納豆は夕食が効果的

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私の毎晩の1品です

納豆にネギ、ゴマ、生味噌少々に、塩麹をまぜまぜしています

昔は納豆が苦手で一切食べなかった私ですが、納豆ほど細胞に良いものはない!ということで、ネギで納豆の臭みを消すなどして、今は美味しく頂いています

納豆が体に良いことは皆さんご存知でしょうが、具体的にどんな風に体に良いか知ってますか!?

納豆には強力な血栓溶解酵素「ナットウキナーゼ」が含まれています。

血の固まりである血栓を溶かす作用のあるナットウキナーゼは、食後10~12時間も持続するそうです。

血栓が出来やすいと言われる睡眠中に作用させるには夕食に納豆を頂くのが効果的です

また、納豆に含まれる「サポニン」 は血管を丈夫にして血行をよくする働きがあるので、冷えやむくみなどにもとても良いですね。

何といっても、納豆は酵素を取り入れる食べ物としては最強です。

解毒作用も高く、非常に優れた食べ物と言えるでしょう・・・

生味噌や塩麹と一緒にどうぞ・・・

生味噌とは

塩麹も最高の発酵食品ですよ

自分でつくる塩麹

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す