がん治しで孤独を感じたら目線を変えてみる

ガンになると孤独感が強く表れます。

ひとりのときに寂しさからくる孤独感

家族でいるときに持つ孤独感

寂しく、悲しく、苦しく、ときには恐怖感すら覚えます。

私も孤独感に苦しんだ経験があります。

同じように孤独を感じ、苦しむ方は少なくないのではないでしょうか。

苦しいからこそ、我慢したり、隠したり、また孤独を感じる自分が情けなく、ただただ涙だが出続けることもあるでしょう。

家族がいるのに孤独を強く感じてしまう

ガンになると少なからず死というものが、どこかチラチラと存在します。

だからこそ、この世に自分が必要とされているという実感が欲しいのは誰しもです。

そこで起きるのが孤独という感情です。

しかし、孤独感というものは、自分を振り返る最大のチャンスでもあります。

この世に無駄なものはないとしたら、孤独という感情にも必ず意味があります。

感受性と想像力を持っている私たちは、ガンになった人に限らず、みんな孤独です。

人はひとりで生まれ、ひとりで死んでいきます。

これが命の自然な姿です。

孤独は感じることで自己を認識するきっかけになります。

家族が居ながら孤独を感じるのはなぜでしょう。

寂しいから・・・

それだけでしょうか?

幸せだから、家族が大好きだから、とめどもない不安が孤独を強く感じさせているのかもしれません。

今の現状をすべて受け入れ、少し目線を変えてみませんか?

小さな喜びや幸せがたくさんあります。

孤独を感じるとき、小さな喜びや幸せが見えにくくなっているときです。

今、孤独を感じているなら少し、目線を変えてみるとよいでしょう。

自分の大切な人生のために

がん三大療法だけに頼らない生き方

こんな方に選ばれています。

●抗がん剤の副作用が怖い

●再発転移を繰り返した

●自然療法を選択したい

こちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す