免疫の7割は腸で決まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

夏場によく売れる市販薬って何だと思いますか?

意外にも下痢止めだそうです。

暑くなると、冷たい飲み物、食べ物をたくさん摂ってしまいます。

また、夏は体を冷やす野菜や果物が豊富になりますね。

さらには、冷房で体が冷えてしまいます。

夏場は、入浴もシャワーで済ますことが多く、湯舟で体を温めることが減ります。

下痢止めが必要になる理由がたくさんですね・・・

暑さのあまり、体が冷えるという認識が薄れがちな季節

自ら、体が冷える環境を作っています。

体の冷えは、ガン細胞を増殖させる原因になります。

お腹の冷えは下半身の冷え詳しくはこちら  

暑い季節は、冷えないと思っていませんか?

冷たい飲み物、食べ物は、体や内臓を冷やすどころか、口に入っただけで交感神経が緊張状態になります。

交感神経緊張状態になると、腸は血管を収縮させてしまいます。

大切な免疫機能をつかさどるリンパ球の6~7割が集まっている腸

腸が冷え、血管が収縮するとどうなるでしょう・・・

血流が悪くなり、リンパ球の動きが弱まり、免疫力の低下につながってしまうのです。

「体温が1℃下がると、免疫力は30~40%低下する」

体温が1℃下がるということは、体温36℃台の人が35℃台になるということです。

体温35℃台は、ガン細胞が活発に動く体温です。

体温の1℃の差は大変なことですね。

また、冷たいものの飲みすぎ、食べ過ぎで下痢をすると、腸内の細菌が減ってしまいます。

善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまいます。

下痢止めを飲むと、さらに体温を下げてしまい、腸内環境はますます悪くなります。

腸内環境の乱れは、免疫に大きな影響を与えます。

免疫の7割は腸の環境で決まると言われるほど腸内環境は大切です。

ガンを始めとする多くの病気は、免疫のバランスが崩れたことが原因

腸内環境を乱さない生活、免疫のバランスを崩さない生き方をすることが大切ですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す