感性で健康体を手に入れる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

悩み過ぎ、考え過ぎは病気をつくります。

知識の詰め過ぎも命を縮めます。

知識は必要ですが、頭で考えてしまうと、人間としての本来の治癒力や個人の性質が失われていきます。

ガンになると 多くの方がたくさんの書物を読もうとします。

しかし、正反対のことが書いてあるものを目にすれば、迷いが出てきます。

当然、ガンに対する見解も全く違います。

読みすぎると何が正しいのか、間違っているのか、わからなくなり悩みや不安が増えてしまいます。

悩み、考え過ぎは、頭に血が上り、ミトコンドリアの多い脳に負担をかけてしまいます。

すると、手足が冷たくなり、頭熱足寒になってしまいます。

これがそもそも病気の道ですね。

そして、考え過ぎは、直感や感性を失います。

ガンなおしには、感性が必要

何が良いのか悪のかは、自分の心と体で感じる感覚を受け取るしかないのです。

何といっても、悩み過ぎ、考え過ぎは体に大きなストレスをかけてしまいます。

「○○しなくてはならない」 の考え方から、心と体が心地よく感じる生き方にシフトしてみてはどうでしょう。

すると、今まで義務的にしてきたことが、自然に出来るようになりストレスも感じなくなります。

 

悩み、考え過ぎたら、外に出て体を動かしてみる

自然の中で過ごすと、感性もどんどん磨かれていきます。

感性を磨くことがガンなおしの秘訣です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください  TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す