自分がつくった「がん」に責任をもつ

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・・  がんと自然治癒研究所

40代子宮がんの女性からのご相談

癌が再発し、眠れず、息をするのも苦しいと感じる時があるそうです。

がん宣告を受けるまでは何の症状もなかったのに、病院に言われるがまま手術、抗がん剤治療をして、体力がなくなり、3ヶ月後には再発

さらに抗がん剤の投与をすすめられたものの不安を感じ、断ったところ医師から 『抗がん剤をやめたら年が越せない可能性がありますよ』 と言われたそうです。

最初の抗がん剤投与のとき 『今なら抗がん剤をすれば大丈夫ですよ』 言われ抗がん剤を投与

その3ヶ月後、再発

今、恐怖と不安の闘いのなか治療の選択を迫られているようです。

とても多いご相談内容です。

抗がん剤はどういうものなのか、自分でよく調べ、納得して選択することが必要ですね。

知らないことも自分の責任

当然、調べれば様々な意見、賛否が出てきます。

そのとき自分がどう直感的に感じとるか、なにを信じるかです。

選ぶのは自分

抗がん剤を選択したのも自分、病院に任せたのも自分自身です。

抗がん剤治療に限らず

責任はすべて自分なのです。

がんは自分の愚かさに気付くこと

自分でつくった癌に責任を持つことです。

気付いたら修正は出来きます。

気付かなければ修正も出来なかったのですから

気付けたことにまずは感謝ですね。

とらえ方が変わればモチベーションが変わります。

こんなにしたのになぜ・・・ととるのか

これだけでよく済んだ・・・ととるのか

この とらえ方ひとつでこれからが大きく変わってきます。

過去を責めても、悩んでも 状況は変わりません。

だったら少しでも良い方向でものごとをとらえ、不足ではなく充足に目を向けたいですね。

心が変われば体が変わります。

心が喜べば細胞も喜びます。

気付いたときが、大きなチャンスです。

気付けたことに感謝して、前向きに取り組んでいかれることを願っております。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。