今までの常識が変わった時本当のがん治しが始まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

【すべての常識が変わった時】

本当のガン治しが始まります。

心の持ち方がガンを治す?

少食がガンを治す?

運動してガンを治す?

体を温めてガンを治す?

そんなことでガンが治るわけがない、と思うかもしれません。

それは・・・

『ガンは自分を苦しめる悪い細胞、果てしなく増殖し続ける魔の病

だから少しでも早く、攻撃してやっつけなければならない』

この常識が根底にある以上は、ガンは医者や薬が治してくれるものだと当然思うでしょう。

日本では、ガンが見つかれば100%何らかの治療をすすめられます。

ですが、スウェーデンでは、前立腺ガンの治療は「何もしないこと」だそうです。

肺ガンも同じだそうです。

カナダで、もっとも多い治療法は「何もしない」「無治療が23%」 

日本は国際的レベルに比べ、抗ガン剤20倍、手術は17倍も多いそうです。(船瀬俊介氏ご著書より)

がんは自分で治す意識が大切はこちらから

日本は他国と比較をしても、ガン治療においては随分と違いがあることに驚きました。

アメリカでは、ガンの半数以上の人が代替療法に取り組み、ガン死亡率も減ってきています。

ガンは人任せでは、治せないということを認識しているでしょうか。

『自分で治す』 ためには、ガンに対する常識を変えていかなくてはなりません。

ガン細胞は増殖し続けるのか・・はこちらから

ガンは血液の汚れであり、これが続けば人間は命を落としてしまいます。

血液の汚れ、体の毒素が溜まった時、命の危険を察知して、汚れを1ヶ所に集め、塊となり知らせてくれるのがガンなのです。

ガンが知らせてくれなければ、一瞬で命を落としていたかもしれないのです。

ガンに感謝ですね・・・

ガンに感謝し、ガンを癒す自分になること

血液の汚れは、ストレス、食事、生活、冷えから起きてきます。

囚われを捨て、心身共にキレイになる。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

そんな方を応援しています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

おからの豊富な食物繊維・ゴボウの2倍

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

『卯の花』とも呼ばれるおから音譜

おからは、豆腐をつくる際にできる豆乳を絞った残りカスです。

カスとは言え、『卯の花』という呼び名はなんだか可愛らしく素敵ですよね

おからの白さが初夏に白い花を咲かせる卯の花の色と似ているところから『卯の花』呼ばれるようになったそうです

おからには食物繊維やカルシウムをたっぷり含まれており、たんぱく質や炭水化物、カリウムも豊富な食材です。

この中でも食物繊維の量はすごい

なんとゴボウの2倍もあるそうです。

あからの植物繊維の「セルロース」は水に溶けないタイプの不水溶性食物繊維です。

不水溶性食物繊維は、腸のぜん動運動を盛んにし、消化管を通過する時間を短縮させます。

消化管内で水分をかかえ込んで腸内に残留物を掃除してくれるのです。

さらにおからは、大豆のカルシウムが多く残っており、炭水化物やカリウムもしっかり含んでいて、この炭水化物に含まれるオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサになってくれます。

私もよく使います。

色々な使い方がありますが、私はサラダが好きです

私は必ずおからを乾煎りします。

その際にガーリックをほんの少し、香りづけに入れると、と~っても香ばしいですよ

冷めたら後はあるお野菜をどんどん足していくだけ

ポテトサラダの感覚ですが、ポテトサラダより簡単なので忙しい日には助かります

しかも大腸ガン予防にもなるのでいいですね

がんを治す生き方・・・
ご相談くださいTEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

味噌汁は飲む点滴・夏だからこそ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

夏は、寒い時期に比べ、味噌汁を飲まなくなりがちです。

ですが暑い時だからこそ味噌汁は飲むと良いのです

なぜなら、味噌汁は飲む点滴と言われるほど、栄養抜群な食べ物だからです。

麹で大豆が発酵分解され、最高の乳酸菌になるのです。

毎日、欠かさず味噌汁を飲む人は、腸のなかの善玉菌が多いですね。

野菜をたくさん入れたお味噌汁は、フィトケミカルがしっかりと溶け出し、活性酸素の除去にも働きかけてくれます。

そして、人間の体にとって必要な塩分を兼ね備えている味噌汁は、汗をかく夏だからこそ飲みたいものですね

減塩生活が、ガンや病気をつくっているのですから・・・

私は南の島にお味噌汁は持って行けれないので、
代わりに玄米の発酵液と、自然塩を持参しました

もちろん蜂粋ゴールドプロポリスも

おかげで夏バテしらずです

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん・負の連鎖を止める役目

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになり、ひとりで悶々と悩み苦しんでいる方が非常に多い。

今、自分がやっていることに不安を感じているからではないでしょうか?

