抗ガン剤  医薬品添付文書   その3

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

抗ガン剤の中身はどんな成分なのですか?

多少なりとも抗ガン剤に対して不信を持っていれば、副作用の重大性からして当然、気になる部分ですね・・・

「毒には毒で制す」

この言葉通りです。

******************* 以下 船瀬俊介著書より一部引用 *****************************

アルキル化剤 毒ガス兵器が起源、DNA破壊する 発ガン剤

毒ガス兵器マスタードガスが起源

これらは、もっとも歴史の古い抗ガン剤である。

ガン細胞のDNA(遺伝子)合成を阻害して、増殖を抑えようとするもの。つまりDNAを損傷する強い作用がある。

ガンはDNA損傷、破壊、切断によって発生する。

つまり、これら古典的アルキル化剤の抗ガン剤は、まぎれもない強烈発ガン物質なのだ。

「本剤は、第一次世界大戦中にドイツ軍が毒ガスとして使用したマスタードガスが起源を発し…」と記述はガ然、きな臭くなる。

「その後、制ガン作用が検討され、とくに1952年、石館らによって開発され・・・アルキル化剤を含めた制ガン剤開発の発端となった」 医学大辞典

「医学辞典」は正直である。

「粘膜皮膚に付着すると、みるみる爛れ(びらん)を起こす」

よってこの毒ガス兵器は びらんガス とも呼ばれ、恐れられた。

************************************************************************************

これだけの毒が体内に入るのですから激しい吐き気に襲われるも当然です。

DNA破壊ですから様々な機能を失います。

亡くなっていく方は、実はガンで亡くなるのではなく、8割以上の人が抗ガン剤によって免疫が破壊され感染症を起こして亡くなる。

これも某大学病院のインターンが、亡くなっていく患者さんの死因に疑問を感じ、独自でカルテを調査したという有名な話です。

これがまさの毒による副作用です。

毒には毒で制する

ガンは宿主が死ぬまで増殖し続けるというウイルヒョウの学説を未だに使っている西洋医学では、当然ながらガンは毒なのでしょう。

ガン細胞は本当に増殖し続けるのでしょうか。

そこがそもそも違うのです。

ガンは自分の体の細胞の一部です。

だからガンは温めて癒してあげることが一番なのです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の意見・考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください)

自然治癒力こそが「ガン」治癒への道

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方を・・・・・がんと自然治癒力研究所

私達の体は、ウイルスなどの異物が入ってきたり、組織が破壊されると代謝を高め、自ら治す力(自然治癒力)を発揮します。

発熱、発疹、咳、鼻水、タンは自然治癒力が働いた時に現れる症状です。

この症状の時にリンパ球が活性され、修復が行われます。

決して心地良い症状ではありませんが、治るためのステップです。

しかし、リンパ球が活性化されている時にお薬で抑えてしまうとどうなるでしょう・・・

お薬により、顆粒球が増えリンパ球が減少してしまいます。

リンパ球が減るということはNK細胞が抑制されてしまいます。

何よりお薬は体を冷やし、ガン細胞が増殖しやすい環境をつくっていきます。

お薬は病気を治すものではありません。

症状を抑えるだけの対症療法にすぎません。

急性期を除き、慢性病には意味がないのです。

では、どうやったら自然治癒力が高まるのでしょう・・・

自然治癒力はみんな平等に持っています。

そして、どんな人でもみんな毎日ガン細胞は数千個から数万個生まれています。

そこで自然治癒力が働き、ガン細胞を増殖させないよう抑えてくれています。

素晴らしいと思いませんか?

塊になり画像に写るガン細胞も同じことです。

この自然治癒力を大いに活かせた人がガンの自然退縮を果たしています。

自然治癒力を高めるには・・・

体温を上げる

砂糖、添加物を遠ざける

早寝早起きで、しっかり歩く

正しい呼吸でしっかり酸素を取り込む

おおらかな心(怒らない・愚痴らない・ガンを恐れない)

上4つは物理的に何とか出来ますね。

一番難しいのが5番目の「おおらかな心」です。

まず、ガンを恐れないためには、本当のガン細胞のメカニズムをしっかりと知ることが大切です。

ガンは転移する怖い病気、早く退治しなくては!!と思っていませんか?

ガンは手術、放射線、抗ガン剤で治すものだと思い込んでいませんか?

