がんと真菌の関係

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方・・・・・   がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンと真菌は関係するのでしょうか・・・

「特に真菌とカンジダは、宿主の体を分解し、それを食べることで成長します。単独では繁殖できないので、そのためにも人体を必要とします。慢性疲労の健康状態が、多くの場合、カンジダのコロニー形成に起因することは驚くに値しません。患者は、身体的にも精神的にも非常に心地悪くなります。」

ガンとはこのカンジダ真菌感染症であると、トゥリオ・シモンチーニは主張する。

このイタリアの医師の主張を目にした時、子宮頸ガンの方との会話を思い出しました。

私がみてきた 子宮頸ガンの方に共通すること

「膣カンジタになりやすい」

ちょっと油断すると膣カンジタになっていたと皆さん言われます。

膣カンジタとは、カンジダ菌という真菌によって起こる腟炎です。

カンジダ菌は、健康な人の皮膚や粘膜にも常在しますが、免疫力の低下などにより、腟内のカンジダ菌が異常増殖して、腟カンジダを発症します。

腟カンジダは治癒しても、ちょっとした体調の変化や疲れ、薬の服用などで、またカンジダ菌が異常増殖し、再発してしまいます。

トゥリオ・シモンチーニ氏の主張が正しければ、ガンの方は、お刺身を食べてはいけないということは非常に重要になってきます。

違うとしても、ガンになるということは免疫が低下しているということですから、感染症などの原因となる生魚は避けた方が良いことは確かですね。

生魚からの感染症リスクは知っておく必要があります。

普段は免疫系が、真菌の増殖を抑制していますが、何らかの原因で、カンジダが強力な菌に変異する時、重大な健康問題が発生することになるということです。

感染症を予防するには・・・

免疫を高めること

疲れをためないこと

むやみに薬を使わないこと

殺菌効果の高い食品を摂ることです。

がんと自然治癒力研究所、推奨品はこちらから

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方・・・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す