどんな思いがあるのか・・・

ここが大きな別れ目となるでしょう。

ガンはなぜ増殖するのか はこちらから

自分の自然治癒力を信じる

自分の力を信じたい・・・ 

私は、そんな想いの方のお手伝いをさせて頂きます。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

腸内環境とがんの関係

便秘に悩む方が多いですね・・・

食事や運動不足だけでなく、社会ストレスも影響しているでしょう。

しかし、この腸は生命活動において非常に重要な役割をしています。

腸内環境がすべてだといっても過言ではないでしょう。

腸の中には、1000兆個もの腸内細菌が存在すると言われています。

しかし、近年はこの腸内細菌の数が少なくなっている方が増えています。

その結果、どうなるかというと、ガンになりやすくなります。

これは、植物繊維の摂取量が減ったことが考えられます。

腸内細菌は、植物繊維をエサに細菌の数を増やしていきます。

腸内細菌は3種類に分けられます

体に良い働きをする「善玉菌」 

体に悪さをする「悪玉菌」 

善玉菌でも悪玉菌でもなく、強い方の味方をする菌「日和見菌」

健康な人の場合、善玉菌15%、悪玉菌10%、日和見菌75%の割合で腸内細菌のバランスが取れていると言われています。

ここで鍵を握っているのが日和見菌です。

日和見菌は、善玉菌が強い時には善玉菌側、悪玉菌が強い時には悪玉菌側になってしまうという、良くも悪くも働く菌なのです。

善玉菌と悪玉菌の差はわずか5%ですから、油断すると悪玉菌に日和菌がくっついてしまいます。

いかに善玉菌を増やすかということです。

乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすと免疫が高まります。

善玉菌を増やすには、外から入れる食事です。

まずは、善玉菌のエサとなるものをしっかり摂ることです。

そして、自分の中にある自律神経も大きく関係してきます。

ストレスなどで自律神経のバランスが崩れると、内臓の働きを狂わせてしまいます。

緊張すると下痢をしたり、環境の変化で便秘になったり・・・

自律神経のバランスから腸の環境も影響を受けています。

良い腸内環境を保つためには、ストレスをかけない生き方、またストレスを回避出来る自分でいれば、腸の環境も良くなり、免疫も上がってきます。

ストレス回避は・・・

ここでも自律神経が登場です。

自律神経は体のすべてを支配していますよ。

自律神経を整えることの重要性を感じますね。

これも自分次第です。

一方、悪玉菌が増えると大変なことが起きてしまいます。

タンパク質やアミノ酸を分解して毒性のある腐敗物がつくられてきます。

これは、腸の免疫細胞を傷つけてしまいます。

免疫細胞が傷つくということは、ガンになりやすくなるということです。

間違った栄養学・・・

腸内環境がガンと大きく関係していること

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすこと、バランスは大切だと言えますが、やはり全体的に腸内細菌の数を底上げしていくことが重要です。

ガンを治すためには腸内環境を整えることです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの1割はCT検査で??

私たち人間の生命には、正常を保つという働きがあります。

これが、自然に治癒しようとする力、つまり自然治癒力です。

自然治癒力こそが生命の根本原理なのです。

昔から伝わる民間療法は、この自然治癒力を活かすものです。

しかし現代は、生命の根本を無視して、痛いところや不調が起きれば薬でなおす

それどころか、病気を見つけるためにX線検査で被ばくし、生命の根源である自然治癒力を壊していっています。

【日本のガン患者の1割はCT検査で発ガン?】

~ 船瀬俊介氏 ご著書より抜粋 ~

CT検査の原理は、レントゲン撮影と同じX線照射・・・

被ばく量は、最低でもレントゲン撮影の300倍。

X線被ばく量もレントゲンの数千、数万倍と物凄い値になる・・・

X線には、強い発ガン作用がある。

つまり、CT装置の正体は、強烈な発ガン装置なのです。

これを見ると、ぞっとします。

放射線は、大量の活性酸素を生みだし、自然治癒力を落としてしまいます。

病気を見つけようとしたことで、病気をつくってしまう・・・

矛盾した話ですね。

大切なことは、病気にならない体をつくること

私たちは、常に1日数千から数万個のガン細胞が生まれてきています。

しかし、生命の根源である自然治癒力が働いているおかげで、ガンにならずに生活できているのです。

この自然治癒力が弱まると、ガンなどの病気が起きます。

自然治癒力を損なわないこと

体に負担になる検査に頼って自然治癒力を落とすより、自然治癒力を高める生き方をすることの方が大切だと感じます。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告を受けて気づくこと

● 再発転移を繰り返す

● 余命宣告を受けた

今、まさに気付くときではないでしょうか・・・

生命には自ら治そうとする力があります。

『ひとは、体のなかに100人の名医を持っている』

医聖ヒポクラテスの有名な言葉にある名医こそが、自分の自然治癒力です。

人間だけでなく、野生動物や植物にも備わっています。

自然治癒力をしっかりと働かせることで、癌になることを防いでくれています。

がんになったということは、自然治癒力がうまく働いていないということ

それなのに、さらに自然治癒力を損なうようなことをしてしまえば、癌が治ることから遠ざかってしまいます。

薬・手術・放射線は自然治癒力を落とします。

これらは、がんを治すものではなく、目の前にある塊をとりあえず消す方法です。

自然治癒力を奪えば、再発転移をしてしまうのは当然

それどころか、余命宣告まで受けることになるのです。

本当に癌を治しているのであれば、がんになる前より今の方が、少なくとも元気なはず

癌を小さくするために、癌を消すために弱ってしまったのでは、元も子もないのです。

癌の根本治療とは、がん細胞を攻撃することではなく、がん細胞を正常細胞に戻すこと

癌を治すのは、薬でも手術でもなく、自分自身の免疫、自然治癒力であることに気付くときではないでしょうか・・・

末期がんであっても、余命宣告を受けてもあきらめない

気付いたときがチャンスだと思い、取り組んで頂きたいとせつに願っています。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)