自然体に近づけることが、がんを遠ざける

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

食べ過ぎ・頑張り過ぎ・悩み過ぎ・極度なストレス・薬の飲み過ぎ

これらが、ガンをつくっています。

食べれば食べるだけ、治癒力を低下させてしまいます。

少食で長寿遺伝子スイッチが入るはこちらから

頑張り過ぎ、悩み過ぎは、交感神経が過剰に働き、血流を悪くし、免疫を低下させます。

ストレスは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内に毒素を溜めやすくなります。

がんの原因であるストレスをなくすには・・・・・はこちらから

薬の飲み過ぎは、活性酸素を大量の発生させてしまい、体を酸化させてしまいます。

今や、2人に1人がガンになる時代です。

しかし、野生動物は、ガンにならないそうです。

野生動物は、人間のように食べ過ぎることがありません。

当然、薬を飲むこともありません。

野生動物が人間と最も違うところは、言うまでもなく自然体で生きていることですね。

野生動物を見てわかるように、人間は、不自然な生き方をしているからガンになるのです。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

食をはじめとした環境を、自然体に近づけること

日本人にあった食事をすることが自然体です。

朝陽が昇る時間には、目覚めることも自然体です。

出来るだけ、緑を見て生活することも自然体です。

空気の良い早朝、朝陽を見ながら、河原や公園、神社など散歩をするのも良いでしょう。

体がとても心地よく感じ、心も洗われ、1日にの良いスタートになりますね。

また、自然体とは、環境的問題だけでなく、心理的なものもそうです。

無理していい人でいたり、他人に気を遣いすぎたり、必要以上に頑張りすぎたり、泣けなかったり、本音が言えなかったり・・・

自然体の自分ではない生き方をしてきた人が、ガンになっています。

ありのままの自分 自然体で生きてみませんか?

自然体に近づけること

これが、ガンなおしの秘訣・ガンなおしの生き方です。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

食べもので体毛が薄くなる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

男性ホルモンであるテストステロンは、体毛を濃くします。

テストステロンは、私たち女性の体にも実は、分泌されています。

ホルモンのバランスが乱れると、女性でも体毛は濃くなるそうです。

そして、食べ物でも体毛の濃さは変わってくるのです。

肉中心の食事をしていると、体が酸化してしまい、過酸化脂肪を体外へ排出しようという働きが起きます。

排出しようとする働きは、体毛を通して体外に出されていきます。

この働きを助けるために、体毛が濃くなるなんて・・・

女性にとって、これからの季節、肉食は避けた方がいいですね

そして、ホルモンバランスを乱さない為にも、食事には気を配りたいものです。

がんを治す生き方ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんの常識の違い

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンの常識と言えば・・・

ガンになると、さまざまな検査をし、手術、放射線、抗ガン剤、ホルモン剤などの治療をします。

これが、いわゆるガンの常識です。

しかし、最初から三大療法をしない人もいます。

また、三大療法をした結果、人任せではガンは治らない、と気付く方もいます。

がんの三大療法についてはこちらから

つまり、今までの常識一辺倒では、いけないことに気付きます。

常識からの打破 『新たな価値観』 を構築する

今の自分のままでは、なおらない

まずは、そこに気付くこと

ガンをなおすことだけに執着を持っていると失敗します。

自分の生き方を見直すことで、ガンがなおる自分になるのです。

これによって、ガンを克服している人はたくさんいます。

そしてこれらも、ガンの常識の違いです。

「ガンは、腫瘍が大きくなっていると、悪化している」

「ガンは、転移すると、大変危険なこと」

「ガンは、腫瘍マーカーが上がると、動き出している」

これは、西洋医学的に、ガンが進行している判断されます。

しかし、真逆の常識があります。

「ガンは、自然退縮する前に腫瘍が大きくなる」

「ガンは、自然退縮する前に転移する」

「ガンは、自然退縮する前に腫瘍マーカーが上がる」

これは、安保先生、福田先生方を始めとするガンの常識です。

がんの自然退縮はこちらから

同じガンなのに、なぜこんなに違うのでしょう・・・。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

頂いた命を無駄にしないがん治し

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

現代医療が変わりつつあります。

抗ガン剤、放射線、手術、ホルモン剤

やっても治らない

体も心もボロボロになって気付かれる方

抗がん剤医薬品添付文書はこちらから

本来備え持つ自然治癒力も破壊され、生気が無くなっています。

悔しいですが、愚かな自分がつくった結果なのです。

無知は愚か

無知は罪です。

私たちの体は、天地の神様、ご先祖様、両親から頂いたものです。

頂いた体を傷め、ガンをつくり、次には人任せに切り刻む

これほど、罪深いことがあるでしょうか。

そもそも何故、こんなことになったのか…

私たちは、病気になれば薬を使うことが当たり前のような教育を受けてきました。

常識に従って生きる

ガンにおいても、ガン治療においても常識を疑わなかった結果です。

野生動物にも、植物にも、そして私たちにも、体は常に正常を保とうとする働きがあります。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

