大根おろしに医者いらず

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

大根の美味しい季節ですね

食べて美味しい大根ですが、民間療法でも昔から愛されています。

大根には、すりおろすことで出る辛み成分「イソチオシアナート」に、解毒作用や殺菌作用があります。

「大根おろしに医者いらず」

この辛み成分を利用した民間療法です。

【大根おろしを飲む】

体のむくみを取る効果がある。

【大根をおろした汁でうがい】

口の中で起きる炎症・口内炎や虫歯などの症状緩和効果

【大根おろしに生姜、醤油を加え熱い番茶を注いで飲む】

解熱剤・発汗剤として効果

【脱脂綿に大根をおろした汁を浸し、鼻に詰める】

鼻の粘膜の炎症を緩和し、鼻の通りをよくする

【大根をおろした汁に、はちみつを混ぜて飲む】

粘膜が強くなり、喉の炎症を鎮める

安心安全なはちみつはこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

レンコンの特徴的な成分

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

穴があいているレンコンは、「先が見通せる」とされ、縁起物としてお正月料理などに使われます

レンコンの主成分は、デンプンで食物繊維を多く含有しています。

レンコンは、ビタミンCがとても豊富なうえに、レンコンのビタミンCは、加熱しても壊れにくいため、ビタミンCを効率よく摂取することができます。

そして、レンコンの特徴でもあるムチン、タンニンといった成分

レンコンの糸を引く粘りのもとが、ムチンといわれる成分で、納豆のネバネバ成分と同じです。

ムチンは、タンパク質が効率よく消化吸収され、細胞を活性化させ、疲労回復に効果があると言われています。

そして、タンニンはポリフェノールの一種で 体の酸化を防ぐ力を持っています。

過剰に発生した活性酸素を除去してくれので、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を守る働きとなり、ガンや生活習慣病を防ぐ効果があるといわれています。

またタンニンには、止血効果があり、生のレンコンをすりおろしてしぼった汁を飲んだり、鼻炎による鼻づまりには、しぼり汁を脱脂綿などに浸み込ませ、鼻腔にさすなど、レンコンは民間療法でも古くから使われてきました。

お試しくださいね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

さんまの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

今が旬のサンマ

お財布にも優しく、美味しい魚ですね

冷たい海中の魚の脂肪は、凝固しにくい不飽和脂肪酸です。

サンマには、良質の不飽和脂肪酸であるEPAやDHAがたっぷり含まれています。

EPAは、血液中のコレステロール抑え、血液の流れを良くして血栓ができにくくします。

DHAは、脳細胞の成長を促し、脳を活性化させます。

これらは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の予防によいとされています。

そして、サンマは、魚の中でもトップクラスといえる高タンパクで、ビタミンのA、D、EやB群を多く含んでいます。

これらは、皮膚や粘膜、骨粗鬆症予防、目などにも働きかけてくれます。

また、抗酸化作用により、ガン予防も期待できますね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

花粉症にもレンコン茶

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

アレルギーの方はつらい季節ですね

レンコン茶は花粉症にもいいそうですよ

皮もまるごと使えるよう無農薬のレンコンがいいですね。

無農薬レンコンを皮ごとすりおろします。

木綿のハンカチにすりおろしたレンコンを包み、汁を絞ります。

鍋にお湯とレンコンのしぼり汁を入れて温めます。

温まったら、お好みではちみつを入れます。

はちみつが溶けたら湯のみに移します。

ここで私はプロポリスを入れます

レンコンのほのかな渋みとはちみつの甘さとプロポリスのピリッと感が、どこか生姜湯を思わせる感じです

食物繊維がとても豊富なので便秘症の方にもいいですよ

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

焼き芋にすると食物繊維がます?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

栄養素は加熱することにより壊れやすくなりますが、さつま芋の栄養素は加熱しても比較的壊れにくいといわれています

なかでも注目すべきは、ビタミンB6やB1などのビタミンB郡がとても豊富なことです。

その他にもカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛など多く含まれており栄養面でもとてもよい野菜ですね

しかも、焼き芋にすると食物繊維が生の状態に比べ30%も増加するそうです。

そして、焼き芋を食べるとストレスが軽減されるとか・・・!?