この固定観念こそがガンを恐れる原因になります。

そして、怒り、愚痴、不平不満を言うことは、自分の体を痛めつけています。

不安、恐怖、怒り、恨みなどのストレスは交感神経を緊張させアドレナリンが働き、赤血球同士がくっつき血液がドロドロになります。

この状態が長く続くと、低体温、低酸素、高血糖の状態が起き、ガンなど様々な病気を引き起こしてしまいます。

怒り、愚痴り、不平不満を言っただけ自然治癒力は低下していくことがよくわかります。

負の言葉より、綺麗な心温かい言葉を使った方が細胞は断然喜びます。

絶対に勘違いしてはいけないことは

ガン細胞は殺すのではなく、ガン細胞を正常細胞に戻すこと。

攻撃すると必ず自分にしっぺ返しがあります。

だから ガンは攻撃せず、癒して正常な元の細胞に戻ってもらうこと。

そのためには綺麗な心温かい言霊とおおらかな心が必要です。

感情の最高峰である『ありがとう』を1日1万回、いえ10万回言ってみましょう

免疫が活性化され、自然治癒力がグンと上がりますよ。

これも自分で治す自助努力のひとつです。

怒りそうになったら 『あがとう』

不満を言いそうになったら 『ありがとう』

不安が襲ってきたら 『ありがとう』

まずはこれから心掛けてみてくださいね

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

抗ガン剤医薬品添付文書  その2

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

抗ガン剤に医薬品添付文書を確認するべきだ というお話をしましたが

実はそれ以前に、ご自身のガンの状況 つまりステージすら病院から教えて貰っていない方が意外にも多いことに驚きます。

少しご年齢が高めの方がそんな傾向はあるようにみえますが、それにしても手術の説明等には息子さんや娘さんが立ち会うわけですから・・・

それでも家族全員誰も知らないという現実があります。

ガンであることだけを伝えられ、あれよあれよのうちに治療が開始されている状況は、まさにベルトコンベヤー治療です。

当然 医薬品添付文書など 副作用情報など見てはいません。

抗ガン剤の副作用については既に書きましたが、有効率については尚更知る由もありません。

**********以下 船瀬俊介著書より一部引用**********************************************

抗ガン剤の有効性について一切の記載がないものがいくつもある。

たとえばプラトシン(協和)がそうだ。

これはシスプラチン注射液の商品名。

輸入元は、世界的な巨大製薬メーカー、ファイザー社。

世界的メーカーだから、国内メーカー以上に厳格公正かとおもったら、まったく逆なの愕然とした。

メソトレキセート錠剤(武田)も「添付文書」に「臨床成績」や「有効率」など記載ゼロ・・・

抗ガン剤の「有効率」とは、投与後、四週間(…?)の間に ガン腫瘍がタテヨコどれだけ 縮んだのか の縮小率で 判定 する。

だから記述のとおり、ほんらい 細胞毒 である抗ガン剤に、ガン腫瘍がびっくりして一時的に縮んでも 有効 と判定するのだ。

そのうち反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)の作動で抗ガン剤は無力化にされ、ガン細胞は勢いを増して増殖することはすでに述べた。

たった 四週間 という呆れるほど短い期間を 判定期間 と区切ったのは、その後のガン腫瘍のリバウンド(再発)をごまかすためであろう。

この抗ガン剤毒性によるガン腫瘍の一時的 ビックリ縮小 ですら約10%にしかみられない。

残り90%はピクリとも抗ガン剤に反応しない。

抗ガン剤のこの一時的なわずか10%の「有効率」(腫瘍の縮小率)に過ぎない。

それをガン患者や家族は ガンが治ると「治癒率」とかんちがいしている。

抗ガン剤の効能成果について

投与して腫瘍が、わずか 四週間 で少しでも 縮小すれば・・・「有効性アリ」・・・と厚生労働省は認定している。

ところが、1985年、アメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴィタ所長が会議で衝撃証言を行っています。

アンチ・ドラック・ジーンADG

*************************************************************************************

抗ガン剤により、ガンが小さくなったと喜んでいるのも束の間であることが悲しいですね。

「有効率」や「寛解率」を「治癒率」と勘違いしてしまう患者さんも多いはずです。

「有効率」「寛解率」とは治癒ではなく、まさに「腫瘍縮小率」を意味しています。

厚生省をはじめ、医師たちの間でも抗ガン剤でガンは治せないことは常識の範囲

他に薬がないことと、少しでも腫瘍を小さくするために使っているのが現状でしょう。

しかし、その後ろには、抗ガン剤投与による「二次発ガン」などの重大な副作用がありますから、数ヶ月後、数年後の再発転移を覚悟して受けなくてはいけません。

これが本当の治療だと言えるでしょうか・・・

抗ガン剤をしたから大丈夫と言われたが再発し、次は抗ガン剤を多種併用しましょう・・・これで大丈夫!と言われ、しかしまたしても再発・・・残念ながら全て再発転移されています。

そこでやっと気付くのです。

抗ガン剤医薬品添付文書にある有効率とは、4週間のあいだにわずかでも腫瘍が縮んだ率

それが10%です。当然その中のほとんどがリバウンドでガンが増殖します。

となると実際、抗ガン剤で「治癒」という結果が出る人はほとんどいないということになります。

二次発ガンなどの可能性が極めて高いリスクと、極めて低い治癒と自分がどちらを優先させるかです。

これもベルトコンベヤーに乗せられた治療ではなく、しっかりと自分で選ばなければいけませんね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

抗ガン剤・ 医薬品添付文書

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

抗ガン剤治療で私は直感的に死を感じました。なぜでしょう・・・

このようなご相談を受けました。

医薬品添付文書を見られましたか?

