女性の綺麗は健康に繋がる

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

女性はいつまでも美しくありたいと願うでしょう

何歳になっても綺麗な妻でいたいと願うでしょう

明るくキラキラ輝いている母でいたいと願うでしょう

ガンになったとき、病気であっても女性として美しくありたい・・・と思いました

もっと率直な言葉で言えば・・・

『ガンのために、私が女じゃなくなるなんて嫌! 女として生きて生きたい!』 

自分のためにも、夫のためにも、子ども達のためにも綺麗でいたい

だから・・・プロポリスを飲んで、綺麗に綺麗に自分を磨こう

これがスタートでした

綺麗になったら女性は気持ちが上がりますよね

ワクワクして気持ちが上がると、体も変化します

ガン患者とは思えないくらい綺麗になりたい

女性が綺麗に輝けたら健康にも繋がりますね

そして、明るくキラキラ輝くと家庭も円満です

病気なおしの最大のキーワードは、夫婦円満・家庭円満ですク

コツをお教えします

がんを治す生き方・・・ご相談くださいね TEL 084-925-1271 詳しくはこちらから

今日も小さな喜びをたくさん見つけ ありがとうをいっぱい言いましょう

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

美しくなりたい女性の意識

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

嬉しいメールが届きました

昨年の春、セミナーに来てくださった彼女

心が寂しくずっと涙を流していた彼女

ぽっちゃり体型で吹き出ものがひどく、ご自身の容姿も嫌いだと言われていた彼女でしたが

8ヶ月後 別人に・・・

写真添付でメールをくださいました

この8ヶ月間でなんと10キロも痩せられ、締まったボデイキラキラお肌もキレイ

さらに素敵なパートナーが出来たそうでとてもお幸せそう

プロポリス飲んで真の健幸美を手に入れた彼女

今度は素敵な花嫁さんになるために、そしてママさんになるために これからはパートナーと2人でプロポリス愛飲者になるそうです

花嫁姿が楽しみですね

やはり女性の意識ってすごい星

もっともっと美しく輝いていけます

私もテンション上がりますね

美しく輝いて生きる

がんを治す生き方・・・ ご相談ください TEL 084-925-1271 詳しくはこちらから

今日も小さな喜びをたくさん見つけ ありがとうをいっぱい言いましょう

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

捉え方でモチベーションが変わる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

不平不満、愚痴、恨みや妬み、悲しみが心をむしばみます。

そして、邪気をどんどん溜めてしまい体が毒化されていきます。

【病の根源は心にある】

病気になったときは、内面を含めたライフスタイルを見つめ直し、なぜガンになったのか、原因を探すことが大切です。

そして、これからはすべて前向きに捉えることです。

ガンなおしは、簡単なことではありません。

思うように進まないことも、結果が伴わないときもあります。

ですが、この結果をどう捉えるかで、モチベーションが変わります。

また次へのステージにも大きく影響してきます。

こんなにやったのにダメだった・・・と不平不満となってしまう人

やったからこれだけで済んだ・・・と感謝することが出来る人

これだけやってもまだまだ足りない・・・と前向きに進める人

捉え方で同じ結果であっても、全く違う今後になります。

ガンなおしはモチベーションが大切です。

不平不満に捉えれば、心の毒が溜まり、やがて体の毒となります。

そして、強い不安は悲しみとなり、心に深く毒を積もらせてしまいます。

ガンは、追い打ちをかけるように孤独を強く感じさせます。

寂しさや不安から心がゆがむと、感謝も出来なくなります。

これも素直な気持ちとしてすべて受け入れてみるといいですね。

ガンなおしは、決して楽なことではありませんが、これは心の訓練です。

ぜひ穏やかな心で臨んで頂きたいと思います。

明るく前向きな心で生きましょう。

そして、美しく生き生きと輝きたい方を応援します。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

鼻詰まりを解消して酸素を取り入れる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

この季節になりやすい寒暖差アレルギー

寒い外から暖かい部屋に入ったときに起きる鼻づまり

これは、急激な温度差が鼻の粘膜を刺激して起きます。

鼻の中は、無数の血管があり、暖かい部屋に入ると一気に血行が良くなり、血管が広がって鼻粘膜が腫れて鼻づまりになります。

また、温かいお風呂やお布団に入ったときや朝方に起きる鼻づまり

鼻の粘膜は副交感神経の影響を受けやすいため、お風呂や就寝時など副交感神経が働いたときにも鼻づまりは起きやすくなります。

つまり鼻粘膜の腫れ、血管の広がりは、自律神経によって支配されています。

つまっている鼻の反対側の脇の下に15秒ほど こぶしを挟んで刺激すると一時的ですが鼻づまりは解消されます。

これは、脇の下で交感神経を刺激しているのです。

鼻づまりが起きると、鼻呼吸ではなく、口呼吸になってしまいます。

この口呼吸は、ガンなど病気の原因となります。

鼻には繊毛という細胞があり、この繊毛が細菌やウイルスを捕らえ、体内への侵入を防いでくれています。

一方、口呼吸は細菌やウイルス、またホコリなどが入りやすくなります。

しかも、口呼吸は呼吸が浅くなり、体の隅々まで酸素が行き届かず、低酸素の状態になります。

低酸素は、ガンの道です。

特に就寝中、鼻がつまり口呼吸になっている人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性もありますので要注意です。

脇の下を刺激したり、小鼻のつぼをマッサージしたりして鼻づまりを解消して、しっかりと鼻から酸素を取り入れていきたいですね。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