減塩が、がんをつくる

減塩生活していませんか?

高血圧で病院にかかると、減塩しなさい、と言われるでしょう。

それもそのはず

日本人は塩を摂り過ぎているからと、厚生労働省が健康作り運動で2000年から1日10g以下にするようにとなっています。

私たち人間は、海から生まれた生命体の子孫であり、塩分を摂らなければ人間の体は機能しなくなります。

人間にとって塩は神様から贈り物なのです。

それなのに、減塩神話はおさまるところを知らず・・・

アメリカのダール博士が日本の血圧が高いことに注目

1960年に論文を出したことも減塩神話のきかっけのひとつでもあると言われています。

東北と九州の高血圧の発症と食塩の摂取量を調べた結果

東北の人は九州の人に比べ、食塩摂取量が約2倍多いことに伴い、高血圧発症も2倍になっていることから、塩が血圧を上げるということになったようです。

それもそのはずです。

寒い地方の人は血圧が高くなるのは当然のこと

私たちの体は、寒さから体を守るために血圧を上げて血液の循環を良くしています。

つまり、血流をよくするため、体を冷えから守るためには塩分が必要なのです。

塩分が不足すると、新陳代謝が衰え、体力のみならず気力まで減退します。

足腰が痛いのも減塩から起きる筋肉疲労に可能性もあります。

何といっても、この減塩がガンを増やしているのです。

もちろん摂ってよい塩は、自然塩です。

化学塩は精製過程でビタミン、ミネラルは失われています。

塩が使われている調味料も化学塩ではなく、自然塩が使われたものを選ぶことをおススメします。

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す