栄養たっぷりの玄米を頂く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

玄米は栄養バランスに優れています。

玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富

また、ガンマオリザノールという栄養素も含まれており、このガンマオリザノールは、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用がとても優れていてます。

その他、玄米は血行を良くしたり、コレステロールを抑えてくれる作用もあるのでやはり白米より玄米を摂る方が体には良いことはわかりますね。

そして、食物繊維たっぷりの玄米は、血糖値の急激な上昇の心配がありません。

しかし、玄米の問題点は、農薬ですね

白米のように精米をしていない分、農薬の影響は受けやすくなります。

特に玄米は、無農薬栽培をおススメします

玄米を炊くときは、圧力鍋より土鍋がオススメですよ

圧力釜で炊くと、高圧の影響でお米の澱粉が酸化して消化が悪くなります。

冷めても硬くなりにくいのは土鍋です。

何より、土鍋でふっくら炊いた玄米を頂くと、土のエネルギーと自然の恵みを感じられますよ。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

女性の味方・さつまいも

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私の大好なきさつま芋

春は大好きですが、暖かくなると、さつま芋の存在が薄くなるのが私は寂しく感じますかお

秋から冬にかけ我が家では大活躍してくれるさつまいも

中でのシンプルで芋の風味をしっかり味わえる焼き芋が好きです

さつま芋は便秘に悩む女性の味方音譜

セルロース(食物繊維)の多いさつま芋

セルロースが腸を刺激して働きを活性化にさせるとともに、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させてくれます。

そして、夏みかんと同等のビタミンCを含んでいるさつま芋は美容の面でも女性の味方ですドキドキ

メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。

また、動脈硬化の予防や、免疫を高めてくれる効果もあります。

有り難い効能はたくさんあるさつま芋

シーズンが終わってしまうのが寂しいですね・・・

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

牛乳神話2

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

当たり前のように学校給食や病院のお食事で登場する牛乳やヨーグルトですが、牛乳が骨を強くする、体に良いという神話はそろそろ崩されてきているように思います。

牛乳とガンの関係については、少しずつ知られてきています。

畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

腸が汚れるということは、病気をつくる基本的原因になります。

また、牛乳の脂肪は、ガンだけでなく、動脈硬化や心臓病の原因にもなります。

そして、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

本来ならば、体の自然防衛メカニズムが働き、健康な体を保つのですが、成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていきます。

発ガン物質である危険な牛乳を何のために子ども達に飲ませるのか・・・

これ以上、ガンを増やしてどうするのでしょう・・・

不思議で仕方ありません。

牛乳を飲んだら背が伸びる!

