サッパリ塩麹漬けで腸もスッキリ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

塩麹は、塩、麹、水を混ぜ合わせ発酵させたもの

大豆の無い味噌といったところでしょうか

ぬか漬けと同じように、塩麹に野菜を漬けておくと、最高のお漬物が出来ます。

この時期は、きゅうりや茄子がいいですね

ビニール袋にカットした野菜と塩麹を入れ、軽く揉んで2,3時間置いておくだけ

麹の甘みと塩の辛みがとてもマッチしたお漬物ができます。

麹には、麹菌がつくりだす 酵素 がたくさん含まれています。

酵素は、食材に含まれる タンパク質やでんぷんを分解して、 食材を軟らかくしてくれる性質があります。

だから、塩麹につけたお肉は軟らかくなるのです。

また、麹菌は、乳酸菌であるヨーグルトやぬか漬け、納豆などと同じように、腸にしかりと働きかけてくれる最高の食材です。

ただし、麹菌は、熱が加わると死滅していまうので、そのまま使うのが一番いいですね

私の愛用天然塩はこちらから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん治しでつまずかないために

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

女性のガンが増えたわけ・・・

女性は男性に比べ、甘いものが好きな方が多いですね。

これもガンが増える原因のひとつです。

糖分は、血液をドロドロに汚し、細胞を酸化させてしまいます。

甘いお菓子は免疫を激減させるはこちらから

その結果、血流が悪くなり、ガンが増殖しやすい環境である低体温をつくっていきます。

また、体内にあるガン細胞は、ぶどう糖を栄養として増殖します。

このことがわかりやすいのが、PET検査です。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、ガンとして診断されます。

ガン細胞が、糖を好むことがよくわかります。

糖分は、ガン細胞のエサになるだけでなく、正常な細胞も破壊させやすく、細菌の感染、アレルギーなども引き起こしやすくします。

そして、ガンになり、ストレスをさらに感じやすくなり、今まで以上に甘いものを食べてしまう方も・・・

甘いものを食べれば気持ちが落ち着きますね。

これが砂糖の持つ依存性です。

ストレスがかかると、砂糖なしでは落ち着けない体になっていき、心も体も狂わせてしまいます。

がんを治す・食事と睡眠はこちらから

そして、いずれは甘いものでも落ち着かなくなり、薬を飲む羽目になります。

薬は、さらにガン細胞が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

では、どうしたら良いのでしょう・・・

ストレスをつくっているのは、自分自身

他人のせいになっていませんか?

ストレスは心の持ち方ひとつです。

なにかにとらわれていませんか?

「こうでなければならばい」

「普通はこうである」

このように勝手な常識に自分を当てはめていませんか?

ガンなおしで、つまずくのはストレスです。

ストレスをつくらないためには、常識からの打破が必要です。

常識にとらわれず、自分なりの新しい価値観を構築すること

とらわれが体にストレスを与えていますはこちらから

すると、ストレスは消え、悩んでいた時間が勿体ない時間であったと感じます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

その時間、気付かないところで自分の体を痛めつけています。

私の毎日の愛用品はこちらから

心の持ち方・ものごとの捉え方を変えてみまませんか?

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お腹の冷えは下半身の冷え

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お腹を触って、自分の体の冷えを確認してみる

下腹部は、心臓から離れているため、特に血行が悪くなりやすい場所です。

下腹部が冷たくないですか?

