ネギの根っこは捨てずに植えると便利

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ネギには、激臭や辛味は、「硫化アリル」という物質によるもの

この硫化アリルには、血液をサラサラにする働きで血栓を予防したり、血行を良くして、体を温める作用があります。

葉ネギに含まれるカロチン・ビタミンCは、強い抗菌作用は、カゼの予防には効果を発揮してくれます。

また、ネギに含まれる「イオウ」という鎮静効果は、不眠やリラクゼーション効果にもよく刻んだネギを枕元において寝るなど、ネギは民間療法としても昔から活躍しています。

薬だけに頼らず、 この様な民間療法を取り入れてみるのも良いですね

ネギの根っこを捨てずに、根から5センチほどのところで切り、プランターに植えておくと重宝しますよ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す