がん封じの仏様

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

京都駅から徒歩15分ほどのところにある因幡堂平等寺

因幡堂平等寺は、特にガン封じのお薬師如来として信仰されているそうです。

かつて癌が不治の病と思われていた時代、最後に因幡薬師にすがられた方が多かったため、現在まで、「がん封じ」の薬師如来として伝わってきたとか。。。

感謝の思いでお参りされて頂きました。

毎月8日には、薬師護摩を焚き、癌封じの御祈願をされているようですよ

そして、子授け、安産の仏様としても多くの方が参られているそうです。

信じるか、信じないかもそれぞれ

仏様に治してもらおうではなく、そしてお願いでもなく…

自分を信じて生きる心の拠り所になるといいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す