人工甘味料の恐るべき毒性

がんが治るにはがんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

 

悪魔の甘味料とも呼ばれているアスパルテーム

カロリーゼロをうたい文句にコーヒーや紅茶などダイエット飲料や食品に多用されています。

「アスパルテーム入りダイエット飲料(ソーダ)は腎臓障害を引き起こす」(米、ボストン婦人科病院)

「ダイエット・ソーダは血液ガン(リンパ腫など)を増大させる」(ハーバード大附属病院)

「活発で活動的な精子を激減させる」(日本薬学会報告)

「ダイエット飲料を1日2本以上飲むと腎機能リスクが倍増」

とくに不安なのは、「妊娠中の母親がとると胎児の脳発達に悪影響」という警告

アスパルテームの毒性を一言でいうと、「神経毒」

これは、化学調味料MSGと同じ。

「アスパルテームを与え続けたネズミの脳に穴が開いた」(精神科論文)というから、その破壊力はすさまじい。

~船瀬俊介氏ご著書より一部抜粋~

人工甘味料、砂糖の毒性について、まだまだこれ以上にショッキングな報告が・・・

ガンとの関係も深そうですね

番茶が一番安心です!

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

口呼吸の人はがんになりやすい

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

口呼吸していませんか?

口呼吸の人は、ガンになりやすい人です。

・無意識な状態でいると口が開いている

・いわゆる出っ歯

・噛み合わせが悪く、受け口

・朝起きると口のなかが乾いている

・食事のとき、不快な音をさせる

・唇が渇きやすい

・鼻炎、中耳炎などの耳鼻科系が悪い

思い当たるものがあれば、口呼吸の可能性は大です。

なぜ、口呼吸だとガンになりやすいのか・・・

口呼吸は不自然な呼吸だからです。

哺乳類の中で口呼吸をするのは人間だけ

ガンは、不自然な生き方から起きる病気

自然の摂理に従ってがん治しはこちらから

だから、不自然な呼吸はガンをつくります。

口呼吸は、人間が言葉を発するようになったために起きた欠陥だとも言われています。

口呼吸をすると、何が起きるのでしょう・・・

口呼吸をすると、細菌やウイルス、感染物質などが必要以上に入ってきて、扁桃腺、アデノイドなどのリンパ輪を痛めてしまいます。

扁桃腺やアデノイドなどのリンパ輪は、口呼吸によって傷つけられると、免疫システムが誤作動を起こし、免疫異常に陥ります。

『すべての病的現象はこのリンパ輪の感染に始まる』 (ワルダイエル博士)

特に悪性リンパ腫、白血病は、口呼吸と深い関連があるようですね。

免疫システムが誤作動を起こすと、当然、さまざまな臓器にも影響が出てきます。

つまり、口呼吸は、免疫を低下させてしまい、病気を引き起こす

免疫を高めるためには、本来の鼻呼吸に戻すことです。

口呼吸を改善して、病気を改善した例はたくさんあります。

このようなことを、知るのと知らないのとでは随分違いますね。

生活のなかで、少し意識をするだけでも変化は出てきます。

口呼吸から鼻呼吸になおす方法は、いろいろあります。

がんを治す腹式呼吸はこちらから

毎日の実践が大事になってきますね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんを家族に連鎖させないために

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになった原因

心のなかにありませんか?

ガンになった方、ほとんどの方がそうです。

夫婦の関係

親子の関係

金銭的な問題

仕事の問題

悩みはさまざまでしょう。

こんなはずじゃなかった・・・

と思うでしょうが、実はこの人生は、自分の思った通りになっているのです。

夫が相手にしてくれない

子どもが言うことを聞かない

収入が少ない

仕事が上手くいかない

悩みに対して、こんな風に思ったり、言ったりしていませんでしたか?

