がん治療・・・・副作用も恐れない

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

突然のガン宣告で、準備も知識もない状態で治療が始まります。

壮絶な副作用で衰弱し、治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶ちません。

ガン治療による感染症で亡くなる人が減らないのは悲しい今の現実ですね・・・

副作用というものがつきまとう辛い治療

この副作用から体を守っていくのは自分でしかありません。

【毒をもって毒を制す】

これが現在のガン治療の現状ですから、副作用は起きても当然なのです。

だから、副作用は仕方ないことと諦めていませんか?

副作用の軽減も自分次第です。

まずは、副作用は自分で軽減することに意識を向けることが重要です。

副作用で苦しむことのないようすべては実践です。

ガン治療の副作用でお困りの方から多くのご相談を頂いています。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す