腹7分目が免疫を上げる

腹八分で医者いらず

腹六分で老いを忘れ

腹四分で仏に近づく

1935年コーネル大学の調査で、カロリー60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することがわかっています。

私達は『白血球』により免疫が保たれています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、それを白血球が食べています。

栄養を取り込んだ白血球も私達と同じようにお腹いっぱいになります。

白血球のなかのNK細胞もお腹がいっぱいになると、ガン細胞を発生しても食べようともしません。

ガン細胞だけでなく菌に対しても同じです。

私達が空腹のときには、白血球も空腹になります。

お腹が減った白血球は、ガン細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫の力です。

免疫を上げるためには、空腹の時間をつくることです。

三食きちんと食べるのは、人間くらいです。

さらには、間食が加わる

これでは、免疫細胞の働きが悪くなり、病気も増えてきます。

そして、現代は食べれば食べるだけ、添加物も摂ってしまう食生活です。

出来る限り余分なものは入れない

免疫を高めるにも、腹七分目を心がけたいですね。

自分の大切な人生のために

がん三大療法だけに頼らない生き方

こんな方に選ばれています。

●抗がん剤の副作用が怖い

●再発転移を繰り返した

●自然療法を選択したい

こちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

有酸素運動をする

運動は苦手という人でも出来るのがウォーキングですね

有酸素運動としてもウォーキングや、水中歩行はおススメです。

全身を使い、リズミカルな呼吸で、筋肉に酸素を送りながらするのが有酸素運動です。

軽過ぎず、激しすぎない運動

つまり気持ちよいと感じる運動が適した運動です。

歩くのであれば、いつもの1.5倍くらいのスピードが目安です。

感覚としては、少し汗ばむくらいですね

1日30分から1時間 歩くだけでも生活習慣病の予防や改善に大きく役立ちます

運動が苦手な人も、歩くことなら出来ますね

ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆さまのご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

消化吸収とがんの関係

私たちが食べた物は、酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されていきます。

1日程度かけて消化吸収がおこなわれます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されます。

小腸で消化にかかる時間は、およそ7~9時間

消化酵素によって吸収できる大きさまで分解されます。

そして、大腸で水分と残りの栄養素を吸収し、25時間~72時間ほど腸内に停滞した後、便として排出されます。

夕食は就寝の3時間前にはすませましょう、とよく言われますね。

胃のなかのものが消化される時間ですね。

ただし、お肉などの脂質は3時間では消化されません。

また、食事の時に水分を摂りすぎてしまうと胃液が薄まり、消化に時間が必要となってきます。

食べ物が長く胃腸に残っていると、ガンをはじめとするさまざまな病気の原因にもなりますね

水分を摂るタイミングも大切です。

この水分も、冷たいものとなると消化以外の面でも負担がかかってきます。

冷たいのもが胃に入ると、冷えた胃を守るために全身の血液が胃に集まってきます。

この時間は、4~5時間といわれています。

体を常に正常に保とうとする防御機能です。

4~5時間、全身の血液が胃に集められている間、他の器官はいったいどうなっているでしょう。

実は、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

当然、代謝機能が落ち、老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まっていきます。

食事中の水分摂取量と冷たいものには気を付けたいものです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)