がん細胞が出来る意味

ガン細胞は、体が生き延びるためにつくられます。

私たち恒温動物の人間は、、一定の酸素と温度が必要です。

この条件のなかで細胞が働き、生きています。

しかし、この条件に満たなかったとき

私たちの体は生き延びるために、悪い条件に似合った細胞を新たにつくりだします。

新たな細胞づくりは、私たちの体が生き延びるための手段なのです。

この新たな細胞が、ガン細胞なのです。

ガン細胞が出来てくれたおかげで、私たちは生き延びることが出来ているのです。

ガン細胞に感謝ですね。

だから、私たちが恒温動物に必要な環境を整えていけば、ガンは消えていくのです。

心臓はガンにならないと言われますが、これは血液を流し常に働いている心臓は、酸素と温度がしっかりとある好条件だからです。

健康に生きるためには、酸素と温度を意識して必要な環境ををつくっていくことです。

ガンの意味を知ることで、必要以上にガンを恐れない生き方が出来るのです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す