互いに認めあい・・

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

去年、私のガン体験と純粋倫理で学び体験したことをお話させて頂きました。

現在、私はガンで悩む方のサポートをさせて頂いていますが、たくさんのご相談を受けるなかで、私自身が気付かせて頂くことは数えきれないほどあります。

私たちは一生が学び続ける訳ですね・・・

そして、ガン克服の大先輩である 春名伸司さんがわざわざ私の講話を聴きに駆けつけて下さっていました

しかも朝の6時から・・・

本当に有り難いですね

春名さんのフェイスブックのご投稿を抜粋させて頂きます

講師は、がんを克服した、塚本みづほさん
塚本さんご自身のブログは毎日、
日の出の写真からはじまります
起床は3時半とか!

その後、日々の生活の中から
がん患者さんの生活改善、心の持ち方改善に
役立つ情報を発信されています・・・

お墓参り(掃除)も定期的に欠かさない
どんなに寒くても素手でお墓掃除をする
自分の感を大切にし、
すると決めたことは、徹底的に習慣にする
まさに「実践の人」でした
そして「得るために捨てる」ことの大切さが
分かっている人でした・・・

病気を治すにしても、自分の運気を上げるにしても
得ることだけを考えるのではなく
そのために、何を整理して、何を捨てるか?から考える
がんを治すとすれば、
今までの「欲や我」を苦しくても・・・

血液も、余計なドロドロを捨てないと
がんが永遠にそれを吸い取ろうとするので
大きくなるだけ

そのような大切なことがしっかりと分かっている人でした

そして、とても共感した言葉がありました
それは「広げるより極める」
とかくがん患者さんは、不安から
治す方法を「あれもこれも・・」と手を広げすぎてしまい
一つ一つが、中途半端になっています
手を広げることが、
リスク回避と考えているかもしれませんが
これが、すべてを中途半端にして
リスクを高めることになっています
体は一つだけ
やれることは限られてきます
なので、広げるより、
「これだ」と決めたことを極めることのほうが大切

がんになるほどのストレスや毒は
自然から入ったものではなく
自分の思いや行為が作ったもの
それを捨てる行為を習慣化すれば
病気にならない、
自然のエネルギーが入ってきます

春名さん、ありがとうございました

講話後の食事会で、ゆっくりとお話ができ、本当に有り難かったです

人は、忘れていく動物です。

互いに認め合い、刺激し合い、学び合う存在でありたいと心から願い、感謝でいっぱいの1日を過ごさせて頂きました

そして、人は皆、失敗をして気付き学んでいることを教えて頂きました。

ありがとうございます

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

内海先生が紹介して下さいました

Facebook

Tokyo DD クリニック院長 内海聡先生のご投稿です

私が愛飲するプロポリスをご紹介頂きました

内海聡先生のセレクトショップでも 『蜂粋ゴールドプロポリス』 を販売して頂いております

内海先生、いつもありがとうございます

以下 内海聡先生のFacebookより・・・

ガンについて

元コロンビア大学ガン研究センター教授の松野哲也博士。.抗ガン剤の開発をしてはったんやけど、抗ガン剤ではガンは治らないと気付いた。余計に体が弱くなり、再発率が圧倒的に高くなる。松野博士自身も大腸がんになったんやけど、このまま病院にいたら殺されると思って一切治療せず、自分の体を実験台にしてプロポリスや、呼吸法や食事療法でガンが発症してから12年も立つが元気。

ガンを治す方法は抗腫瘍免疫をあげること。とおっしゃる。これは、ガン細胞に対する免疫機構。自分がガンであることを忘れることでこの免疫は上がる。その為には潜在意識に力を借りることという話もしてはった。やっぱり潜在意識のことは病気とえらい関係がある。例えば健康的な食事をしててもガンになる人がいる。その違いは、なんの為に健康食を食べてるかやねんて。ある人は健康だったら好きなこといっぱい出来るから健康食。ある人は病気になりたくないから健康食。

この違いで全然結果が違ってくる。健康オタクこそが健康になれない、サプリメントや健康補助食品に頼るから健康になれない、これは医学不要論の基本だが人間はすぐに何かに頼ってしまうもの。もしあなたが結局健康補助食品に頼ってしまうなら、できる限り「食品系サプリメント」がよい。これは人口タブレット型のものと違い、食品の親戚として多種多様な栄養成分を豊富に含む補助食品のこと。

残念ながらこれらの食品系サプリメントを摂ったところで、日々との食事や生活や心がけが悪ければムダ。それどころかより依存して悪くなるかもしれませんから要注意。これらの補助食品の中で、どれを選んだらいいのかというのに正解はない。誰かの病気が治ったから同じように買うというのは危険。なぜならその人とあなたは体質も相性も違うから。で、私もいろいろな補助食品を扱っているが、今日は極上のプロポリスをご紹介する。

実はプロポリス業界もまがい物がかなり多い。一つのポイントとして材料だけでなく熟成期間がある。2段階抽出後、杉樽に移し、静かな山の中で10年以上熟成をさせている。味、香りも10年以上の熟成期間を経ると、とてもまろやかになりプロポリス含有量も高まる。プロポリスは好きな人は好きだが、基本的に味は苦いのではちみつなどをすこし垂らして飲む事も多い。興味ある方はどうぞ。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

