里芋で解毒・がんに良いと言われる民間療法

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンなおしにとって、里芋は切ってもきれない存在です。

里芋は、毒性を引き出してくれる作用があります。

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、補益するともいわれています。

これらの性質を利用したのが、里芋パスタ(湿布)です。

【里芋パスタ】

里芋・・・適宜
生姜・・・里芋の1割
小麦粉・・・里芋と同量
自然塩・・・少々
ゴマ油・・・少々
ガーゼ

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、生姜もすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加えながらしっかりこねます。

目安は、耳たぶの軟らかさです。

ガーゼなどの布の上に、練った里芋を厚さ1センチくらいでのばしていきます。

体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様にガーゼの上下左右3センチはあけておく方が良いですね。

あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に、里芋面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。

里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼るなど工夫するといいですね。

ガンなおしは、手間と時間、毎日の自助努力が大切です。

がんに効く民間療法はこちらから

解毒をしっかりとしていきたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

子宮頚がんワクチンは無意味なの?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

子宮頸がんワクチンについてはいろいろな問題があげられています。

ワクチン接種直後に起きた痙攣など副作用が報道されましたね。

見る度に胸が苦しくなります。

異物を体に入れるということは、このようなことが起きても不思議ではない気がしますね。

『子宮頸がんワクチンは全く効果はない』 と断言する鶴見隆史医師(鶴見クリニック院長)

アメリカ政府のFDA(米食品医薬品局)も『全く無意味』と認めているとか・・・

無意味どころか、サーバリックスに添加されている「水酸化アルミニウム」は、細胞や神経に対する毒性が疑われ、脳にダメージを与える恐れがあることも指摘されています。

アメリカの小児科医も、アルミニウムが細胞組織や代謝プロセス、神経系統を損なうことに関与していると述べています。

サーバリックスは『イラクサギンウワバ』という蛾の細胞の遺伝子を組み換えて、ヒトパピローマウイルスの持つたんぱく質を作っているとか・・・

本当ですか!? と耳を疑いたくなります。

まさに『劇薬』であるワクチン

接種後の免疫疾患の発症率は、子宮頸がんを減少させる効果に比べ、害の大きさの方が重大かもしれませんね

また、ワクチンが不妊症を招く率も大変高く考えなくてはなりませんね。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

喜びを見つけ豊な心でがん治し

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

毎日ワクワクしていますか

生活のなかで楽しみや喜びを感じることが大切です。

小さな喜びに気付ける自分になってみませんか?

悪いことは目につきやすく、記憶に残ります。

その反面、良いことは見えにくく、記憶からも消えやすいのです。

だからこそ良いことを意識して1つでも多くの喜びを見つけていきませんか・・・

そして、人に与える喜びは数倍の喜びとなって自分のかえってきます。

どんな人でも、毎日数千から数万のガン細胞が生まれてきています。

毎日生まれてくるガン細胞を退治してくれているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞です。

ナチュラルキラー細胞の働きが活発だと、ガンになりにくいとされています。

そして、ナチュラルキラー細胞を活性化するのは、喜びと笑いです。

喜びを感じると、神経ペプチドが活発に分泌されます。

笑うことにより生産される神経ペプチドは、血液やリンパ液から流れ、ナチュラルキラー細胞にくっつき、ガン細胞だけでなく免疫に働きかけ、病気になりにくくすると言われています。

そして、免疫を高めるだけでなく、免疫システムのバランスを整える効果があることもわかっています。

笑いで免疫力を上げるはこちらから

小さな喜びを見つけることは豊かな心を育てます。

豊かな心は、ガン細胞を癒すのです。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ヒラタケで疲労回復

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

ヒラタケは寒くなるこの時期のキノコです

晩秋から春にかけて広葉樹の枯れ木や切り株に発生し、食用にされています。

ヒラタケに含まれる β-グルカンは、不溶性食物繊維の一種であり、便秘の解消や高血圧、動脈硬化を予防する働きがあります。

そして、β-グルカンは、体の免疫力を高めることでお馴染みです。

免疫細胞が活性化されることで、風邪や、ガンをはじめとした生活習慣病などの予防に有用に働きかけてくれます。

また、ビタミンB1、B2も豊富に含まれています。

これらのビタミンは、糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し、疲労回復に役立ちます。

また、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常に保ち、皮膚や粘膜の成長や機能維持に働きかけてくれます。

