自分にあったがん療法は直感で決まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

がん自然治癒・がんを恐れないはこちらから

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

がんの治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

がんを治す・信念と執着の違いはこちらから

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

がんを治す・感謝の心はこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

プロポリスの感想をお電話下さいました

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

先月、ホームページの方から「蜂粋ゴールドプロポリス」120㎖をご注文下さった方からお電話を頂きました。

ホームページからのご注文は、どんな方が飲まれているのか、どんな目的で飲まれているのか全くわかりません。

でも、何らかで「蜂粋ゴールドプロポリス」を必要として下さっている方でしょうから、お役に立ちますように・・・と祈りを込めて、お送りさせて頂いています。

そして、一昨日、お電話を下さった方

肺ガンの58歳の方です。

全く、ネットが使えない方で、息子さんが調べてご注文されたそうです。

『息子がこれを飲んでくれ、と言って持ってきてくれたので、よく分からないまま飲み始めました。
私は、抗ガン剤治療を今までしてきましたが、結局、再発をし、転移もしています。
抗ガン剤をすることで、体力がなくなり、精神的にも弱ってしまったんです。
何のために生きているのかと考えるようになりました。
今回も、抗ガン剤をすすめられましたが、もうやめたいと心底思ったんです。
前から、息子は抗ガン剤はやめたほうがいいと言っていたので、治療をやめることを伝えると、プロポリスを買って持ってきてくれたんですよ。
信じて飲んでみようと思い、毎日8mlずつ飲んでいます。
半月ほどで、真っ黒になっていた爪が、きれいになりました。
痛みもすごく楽になり、外に出て体を動かすことが出来るようになったんですよ。
せっかく良くなっているので、このまま続けたいので送って欲しいと思って、お電話しました』

愛される蜂粋ゴールドプロポリスはこちらから

なんて優しい息子さんなんでしょう

聞いているだけで、私の方が心が温かくなりました。

息子さんを信じるお母さんの力も凄いですね。

信じるものは救われる

何より素直な心は大事です

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんは救世主でもある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンは、生き方の偏りがつくった病です。

働き過ぎ

リラックスし過ぎ

頑固過ぎ

人が好過ぎ

神経質過ぎ

無神経過ぎ

この生き方の偏りが、ガンを招きます。

この偏り・過剰な生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

ガンになった現在も、このように偏った生き方をしていませんか?

働き過ぎや、心配し過ぎは、血行が悪くなり、体温が低下し、呼吸が浅くなります。

低体温、低酸素は、正常な細胞が生きにくい環境です。

細胞が生きにくい状況が起きても、私たちの体は、何とかして生き延びようとします。

低体温、低酸素という、最悪な環境下であっても、今度はそれに適応するための細胞がつくられます。

それが、ガン細胞です。

だから、ガン細胞は、低体温、低酸素の環境を好むのです。

宿主である私たちが、この環境を変えない限り、ガン細胞はそのまま生き延び続けます。

ですが・・・

ガンがすべて悪いわけではありません。

がんになる原因はこちらから

私たちが生き延びるために、この悪い環境でも適応できるガン細胞をつくって、生命の危機をくい止めているのですから、ガン細胞は、私たちにとって救世主でもあります。

ガンが出来ていなければ、一瞬にして命を落としていたかもしれません。

危機を救ってくれたガンには、感謝ですね・・・

まずは、偏った生き方を見直すこと

そして、体温を上げ、酸素をしっかり取り込む生き方をすると良いでしょう。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

偏りを無くすために、好きな言葉を身に着けるのもいいですね・・・

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

子宮の冷えががんを誘う

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

心臓ガンって聞いたことありますか?

