がんには植物性発酵食品を・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方を・・・・・  「がんと自然治癒研究所」

 

『腸』 は動物の進化で最初にできた臓器 と言われています。

やがて脳ができ、血管ができ、手足ができた・・・

腸の働きは、栄養を吸収するだけでなく、生命活動の要とも言えます。

要である腸が汚れていると正常な生命活動が出来なくなります。

お母さんのお腹の中にいる胎児の腸の中は無菌状態です。

赤ちゃんは、出産と同時に無数の菌に触れ、一気に菌が腸に入り込み、元気な腸をつくる為に、いったん腸の中は悪玉菌でいっぱいになります。

そして数日後、ビフィズス菌などの善玉菌がしっかりと住み着いてくれます。

赤ちゃんも離乳期を経て、大人と同じ食べ物を摂り出すと、善玉菌が減り、悪玉菌が増えてきます。

通常、腸の中には1000兆もの細菌がいると言われています。

その種類も100種類を超える数です。

食物繊維、発酵食品から有機酸やビタミンなど生命活動に有用な成分を作る 『善玉菌』

動物性脂肪や動物性タンパク質から有毒な成分をを作る 『悪玉菌』

肉、卵、乳製品など動物性の食べ物は、腸で腐敗しやすく、インドール、スカトロールなどの有毒物質を出して、悪玉菌が優位な腸内環境にさせてしまいます。

悪玉菌優位な腸内環境は、肌荒れ、アレルギー、アトピー、リウマチ、ガン、心筋梗塞、慢性的肩凝りや疲労感、子宮内膜症など様々な病気の原因となってしまいます。

腸の汚れ、腸内の環境がガンをつくる

ガンを治すには腸の中の環境を整えることが非常に重要です

しかし、腸内細菌は歳と共に悪玉菌が増えてきます。

善玉菌を増やし、綺麗な腸環境をつくるには、食事でコントロールすることが重要になってきます。

善玉菌の代表ともいえる乳酸菌は、ヨーグルトで補うというイメージが強いですね。

間違いではありませんが、ヨーグルトは乳製品であるため、乳酸菌と同時に有害な物資も発生させてしまう可能性は否定できません。

特にガンの方は動物性食品であるヨーグルトには注意が必要ですね。

実は、日本人が昔からよく食べてきた、味噌、醤油、納豆、麹、酢にも乳酸菌はたっぷりと含まれています。

これら植物性の発酵食品は生きたまま腸に届きやすいことも分かっています。

生きた味噌を選ぶことも大切です

やはり日本人の腸には、昔からの日本食の発酵食品の方が適しているでしょう。

また、日本古来の発酵食品は、発ガン性を抑える効果もあります。

さらには、乳酸菌の細胞壁には免疫を高める物質もあり、植物性発酵食品はガン治しにとって必要不可欠な食品と言えるでしょう。

食べものがガンをつくり、食べものがガンを治します。

私も夕食に納豆と自家製塩麹は必ず頂いています。

納豆は夕食が有効的 ですよ

わたくし数カ月おきにファステイング(断食)をやっています。

3日間の断食です。

腸の中の有害物質であるインドール、スカトロールを排出して、腸内細菌を増やし、腸の環境を整えていきます。

胃腸のリセット、細胞のリセット、心のリセットを目的とします。

これも、ガンを経験したからこその私の生き方です。

がんと自然治癒研究所推奨発酵食品はこちらから

人間は完璧に、すべて理想通りには生きられません

だからこそ、体も心も修正をかけながら、喜びと辛抱とでバランスをとっていくのです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・がんと自然治癒研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