会員様に頂いたメッセージ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

会員様から頂いたのメッセージです

【子宮頸ガン 30代女性】

こんにちは!
よく降りましたね。
このお天気も最近は受け入れられるようになりました。
前は、雨が降ると傷口は痛むし、気持ちも滅入ってほんと嫌だったのに、みづほさんから雨の日は副交感神経が優位になるからだよ、と教えて頂き随分変わりました!
気が滅入るのではなく、体を休ませるために気持ちがオフになっていることがとても納得出来て、最近はそんな自分に落ち込むこともなくなりました。
そしたら痛みも和らいだ気がします。
ガンもなおる気がします。
実際にこの半年で腫瘍は半分にまでなっているので、このまま頑張って続けます。
最初の半年は思うように結果が出なくて、心が折れそうになったけど、いつも声をかけてくださり、私にはとても心強かったです。
プロポリスも感謝してずっと飲み続けていこうと思います。
いつもありがとうございます。

【卵巣ガン 40代女性】

みづほさん今点滴しています。

また身体に抗がん剤を入れるって事が一番イヤだったんですが免疫を落とさないように
併用して頑張ります

病院にプロポリスのカプセルを持って行ってます。
カプセルができ助かってます。

あとは治療後、無理せずやりたいこともあるので、楽しみたいと思います。

みづほさんは忙しい日々もあり
自然に触れ合う時もあり
ベストな生活を送っておられますね

これからも毎日プログ読ませて頂きますね。

たくさんクライアントさんおられる中、気にかけてもらい嬉しいです 『ありがとう』
体は元気です!

みなさんからのメッセージには私の方こそ 励まされています

ありがとうございます

自分を信じてくださいね✨

どんな時も祈っています✨✨

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

咽頭がんの会員様からの気づき

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ご愛飲頂いている咽頭ガンの会員様

私が出張中、会員様の奥様からこんな心温まるお葉書が届いていました。

療養のため現在ご入院中の会員様とは、いつもFacebookのメッセンジャーでやりとりをさせて頂いています

私はどうしても奥様が送って下さったこのお葉書を彼に見てもらいたいと思い、メッセンジャーよりこの写真を送らせて頂きました。

このお葉書を読まれた彼からの感想です。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

『内容を見ると彼女と私、二人で一つといった所が伝わって来ます。
以前の私は、癌患者の気持ちなんて癌だと宣告されない人には分からないだろうと思っていましたが、彼女は私と同時に宣告を受け、同じ様に考え生きているのだとおもいます。
つまり、もし私が死ねば、二人の生活はなくなるのだから、彼女も私と同時に宣告を受けていたのですね。
そのことに気付かせてくれた彼女の手紙
やっと気がついた私。感謝です。
うまく言い表せませんが、そういったところです。みづほさんのお陰ですね。感謝感激です。』

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

メッセージを受け取ったとき、移動中で電車に乗っていた私ですが、思わず涙が出てきました。

最近、少しへこみ気味だった彼が こんな言葉を私に伝えてくれるなんて…本当に感謝です

夫婦の愛って凄いな~✨と改めて感じた瞬間でした。
彼のなかに何か大きな変化が起きていると思います✨
まさに夫婦がひとつになって大きな力が生まれる時ですね。

この気付きをきっと大切にされると思います
そして彼には元気になっていただきたいと心から願っています

がんを治す生き方・・・ご相談ください
084-925-1271
詳しくはこちらから

がん治しは愚かな自分に気付くことから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンの方からご相談を頂いていますが、共通する悩みがあります。

それは、心の葛藤です。

不安から抜けられない

定期的に襲ってくる恐怖感

恐れから起きる迷い

焦りから起きる苛立ち

理由のない孤独感

ガンを宣告された人なら一度は経験しているのではないでしょうか。

自分の愚かさに気付いた人はこの葛藤を糧にします。

自分の愚かさに気付かない人、気付いていても変えようとしない人は、さらに心は病み、体を蝕みます。

不安、恐れ、迷いから孤独感が強くなり、ときには被害者意識が過剰になり、さらに心の孤立が起きてしまいます。

悩み考え、良い選択をしたとしても、自分自身に責任を持たなければ、依存が始まります。

依存をすれば、自分を向上させるという意思も薄れ、常に精神は乱れます。

とらわれが強くなれば、頭で考え、正しいか、正しくないかだけにこだわるようになります。

この世の中で、絶対的に正しいもの、なおる保証があるものはないと私は考えます。

正しいものは人によって違うのです。

環境、性格、細胞が違うように、すべて正しいものも違うのです。

しかし、不安から安心材料を集めようとします。

なおると言って欲しい、大丈夫と言って欲しい、正しいと言って欲しい・・・

これが依存なのです。

そこに気付かない限り、いつまでたっても変わることはないでしょう。

安心は人から受けとるものではなく、自分がするべきことをして自分が自分に与えるものです。

ガンを克服したり、上手に共生している人は、自分を信じる訓練を積み重ねるといった自助努力があるのです。

ガンをなおせるのは自分自身でしかないことを知ること

愚かな自分に気付き、生き方を変えて初めて好転するのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