胃の辺りと下腹部を手で触って、温度差があると要注意です。

下腹部が冷えていると、下半身も冷えています。

ガンをなおすには、下半身は温かくないといけません。

しかし、多くの女性は下半身が冷えています。

これが、病気をつくる原因ですね。

冷えたところには、栄養も酸素も届きにくく、血栓をつくり、血液を汚してしまいます。

下腹部でいえば、子宮、卵巣、大腸、腎臓など・・・

臓器の働きを低下させてしまいます。

そして、冷えた場所に、ガンなどの病気がつくられるのです。

下腹部が冷えて病気になるのであれば、下腹部を温めればいいことですね。

下腹部が冷える原因は、運動不足による筋肉の低下です。

温めるには、ウォーキングや、腹筋など、筋肉を動かすよう努力が必要です。

塩分不足も冷えの原因です。

減塩をしていては、体温は上がりません。

体に害を与えない自然塩を、適度に摂ることが大切です。

ミネラルとビタミンがたっぷり入った自然塩はこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

手術のリスクを知る・がんがまたできる理由

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

「検査で発見される癌は良性の癌もどき」

そんな言葉も耳にします。

本当は悪さもしないおとなしい腫瘍を、治療によって悪性化、狂暴化させているなどと言われている先生も最近は多くなったように思います。

がんを始めとした病気は、血液の汚れから起きています。

全身の血液が汚れきってしまうと、一瞬で命を落とすことになってしまいます。

そこで、命を守るために全身の血液の汚れを一ヶ所の集め、延命措置をしてくれているのが、癌なのです。

血液が汚れたまま癌を切り取っても、結局また新たなところに体は癌をつくってしまいます。

血液の汚れという元を解決しない限り、摘出しても同じことが繰り返されることになるのです。

がんは血液の汚れはこちらから

そして、体にメスをいれる手術には大きなリスクが伴います。

手術で大量の薬品を投与した体は免疫力を落とすこととなります。

そして細胞を摘出したことによって、癌やウイルスなどから体を守ろうとする防御機能を失ってしまいます。

また本来、光に当たることのない臓器、空気に触れることのない臓器は、手術で開かれることにより光や空気に触れ酸化してしまいます。

体内に活性酸素が大量に生まれ、酸化すると何が起きるのか・・・

また血液が汚れ、新たな癌が出来てしまうのです。

これらをしっかりと踏まえたうえで手術を受けることです。

切れば治るといった考えは外した方が良いと思います。

そもそもなぜ血液は汚れてしまったのでしょう・・・

喫煙、睡眠不足、過食、強いストレス、体の冷えなどです。

がんの原因を知るはこちらから

これらによって粘膜が傷けられます。

すると傷の周辺の細胞が分裂して、傷ついた穴をふさごうとします。

しかし、粘膜が傷つく原因が長く続くと、細胞分裂ができなくなります。

そこで、生まれてくる修復細胞がまさに癌細胞なのです。

つまり、癌は生活習慣が引き起こした病ということです。

老衰で亡くなった方を解剖してみると、前立腺、胃、乳房などからだのどこかしらに、約8割の人が癌が見つかるという報告もあります。

人は常に癌と共生しているということですね。

生活習慣を改めることが、本当のがん根治療法です。

手術前後には、積極的に免疫を上げていくことをおススメします。

おススメのプロポリスはこちらから

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身でしっかりとお選び下さい。)

お家の周りに鉄塔は沢山ありますか?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

あなたのおうちの近くには、鉄塔がありますか!?

鉄塔から出ている電磁波は、恐るべき発ガン物質であることを知っていますか!?