厚生省の副作用情報を見られましたか?

当然、病院からの提出はありませんから見られてはいません。

抗ガン剤の添付文書を見ていれば、まず抗ガン剤はしていないでしょうね。

抗ガン剤とはいったい何なのか・・・

********以下 船瀬俊介著書より一部引用 *****************************************

医薬品添付文書とは、

隠された毒性を教えてくれる命の情報

抗ガン剤とは何か?その「正体」を知るために患者のあなたは「医薬品添付文書」は絶対不可欠だ。

さらに「抗ガン剤で殺されない」ためにも手元にぜったい必要だ。

抗ガン剤の場合、その恐るべき副作用症状の羅列の山に誰もが驚愕慄然とするだろう。

ビッシリ書き出された副作用症状の洪水も当然なのだ。

抗ガン剤自体が 猛毒物質 だから、毒を盛られた諸々の苦悶の中毒症状が、そこに噴出してくるわけである。

手指に触れるだけで、その皮膚細胞をドロドロに溶かすほどの恐怖の 細胞毒 なのだ。

その 毒物 を体内に注入する。

患者の全身細胞、臓器は、その猛毒性にパニックに陥り、様々な苦悶の中毒症状をあらわす。

これらが、「医薬品添付文書」で 注意 する「副作用」であり「重大副作用」なのだ。

まず、医者が抗ガン剤をすすめたら「その抗ガン剤の『医薬添付文書』コピーを下さい」と必ず医者に要求しよう。

「それはチョット・・・」と出さなかったら、その場で席を蹴って、病院を脱出すること。

さらに厚生労働省が全国医療機関に定期的に発信している「副作用情報」コピーも要求しよう。

この二点を、患者に手渡す医師、病院はそれなりに信用できる。

抗ガン剤治療を、承諾するか、しないか・・・。

それは、「医薬品添付文書」「副作用情報」を穴の開くほど、熟読熟知してから決定すること。

とりわけ「禁忌」「重大副作用」などは、徹底的に読み込むこと。

その副作用に、あなたは慄然とし、背筋が震え、手はわななきとしても抗ガン剤治療を受ける気は、失せるはずだ。

***********************************************************************************

以上を考えても、この相談者の直感は素晴らしいですね。

これが動物的本能であり、その方が持つ運なのでしょう。

そこでこの方は、

「自分が本当にバカでした・・・

 言われるがまま、よく分からずしてきましたから。
 
 全ては自分がつくったことも気付きました。

 人任せ、薬任せではガンが治らないことも本当によくわかりました。」

こんなふうに言われました。

気付けたことはとても素晴らしいですね。

気付いた後は自分が実践するのみです。

現在は、ガンの原因であるであろう 「心の持ち方」を変え、食、生活も改め、まずは化学療法を受けた体の毒だしです。

そして今後は、自分を信じ自然治癒力を高めることに励まれるそうです。

全ては自分であり、自分が命の選択をしているということを忘れてはいけませんね。

抗ガン剤 アンチ・ドラッグ・ジーン ADGの衝撃
がん三大療法・副作用の軽減はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたしたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

ミトコンドリアをメインに

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私達は、エネルギーの生成に「解糖系」と「ミトコンドリア系」の2つを働かせています。

「解糖系」は糖質からエネルギーをつくっています。

炭水化物を糖に変え、皮膚や骨髄など細胞に働きかけ体をつくるエネルギーとなります。

「ミトコンドリア系」は酸素からエネルギーをつくっています。

とても持続性に優れていて、脳や神経細胞に働きかけ持続的エネルギーとなります。

この2つが働いて私達の体は動いているのですが、年齢により瞬発力のある「解糖系」がメインで働いたり、また持続力のある「ミトコンドリア系」がメインに変わったりします。

