森林浴でナチュラルキラー細胞の活性化

眠れなくなった、眠りが浅くなった・・・

ガンになると、不安からくるストレスで睡眠の質が落ちてしまいがちです。

雨が降るだけで、憂鬱な気分になったりもします。

ちょっとした変化でも大きなストレスとなってしまいます。

特に耳から入る音はかなりの刺激を与えています。

不快な雑音はもちろん、人の発する言葉にも異常なほど敏感になり、気分が沈んだりします。

それらが苦痛となり、人と接することを避けてしまい、家にこもった生活になる傾向があります。

そんな時は、自然のなかに出掛けてみませんか?

森林浴は、副交感神経を優位にし、樹木の香り、葉の揺らぐ音、森林の空気は最高の癒しを与えてくれます。

森林でのリラックス効果は、日々の雑念を忘れさせてくれるほどです。

時に環境を変えることは非常に有効なのです。

自然のなかで2日間過ごすとナチュラルキラー細胞が40%近く高まるといわれています。

日々の生活に戻れば意味がないと思われるかもしれませんが、実は、1ヶ月後でも約10%の効果が継続できるといわれています。

つまり、自然の音や色、森林の空気は、癒されるだけでなく生命エネルギーにスイッチを入れてくれるのです。

自然のなかで、しっかりと人間の五感を働かすことで自然治癒力を高めていきます。

野生動物を見習わないといけないということですね。

自然がいっぱいだった時代は、人間もガンなどの心配もなかったはず・・・

人間は、不自然な生き方、環境がらガンをつくってしまったのです。

時には森林浴に出掛け、緑を見て、自然界の音を聴いて、森林の空気を吸って心を落ち着かせる

心も体も心地よく感じることが、ガンなおしの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す