鉄塔は、強力な電磁波発生源ですから、知らないうちに被曝をしているのです。

近くであれば室内であろうが危険ですね・・・

知らずに、子育てをしています。

小さな子ども達を含め、ガン、白血病死者の数が異常な街には、鉄塔がたくさんあるそうです。

電磁波が生む活性酸素はこちらから

家を借りたり、買うときには、電磁波も考えた方が良いですね

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

高い波動の食べ物・低い波動の食べ物

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

病気の回復、予防が出来る食事とは

プラントベース(植物性中心)で構成されたホールフード(未精製・未加工)の食事です。

どんどん欧米食が入ってきた今

40歳以上の日本人、3人に1人が予備軍も含め糖尿病と言われています。

そして、最も高タンパクの食事をしている子ども達が肝臓癌のリスクが高いと・・・

肉、卵、乳製品(バター、チーズ、牛乳)といった動物性の食事は、癌をはじめとしたさまざまな病気のリスクを伴うことはご存知の方も多いでしょう。

動物性食品は腸を汚し有害物質をつくるはこちらから

しかし、精製された食品が癌細胞を増殖させる可能性があることは意外にも知らない人が多いのです。

精製されたお米、精製された小麦・・・

不自然な食べ物より、自然なものを頂くことが病気回復への最も近道になるのです。

自然界のものには高い波動があります。

高い波動のものを体にとりいると、負のものは逃げようとします。

つまり、波動を上げることで、病気を寄せつけない体になるのです。

毎日の食事に加え、私が波動の高い生きた健康食品を選択したのはこのことからです。

おすすめのプロポリスはこちらから

もちろんどんなに波動の高いものであっても、扱う本人の発する波動が悪ければ、低くなっていきます。

高い波動のものを摂り、氣を上げて、病気を寄せつけない体づくりをしていきたいですね。

私と同じように飲まれている方からも、とても波動が高いと喜ばれています。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

DNAを損傷させる発がん物質

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんは3つの段階を経て進行していきます。

1) インシエ―ション (形成開始期)

2) プロモーション (促進期)

3) プログレッション (進行期)

形成開始期の過程は、発がん物質から始まります。

口にした発がん物質がきっかけで癌ができていきます。

体内に発がん物質が入り、血液に流れていくと非常に短い時間で、正常細胞は限りなく発がんしやすい細胞(高発がん性細胞)に変化してしまいます。

つまり突然変異を引き起こすということです。

この突然変異によって細胞のDNAはダメージを与えられ、遺伝子に永久的な変異を生じさせることとなります。

私たちが摂取した発がん物質は、血液中に吸収され、細胞の中に運ばれて活発な物質に変化していきます。

そして、DNAと結合し、嬢細胞というものが形成されてしまいます。

遺伝子的にダメージを受けている嬢細胞ですから、癌を引き起こす可能性が高くなるのです。

この嬢細胞が出来あがるまでの時間は非常に短く、場合によっては数分間のうちに完成するといわれています。

この形成開始期の過程は、元の状態に戻せないとみなされています。

癌という塊は、長い期間を経てつくられていますが、瞬間、瞬間の短い時間で異常細胞が増え続けているのです。

出来てしまった高発がん性細胞は元に戻すことが出来ないのなら、細胞の増殖を遅らせる物質を摂っていくしかないのです。

つまり、抗がん物質、抗酸化物質といわれるものです。

私の愛用品はこちらから

がんになって一生懸命 治療をしていても、がんが治らない理由はここにもあるのです。

食事、薬品などによって、発がん物質を体内に入れ続けていること

そして、細胞の増殖を遅らせる抗がん物質を摂っていないことです。

まずは元を正すことが、がん治癒への近道です。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身でしっかりとお選び下さい。)

口呼吸の人はがんになりやすい

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

口呼吸していませんか?

口呼吸の人は、ガンになりやすい人です。

・無意識な状態でいると口が開いている

・いわゆる出っ歯

・噛み合わせが悪く、受け口

・朝起きると口のなかが乾いている

・食事のとき、不快な音をさせる

・唇が渇きやすい

・鼻炎、中耳炎などの耳鼻科系が悪い

思い当たるものがあれば、口呼吸の可能性は大です。

なぜ、口呼吸だとガンになりやすいのか・・・

口呼吸は不自然な呼吸だからです。

哺乳類の中で口呼吸をするのは人間だけ

ガンは、不自然な生き方から起きる病気

自然の摂理に従ってがん治しはこちらから

だから、不自然な呼吸はガンをつくります。

口呼吸は、人間が言葉を発するようになったために起きた欠陥だとも言われています。

口呼吸をすると、何が起きるのでしょう・・・

口呼吸をすると、細菌やウイルス、感染物質などが必要以上に入ってきて、扁桃腺、アデノイドなどのリンパ輪を痛めてしまいます。

扁桃腺やアデノイドなどのリンパ輪は、口呼吸によって傷つけられると、免疫システムが誤作動を起こし、免疫異常に陥ります。

『すべての病的現象はこのリンパ輪の感染に始まる』 (ワルダイエル博士)