毎日悶々とした気持ちで生活をしてしてもガンは治りません。

なぜなら、ガンと心は繋がっているからです。

ガンと心は繋がっている はこちらから

ガン克服には、感謝して自分に責任を持ち、前向きに取り組むことが大前提です。

これで本当に良いのかと迷い、悶々としている間は、まだまだ自分に責任をもてていない証拠。

ガンを治せなくしているのは自分自身です。

情報が溢れるなかで、何が正しいのか迷う・・・

これもまた人のせいになっていませんか?

自分の意思で、自分の責任で、治療法をしっかりと選択することです。

きちんと実践すれば、ガンになる前より、ガンと言われた現在の方が健康的になります。

ガンを恐れる必要はありません。

ガンは、「怖い、ガンは死ぬ」 と思うから治らなくなるのです。

ガンは自分で治す!という自覚が必要

医者任せでは、ガンは治せません。

医療利権を知れば、猛毒である抗ガン剤を使う理由がはっきりとわかります。

抗がん剤医薬品添付文書 はこちらから

無知は罪です。

気付かないふりはもっと罪です。

知らず知らずのうちに、大切な家族に、自分が毒をまいているかもしれないことに気付いて欲しい・・・

抗がん剤成分が排出される経路としては、主に 汗、尿、便、嘔吐物です。

家族ならこれらの排出物に接触することは当然あるでしょう。

抗ガン剤のパンフレットには、『何日間、尿中残量に注意』 と記載がありますが、毒ガスと同じ猛毒である抗ガン剤の排出が数日間でおさまるのでしょうか・・・

それとも数日間で排出されなくなり体内に蓄積されると言う意味なのでしょうか・・・

疑問であります。

いずれにせよ、排出されていることには違いありません。

それが微量であろうが、大量であろうが猛毒成分であることは忘れてはなりません。

しかし、小さなお子様をお持ちの方は、抱っこもハグもたくさんします。

別の臓器などに二次発ガンをさせてしまうような猛毒の抗ガン剤成分が、体内から排出されている中で、大切な子どもを抱く・・・

経口抗ガン剤を服用し、子どもにキスをする・・・

子どもと同じ布団で寝る。

寝ている間のは、目に見えない抗ガン剤成分を含んだ汗をたくさんかいています。

その汗に接触した子どもの皮膚からは経皮毒と言う形で毒が吸収されていてもおかしくないですよね・・・

夫婦間は、キスもセックスもしますね・・・

一緒に洗った洗濯物はどうなのでしょうね・・・

シャンプーや生理用品から吸収する経皮毒ですら、あんなに怖ろしいのですから、猛毒の抗ガン剤ともなれば、どうなのでしょうか・・・

考えたらとても怖いことです。

それでも抗ガン剤を選択してしまっているのが日本人です。

医療利権の犠牲者になっていることを知り、社会背景を学ばなければ、自分どころか大切な家族も守れなくなります。

ガンのメカニズムを学び、治すのは自分であることに気付かなければ、大切な家族もまた、自分と同じ運命を歩むことになりかねません。

ガン家系ではなく、ガンを連鎖させているのです。

私は、抗ガン剤、放射線の犠牲者がこれ以上増えないことをせつに願っています。

そして、家族に起きるガン・負の連鎖をとめる使命を与えられた自分であることに、一刻も早く気付いて頂きたいと祈っています。

やっと気付くガン治療 はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

冥胘反応早く出る人は治癒力がある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私たちの体の中に必要ないものはないのです。