全身にわたり、さまざまな種類のガンがありますが、ガンにならない場所があります。

心臓と脾臓です。

なぜ、心臓はガンにならないのでしょう・・・

心臓は、24時間、365日 絶えず動き続けています。

絶えず動いている心臓は、発熱量は多く、とても温かい臓器です。

脾臓も同じです。

リンパ球などの白血球をつくっていて、温度が高い臓器です。

つまり、温度が高い臓器はガンにならないということです。

逆に、子宮、卵巣、大腸など袋状になった臓器は、内側に細胞が存在しないので、臓器の温度が低くなります。

特に、外に通じる子宮は体温がもっとも下がりやすい臓器

子宮を冷やすと、さまざまな病気を引き起こします。

子宮を温めるとがんのリスクが減るはこちらから

むくみ、アレルギー、生理不順、生理痛、不妊、膠原病、肝炎、ガン・・・

また、痔も冷えのサインです。

冷えから血液の滞りを表していますね。

子宮を温めるには、毎日の入浴が大事になってきます。

外に通じているからこそ、温めることも可能な子宮

夏場でもシャワーではなく、全身浴、そしてその後、リラックスして半身浴を心がけると子宮の温度は変わってきます。

お風呂に自然塩を入れるとさらに効果的です。

私の愛用自然塩はこちらから

子宮を温めることによって、肝臓、腎臓、胃腸などの血行が良くなり、新陳代謝とともに解毒機能が上がります。

子宮を冷やすと、さまざまな病気が起きるように、子宮を温めると計り知れない効果があります。

子宮を温めると、体全体が温まり、心にも良い影響を与えてくれます。

「子宮で考える」と言われる女性ですから、子宮を大事にして前向きな心をつくりたいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

気分が良くなることで、ナチュラルキラー細胞の働きも自然と促進されていきますね。

ナチュラルキラー細胞を活発にはこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんの療法を決められない理由は自分自身にある

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

療法を決められず途方に暮れた方

「これで治ると言ってもらえたら決断したい」

「治る確立が高い方を選びたい」

「たとえ自分が選んだ療法であっても、もし治らなければ、あちらを選んでおけばよかったと後悔するかもしれない」

と言われる方が多いですね。

これらを言っているうちは、残念ながら治らない方がほとんどです。

なぜなら、自分に責任を持っていないからです。

すべて他人のせいになっていませんか?

人は、体、心、性格、体力、環境、生き方、細胞まですべて違います。

そんな人間の体に対して、他人が絶対治せると言い切れるものはありません。

絶対と言い切れるとしたら、それは体の声を聞ける自分自身だけです。

科学的根拠があると言われている治療であっても、絶対という言葉はないでしょう・・・

確率もそうです。

生存の可能性が80%と言われれば、80%の確立にかけたい思いは誰だってあります。

しかし、亡くなっていく20%に自分が入る可能性も充分あります。

100%でない限り、どんな可能性も秘めているのです。

大事なことは、生存の可能性のパーセンテージだけでしょうか・・・

生存率とは、動ける、動けない、意識がある、意識がない、すべて含めてどんな形であれ、生きているという可能性です。

自分自身が、何を大切にしたいのか。

生きる意味、生きている時間を大切にしたいのか・・・

それとも、ただ生きていればいいのか・・・

大切にしたい思いによって、選ぶ道は違ってきます。

結果は誰にも分からないことです。

それを人にゆだねたり、答えを求めること自体が、ガンの道であること。

きっと今までもそうだったのではないでしょうか・・・

ガンは自分の生き方がつくった病です。

がんや病気の原因を知るはこちらから

なぜ、ガンになったのか

何を大切にしたいのか

本気で治したければ、もう一度自分自身と向きうことです。

自分自身の愚かさに気付き、自分自身を信じることから始まります。

するとおのずと自分が選ぶ療法が見えてくるのではないでしょうか・・・

ガン難民にならないためにも はこちらから

「誰々が良いと言ったから・・・」

「家族がすすめたから・・・」

これもすべて他人の意見、他人の思考です。

もちろん、そこで自分自身も直感が働けば、実践するのは良いことと思います。

しかし、単に人のすすめや、ガンが治った人の例だけを見て、選らんでしまっている方は、残念ながら失敗する方が多いです。

必ず言われる言葉は・・・

「主人が良いと言ったから」

「治った人がいると聞いたから」

自分の体は、自分にしかわかりません。

自分の心も、自分にしかわかりません。

そこで初めて人任せであったことに気付きます。

見えるはずの光をつぶしてしまっていたのも自分自身です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

まずはガンに感謝してみませんか?