成長ホルモンたっぷりの牛乳を飲めば、確かにそうかもしれませんね。

しかし、その成長ホルモンが非常に危険であることを知るべきです。

子どもは、親である私たちが守るしかありません。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

増え続ける若年性のガン

何を食べさせ、何を飲ますか・・・

これも親次第です。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

生かされている自分に気付くこと

帯津良一先生の『氣の養生塾』に2日間にわたり参加させていただきました。

帯津先生といえば、ガンの方はきっとお会いしたい先生ですよね

東京大学医学部という硬い肩書とは反対に、とても柔軟なお考えと人間味が溢れた語りには引き込まれていきます。

30年前に西洋医学の限界を感じ、医療の東西融合をされていらっしゃる先生ですが、

講義の中でも帯津先生はしきりに 『トキメキ』 という言葉を言われていました。

根本は生命に目を向けること

生命エネルギーのよどみ

つまり、トキメキがないと生命エネルギーは勢いを失い、滞ってしまうということです。

生命に目を向けるということは、まずは、『生かされている自分に気付く』 という意味だと私は感じました。

生かされている自分に気付けば、何でもない小さなことが喜びに感じます。

生かされている自分に気付けば、何でもない小さなことが幸せに感じます。

トキメキとは、明確な目標だけでなく、小さな喜びも、小さな幸せも立派なトキメキです。

生命にしっかりと目を向けたときに『トキメキ』 も感じてくるのでしょう。

食養生も先生が言われるように 「大地のエネルギーを取り込む」 そんな思いで取り組むと、トキメキながらお食事が頂けますね。

ちなみに先生は毎晩 「今日が最後の晩餐」と思い、トキメキながらお食事をされるそうですニコニコ

帯津先生と一緒に撮らせれいただきました

『気付き常に自分を成長させる』

本当に重みのある素晴らしいお話をありがとうございました。

喜びを見つける人生ゲーム 

ガンで途方に暮れ、迷いに迷っていらっしゃる方にも、帯津先生のお話を聞かれ、何かを感じたり、光が見えたりされたのではないでしょうか・・・

また、昇幹夫先生の講義は、帯津先生とはガラッと変わり、軽快なテンポで笑い有りの時間でした。

日本笑い学会 副会長 現役の産婦人科専門医でいらっしゃる昇先生

NK細胞を元気にするには・・・

笑うこと、泣くこと

つまり、心地よいと思うことが大切だという

ガンは原因を改めると平和共存することを確信されていらっしゃいます。

専門が産婦人科の先生ですから、妊婦さんのお腹の4D映像も見せて頂きました。

お母さんのお腹の中で、ニッコリ微笑む赤ちゃん、大きな口を開けて笑っている赤ちゃん・・・

何とも言えない微笑ましい映像でした。

きっとお母さんやお父さんの優しい声を聞いて、心地よく笑っていたのでしょうね。

ちゃんと感じているのですね。

笑って泣いて心地よいと感じることが大切ですね。

ガンもストレス病 はこちらから

昇先生 笑って学んで・・・ありがとうございました。

そして、主催の春名伸司さん

春名さんは41歳で末期ガンになり、大変な自助努力の結果、元気になられ15年を迎えられた方です。

「どんな環境を背負っても末期ガンでも治る」ことを伝えられています。

ガン宣告で心に初めて 「生きたい!」 という火をつけられたそうです。

それにしても、周りに振り回されることなく、ご自身で黙々とされた姿を想像しただけでも、本当に凄い方です。

そして、克服した人の共通点は『心』 であると話されました。

ガンと心は繋がっている はこちらから

春名さん、本当に2日間、お世話になりました。

学び多き2日間となり、心から感謝いたします。

ありがとうございました。

どの方が言われることも、まさにその通りだと思い聞かせて頂きました。

療法はみな様々ですが、共通点は心です。

但し、治療のハシゴは、受ける側も、する側も集中力に欠けると言われていました。

自分の感を働かせ、信じて実践することが大切で、免疫アップにも繋がります。

そして、今を大切に、今日を生きるということです。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

自然栽培米

ですから、やっぱり無農薬、無肥料、除草剤も使わない

こんなお米がいいですね。

自然栽培米は高いでしょ!?

と言われますが、当然、スーパーで売ってるお米に比べたらお値段は2倍です。

しかし、育てる手間、収穫量、なんと言っても安心を考えたら私は安いと思います。

皆様、いかがでしょう

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大豆の力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

麹と一緒に届いた自然栽培の北海道大豆!

夫と私はこの大豆を水煮して、そのまま頂くのが大好きです。

お酒ともよく合います。

一晩、体によいお水で寝かせます。

朝にはかなり膨れてます。

大鍋でことこと2時間ほど弱火で煮ると本当にふっくら美味しい大豆の水煮が出来ます。

冷めたら小分けにして冷凍します。

使うときは自然解凍でOK

大豆は、豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、アミノ酸の組み合わせが、動物タンパクによく似ていることから、「畑のお肉」とも言われる非常にすぐれた食品です。

ビタミンは、B1、B2、Eなどが豊富で、カルシウム、カリウム、鉄も多く含まれています。

大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種である大豆イソフラボンは抗酸化作用を持ち備え、活性酸素の発生を抑制する効能があります。

抗酸化作用があることから、血管壁に付着した悪玉コレステロールが酸化するのを防止し、動脈硬化や脳卒中・心筋梗塞といった病気の予防効果が期待できます。

エストロゲンには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという作用があるり、血中コレステロール値を正常に保つ効能があるといわれています。

残りはお味噌作りに使おうと思います。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