体に起きる現象はすべて意味があるのです。

発熱、痛み、鼻水、咳、発疹、すべてに意味があって起きている現象です。

侵入してきたウイルスや細菌と体が闘うために発熱をします。

ウイルスや毒素・異物を体外に出すために鼻水や咳、発疹が出ます。

しかし、これらの症状が出るときには不快を生じ、薬で症状を抑えようとしてしまいます。

なぜその現象が今、起きているのかを考えたら、薬で抑えることは結果的に逆効果を生んでしまうこともあるのです。

毒素を出すために起きている症状を抑え込んでしまえば、毒素は出なくなります。

そして薬品を使えば、毒素の原因になるさ活性酸素がさらに増え、血液を汚してしまいます。

毒素がたくさん溜まっていることを教えてくれるために癌は出来たのです。

がんを治す・がんを恐れないはこちらから

排毒が始まれば、何かしらのつらい症状も現れるでしょう。

溜まった毒素が多ければ多いだけ、症状も強く出るかもしれません。

これらの瞑眩反応が現れて、体は治癒へ向かうのです。

本来あるべき姿に戻そうとする働きなのです。

塊を少しずつ溶かして排毒する

瞑眩反応が早い人ほど、体を元に戻そうとする働きがあるといわれています。

しかし悪化した、体に合わなかった、と解釈する人も少なくないでしょう。

自分の体の自然治癒力を感じることが出来るかどうか・・・

それは大自然との調和、法則にしたがえば自然に力つくものです。

そして、大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

たかが白湯、されど白湯

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

白湯には、内臓の機能や血液循環を高める効果があります。

内臓が温まると、基礎代謝があがり体内の毒素を排出しやすくなります。

白湯は胃腸の働きも良くなるので、便秘にも効果的

朝起きたら、200㏄の白湯を体温に近い温度でをゆっくりとひと口ずつ、できれば落ち着いた環境の中で頂きます。

内臓だけでなく、心身ともに癒されます

朝は解毒の時間です。

内臓を温め、解毒しやすい環境をつくることは大切です。

ただし、良いからと言って飲みすぎには注意してくださいね

私は、白湯に70種類以上のミネラルが入った天日塩をひとつまみ入れます。

自然塩の塩分は、体温維持や解毒には欠かせないもの

とは言え、自然塩と言っても心配なのが、ニガリ成分です。

ニガリ成分を少しでも取り除いた自然塩をおススメします。

ニガリ成分に気を配り、ミネラルが70種類以上入った自然塩 はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然治癒・がんの自然退縮が起きる時

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然治癒で起きるがんの自然退縮のとき現れる様々な症状

塊の中身が壊死したとき、中が空洞化になったり、形が潰れたりと線維質で変わってきます。

免疫が上がりリンパ球の勢いにおされ、がんが壊死するとき、腫瘍マーカーが上がることは福田稔先生が言われてきました。

腫瘍マーカーだけでなく、癌が大きくなったり、また高熱が出たり・・・

(あくまでも免疫力が上がっているとき)

こんな症状が出るとたとえ体調がよくても、悪くなったのではないかと心配してしまうでしょう。

そして、慌てて治療を開始する人も少なくないのです。

がん治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

私たち人間は、どうしても数値や大きさにとらわれてしまうのです。

がん治しは何を信じるかで変わってきます。

数値や画像なのか、それとも自分がもつ治癒力か・・・

何を信じるかで癌の治療法は変わるでしょう。

一番大切なことは、療法より自分の直感を働かせ、信じたことを続けることです。

がん治しは、思いもやらないことや壁にぶつかるときがあります。

がんを克服した人は、これを乗り越えてきた人

どんなにつらくても、ブレずに 「がんは治る」 と信じて念じ続けます。

強く純粋に念じたことは、とてつもなく大きな強いエネルギーになります。

がんは免疫力が低下したとき、表面化してくる症状です。

がんを攻めるより、免疫力を上げていくことに目を向け、不自然な生き方は改める

大自然の法則・無限力は私たちに生きる力を与え、心を癒し、幸せへと導いてくれます。

免疫低下でがんになったのなら、免疫を上げる

不自然な生き方でがんになったのなら、不自然な生き方をやめる

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

悩み、迷っているひと

自分の直感を信じてあげてください。

必ず抜け道はあるはずです。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

人からのありがとうで細胞が元気になる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

誰のために生きていますか?