この思ったことが、現実になっているだけなのです。

負の思考が負の現実を起こし、さらには負の連鎖を起こさせています。

そして負の思考は、体にまで影響を及ぼします。

負の思考は、自律神経のバランスを崩してしまい、交感神経が緊張状態となり、血流が悪く、体温が下がってしまいます。

がんに感謝して、正の連鎖を起こすはこちらから

呼吸も浅くなり、白血球の中の顆粒球が増えてしまいます。

この状態は、ガンをつくる環境そのものなのです。

この負の思考のままでは、ガンはまず治りません。

それどころか、自分だけの問題で終わりません。

一緒に暮らす家族にも同じように影響を及ぼしていることを忘れないで頂きたい・・・

自分が出す負の思考は負の環境をつくっていきます。

愛する子どもまで、ガンにさせたいですか?

そんな人はいませんよね?

ガンなおしは、喜びのある生き方が絶対に必要です。

笑いのある暮らしをすること

笑いがある生活は、家族にも幸せをつくります。

自分のガンなおしのため

そして愛する子ども達、家族にガンをつくらないためにも、喜びと笑いある生き方をしてくださいね。

喜び、笑いある生き方は、夫でも妻でも子どもでもなく、自分がつくるものです。

夫が相手にしてくれない ➡ 居てくれてありがとう

子どもがいうことを聞かない ➡ 生まれてきてくれてありがとう

このように原点に返ってみませんか?

すると、小さなことが喜びとなります。

人生は、苦労するためにあるのではありません。

人生は、喜びを見つけるためにあるのです。

一緒に喜びを見つけていきませんか?

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんだからこそ感じる幸せと喜び

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

悩み続けて、結局 何も出来ていない方がいらっしゃいます。

悩めば悩むほど、ものごとは複雑になります。

悩めば悩むだけ、直感が鈍ります。

何が正しいのか、自分が何をしたいのか、わからなくなります。

それどころか、つかんだチャンスも失います。

何を信じてよいか分からない・・・

そんな風に思っていませんか?

信じるのは、療法ではなく、自分自身です。

悩むことと、考えることは違います。

自分がどうしたいのか、どうなりたいのか、考えるのみ

つまり、ものごとを簡潔にすることです。

「こうしたい」 と思ったら、腹を決めること

そして、自分が決めたことを、黙々と続けることです。

いくら良いと思っても、実践しなければ、何も変わりません。

そろそろ自分のことを信用してあげれる自分になってみてはどうでしょう。

どんな状況でも、自分を信じてくれる人は自分です。

私たちは、なんのために生きているのでしょうか。

今が一番幸せだと言える生き方をしてみませんか?

ガンであっても、喜びを充実させることは出来ます。

ガンだからこそ、幸せや喜びを人の何倍も感じることが出来るのです。

この特権を、使わない手はありません。

昨日に引き続き、今日も三人の方からご相談のお電話を頂きました。

きっと勇気がいったことと思います。

その勇気とチャンスを無駄にすることなく、取り組んでいかれることを心から祈っています。

皆さん、最初は同じです。

しかし、ここからが違ってきます。

取り組まなければ、何にも変わりません。

直感やチャンスを生かし、素直に取り組まれた方は、それなりに結果を出されています。

自分を信じることも、毎日の訓練です。

がんと心は繋がっているはこちらから

少しでも早く気付かれ、ガンであっても生き生きと過ごされることを、せつに願っています。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんで食べてはいけないもの

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

知っていてか、知らずかわかりませんが

ガンになったら、絶対に食べてはいけないものでも、楽しそうに食べている姿を見て、こちらが戸惑ってしまうことがよくあります。

勉強していますか?

