酸化はがんを進行させる

酸素を吸い込むと必ず発生する活性酸素

強い酸化力をもつ活性酸素は、侵入してきた菌やウイルスをやっつけてくれます。

しかし、この活性酸素は酸化力が非常に強いため、増え過ぎると自らをも酸化させてしまうのです。

つまり、私たちの体は活性酸素によって酸化されていくのです。

そして、酸化した体はガンなどの病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素が過剰に発生する原因には、ストレス、薬品、添加物などがあげられます。

なかでも大量に活性酸素を生んでしまうものは、ガンの三大療法です。

ガンの根本原因である体の酸化を引き起こす状況を自らつくってしまうのです。

酸化は、ガンの進行に大きな影響を与えます。

つまり、三大療法だけをしていてはガンはなおるどころか、進行させてしまう可能性が高いのです。

抗ガン剤、放射線は非常に強い酸化力にやってガン細胞を死滅へともっていきます。

しかし、それ以上に正常な細胞まで酸化させてしまいます。

体が酸化してガンになり、治療によってまた酸化が進む

ガンという塊だけに目を向けている結果です。

いくら塊を攻撃しても、切り取っても、体は酸化するだけ

酸化を促進すれば、再発転移、進行の道に進んでいきます。

酸化してしまった体をキレイにしていくことを考えなければ、どんな治療をしても、いたちごっこのままなのです。

塊が消えたからといって安心ではないのです。

塊だけにとらわれず、からだ全体に目を向けること

これが本当のガンなおしです。

溜まった毒素は出す

そして、酸化させない生活をすることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す