特に悪性リンパ腫、白血病は、口呼吸と深い関連があるようですね。

免疫システムが誤作動を起こすと、当然、さまざまな臓器にも影響が出てきます。

つまり、口呼吸は、免疫を低下させてしまい、病気を引き起こす

免疫を高めるためには、本来の鼻呼吸に戻すことです。

口呼吸を改善して、病気を改善した例はたくさんあります。

このようなことを、知るのと知らないのとでは随分違いますね。

生活のなかで、少し意識をするだけでも変化は出てきます。

口呼吸から鼻呼吸になおす方法は、いろいろあります。

がんを治す腹式呼吸はこちらから

毎日の実践が大事になってきますね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

里芋で解毒・がんに効くと言われる民間療法

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンなおしにとって、里芋は切ってもきれない存在です。

里芋は、毒性を引き出してくれる作用があります。

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、補益するともいわれています。

これらの性質を利用したのが、里芋パスタ(湿布)です。

【里芋パスタ】

里芋・・・適宜
生姜・・・里芋の1割
小麦粉・・・里芋と同量
自然塩・・・少々
ゴマ油・・・少々
ガーゼ

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、生姜もすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加えながらしっかりこねます。

目安は、耳たぶの軟らかさです。

ガーゼなどの布の上に、練った里芋を厚さ1センチくらいでのばしていきます。

体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様にガーゼの上下左右3センチはあけておく方が良いですね。

あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に、里芋面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。

里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼るなど工夫するといいですね。

ガンなおしは、手間と時間、毎日の自助努力が大切です。

解毒をしっかりとしていきたいですね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

食べ過ぎはNK細胞の働きを抑制する・がんの原因

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

食は生きる源であり、がんの原因にもなります。

【食ががんをつくり、食でがんをなおす】

アメリカのマクガバンレポートでも報告があるように動物性の食べ物が癌を増やしています。

ガンになり、初めて食事について本気で考えたと言われる方も少なくありません。

癌は、病ダレに口3つ(品)に山と書きます。

品のあり過ぎ、食べ過ぎががんと言われています。

少食ががん細胞を減らすはこちらから

食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するとき、また排毒やガン細胞など、細胞の修復に使われています。

消化の方で酵素を使いすぎると、残った酵素だけでは正常な排毒や修復が出来なくなります。

特に朝昼晩の食事以外に1日中だらだらと食べてしまう人

大切な酵素を使いきってしまうだけでなく、NK細胞の働きを低下させてしまいます。

私たちはお腹がいっぱいになると動くのが億劫になったり、眠たくなったりします。

NK細胞も私たちと同じように、お腹がいっぱいになると活動をしなくなります。

NK細胞がお腹いっぱいになり、動かなくなると何が起きるでしょう・・・

日夜、私たちの体内をパトロールして癌細胞を見つけては攻撃してくれているNK細胞です。

NK細胞免疫を上げるはこちらから

このNK細胞の働きが抑制されると、癌細胞は増殖し続けることとなります。

逆にお腹を空かせたNK細胞は、がん細胞を瞬時に捕らえる最強のハンターになるのです。

人間は食べたもので細胞をつくっています。

質の良い栄養を摂ることで、質の良いNK細胞がつくられます。

そして、NK細胞が最強のハンターになってくれる空腹の時間をつくることが大切です。

そのために注意すること

●必要以上に食べない

●決まった時間に食事をする

●消化に悪いものは避ける

●1日1〜2食を目指す

●食事中の水分は消化を遅らせるので控えめにする

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

私の愛用品はこちらから

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんを治す生き方…お問い合わせください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