ヒラタケのようなキノコはお味噌汁に入れると、フィトケミカルがしっかりと溶け出し、有用な成分を摂取することができます。

ポイントは、煮汁です

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

自分で治すことの意識が大切

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

現代医学の大きな問題点のひとつ

治療を受ける患者に治療を選ぶ選択権がない

治療を行う医師、つまり治療者側が一方的に治療内容を決めてしまうことがあります。

医師が決めた治療通りにしないのであれば、診れないとすべてを断られるは珍しくありません。

診れないと言われると困る患者は、自分の意思を言えずにいます。

これらは、科学を基礎においた西洋医学的な概念が根底にあるからかもしれませんね。

科学で理解出来ないことは受け入れられにくいのでしょう。

目に見える箇所、痛む箇所だけにフォーカスして対処療法を施すので、本人の自然治癒カというものは軽視され、置き去りになってしまいます。

その結果、かえって病状の悪化を招くこともあります。

がん治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

逆に、治療を受ける患者側が自分の病気でありながらまるで他人事のように無関心な人もいます。

医師など治療側にすべてを委ねてしまい、心も体も生活もそのままで病気になった原因など振り返ることもない

しかし、病気が治らなければ病院への不信感を抱いてしまうことになります。

これは人に委ねた結果であり自分の責任です。

患者自らが「病気は自分でなおすこと」を意識することが大切です。

患者が自分を治療をし、治療者といわれる人はサポートをするのが本来の姿です。

そこで自分を癒す治療法が大きな役割をしてきますね。

がん自然退縮の時はこちらから

ご相談くださいね
TEL 084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ほうれん草とゴマで便秘解消

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

多くの女性が悩んでいる便秘

何をやってもダメだと言われる方も…

例えば、ほうれん草にゴマやゴマ油など組み合わせを考えて試してみるのもいいですね

ほうれん草は、ヨーロッパでは「胃腸のほうき」とも呼ばれています。

呼び名の通り、ほうれん草は不溶性食物繊維が多く、腸の老廃物を巻き込みながら腸壁を刺激して排便を促進してくれます。

しかも、不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむので満腹感がありダイエットには最適ですね

ほうれん草の食物繊維はキャベツの2倍以上あり、ごぼう並みの食物繊維豊富な野菜です。

同時にカリウムも非常に多く、 なんとウリ科野菜の3倍

これは、余分な水分の排泄を促してくれるのでむくみの解消になります。

ほうれん草は女性の悩みに活躍してくれる野菜ですね

ほうれん草とリンゴ、レモンを加えた生ジュースを朝飲むと便秘解消にとても効果的ですよ

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

血流を良くして頭寒足熱に

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

ガン患者さんの多くは、【頭熱足寒】 になっています。

字の通り、頭部に熱がこもり、うっ血しています。

つまり、頭がのぼせている状態です。

逆に、足が冷たくなっています。

ふくらはぎは、第二の心臓とも言われ、ふくらはぎで血液を押し上げています。

大切な第二の心臓が冷えると血液の流れが悪くなり上手く循環しなくなります。

血液を循環させるには筋肉が必要です。

つまり筋肉不足が冷えを起こします。

また、外的な冷えは筋肉を衰えさせてしまいます。

この冷えが、やがて全身の冷えとなり、低体温の体になっていきます。

乳房は、脂肪が多く、しかも突起しているため非常に血流が悪く冷えています。

子宮ガン、乳ガンは、やはり冷えが原因ともいえるでしょう。

本来は 【頭寒足熱】 であるべきです。

頭寒足熱の医者いらず、と言われるくらい手足を温めることは大事なことです。

そのためには、下半身を鍛えること

下半身の筋肉を鍛えると、血流がよくなり全身に酸素と血液がしっかりと巡っていきます。

すると、足は温かくなり、全身の体温も上がっていきます。

がんを治す体づくり・運動・呼吸はこちらから

体温が上がると、体内の毒素の排出もスムーズになります。

ガンは、酸素と体温を嫌う性質です。

しっかりと体温を上げ、全身に酸素を送ることが、ガン予防、ガンなおしに繋がっていきますね。

ご相談ください
TEL 084-925-1271

がんを治す・体温を上げるはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ワクチンの中身を知ることも大切