家族の人も勉強するべきだと思います。

ミュンヘン大学のフォイト博士の『もっとも優れているのは動物性タンパクである』とする現代のフォイト栄養学

このフォイト栄養学はヨーロッパ全体の栄養学として確立したのですが、日本も明治以降フォイト栄養学で取り入れてきました。

これが、そもそもガンをつくった原因です。

『動物性タンパクこそが史上最悪の発ガン物質である』

チャイナ・スタディより

そして、ガンは、糖をエサに増殖します。

砂糖は、ガンを大きくさせます。

砂糖はガンの方に限らず、「百害あって一利なし」 

そのくらい、砂糖は心にも体にも悪いのです。

当然、ケーキやアイスクリームを食べると、ガン細胞は増殖します。

糖質を控えてミトコンドリア優位にはこちらから

このくらいいいかな・・・

その1個のケーキでも、ガン細胞は糖をしっかりと吸収しています。

ケーキやアイスクリームには、糖以外にも乳製品が多く含まれています。

この乳製品も、動物性の食品であり、ガンを増殖させてしまう原因のひとつです。

ガンの方のお見舞いにも、お砂糖を使ったお菓子は禁物です。

ガンの時、食べてはいけないものの代表的なものは、砂糖と動物性食品ですが、実はもっと危険
なものがあります。

ガンの方は絶対に食べてはいけないもの

クライアントさん、おひとりおひとりに伝えると、今まで知らずに食べていた人がほとんどです。

なんて、怖ろしい・・・

無知は、とても怖いことです。

最初は、すごく驚かれますが、なぜいけないのか、を説明すると、とても納得されます。

人生には、ひととき辛抱しなくてはいけない時があります。

それが、今であることを自覚することが大事ですね。

ガンをなおしたければ、ガンのエサ、危険なものはきっぱりとやめることです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

頂いた命を無駄にしないがん治し

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

現代医療が変わりつつあります。

抗ガン剤、放射線、手術、ホルモン剤

やっても治らない

体も心もボロボロになって気付かれる方

抗がん剤医薬品添付文書はこちらから

本来備え持つ自然治癒力も破壊され、生気が無くなっています。

悔しいですが、愚かな自分がつくった結果なのです。

無知は愚か

無知は罪です。

私たちの体は、天地の神様、ご先祖様、両親から頂いたものです。

頂いた体を傷め、ガンをつくり、次には人任せに切り刻む

これほど、罪深いことがあるでしょうか。

そもそも何故、こんなことになったのか…

私たちは、病気になれば薬を使うことが当たり前のような教育を受けてきました。

常識に従って生きる

ガンにおいても、ガン治療においても常識を疑わなかった結果です。

野生動物にも、植物にも、そして私たちにも、体は常に正常を保とうとする働きがあります。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

この機能が備わっているから、自然治癒力が働いているのです。

正常に働こうとする仕組み、自然治癒力を無視してガンなおしは出来ません。

過去には、さまざまな弾圧により自然治癒力を生かす自然療法というものが、完全に封じ込められてしまった時代がありました。

韓国では知る人ぞ知る自然療法の権威である竒先生も思想犯として時の権力から弾圧を受け、11年にも及ぶ牢獄生活を送られたといいます。

竒先生は、何万人という方を食事療法と吸い玉治療で癒されてきたそうです。

そんな方が10年以上も牢獄に入れられた時代

残念なことに医療という権力から、何かが狂ってきたのでしょうね。

ここに気づくか気づかないかで、人生が大きく変わるでしょうね。

自分は自分

周りや常識にとらわれない

振り回されない自分であることです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

番茶でがん細胞を抑制

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

日本人の健康の秘訣であったお茶

お茶には、ガンを抑制する効果があるとされています。

胃ガンは8割も防げるとか・・・

番茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化作用があり、細胞の突然変異を抑えてくれる働きがあります。

一番茶より、三番茶、四番茶の 『番茶』 はガン細胞抑制効果が高いと言われています。

番茶は煎茶より後に摘まれるため、その間に葉の中の旨味成分が成長し、カテキンの含有量が増すということです。

そして、カテキンには体の脂肪を減少させる働きがあり、動脈硬化予防にも有用されています。

番茶は煎茶のように若葉ではなく、成長した葉を原料とするため、カフェインも少なく安心して頂けるお茶です。

そして、抗酸化力が非常に強く、胃ガンだけでなく、他のガンの発ガン率も半分から3分の1まで激減させると言われてます。

緑茶とに比べ、番茶はからだを温めてくれるお茶なので、体温が低い方は緑茶より番茶をおススメします。

特にがんなおしに取り組まれている方は、体を冷やさない番茶ですね。

ただし、気をつけなくてはいけないことは、日本のお茶の農薬許容量値は非常に高いこと

EUの数百倍にも・・・

どんなにガンによいお茶であっても、農薬にまみれていては健康茶ではありません。

農薬・栽培方法を確認して購入することをおススメします。

外出時も市販のペットボトルのお茶を飲まなくて済むよう、安心な番茶を持参するといいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝く人生でありたい