がん細胞は抗がん剤により耐性を獲得する

がんが治るには・がんが治る生き方を・・・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方

この方が初めてお電話を下さったのは、

確か、去年の1月下旬か2月の始めだったように記憶しています。

卵巣ガンの彼女は、化学療法をするか、それとも自然療法をするか悩んでいました。

抗ガン剤の毒性、副作用、二次発ガンの危険性、感染症についてお話をした記憶があります。

また、真逆の療法である自然療法の現状、自分でなおすということは、自分が責任を持たなくてはならないこと、意識を変えなくてはならないこと、についても話しました。

そして、抗酸化物質の必要性についても話しました。

私の愛用品はこちらから

化学療法をするなら、なおさら抗酸化物質は必要であることもお伝えしたのですが、それ以降、彼女からの連絡は無いままでした。

化学療法を選ばれたのだろうと思っていました。

その卵巣ガンの彼女から、半年ぶりに連絡がありました。

再発したそうです。

やはり彼女は、一切を病院にゆだね、抗ガン剤を受けてきたそうです。

しかも、肝臓、肺にも怪しげな影が出来ているとか・・・

抗がん剤の副作用の悩みはこちらから

自分がバカだった、抗ガン剤に騙されました、と電話の向こうで悲鳴にも言える声で泣いていました。

抗ガン剤治療をし、一時的にガンは小さくなったようです。

しかし、その後、ガンは確実に動き出したようです。

しかも、ガンは勢いを増しています。

なぜなら、抗ガン剤には耐性があるからです。

以前、彼女にも説明をしたのですが、信じていなかったのでしょうね。

そこは残念ですが、感染症を起こさなかっただけでもまだマシです。

白血球が2000を切りかけている彼女

感染症を起こしていたら、再発どころか、命すら守れません。

本当に気付いて良かったです。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

抗がん剤を投与すると、一部の人には腫瘍縮小がみられます。

しかし、ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまうことは、周知の事実です。

ですが、日本では知らない人も多いのも事実です。

彼女は、感染症を起こす前に気付き、本当に良かったと思います。

人の体は、石油か入ると必ず嫌がります。

なおすのは人や物ではなく、自分の信念と自然界の力です。

選ぶのもの自分

責任も自分です。

これから、彼女がどのように変化していくのか・・・

ガンに感謝できるよう、しっかりと体の声が聞こえるようになるよう、そして生きる意味を知り、1日1日を大切にできるようサポートしていきたいと思っています。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

塩分不足でがんを招く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お塩は足りていますか?

減塩、減塩と言っている日本です。

しかし、この減塩生活が、ガンをつくっているかもしれません。

梅干し、味噌、醤油、漬物、塩麹・・・

これらを手作りした時に、塩分が少ないと、夏に腐ってしまいます。

人間の体も、これと同じです。

私たちの体は、塩分が必要以上に少ないと、菌をたくさんつくってしまいます。

菌が増殖すると、どうなるでしょう・・・

当然、さまざまな病気をつくっていきます。

しかし、お塩なら、何を摂ってもよいのか? と言えば、それは違います。

間違ったお塩を摂ると、ガンや高血圧などの病気になることも・・・

逆に、塩分が少ないと、体温も下がり、血液が汚れ、ガンなどの病気になります。

そして、減塩生活で、ミネラルが不足してしまうと、酵素も働かなくなります。

生命を守るためには、きちんとした天日塩を、正しく使うことが大切です。

私が使っている天日塩はこちらから

私は、朝起きた時、今日は、体が少し重いな・・・と感じたら、いつもより少し多めの天日塩を入れた白湯を飲んでいます。

自分の体の声を聞き、適した塩を摂ってみましょう。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

梅干しと沢庵はやはり有り難い食ですね

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

電磁波が生む活性酸素

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

携帯電話をはじめとする電磁波は、体に大きな影響を与えています。

現代では、携帯電話なしでは生活できないといっても過言ではない方も少なくないでしょう。

国際がん研究機関が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発がん性の可能性あり」という評価結果を発表しているそうです。

ガン発症の低年齢化には、電磁波が与えている影響は、否定できない感じですね。

24時間、肌身離さず持っている携帯電話も活性酸素をたくさん生み、体に大きなストレスを与えています。

寝る時も枕元にしっかりと置いて寝てまいませんか?

特に小さな子どもさんの枕元は危険ですね。

寝ている間も活性酸素をどんど発生させていることになります。

活性酸素過剰は、がんの原因はこちらから

ガンになり、食べる物はあんなに気を付けているのに、電磁波の発ガンリスクや、ガン促進については、気にしなくて良いのですか・・・?

携帯を耳に当てて10年以上使うと脳腫瘍になるの率が3.9倍も増えるそうです。(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。

確かに、私が知る脳に悪性の腫瘍はある方は、携帯電話を使ってよく長話しをしていた・・・と言われます。

イヤホンなどを使う工夫をしたいですね。

世界的権威ロバート・ベッカー博士の警告によれば・・・

電磁波は・・・

①成長細胞ダメージ

②発ガン性

③ガン促進

④催奇形性

⑤神経ホルモン混乱

⑥自殺や異常行動

⑦生理リズム破壊

⑧ストレス反応

⑨免疫力低下

⑩学習能力低下

とのことですが、知らぬところでこんなことが起きているのです。

ちなみに、ホットカーペットは300倍もの危険・発ガンマットだと船瀬俊介氏も言われていますね。

避けては生活できない現代人ですが、使わなくても済むものは出来るだけ使わず、生活したいものですね。

ガンを促進してしまう報告もある以上、現在ガンになられてる方は、特に気を付けるべきです。

時には、携帯電話を手放して、電磁波が少ない自然の中で過ごしてみる。

そして、心身共に癒すことは大切ですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

時には、携帯の電源をオフにして、こんなアイテムでゆったりした時間を楽しむことをしています

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん・負の連鎖を止める役目

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンになり、ひとりで悶々と悩み苦しんでいる方が非常に多い。

今、自分がやっていることに不安を感じているからではないでしょうか?