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

インフルエンザワクチンは効かないことは百も承知

実際の現場でのインフルエンザの罹患率を調べても何の効果もなかったことは証明されています。

そもそもインフルエンザウイルスは鼻や喉から感染します。

私たちの鼻水や唾液に含まれる免疫IgAが感染を防いでくれているのですが、現行のワクチンの内容では全く予防になっていないことは多くの専門家も指摘していますね。

しかも、多くの発ガン物質を含んでいること

ワクチンは多種多様の猛毒でつくられていますね。

『ワクチンには、80~100種類の猛毒が入っている。有機水銀化合物のチメロサールなんていう神経毒が、子どもに与えていい安全基準量の1000倍も2000倍も入っているし、発ガン物質のホルマリンも入っている。それから豚とか牛とか猿の体液が入ってるんだ。子宮頸ガンなんか、蛾の細胞からできている』

船瀬俊介氏のご著書にもありました

多くのワクチンに使われている『チメロサール』は水銀の一種で非常に危険であり、特に子ども達に与える影響はどうでしょう。

これからインフルエンザの季節ですね

ワクチンもよく考えたいものです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がん治しで問われること・意識・判断・責任

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

これからのガンなおしで問われること

自己の意識と判断、責任が必要です。

ただ生きるということが全てであるのであれば、意識も判断も責任も必要ないのかもしれません。

人は早かれ遅かれ必ず死を迎えます。

しかし、自分の死など考えたくないのが人間です。

しかし、ガンという病になれば、必然的に死と恐怖を感じ、生きることに執着すらもちます。

そこで分かれてくるのが、治療法の選択です。

ただ生きたいのであれば、延命ともいえる治療法を選択するでしょう。

心豊かに輝いて生きたいのであれば、生き方をなおすことを選択するでしょう。

進行ガンから克服された方の多くは、命を輝かせ、生きておられます。

私たちは、命を頂き生きているのです。

命を頂いている以上、それぞれに役割があります。

このやるべき役割をしっかりとしてこそ、生命というものが活かされるのではないでしょうか。

役割とは、生き甲斐でもあり、自己を高めることでもあります。

生きる長さではなく、生きることの意味を考え、今日の1日を大切に大切に生き、そして明日に繋げ、未来を見ていくことが大切なのではないでしょうか・・・

ガンなおしは、意識と判断、責任を理解できるか出来ないかによって、大きく変わってきます。

治療方法が選択できず悩んでいる方

まずはこの先、どう生きたいのか

そこに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

ご相談ください
TEL 084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

自分にあった、がん治しを見つける

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

何が大切なのかによって、生き方もガンなおしも変わってくるでしょう。

生きる目的は・・・

健康であること

心豊かな人生

今ある時間を大切にする

人それぞれ違います。

何が一番 大切なのか・・・ どう生きたいのか・・・

自分の心の声を聞き、まずはそこから、じっくりと自分と向き合うことが大切です。

ガンは、心、体、環境を全部ふくめた全身病

ガンという塊を消すことだけにとらわれる人は、失敗をします。

これも自分でなおすという意識のなかで取り組んでいくと、自分の体の声が聞こえてくるようになります。

大切なことは、数値ではなく、自分自身の体感

自分自身が体調が良いと感じることが一番です。

自分の体は他人にはわかりません。

主治医は、自分自身です。

がん自然退縮の時はこちらから

そして、今の時間を豊かに暮らすことに意識を向けてみませんか?

今のこの時間を有意義に、心豊かに生きていないと未来も見えません。

ガンという塊に対する執着を捨てることで、今を豊かに生きることが出来ます。

今を豊かに生きることで、副交感神経が働き、心身ともに健康に近づきます。

ガンを消すことが大切なのか、家族と穏やかに過ごすこの時間が大切なのか・・・

何が一番、大切なのかじっくり向き合うと、自分に似合ったガンなおしが見えてきます。

今を大切に生き、明るい未来を描いて欲しいと祈っています。

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

ご相談ください
TEL 084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