がん自然退縮のとき

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・  がんと自然治癒研究所

 

ガンの自然退縮を目指している方

体調がとてもよく、これはガンが小さくなっているかも? と期待していたのに・・・

『ガンが大きくなっていた・・・』

『腫瘍マーカーが上がっていた・・・』

これは、ショックを受けてしまいそうですよね。

このことがきっかっけで、自分でなおすということをやめてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この現象は、自然退縮を目指す人にとっては、通らなくてはいけない道のようです。

ガンは、増殖が止まりガン細胞が壊死していく際に組織が膨張する現象があり、腫瘍マーカーの急激な上昇とCT画像での増大が起こることがある (安保徹先生)

CT検査では、腫瘍の大きさしかわかりません。

ガンが生きているのか、壊死しているのかもわかりません。

ですが、腫瘍の大きさと腫瘍マーカーだけを頼りにしていれば、当然、進行していると判断されるでしょう。

ガンの自然退縮のメカニズムを知らなければ、当然、焦ってしまうでしょう。

逆に、きちんと知っている人は、腫瘍の大きさや数値に振り回されることもなく、動じることもないのです。

なぜなら・・・

自分の状況は、自分の体の声を聞く・数値にとらわれない

これを大切にされているからです。

こうなるには、随分遠回りをされた方もたくさんいらっしゃいます。

つらい経験、悲しい現実を経験したからこそ、気付く人も少なくありません。

だから、信念がぶれれば、また薬物頼りの療法に逆戻りしてしまうこともよくわかっているのです。

先日もkさんからこんなメールを頂きました。

『今日、検査に行ってきました。結果は、1.5センチ大きくなっていました。マーカーは少しだけ上がってました (^^; でも、全然気にならないです。自分でも不思議ですが・・・前の自分なら落ち込んでいたと思います。 でも今は、自分で治すと決め、薬をやめたら、何だかすごくスッキリして、毎日がすごく楽しくなったからです。体調も前よりずっといいですから、これで良いと思います。感謝しています』

あれから、3ヶ月・・・

彼女の腫瘍は、6センチから2センチになっています。

彼女のように、明るく前向きに考えることが、またさらに免疫を活性化するのでしょう。

先日は、原因不明の39℃を超える高熱が出たとか・・・

自然退縮をする人の多くは、退縮前に発熱をしています。

彼女の信念が、現実となることを私も祈っています。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す