毎日悶々とした気持ちで生活をしてしてもガンは治りません。

なぜなら、ガンと心は繋がっているからです。

ガンと心は繋がっている はこちらから

ガン克服には、感謝して自分に責任を持ち、前向きに取り組むことが大前提です。

これで本当に良いのかと迷い、悶々としている間は、まだまだ自分に責任をもてていない証拠。

ガンを治せなくしているのは自分自身です。

情報が溢れるなかで、何が正しいのか迷う・・・

これもまた人のせいになっていませんか?

自分の意思で、自分の責任で、治療法をしっかりと選択することです。

きちんと実践すれば、ガンになる前より、ガンと言われた現在の方が健康的になります。

ガンを恐れる必要はありません。

ガンは、「怖い、ガンは死ぬ」 と思うから治らなくなるのです。

ガンは自分で治す!という自覚が必要

医者任せでは、ガンは治せません。

医療利権を知れば、猛毒である抗ガン剤を使う理由がはっきりとわかります。

抗がん剤医薬品添付文書 はこちらから

無知は罪です。

気付かないふりはもっと罪です。

知らず知らずのうちに、大切な家族に、自分が毒をまいているかもしれないことに気付いて欲しい・・・

抗がん剤成分が排出される経路としては、主に 汗、尿、便、嘔吐物です。

家族ならこれらの排出物に接触することは当然あるでしょう。

抗ガン剤のパンフレットには、『何日間、尿中残量に注意』 と記載がありますが、毒ガスと同じ猛毒である抗ガン剤の排出が数日間でおさまるのでしょうか・・・

それとも数日間で排出されなくなり体内に蓄積されると言う意味なのでしょうか・・・

疑問であります。

いずれにせよ、排出されていることには違いありません。

それが微量であろうが、大量であろうが猛毒成分であることは忘れてはなりません。

しかし、小さなお子様をお持ちの方は、抱っこもハグもたくさんします。

別の臓器などに二次発ガンをさせてしまうような猛毒の抗ガン剤成分が、体内から排出されている中で、大切な子どもを抱く・・・

経口抗ガン剤を服用し、子どもにキスをする・・・

子どもと同じ布団で寝る。

寝ている間のは、目に見えない抗ガン剤成分を含んだ汗をたくさんかいています。

その汗に接触した子どもの皮膚からは経皮毒と言う形で毒が吸収されていてもおかしくないですよね・・・

夫婦間は、キスもセックスもしますね・・・

一緒に洗った洗濯物はどうなのでしょうね・・・

シャンプーや生理用品から吸収する経皮毒ですら、あんなに怖ろしいのですから、猛毒の抗ガン剤ともなれば、どうなのでしょうか・・・

考えたらとても怖いことです。

それでも抗ガン剤を選択してしまっているのが日本人です。

医療利権の犠牲者になっていることを知り、社会背景を学ばなければ、自分どころか大切な家族も守れなくなります。

ガンのメカニズムを学び、治すのは自分であることに気付かなければ、大切な家族もまた、自分と同じ運命を歩むことになりかねません。

ガン家系ではなく、ガンを連鎖させているのです。

私は、抗ガン剤、放射線の犠牲者がこれ以上増えないことをせつに願っています。

そして、家族に起きるガン・負の連鎖をとめる使命を与えられた自分であることに、一刻も早く気付いて頂きたいと祈っています。

やっと気付くガン治療 はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

レンコンは皮ごとたべよう

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然栽培のレンコンです

ご立派でしょ

昨日、夫が買ってきました

あまりにもご立派で、何を持って帰ってきたのかと思いましたよ・・・

無農薬なので、皮はそのままでスライスしてさっと茹で、サラダで頂きました

スーパーで見かけるスライスしてある真っ白なレンコン・・・

あの真っ白なレンコンは、次亜塩素酸ソーダで殺菌しています。

次亜塩素酸ナトリウムは、野菜や果物、刺身のツマなどに流通段階で多用されている漂白殺菌剤です。

家でレンコンをスライスして、ハイターに浸け、そのまま食べているのと同じです。

『混ぜるな危険』を見てわかるように、漂白剤は猛毒です。

少し手間も土の付いたレンコンを買うのが安心ですね。

レンコンには、ポリフェノールなどの抗アレルギー性の成分が含まれています。

アレルギーを改善する働きがあるポリフェノールを無駄なく摂取するためには、皮ごと食べることをおススメします

皮にはたくさんのポリフェノールが含まれています。

また、水にさらして出るアクにもポリフェノールが含まれているので、さっと流す程度で使う方が効果的です。

ポリフェノールの抗酸化力は抜群で、ガン予防や美容にとても優れています。

そして、レンコンといえば、非常に豊富な食物繊維です。

