藪をつついて蛇を出すのも治療?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

「藪をつついて蛇を出す」

余計なことをして、かえって自分にとって悪い結果を招くこと

このような結果を招くなんて想像もしていなかったでしょう…

つい昨日まで、何の不調もなく元気に働いていた人が、会社の検診でガンが見つかり、即手術、そして抗ガン剤、放射線治療…

1ヶ月前の姿は見る影もなく

まるで別人のように、やつれていく

そして、たった数ヶ月のうちに亡くなっていく

周りでささやかれる声は

「つつかなければ良かったのに…」

「もったいない…」

「やぶへびだよ…」

残念ながら、よくあることです。

これは、あまりの無知さが起こした結果なのかもしれません。

病気は、病院や名医が治してくれるものと思い込んでいませんか?

自分の体の声を聞かずして、他人の声を聞き、言われるがまま、調べることもなく、まっしぐらに藪をつついていく。

つつかなければ、じっとしていてくれたのに、つついてしまったために、おとなしくしていた蛇を起こしてしまう。

つつかれ怒った蛇は、狂暴化し容赦無く襲ってくる。

こんなことが起きてませんか?

常識なことをしただけ。

すすめられたからしただけ。

藪をつついたつもりはなかった…

これは日本人特有の感覚だそうです。

人任せ、薬任せの治療が当たり前の日本ですから、自分の体の声より、検査結果や病院の声だけを聞き、化学治療に励まれる方がほとんどですね。

このようなガン治療は、国際レベルでも珍しい国だと言われています。

がんの療法は自分で決めるはこちらから

前立腺ガンなどは、スウェーデンでは治療をしないのが普通だそうで、日本は治療をするのが常識です。

これは、わざわざ藪をつついて蛇を出す必要がない、との判断なのかもしれませんね・・・

同じ人間なのに、国によってこうまで常識が違うはおかしな話です。

無知は、藪蛇の道かもしれません。

藪蛇さんになりたくなければ、きちんとした知識をもち、もっと自分の体を知り、自分の体は自分で守ることです。

また、日頃から人や薬にに頼らなくて済むように、心と体の管理を心がける必要がありますね。

ガンは自分の生き方がつくった病です。

まずは、自分の生き方を振り返ってみることが大切だと思います。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す