がんに対する防御機能を失わないために

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ガンの療法は、自分で選ぶものです。

がん治療の選択はよく考えてからはこちらから

病院任せの西洋医学から、自分でなおす自然療法に切り替える人も増えています。

とはいえ、まだまだ西洋医学一辺倒の人が多い日本です。

残念ながら、病気は薬でなおす、病気は病院でなおす、と育てられた日本人ですから・・・

そんな中でも、少しずつ気付き始めた事実

ガンでつらい治療をしたにも関わらず、亡くなっていく人を見て疑問が出てくるものです。

私もその一人でした。

そんな中で目にした衝撃的な言葉

「治療を拒否した患者の平均余命は12年6カ月である。しかし外科手術、その他の(ガン)治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない」

「原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。人体には本来、あらゆる種類のガンに対抗する防衛機構が備わっているのだ」

(ハーディン・ジェームス博士、カリフォルニア大学)

その言葉が妙に納得出来た私でした。

初期の乳ガンであった知人は、念のためといい、全摘手術を受け、その1年後、リンパへの転移が見つかり、言われるがままリンパを切除

その3ヶ月後、転移が見つかり、抗ガン剤、放射線治療を繰り返した。

抗がん剤医薬品添付文書はこちらから

半年の間に、脳、肺、肝臓、骨へと転移し、それでも亡くなる直前まで抗ガン剤を投与し続けました。

結局、初期ガンから2年で彼女は天国へと旅立ちました。

亡くなる2ヶ月ほど前から激痛が走るようになり、モルヒネが手放せない状態に・・・

モルヒネを使った後は、まるで別人でしたね。

生気が無くなり、薬が生命力を無くしていることがはっきりとわかるくらい、目はうつろで口数も減りました。

生命の中心である腸の機能も完全にやられていました。

モルヒネの量は増すばかりで、幻覚を見るようになり、見ていて本当につらかったです。

最後の1ヶ月は、起きている時間が日に日に短くなり、最後はほとんど寝ている状態でした。

2年後、こんな姿になっているなんて誰が想像したでしょう。

ガンは切ったら治る、彼女はそう思っていたはずです。

一方、乳ガン ステージⅣで見つかったクライアントさんは、ガン宣告から2年経ちますが、普通に生活をしています。

彼女は、手術不可能と言われたことを機に、すべての治療を断り、食事や健康食品、運動、温熱など自分に合った自分療法を見つけ実践しています。

この2年のなかで、ご自身の生きる喜びも見つけることが出来、ガンになる前より笑顔がずっと増えています。

なぜ、このような結果が出るのでしょう・・・

私のがん体験はこちらから

野生の動物はガンにならないのに、なぜ人間はガンという病ができたのでしょう。

人間も野生動物のような生き方をしていれば、ガンにならない

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

つまり、ガンは、不自然な生き方をしてきた結果ということです。

ガンになった原因

まずは原因を見つけることからです。

原因を取り除かずして、ガンをなおすのは不可能です。

同じことの繰り返しになります。

西洋医学だけに頼っていたのでは、気付かぬまま終わってしまいます。

生き方を変えることが、ガンなおしです。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

ご縁を頂いた方々が、ひとりでも多く気付いて下さることをせつに願っています。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す