食物繊維は便通を改善する、デトックス効果にとても有効的ですよ

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

クライアントさんからの報告です

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

卵巣ガンのクライアントさんからの1本の電話

電話が鳴り、着信を見たときに
「そういえば先日、検査をするって言われてたなあ…」と思いながら電話をとりました。

飛び込んできた第一声

『7センチの腫瘍が半分の大きさになってました』

『それは良かったですねラブラブ努力の結果ですね』

彼女は抗ガン剤、手術、放射線の三大療法は一切受けていません。

自助努力のみ

そして私と同じ健康食品を飲み始めて約3カ月です。

私の愛用品はこちらから

彼女は特に心の持ち方に気を付けていて、健康食品ひとつにしても毎回感謝して飲まれていました。

全ては自分の心の持ち方です。

私も本当に嬉しいですね~

本当に良かったです

何よりこれがまた彼女の励みになるでしょう

もうひと踏ん張り、楽しんで取り組んで頂きたいです

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんになった真の意味を本能で感じる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

前を向いていこう! と思えていたのに、気持ちがわからなくなったり、しんどくなったり、クヨクヨしたり、・・・

また、そんな自分に苛立ちイライラしたり、落ち込んだり・・・

そんな時もあるでしょう・・・

人の感情は常に変化しています。

これは自然の現象ですね。

ガンは自分がつくった病気、自分で治していこうとされている方は、マイナスの心の状況下でも必ず気付かされます。

負のスパイラルから抜け出そうとされる時に、共通して言われること。

『感謝を忘れていた気がする』

『ありがとうの本当の意味がわかった気がする』

素晴らしいですね・・・

人生は一生が学びの場です。

今まで、抱えきれないほどの何かがあって、ガンという塊をつくってしまったのです。

これが自分に与えられた試練、修行と思い、苦しみを乗り越えていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そうとらえる方が、楽だったり、踏ん張れたりするならそれもよいでしょう。

しかし、人生は決して修行の場ではありません。

修行の場ではなく、人生は感謝の場である

人生は感謝の場であるとに気付せて頂けた

これもまた感謝です。

人間は、考えすぎて悩みを持ってしまう生き物です。

自分がわからなくなったり、悲しい時だからこそ感謝 『ありがとう』 です。

つらいときこそ『ありがとう』 はこちらから

ある方からこんなメッセージを頂きました。

ここにきてわかったことがあるので、メッセージかきます。
ありがとうの言葉です。
ブログで読ませていただいているうちは、苦しい時こそ、ありがとうを!という塚本さんのメッセージの本当の意味がわかっていませんでした。
でも、二日前からわかり出してきました。
ありがとうという言葉と共に、気を頂けるようになってきました、!
ありがとう!

嬉しい限りです。

ありがとうと感謝の言霊がどれだけ素晴らしいか気付いて下さったのです。

ありがとうの言葉を頂いた私も、喜びに満ち溢れ、どんどん細胞が活性化されています。

そしてメッセージを読んだ私も気付けば、『〇○さん、ありがとう、ありがとう』と繰り返し言っていました。

またそこでお互い、善い氣を頂いています。

思考と言霊の力 はこちらから

人間は与えられた命で生きます。

与えられた命の時間を、不平不満、愚痴で過ごすより、尊い命に感謝して、ありがとうを言って過ごした方が得である。

末期ガンを克服された方に多く共通する点です。

生命にしっかり目を向け、すべてに感謝の心を持つと、ガンになった真の意味が本能的に感じ取れるようになります。

本来ならば、ガン抑制遺伝子が活性化され、アポトーシス(細胞死)されるべきガン細胞です。

しかし、何らかの原因でガン抑制遺伝子が活性化されなくなってしまい、ガン細胞の暴走が始まってしまったのです。

どんな時でも、ガンや病気は意味があって起きているということを本能的に感じられる自分でありたいものですね。

そう感じることで、乗り越えていけるものです。

がんを治す生き・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんと心は繋がっています

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

【ガン治しの基本】

クヨクヨしないことです!!