若い時は「解糖系」でエネルギーをつくります。

だから、若い時には炭水化物であるご飯をしっかりと食べ「解糖系」を働かしていました。

しかし、40歳頃を境に今度は「ミトコンドリア系」の働きがメインになってきます。

私達が吸った酸素が血液を介して細胞内のミトコンドリアに届き、届いた酸素を使ってミトコンドリアはエネルギーをつくります。

ここで忘れてはいけないのが、ミトコンドリアは酸素と体温が揃わないと働いてくれません。

しかも若い時と同じように炭水化物をしっかり摂りつづけていると、メインが「ミトコンドリア系」から「解糖系」に切り替わってしまいます。

そこで何が起きるかというと、多くの酸素を取り込むミトコンドリア系は、解糖系がメインに登場してくると、取り込んだ酸素を活性酸素に変えてしまうのです。

つまり、炭水化物をしっかり食べていると、ミトコンドリアが誤作動を起こし活性酸素が大量に出てしまうということです。

そして、ミトコンドリアが出した活性酸素が、強い抗酸化力で細胞を酸化させてしまうのです。

するとガン、脳卒中、糖尿などの病気が発生してしまいます。

メインが「ミトコンドリア系」に切り替わる年齢にきたら、糖質が豊富な食品は控えることが健康の秘訣です。

ミトコンドリアを元気に!! 

とくガンの方はそうです。

「解糖系」はガン細胞が大好きな環境です。

メインが「解糖系」になってしまうと、ガン細胞は喜び増殖します。

ストレスを感じたら甘いもの

疲れたら甘いもの

この瞬間に「解糖系」が動き出すことを頭に入れておいて下さいね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくは詳しくは

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

ガンとフィトケミカルの有用性

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンの原因である活性酸素
活性酸素が過剰に発生する原因はストレス、薬品、電磁波、添加物など様々なものがあります。

そして、私達はたえず酸素を体に取り込んで生きています。

取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。

活性酸素のすべてが悪いわけではなく、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。
しかし、活性酸素は過剰に増えると健康な細胞まで酸化してしまい、ガンなど様々な病気を起こしてしまいます。

ガン宣告を受け、不安や恐怖からストレスは強くなり、さらには化学療法で活性酸素はガンになる前よりはるかに増えていく方がほとんどです。
いかに活性酸素を上手く除去するか、酸化させない生活をするかで再発転移の率も変わってきます。
活性酸素を増やさない生き方を・・・こちら
そこで活性酸素を除去してくれる身近なものは抗酸化力のある植物性の食品です。

抗酸化力のある植物には『フィトケミカル』という活性酸素を無害化にする抗酸化物質が含まれていてます。
自ら排出した活性酸素から身を守るために、植物は抗酸化物質である『フィトケミカル』を持ち備えています。
『フィトケミカル』を多く含む食品は、海藻、キノコ類、苦みのある色の濃い野菜など・・・

これらを積極的に摂ることは、体内の活性酸素の除去に役立ちます。
特に野菜は皮や茎の部分にフィトケミカルが豊富に含まれているので捨てずに使うことをおススメします。
ただし、手間でも農薬の除去をきちんと行うことです。

フィトケミカルを多く含む野菜は味噌汁などにも向いています。
煮ることでフィトケミカルが野菜の細胞膜から溶け出し、煮汁にしっかりと抗酸化物質が取り入れられます。
味噌汁は、生きた味噌に含まれる酵素と野菜から溶け出るフィトケミカル(抗酸化物質)でダブルの活性酸素除去効果があります。

様々な野菜、海藻をしっかり摂り、最低でも1日1回はお味噌汁を摂ること

活性酸素を増やさない生き方をすること
そして、フィトケミカル、酵素、ミネラルが含まれた栄養補助食品を上手に使うことも大切ですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271詳しくはこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。
皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

大豆の力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

麹と一緒に届いた自然栽培の北海道大豆!

夫と私はこの大豆を水煮して、そのまま頂くのが大好きです。

お酒ともよく合います。

一晩、体によいお水で寝かせます。

朝にはかなり膨れてます。

大鍋でことこと2時間ほど弱火で煮ると本当にふっくら美味しい大豆の水煮が出来ます。

冷めたら小分けにして冷凍します。

使うときは自然解凍でOK

大豆は、豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、アミノ酸の組み合わせが、動物タンパクによく似ていることから、「畑のお肉」とも言われる非常にすぐれた食品です。

ビタミンは、B1、B2、Eなどが豊富で、カルシウム、カリウム、鉄も多く含まれています。

大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種である大豆イソフラボンは抗酸化作用を持ち備え、活性酸素の発生を抑制する効能があります。

抗酸化作用があることから、血管壁に付着した悪玉コレステロールが酸化するのを防止し、動脈硬化や脳卒中・心筋梗塞といった病気の予防効果が期待できます。

エストロゲンには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという作用があるり、血中コレステロール値を正常に保つ効能があるといわれています。

残りはお味噌作りに使おうと思います。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