がん予防に大根おろしを

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

大根おろしは、薬味としては定番です

酵素を効率よく摂りいれるにも大根おろしはとてもいいですね

辛いのがお好みなら先端の方を使い、辛くないほうが良ければ葉に近い方を使うといいでしょう

いずれにしても大根おろしは、時間が経つとビタミンCも減ってしまうので、食べる直前にすりおろすことをおススメします。

大根はすりおろすことで、辛みの主成分である 「イソチオシアナート」 と呼ばれる成分が生成されます。

このイソチオシアナートは、殺菌効果とともにガン細胞を抑制する効果があります。

これらは、皮と身の境にたくさん含まれていますので、皮のまま使うか、皮は薄く剥くといいですね

これからの季節は大根がどんどん美味しくなりますね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す