ガンは不治の病と思っている方も多いですね。

私も思っていました。

だから、自分がガンだと分かった時のショックは相当なもの。

そして、余命宣告を受けてもいないのに、自分の命は後どのくらいだろうか・・・と考えてしまうものです。

治療の真っ最中は不安な中でも 「頑張るんだ!」 と自分に気合いを入れるものです。

しかし、治療もひと段落すると、思いもよらぬ恐怖や不安が押し寄せてきます。

こんな経験をされた方は多いのではないでしょうか・・・

再発転移をした人を見れば、恐怖に陥り、また、少しでも体に痛みを感じると 「ガンが再発しなのでは?」 と体に対して異常なほど過敏になってみたりします。

実はこの不安、恐怖心は、ガン治しには一番やっかい者なのです。

なぜ、ガンになったのか? なぜ、ガンは出来るのか? を学べば恐れる必要はなくなります。

ガンになっということは、それだけ体が危機状態だったということです。

ストレス、過労、質に悪い睡眠などから血行が悪くなり、氣が滞り、気付かぬうちに体が冷え切っていたのです。

ひとことでストレスといっても様々です。

環境、化学物質、電磁波などから受ける 外的ストレス

成長、妊娠、老化など体の中で起きる 内的ストレス

人間関係、仕事、金銭面などで起きる 心理的ストレス

また、その他の病気からくるストレスなど・・・

自分自身が気付いていないストレスもたくさんあります。

他人にすごく気を遣う人、他人が気になる人、他人からの目が気になる人・・・

人が許せない人、社会が許せない人、自分が許せない人・・・

これらもすべてストレスです。

何か思い当たるところが必ずあると思います。

気づかないうちに 血行を悪くし、酸素が体の隅々まで行き渡らなくなり、体を冷やし、ガンが増殖しやすい環境になっています。

また、ストレスで過食になったり、甘いものを食べたりしてしまうと、低酸素、低体温、高血糖、つまりガン細胞が最高に活動しやすい状態をつくってしまっています。

原因あってのガンです。

ガンになってしまった以上、クヨクヨ考えても仕方ありません。

原因を取り除き、クヨクヨせず、前向きに取り組んで頂きたいです。

クヨクヨすると、また新たなストレスがかかり活性酸素を出し、遺伝子を傷つけてしまいます。

強いストレスから抜け出せない時、気持ちが起き上がれない時、不安で仕方ない時は、抗ストレス作用、抗酸化作用の健康食品を一時的にでも使うことは必要だと思います。

私もガンで気持ちが潰れそうになった時に飲み始めました

どんなに良い治療をしても不安などのストレスで活性酸素を出し、体を酸化させていては効果ある治療も意味をなさなくなります。

活性酸素を無害化にする「フィトケミカル」はこちらから

ガンと心は繋がっていることを忘れないようにしてくださいね

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然治癒研究家・ 塚本みづほ  

がん治しは発想を変えるところから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

そのうち半数が、治療への不安、病院への不信でさまよっているそうです。

そのなかには、選択をすることすら知らない人もいます。

ガンなおしには、さまざまな療法があります。

どれを選んでも、なおすのは自分である意思を持つことが絶対的です。

なおらないと言われた人が、なおっているのはなぜでしょう。

余命宣告を受けとき、抗ガン剤や放射線、また手術をする方が良いのか

それとも、体を温め、体に良い食事をし、穏やかな心で過ごす方が良いのか

自分の体は、どちらの選択を好むでしょうか・・・

体を痛めつけてきたから、ガンが出来たのです。

だから、ガンなおしは体が喜ぶことをすることです。

このように発想を変えなければ、何も変わりません。

これが、新たな価値観の構築です。

治療をしても再発転移を繰り返す人がほとんどです。

再発転移を繰り返している方は、本当に不安な時間を過ごされていることと思います。

しかし、今までと同じことを繰り返していては 不安の渦からは抜けられません。

せっかく生きているなら、体が悲鳴をあげることよりも、体が喜ぶことをした方が良いに決まっています。

体が喜ぶことをすることで、人間が本来持ち備えている力を最大限引き出せるのです。

自然治癒力こそが「がん」治癒への道はこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