心豊かに生き生きと輝くガン治しであって欲しいと願っています。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

リッキーガット症候群とがん

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

『リーキーガット症候群』

まだまだ、一般的には知られていないのですが・・・

実は、このリーキーガット症候群の可能性がある方は多いようです。

リーキーガット症候群とは、腸管壁にたくさんの穴があいてしまう症状です。

栄養などを吸収する大切な腸管壁に穴が開くと、未分解の毒素や、細菌まで体内に吸収してしまいます。

よって、健康状態に悪影響を及ぼし、ガンや肝臓病、免疫系の病気などを引き起こします。

思い当たることがありませんか?

・抗生物質やホルモン剤、消炎鎮痛剤など、薬剤をよく飲む人

・甘い物をよく食べる人

・保存料・添加物を使ったものをよく摂る人

・パン食の人(全粒粉を含む)

・動物性のものをよく食べる人

・玄米をしっかり噛まずに食べる人

・食べ過ぎの人

・便秘、下痢の人

・整腸剤をよく飲む人

・ストレスの多い人

・体温が低い人

薬剤は、体温を下げ、粘膜に炎症を起こしたり、腸の中の善玉菌を減らし、腸管壁に穴があきやすくなります。

甘いものや動物性の食品、添加物は、腸内の悪玉菌を増やし、有害なガスを発生させてしまい、腸内環境を悪化させ、腸管壁に穴があきやすくなります。

食べ過ぎは、消化酵素を無駄に使ってしまい、消化酵素不足に陥ると、腸内に食べたものが滞り腸管壁に穴があきやすくなります。

便秘は、腸内に毒素を溜めこんでしまい、悪玉菌を増やし、腸管壁に穴があきやすくなります。

玄米は、消化吸収障害が起きやすく、腸管壁に穴があきやすくなります。

ストレスは、体温を下げ、血流を悪くし消化能力も低下させ、腸管壁に穴があきやすくなります。

これらは、すべて免疫力と密接に関係しています。

免疫力が低下すると、カンジタ菌などの真菌が異常発生してしまいます。

このカンジタ菌は、腸管壁を傷つけ、炎症を起こし、腸管壁に穴をあけるてしまうこともあります。

ガンと真菌の関係 はこちらから

あまりにも神経質になり過ぎると、ストレスになります。

また、ひとつのことに囚われすぎることで、執着となります。

それらが、結果としてよくない方向に行ってしまうこともあります。

要は、免疫を低下させないバランスのとれた生活を心がけることが大切だということです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然治癒力を活かすも損なうも自分次第

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほはこちらから

自分の体は、自分にしかわからない。

治癒力を活かせるのも自分でしかないのです。

しかし、現代の生き方は、100人の名医を活かすどころか、損なってしまう生き方になっています。

だから、ガンが増え続けているのです。

自然治癒力が働いていれば、ガンになることはないのですから・・・

100人の名医(自然治癒力)を損なってしまう生き方とは、ストレスと食事が大半を占めています。

だったら、100人の名医(自然治癒力)を活かす生き方をしてみてはどうでしょうか。

ストレスはすべて心の持ち方ですはこちらから

ストレスが少なくなれば、食が変わります。

食を変えれば、ストレスが減ります。

生き方を変えるのは自分自身

私が出来ることは、みなさんの中にいる名医(自然治癒力)に目覚めてもらうために、体が喜ぶことをお伝えすること

そして、ご縁を頂いた方が、ガンを癒す心の持ち方が出来るようサポートすることです。

日本人は、残念ながら生命の根源がホメオスタシスにあることに気付いていない方がほとんどです。

これも豊かすぎる日本の特徴なのかもしれません。

生命の根源に気付けば、ガンに対する「新しい価値観」 が生まれてきます。

ひとりでも多くの方が気付かれることをせつに願っています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

今までの常識が変わった時本当のがん治しが始まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

【すべての常識が変わった時】

本当のガン治しが始まります。

心の持ち方がガンを治す?

