貧血にレバー⁇

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

「貧血になるとレバーを食べると良い」

「血をつくるには、レバーを食べろ」

そんな風に聞いていませんか?

レバーは、牛や豚、鶏の肝臓です。

肝臓の役割は、体の毒素を集め、体に害を与える有害物質を排出する働きをしています。

つまり、体のなかで最も毒素が集まる場所

毒素がたっぷり集まった、肝臓を食べるということは、あえて自分に毒素を入れるということですね

貧血に、よい食べ物はいくらでもあります。

健康を考えるなら、動物性の食べ物より、植物性の食べ物を摂るよう心掛けたいものです

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

植物性のものを取り入れましょう

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す