自分に最適な療法を選ぶには・・・

ガンをはじめとした情報は、あまりにも多く氾濫しています。

療法の選択に迷ってしまいます。

情報に振り回され、それだけで疲労してしまう方も・・・

多くに情報は、ガンに限らず症状の捉え方も違います。

溢れる選択肢の中から、どうやって自分に最適な療法を選べば良いのか・・・

まずは、なおったという症例や確率だけに捉われないことが大切です。

何を大切にしたいのか・・・ 

どう生きたいのか・・・

人生が違うように、ガンなおしもみんな違って当たり前

選択に必要なことは、自分自身の直感力と心と体の声です。

療法を決められず、ずっと悩んでいる方がいます。

悩みすぎは直感力を鈍らせてしまいます。

自分の体は、何を求めているのか、また何に苦しんでいるのか・・・

体の声をしっかりと聴いて受け取ることが重要です。

人の体は誰にもわかりません。

わかるのは本人だけなのです。

だから、直感を信じれる自分、心と体の声を聴ける自分になることです。

この前提には、自分に責任を持つということがあります。

自分にしっかりと責任を持ち、意識を変えていくことが大切です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す