少食がガンを治す?

運動してガンを治す?

体を温めてガンを治す?

そんなことでガンが治るわけがない、と思うかもしれません。

それは・・・

『ガンは自分を苦しめる悪い細胞、果てしなく増殖し続ける魔の病

だから少しでも早く、攻撃してやっつけなければならない』

この常識が根底にある以上は、ガンは医者や薬が治してくれるものだと当然思うでしょう。

日本では、ガンが見つかれば100%何らかの治療をすすめられます。

ですが、スウェーデンでは、前立腺ガンの治療は「何もしないこと」だそうです。

肺ガンも同じだそうです。

カナダで、もっとも多い治療法は「何もしない」「無治療が23%」 

日本は国際的レベルに比べ、抗ガン剤20倍、手術は17倍も多いそうです。(船瀬俊介氏ご著書より)

がんは自分で治す意識が大切はこちらから

日本は他国と比較をしても、ガン治療においては随分と違いがあることに驚きました。

アメリカでは、ガンの半数以上の人が代替療法に取り組み、ガン死亡率も減ってきています。

ガンは人任せでは、治せないということを認識しているでしょうか。

『自分で治す』 ためには、ガンに対する常識を変えていかなくてはなりません。

ガン細胞は増殖し続けるのか・・はこちらから

ガンは血液の汚れであり、これが続けば人間は命を落としてしまいます。

血液の汚れ、体の毒素が溜まった時、命の危険を察知して、汚れを1ヶ所に集め、塊となり知らせてくれるのがガンなのです。

ガンが知らせてくれなければ、一瞬で命を落としていたかもしれないのです。

ガンに感謝ですね・・・

ガンに感謝し、ガンを癒す自分になること

血液の汚れは、ストレス、食事、生活、冷えから起きてきます。

囚われを捨て、心身共にキレイになる。

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治し

そんな方を応援しています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん難民にならないために

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガン難民・・・

この言葉を聞いた事がある方も多いかと思います。

日本には130万人を超えるガン患者がいると言われています。

そのうち半数が、治療への不安、病院への不信でさまよっているそうです。

病院に見放され途方に暮れる方、何かが違うと感じ自ら病院を離れる方

ガン難民になった原因はさまざまです。

そもそもは、無知がゆえに始まったことなのかもしれません。

しかし、行き場の無くなったガン患者さんは本当に不安な時間を過ごされていることと思います。

まさか自分がガンになるなんて、考えてもいなかった・・・

当然、準備もなく、知識もない状態です。

ガンになれば、病院で三大療法を受けるのが当たり前と思っていれば、疑うこともなく治療を受けるでしょう。

しかし、壮絶な副作用や、治療の甲斐なく無くなっていく人の多さに、ショックを受けてしまいます。

がん三大療法の副作用・軽減はこちらから

2人に1人がガンになり、3人に1人が亡くなる時代です。

自分や大切な家族が、いつガンになるかわからない時代ですから、ガンには、さまざまな療法があることを知っておくことも大切だと思います。

また、最近は、いろいろな先生方のガン療法の本もあり、学ぶチャンス、情報は以前に比べ増えています。

賛否はあるでしょうが、救われたガン難民の方もたくさんいらっしゃいます。

情報を発信する人がいなければ、知らないまま命を落とす人もいるかもしれません。

たったひとつの情報で救われた人もたくさんいます。

情報を目にしなければ、気付かないまま、知らないまま過ごしていることも多いはずです。

情報をキャッチしたら、それが是か非か、必要か不必要か、自分が判断すればよいことなのです。

自分でしっかりと調べ、直感を働かせ、自分自身に責任をもって判断することです。

療法も、自分に合うものを自分でしっかり選ぶことです。

西洋の治療をやめ、自然療法を選ばれる方もいらっしゃいます。

ガンでも元気に楽しく生活されている方、ガンが消滅した方もたくさんいらっしゃいます。

つまり、自然体であることを前提に、自分が信じた道、信じた療法が一番効果を出しやすいということなのでしょう。

それもご自身が選ばれたことですから、外野がどうこう言う必要もないことです。

ガンの名医は自分自身である はこちらから

とは言え、ここに辿り着くまでには、凄まじい葛藤があったことでしょう。

近道で辿り着く人は、そうそうはいません。

皆さん、随分、遠回りをされて辿り着いています。

ですが、遠回りは、心身共に疲れてしまいますので、遠回りより近道が良いにこしたことはありません。

無知であったことを悔やんだ人も多いでしょう。

私も周りにも悔しい思いをされている方は大勢いらっしゃいます。

そうならない為にも、情報を無駄にせず、ご自身でしっかりと知る、学ぶことが大切だと思っています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