自分の人生ですから、当然自分のために生きています。

ガンになり、自分のことだけで精一杯の方も多いでしょう。

そこで、少しだけ人が喜ぶことをして生きてみませんか?

何でも構いません。

人から『ありがとう』 の言葉を頂くととても嬉しく、気持ちが良いものです。

喜んで頂けて良かった~と心から思いますよね。

人の喜びが我が喜びとなり、この瞬間が細胞の活性のときなのです。

人に喜びを与え、なおかつ自分のためになっているのですから、これは最高の喜びです。

ありがとうと感謝は、人間の感情の中での最高峰です。

がんを治す・感謝の心はこちらから

『ありがとう』は自分が発するだけでも大きな効果を出す言霊ですが、人から頂くとさらにパワーアップします。

実際の実験があります。

同じ食品を2つ並べ、ひとつには『ありがとう』という善い言霊をずっと聞かせます。

片方には、「バカ、死ね、憎い」などマイナスの言霊をずっと聞かせます。

数日経つとこの2つの食品は全く別物になっています。

傷み方が全く違っているのです。

ご想像通り、善い言葉を聞かせた方は、ほとんど傷んでいないのに対し、マイナスの言葉を聞かせた方は、ひどく腐敗が進んでいました。

そのくらい言霊の影響を受けているのです。

思考と言霊の力で痛みが和らぐ はこちらから

目に見えない宇宙の神秘です。

私達の生きている世界は、目に見えるものだけではありません。

生命エネルギーは目に見えない世界の力もたくさん頂いて働いているのです。

ガンを克服した人は、この生命と目に言えない宇宙の神秘の関係に気付き、目を向けられた方が多いですね。

小さなことで構いません。

人に喜びを与えられる自分になってみるのもいいでしょう。

きっと何かが変わってきます。

ありがとうを頂いた分だけ、細胞も元気になります。

そして自分の喜びにつながります。

人生は喜びを見つけるゲーム

何より神様が応援してくださいます。

信じるか、信じないかも自分自身です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

免疫低下・がんは酸素不足から起きる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

細菌やウイルス・異物から体を守ってくれているのが私たちの体の免疫システムです。

病気を未然に防いだり、病気になっても治癒させようと免疫が働いてくれているから健康を保つことが出来ているのです。

免疫が低下すると、体内の毒素(異物)が排除できなくなり、体に溜まり癌などの病気を発生させてしまうのです。

その結果、免疫力を担っている白血球が不十分になるだけでなく、酸素を運ぶ赤血球も不十分となり血液がうまく流れず酸素不足の状態に陥ります。

がん患者さんの多くは、全身にしっかりと酸素が運ばれていない状態なのです。

腹式呼吸でしっかりと全身に酸素を送っていくことをおススメします。

そして、必要以上に免疫を低下させてきた原因を取り除くこと

【精神的ストレス】

人とのコミュニケーションがうまくとれない孤独感

小さなことでも考え、悩んでしまう

漠然とした不安、寂しさがある

【肉体的ストレス】

添加物・農薬・経費毒による体の酸化

減塩による血流不足

動物性食品に偏った食事による高カロリーの栄養不足

過酷な労働による交感神経過剰

その他、電磁波などの環境的ストレスなどもあります。

何かしらの原因によって、体温の低下、酸素の不足が起き、体内の排出機能が低下し癌が出来ていきます。

まずは、原因を取り除き、そして体内に溜まった毒素を素早く排出できる体をつくることです。

がんや病気の原因を知るはこちらから

温熱器や入浴などで外から体を温める

有酸素運動で下半身を鍛え、筋肉をつけ内臓温度を上げる

健康食品を活用して、日々の食事の栄養価を効率よくバランスよく体の隅々に運ぶ

何より大切なことは、必ず続けることです。

飛びついて始めても、すぐに理由をつけてやまてしまう人

コロコロと気持ちが変わり、信念がない人

知識はあっても、実践出来ない人

自分が決めたことを最後まで信じることが出来ない人

これでは、がんを治すことは出来ないのです。

このままで本当に良いのかどうか、もう一度自分に問いかけてみてはどうでしょう・・・

なぜ、癌を克服出来ている人がいるのか・・・

それは、自分を信じ、自分の選択肢を極めているからです。

自分の直感を無駄にしない!

