ネバネバ系の食べ物で免疫を上げる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

納豆、オクラ、アロエ、山芋、ウナギ、ナマコ、カキ、魚の目の周りなど、ネバネバ系のものを食べていますか!?

これらはムコ多糖類になります。

ムコは、ネバネバ「粘液性」という意味

多糖類とは、単糖類が10個以上結合したもの、グリコーゲン、セルロース、デキストリン、デンプンなどです。

ネバネバ系のムコ多糖類は、生体の運動を円滑にさせ,また細胞や組織の表面をなめらかにおおって保護し、また様々な有用性があるとされています。

体の細胞の周りで、水分をしっかりと蓄えて、この水分を通じて、細胞に栄養を運んだり、不要となった老廃物を排出してくれます。

循環と代謝を促す効果で、免疫力を高めてくれます。

また、骨の形成や血糖値の調整にも有用だと言われています。

私たちの唾液や血液などの体液は、滑りがあり、これはムコ多糖が含まれているからですね

しかし、年齢と共にムコ多糖は減少し、水分量が減ることで様々な体の不調が起きてきます。

ネバネバ系の食べ物を食べて、水分を蓄え、循環と代謝が促し免疫を高めたいですね

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す