放射線被爆とがんの関係

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

チェルノブイリ原発事故の後、ひとつ上の町ベラルーシでは15歳以上の子どもが居なくなった・・・

飯山一郎先生のYouTubeで衝撃な言葉を聞きました。

これは、たくさんの子ども達が、原発事故での被曝後、ガンを発症しているということなのでしょう。

特に放射能による被爆のダメージは、小児は大人の10倍、胎児は100倍と言われています。

これは、成長期で細胞分裂が盛んなだけに、遺伝子が損傷を受けやすい時期だからだそうです。

日本でも福島原発事故で、たくさんの方が苦しまれています。

原発事故後、ガンの発症が60%も上がったなど様々な情報が流れています。

被曝がどれだけ怖ろしいものなのか痛感いたします。

しかし、日本では、放射線被曝量が多いCT検査やPET検査が多く行われています。

近年では、放射線検査によるガンの発生も問題になっています。

以下 船瀬俊介氏著 新医学宣言 『いのちのガイドブック』 より一部抜粋

チェコ・リポートで、わずか三年で六回 X線撮影を受けただけで、肺ガンを発症し、1.36倍も肺ガン死しているのです

・・・・

バリウムを飲ませた患者に三分ぐらい時間をかけて、TVモニターを見ながら八枚ていどX線を撮る。 手慣れた医師が素早くやっても、被ばく量は胸部 X線の少なくとも6倍。 さらに衝撃は続く。

「人間ドックや病院で行われる胃ガン検査になると、被ばく量は胸部レントゲン検査の100~300倍にもたっします」 (岡田正彦著『ガン検診の大罪』)

検診に行ってガンをつくっているように思います。

治療の前後に放射線被曝量の多いCT検査を頻回に受けていると、被曝による免疫力の低下で、また新たなガンが発生するのではないかと心配する方も少なくありません。

では、ガンの三大療法である放射線治療はどうなのでしょうか。

放射線治療は大量の活性酸素を生み、周りの組織まで破壊されてしまいます。

放射線の組織破壊力は非常に強く、ガン細胞の内容物までもが流れだしてしまうこともあるそうです。

放射線被曝とがんの関係はこちらから

ガン細胞の中は、酸化力が非常に強いものであり、それらが体内に流れ出すというこは危険であることはわかります。

当然、活性酸素が膨大な量で増え、リンパ球を減少させてしまい、免疫はどんどん低下します。

リンパ球が減ると、ガン治しどころか、再発転移の心配が増してきます。

放射線治療後、数年経ってもリンパ球が増えず、苦しんでいる方が多いですね・・・

たくさんの免疫機能が集まっている腹部への照射、胸腺への照射は特に、免疫を抑制してしまう可能性が高いのではないでしょうか・・・

放射能を浴びてしまった体には、抗酸化物質を摂ることをおススメします。

天然の抗酸化物質 はこちらから

活性酸素が大量に放出された体は、また新たなガンをつくってしまいます。

放射線により破壊されたガン細胞から流出した内容物で、他の臓器が酸化します。

しっかりと抗酸化物質を摂り、まずは少しでも活性酸素を除去することです。

そして、自らの腸内細菌で抗酸化力を高めれるよう腸内環境を整えること。

腸内環境を整えるは はこちらから

腸内細菌が整い、活性酸素が除去され、血液がキレイになるには時間がかかります。

浴びているものが多ければ多いほど、当然時間はかかります。

まずは、体をキレイにすることに意識を向けて取り組むことです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