チャンスは逃がさない!

即行の決心・実践で人生が変わるのです。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

私のがんを治す生き方をご覧くださいね

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

体温が1℃下がると酵素の働きが半減する

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

人間の体は、36.5℃~37℃で最も免疫が働いてくれます。

体温は、ガン治しに絶対的に必要な条件です。

国立予防衛生研究所では1978年

「人間から取り出した子宮ガン細胞に32℃から43℃の温度変化を与え、正常細胞と比較したところ39.6℃以上にした場合、ガン細胞は10日ほどで死滅した。正常細胞への影響はなかった」

という実験結果が発表されています。

このガン細胞が死滅する体温とは、深部の体温です。

深部体温とは、脳や内臓の温度です。

舌下での体温が深部体温に近い温度です。

わきの下で測る体温と深部体温を比較しながら、自分の体の冷え状態を知ることも大切です。

ガン治療の体温管理 はこちらから

自分で気付いていない冷え性の人も結構います。

体を温めれば、ほとんどの病気は治ると言われるほど体温を上げることは非常に重要です。

1日の中でも体温の差は1℃近くあり、明け方3時から5時が一番体温が低くなる時間帯です。

喘息の発作などが出る時間帯ですね。

朝起きて体も頭も重く、マイナス思考が出てきたりするのも体温と関係があると考えられます。

鬱病の人が特に朝、調子悪いのは、体温との関係性もあるでしょう。

午後に向け体温は徐々に上がりはじめ、夕方から夜7時頃が体温上昇のピークだと言われています。

なぜ、体温が高い人、低い人がいるのでしょう。

生命力の強い生まれたばかりの赤ちゃんは、体温が高く真っ赤な皮膚をしています。

子どもの体温は高く、平熱が37℃など珍しくありません。

しかし、生きているなかで様々なことに遭遇し、体温の変化が起きています。

体温を下げる原因として

ストレス

食べ過ぎ・糖の摂りすぎ

冷えたものを食べる

薬の飲みすぎ

湯舟に入らない

夜が遅い生活

運動不足・特に下半身の筋肉不足 などです。

毒だしは下半身が鍵はこちらから

体の冷えは、体温を低下させ、血流を悪くしてしまいます。

血流が悪く、硬くなった場所がガンにとなります。

つまり、ガンは体の冷えた場所に起きるということです。

逆に温かい場所は、ガンにはなることはありません。

臓器の中で、心臓、脾臓がガンにならないのは、温かい臓器だからです。

常に動いている心臓は、発熱量がとても多い場所で、常に温度も高い臓器です。

赤血球を蓄えてくれている脾臓は、リンパ球などの白血球も作る働きをしているので、心臓と同じく温度が高い臓器になります。

逆に、子宮、卵巣、胃、大腸、肺などは空洞になっていて冷えやすい臓器です。

また、食べ物など外部からの影響を受けやすく冷えやすい場所です。

乳ガンも外部から影響を受けやすいガンの代表ですね。

乳房は、体から外に向け出ているので、冷えやすくなるからです。

心臓、脾臓でわかるように、体温を高く保つには、運動が必要だということです。

外部からの影響を受けてしまう臓器であるなら、体を温めること、体を温める食べ物を摂ることです。

食べ過ぎも体温を下げてしまいます。

食べ物が体に入ると、胃腸に血液が集中されます。

胃腸以外の臓器や細胞への血液供給が減り、体温が下がります。

断食や少食で体温が上がるといわれているのは、胃腸へ集中した血流がなくなり、様々な臓器にしっかりと血液が運ばれるからです。

体温の0.5℃、1℃というのは大きな差をつけます。

体温が1℃下がってしまえば、体内酵素の働きは半減してしまいます。

ガン細胞の修復、解毒は酵素が働いています。

1日の中で入浴はガン治しにはとても有効な時間です。

湯舟につかる心地良さが副交感神経を働かせ、血流を良くして、毒素を出しやすくしてくれます。

腎臓への血液の流れも良くなり、冷えや浮腫みも改善されます。

体温+4℃の入浴が理想です。

その他の方法は、お気軽にお問い合わせくださいね

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