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

体内に入った異物を出す反応

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

ガンの原因の多くは、ストレスや乱れた生活習慣

がんや病気の原因を知るはこちらから

細胞が傷つき破壊され、ガン化されていきます。

細胞のガン化は、どんな人でも毎日、起きています。

人は日常生活において、少なからず壊れた細胞である癌細胞を生み出してしまいます。壊れた細胞が分裂し増殖してしまうと癌として大きくなってしまい、症状として現れるわけです。

通常は、そこで免疫力が働き、ガン細胞を攻撃してくれます。

壊れた細胞が分裂し増殖するとガンという塊になり症状として現れてくるわけです。

また、免疫力が高すぎるとアレルギー反応が起きてしまいます。

免疫が働きている時は、体内の異物であるガン細胞にも免疫が働き、ガン化を防ぐことが出来ます。

しかし、アレルギーが起きることによって、ステロイド(免疫抑制剤)などの薬をつかうとどうなるでしょう。

ステロイドなどの薬をつかうと免疫力を抑えてしまい、ガン細胞を攻撃してくれる免疫細胞が働かなくなります。

ステロイドはアレルギー以外に、ガンの痛みなどの症状を緩和するなどにも使われます。

これは、痛みを緩和することの代わりに、免疫を低下させることになります。

話は戻りますが、アレルギーは悪い反応とばかりにとられがちですが、自分の体内に異物を排除してくれる免疫の働きです。

ガン細胞などの異物も排除してくれています。

しかし、アレルギーはつらい症状ですから、アレルギー反応を出さずに異物の排除もしていけることが理想です。

体に入った異物は溜め込まずに出すことが大切です。

そのためには、腸内の環境を整えることです。

アレルゲン、添加物など体内に入った余分なものはしっかり出すことが重要です。

そして、腸内環境を整えるために、発酵食品をしっかりと摂りいれるといいですね。

ご相談ください
TEL 084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がん治しは舵取りが必要

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

ガンをなおす自助努力は決して楽ではないと思います。

心の持ち方の重要性もひしひしと感じてきます。

もっといえば、魂から見つめていくようになります。

いわば、ガンなおしは大海原への航海です。

突然、小さな船にひとり乗せられ、大きな海に投げ出された

何も見えない広い海

どっちに向いて進めば安全なのか… かわからず、立ち止まったり、手探りで進んでみたり。

荒波が揺らす不安定さ

次々と大波がやってきて、飲み込まれないよう、やり過ごす忍耐力。

幾度となく現れる岩礁を避けながら、今日一日の航海を無事に終わらせ、また明日へと続く。

そこで問われるのは精神力です。

航海をうまくこなしていくのは、本当に大変なこと。

強い精神力と粘り強さが続いた人は、大海原の先に光が見えてくるのです。

毎日の海の状態は、心と体の状態です。

海が荒れ気味の時は、忍耐力と観察力が必要

岩礁が表れた時には、舵取りが重要

波の無い穏やかな時は、無事であることに改めて感謝をしなくてはいけない時ですね。

大海原の航海は、海との戦いではなく、自分自身との戦いです。

ガンも同じです。

ガンに目を向けるだけでは、おぼれてしまいます。

ガンなおしは、舵取りである自分自身の心と体の声を聞くことが大切です。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

椎茸は食べる前に干す

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

鍋や煮物、天ぷらなど椎茸が活躍する季節となりましたね

日本人になじみ深い椎茸ですが、効能が素晴らしいですね

昔から、ガン予防によいと言われる椎茸

椎茸には、エリタデニンという成分が含まれています。

エリタデニンは血中のコレステロール量を低下させる作用があり、血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧の予防によいとされています。

そして、椎茸にはレンチナンとβ-Dグルカンと言う多糖類も含まれており、これらは、免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑える効果が期待されています。

ダイエットにもよいとされている椎茸は、低カロリーだけでなく、脂肪を包み込み体外へ排出しする役目で腸の働きを活発にしてくれます。

面白い性質といえば、椎茸は1時間ほど天日に干すとビタミンDが倍増すると言われていること

食べる前にビタミンDを増や骨粗しょう症の予防にもつとめたいですね!

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