牛乳は体にいいの?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

牛乳を飲んで骨を丈夫にしましょう

こんな言葉にのせられた時代

朝食に牛乳

給食で牛乳

おやつに牛乳

牛乳をたくさん飲んできた世代が、今、ガンになっています。

牛乳は、カルシウムが摂れるどころか、飲んだだけカルシウムを奪ってしまいます。

これは、牛乳に含まれるたんぱく質やナトリウムが、カルシウムを排出させてしまう働きがあるとか・・・

それなのに、骨を丈夫にすると言って、牛乳摂取をどんどんすすめられてきた世代

牛乳は、ホルモン剤や抗生剤を投与された牛のお乳です。

牛乳には、ホルモン剤や抗生剤がたっぷり含まれていることを知っておく必要がありますね。

今、骨粗鬆症、そして乳ガンが増えているのが現実です

飲めば飲むだけ毒素が溜まり、ガンも出来るでしょう。

良いと思って子ども達に飲ませていた牛乳

大切な子ども達に、ホルモン剤と抗生剤を飲ませているのと同じです

後になって後悔の無いようしていきたいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す