免疫を高めることを重視する

前立腺ガンになると治療をするのが当たり前の日本

治療を全くしないと言われているのがスウェーデン

この差はなんでしょう。

肺ガンの治療は日本は、抗ガン剤、放射線、手術

(以下 船瀬俊介氏のご著書より抜粋)

カナダで最も多い治療法は『無治療』23%

最近の研究では、何もしない患者が最も治りやすいことがわかってきたという。

「手術」はたったの6%(日本は17倍)

「抗ガン剤」はなんと5%(日本は20倍)

「抗ガン剤」と「手術」は3%(日本の33倍)

日本では国際レベルにくらべて、抗ガン剤は20倍、手術は17倍も多い

私たちが、ガンになれば当たり前と思っていた治療が、実は当たり前ではなかったと気付きますね。

最近は、確かに日本も抗ガン剤、手術を拒否する人が増えてきているように思います。

考え方も皆それぞれ違うのですが、最も大事なことは自然治癒力を高めること

つまり、免疫を上げていくことです。

抗ガン剤、手術をしたのに再発、転移する

その原因は、免疫力の低下と過剰な活性酸素です。

そもそもガンになるような免疫力しかないわけですから、そこにさらに抗ガン剤や手術などで免疫を著しく低下させてしまったら、再発転移するのも当然です。

しかも、二次発ガンの危険性のある抗ガン剤をすれば、活性化酸素が大量に発生することはこれも当然のこと

手術も同じですね。

切り開いたり臓器をとると、ガンなどを防御する体の機能が失われてしまいます。

そうなると再発転移は起きても不思議ではないことですね。

これらを踏まえた上で選択するべきでしょう。

選択は、個人の自由と自己の責任です。

いずれにせよ、どんな治療を選択をしても免疫を高めることに重視することですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す