これは焼き芋に含まれるカルシウムの効果ともいわれます。

そして、焼き芋を食べる時は、皮ごと食べるといいでしょう

焼き芋の皮に含まれる「アントシアニン」は、葡萄などにも含まれているポリフェノールで、抗酸化作用や肝機能改善などに効能があるとされています。

参考までに・・・

焼き芋をつくる時は、ゆっくりと焼いた方が甘みがでますよドキドキ

ゆっくり熱を加えることで、さつま芋に含まれる酵素アミラーゼの働きが活発になり、でんぷんが糖に変わり甘みが出てくるのです。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

山芋コンニャクの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

昔から 『砂おろし』 と言われているコンニャク

まさに老廃物の排除に役立つ優れものです

コンニャクには、生芋で作られたコンニャクと、コンニャク粉で作られたものがあります。

凝固剤も炭酸ナトリウムを使ったものとカルシウムを使ったものがあります。

おススメは、生芋でつくられているもの

そして、凝固剤は炭酸ナトリウムが使ってあるコンニャクがいいですね

コンニャクの繊維質であるグルコマンナンは消化吸収がされにくい多糖類で、胃を通過して腸まで届き、腸の運動を促して、老廃物を取り除いてくれます。

コンニャクは、便秘に抜群の効用を発揮し、そしてグルコマンナンには、コレステロール値を下げる効果もあります。

高コレステロールは、動物性脂肪のとりすぎが原因と言われていますが、実は食物繊維の不足も原因になります。

腸のお掃除にコンニャクは最適ですね

生芋のコンニャクはお刺身で食べてもクセがなくプルプルでとても美味しいです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

キウイは高栄養?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

キウイは女性の味方

フルーツの中でもキウイは、ビタミンCの含有量はトップクラス

ビタミンCは、イチゴやオレンジよりはるかに多くなっています。

キウイは、ビタミンC以外にも、ビタミンE、カリウム、食物繊維、クエン酸、リンゴ酸などの栄養素をたっぷりと含んでいます

食物繊維だけでもバナナの2倍

あの小さな中に、高密度に栄養が詰まっています

だからキウイは、「フルーツの王様」 と呼ばれいます

キウイは、美容や腸に働きかけるだけでなく、疲労回復や風邪などの感染症の予防・回復にとても効果的とされています

しかも、キウイは農薬の影響を受けにくい果物といわれています

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

椎茸は食べる前に干す

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

鍋や煮物、天ぷらなど椎茸が活躍する季節となりましたね

日本人になじみ深い椎茸ですが、効能が素晴らしいですね

昔から、ガン予防によいと言われる椎茸

椎茸には、エリタデニンという成分が含まれています。

エリタデニンは血中のコレステロール量を低下させる作用があり、血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧の予防によいとされています。

そして、椎茸にはレンチナンとβ-Dグルカンと言う多糖類も含まれており、これらは、免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑える効果が期待されています。

ダイエットにもよいとされている椎茸は、低カロリーだけでなく、脂肪を包み込み体外へ排出しする役目で腸の働きを活発にしてくれます。

面白い性質といえば、椎茸は1時間ほど天日に干すとビタミンDが倍増すると言われていること

食べる前にビタミンDを増や骨粗しょう症の予防にもつとめたいですね!

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

便利な干しエノキダケ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

先日、頂いた干しエノキ茸

干しエノキ茸は、とっても美味しくて便利です

エノキ茸には、「エノキタケリノール酸」という成分が含まれているそうです。

「エノキタケリノール酸」は、体内のアドレナリンと脂肪酸がくっつき、内臓や皮下脂肪のダイエットに効果があると言われています。

ダイエットの脂肪燃焼効果は、生エノキ茸より干しエノキ茸の方が高いと言われています。

さらに、干したエノキ茸には、不溶性食物繊維が非常に多く含まれており、腸内環境を整えてくれます。

干しエノキ茸は、レンチナンという抗ガン作用を多く含み、代謝を活性させるビタミンB1もシイタケの1.5倍もある健康的な食品です。

干しエノキ茸の出汁は、とても上品な味になりますね

また、干しエノキ茸は、おやつ感覚でそのまま食べても美味しいですよ

まとめて干しエノキ茸をつくって保存しておくのもいいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

夏目ナツメの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

ナツメは、夏に入って芽が出ることから、夏芽(ナツメ)というそうです

この季節から収穫できるナツメは、そのまま食べると、甘みの少ないリンゴのような味ですね

果実を乾燥させ、干しナツメとして、また、果実を砂糖と醤油で煮詰め、甘露煮として食卓に並ぶ地域もありますね

ですが、ナツメといえば、果物やおかずのイメージよりも、どちらかといえば、健康食品に使われているイメージを持つ方が多いのでは・・・

中国では漢方薬として、韓国でも薬膳料理として古くから使われてきました。

ナツメの一番の効能といえば、デドックス

血液に栄養を与え、脾臓、そして胃腸を元気にする作用があると言われています。

漢方医学では、白血球や血小板の減少、慢性肝臓病、喘息、アレルギーなどの治療に効果的とされているようです。

また、栄養面でも優れているため、「ナツメを食べれば年をとらない」 といわれるほど美肌効果も抜群です

女性には嬉しい果実ですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