この機能が備わっているから、自然治癒力が働いているのです。

正常に働こうとする仕組み、自然治癒力を無視してガンなおしは出来ません。

過去には、さまざまな弾圧により自然治癒力を生かす自然療法というものが、完全に封じ込められてしまった時代がありました。

韓国では知る人ぞ知る自然療法の権威である竒先生も思想犯として時の権力から弾圧を受け、11年にも及ぶ牢獄生活を送られたといいます。

竒先生は、何万人という方を食事療法と吸い玉治療で癒されてきたそうです。

そんな方が10年以上も牢獄に入れられた時代

残念なことに医療という権力から、何かが狂ってきたのでしょうね。

ここに気づくか気づかないかで、人生が大きく変わるでしょうね。

自分は自分

周りや常識にとらわれない

振り回されない自分であることです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

プロポリスのどスプレー

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

これからの季節の必需品

子どもさんにも安心して使って頂けるの天然素材の喉スプレー

本物のプロポリスに甘草の甘みとペパーミントを加えることで爽やかな味に仕上げたハンディスプレー

スプレー式なので、いつでもどこでもお手軽に蜂粋プロポリスを摂取できます

乾燥しがちなこれからの季節

カバンやポッケに入れてお持ち歩きくださいね

お手軽な 『プロポリス蜂粋ハンディ・スプレー』 はこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

便利な干しエノキダケ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

先日、頂いた干しエノキ茸

干しエノキ茸は、とっても美味しくて便利です

エノキ茸には、「エノキタケリノール酸」という成分が含まれているそうです。

「エノキタケリノール酸」は、体内のアドレナリンと脂肪酸がくっつき、内臓や皮下脂肪のダイエットに効果があると言われています。

ダイエットの脂肪燃焼効果は、生エノキ茸より干しエノキ茸の方が高いと言われています。

さらに、干したエノキ茸には、不溶性食物繊維が非常に多く含まれており、腸内環境を整えてくれます。

干しエノキ茸は、レンチナンという抗ガン作用を多く含み、代謝を活性させるビタミンB1もシイタケの1.5倍もある健康的な食品です。

干しエノキ茸の出汁は、とても上品な味になりますね

また、干しエノキ茸は、おやつ感覚でそのまま食べても美味しいですよ

まとめて干しエノキ茸をつくって保存しておくのもいいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

食生活の改善で病気を減らした成果

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

「アメリカ人の食生活は命を奪う死病の元」とした「マクガバンレポート」が 全米に衝撃を与えました。

1975年 アメリカ上院栄養問題特別委員会によってまとめられたものが「マクガバンレポート」です。
 

そのレポートでは、心臓病をはじめとする諸々の慢性病は、肉食中心の誤った食生活がもたらした「食源病」であること。

高カロリー、高脂肪の食品である動物性食品を減らし、野菜、果物、精白していない穀物を多く摂るように勧告したものです。

これにより、食生活の改善で、アメリカはガンを始めとするさまざまな病気を減らすという成果を上げてきました。

肉食ががんをつくるはこちらから

日本でも遅れながら、食品が持つ怖さや病気の予防といった機能の研究は行われていますが、未だにフォイト栄養学を推奨しています。

〝近代栄養学の父″と称えられるカール・フォイト氏(1831~1908)は、ドイツ、ミュンヘン大学(生理学部) で学会の大ボスともいえる存在

「肉類、牛乳、チーズ、卵などの高栄養のものを大量に食べよ。炭水化物は控えよ」

このようなフォイト氏の高カロリー、高たんばく、高脂肪の食事は、ドイツ国内の栄養基準から、ヨーロッパ基準に、そして、世界標準へと広がっていったのです。

特に動物たんぱく質のなかでも、肉食を絶賛していたフォイト氏の背後には、世界的食肉産業が存在していたという話もあるほどです。

それを覆したのが、「マクガバン・レポート」です。

それ以外にも、ハーバード大学のウォルター・ウィレット教授が1990年 牛肉の赤身と大腸ガンの関係を示す発表をしています。

牛肉を毎日食べる人は、月に1回しか食べない人に比べ、ガンの発症率が2.5倍も増えるという。

牛肉を多く摂ると、大腸菌が異常に増えてしまいます。

それにより、胆汁成分が粘膜を傷付けてしまい、ガンの原因になるのです。

その他にも、動物性の食品は、インドール、スカトールなどの有害物質を発生させ、腸のなかを汚してしまいます。

これらは、肝臓や腎臓に影響を与え、解毒機能を低下させてしまうのです。

特に、レバーなどは尚更です。

レバーは肝臓です。

肝臓は、毒素を集め、解毒する臓器です。

全身の毒素が集まっているレバーを食べるということは、動物の毒素を食べているということです。

