喜びを感じて低酸素からの脱出

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

喜びを感じて生きていますか?

特に楽しいことも無いから、と言われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

喜びもなく、毎日悶々とした気持ちで過ごしていると細胞だって元気をなくしてきます。

喜びのない生き方は、気がつかないうちに低酸素状態になっていることも…

ガンになって、クヨクヨしていても低酸素状態に陥るだけで、ガンもよくならず、何の得もありません。

低酸素は血流を悪くし、低体温を招きます。

低体温になると、氣が滞り、さらに酸素の運びが悪くなります。

まさに、負のスパイラルですね。

ガンは、低体温、低酸素、高血糖の状態が招いた病

本来、この状況から脱出しなければならないのです。

この状況を改善していくようにすれば、ガンは増え続ける事もなく、自然退職が始まると福田稔先生はおっしゃいます。

喜びは自分でつくるものです。

向こうから訪れてくるものではありません。

周りには、数え切れないほどの喜びがあることに気がついていないだけです。

家族がいることも、ご飯を食べれることも、朝、目が覚めることも喜びです。

喜びを見つけるのが人生

大きく深呼吸してみましょう。

空気がキレイな早朝、窓を開け

氣の流れと朝陽のエネルギーをしっかりと感じてください。

目を閉じて、体内の毒素を吐き出す気持ちで、ゆっくりと口から息を吐き出していきます。

今度は、体の隅々に酸素が行き渡っていくイメージを描きながら、ゆっくりと鼻から息を吸い込みます。

しっかりと胸に酸素が入るのがわかりますね。

無理をせず、体の声を聞きながら

心と体が心地よいと感じることが大切です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す