自然治癒力を活かすも損なうも自分次第

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほはこちらから

自分の体は、自分にしかわからない。

治癒力を活かせるのも自分でしかないのです。

しかし、現代の生き方は、100人の名医を活かすどころか、損なってしまう生き方になっています。

だから、ガンが増え続けているのです。

自然治癒力が働いていれば、ガンになることはないのですから・・・

100人の名医(自然治癒力)を損なってしまう生き方とは、ストレスと食事が大半を占めています。

だったら、100人の名医(自然治癒力)を活かす生き方をしてみてはどうでしょうか。

ストレスはすべて心の持ち方ですはこちらから

ストレスが少なくなれば、食が変わります。

食を変えれば、ストレスが減ります。

生き方を変えるのは自分自身

私が出来ることは、みなさんの中にいる名医(自然治癒力)に目覚めてもらうために、体が喜ぶことをお伝えすること

そして、ご縁を頂いた方が、ガンを癒す心の持ち方が出来るようサポートすることです。

日本人は、残念ながら生命の根源がホメオスタシスにあることに気付いていない方がほとんどです。

これも豊かすぎる日本の特徴なのかもしれません。

生命の根源に気付けば、ガンに対する「新しい価値観」 が生まれてきます。

ひとりでも多くの方が気付かれることをせつに願っています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す