話は戻りますが、日本もアメリカのように食を見直し、病気が減ること

そして、病気にならない食生活が広まることを願いたいですね。

ご相談くださいね
TEL 084-925-1271

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生き甲斐を見つけて輝く会員さん

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

4月に初めてお電話をくださった彼女からは、大きな大きな不安感がひしひしと伝わってきたことを覚えています

その頃の彼女は、乳ガン治療の真っ最中で、体力的にもかなり弱って、お仕事も休職されている状態でした。

早速、プロポリスと飲用と同時進行で、生活の見直しや心のあり方をお電話で幾度かお話をさせて頂きました。

2ヶ月後、彼女とお会いすることが出来、それから毎月、彼女とはお会いするのですが、どんどん変化しています

身体的な部分で言えば、治療で髪の毛にダメージを受けていましたが、今では綺麗な髪の毛がしっかりと生えてきています。

薬品で爪も黒くなっていたのですが、今では綺麗なピンク色になっています。

心の部分も、会うたびにどんどんと明るくなって、笑顔が増えています

ひとつひとつ素直に自分を認め、本当の感謝の意味をしっかりと捉えられています。

彼女の素晴らしいところは、きちんと実践されることですね。

どんなに良い話を聞いても、どんなに知識を高めても、実践しなければ何も変わりません。

そして、彼女の一番の変化は、自分の新たな生き方を見つけられたことです。

今までのお勤めをやめられ、ご自身でお仕事を始められました。

勇気がいる決断だったでしょう。

しかし、彼女は生きる意味をしっかりと捉え、人のため、ご自身のために本当に自分が望む道を選ばれました。

半年前、動けば息切れがするつらい状態だった彼女が、今では毎日どんどん活動されています

そんな彼女を応援したくて、昨日は私の仕事仲間に彼女を紹介することが出来ました

人と人が繋がる・・・

人の愛は本当に有り難いと感じますね。

そして心身共に綺麗になってもっともっと輝いて欲しい

病気であっても彼女のように生き生きと輝く女性が、もっともっと増えてくれたら・・・

これが私の願いです

ありがとうございます。

私も皆様から、多くの元気と愛を頂いています

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

栗の強い抗酸化作用

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

今が旬の栗

栗は、とてもバランスよく栄養成分を含んでいます。

そのなかでも注目するのは、ビタミンCです。

栗に含まれるビタミンCは、デンプン質に包まれ保護されているため、加熱しても壊れにくいのが特徴です。

美容にも良いといわれるのが、このビタミンCがあるからです。

そして、栗のすごいところは、強い抗酸化作用です。

栗の渋皮には、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれています。

これは、活性酸素を除去したり、皮膚の保護作用もあり、強い抗酸化作用によってガン予防や老化防止に効果があるといわれています。

渋皮煮がおススメです

ただし、タンニンには鉄の吸収を阻害する働きもあるので、摂り過ぎには気を付けてくださいね

魚焼きグリルで簡単に焼き栗をつくるのもいいですね

包丁の角で栗に切り込みをいれておきます。

グリルに水をたっぷりと入れ、網の上に栗を並べて焼くだけです。

弱火で約20分 

仕上げに少し火を強め5分ほど焼いて出来上がり

秋の味覚を楽しみたいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大豆の生物毒を消す

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

大豆は発酵させることが一番!!

昔から、豆類は体に良いと言われていますね

その反面、大豆は植物の中でも非常に生物毒が豊富な植物と言われています。

大豆には、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)など人体に有害な作用を持つ植物性化学物質が含まれています。

これらは、タンパク質の消化と吸収を阻害して、亜鉛や、カルシウム、マグネシウム、鉄といった必要なミネラルの吸収も邪魔してしまう働きがあるのです

大豆には、酵素阻害物質があり、鼓脹、機能障害を引き起こすことがあるので、消化酵素が少ない方は気を付けた方がよさそうですね

また大豆は、ゴイトロゲンが豊富で甲状腺ホルモンの生成を妨害することもあると言われています。

ですが・・・

大豆は、味噌や醤油、納豆のように発酵させることにより、乳酸菌が大豆の生物毒を消してくれるのです

味噌、醤油、納豆は、大豆の毒素を消すだけでなく、さらに大豆の良質なたんぱく質、食物繊維、腸内細菌を整えるなど、安心でとても良い食べ物と言えるでしょう。

毎日元気を目指したいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