子宮頚がんワクチンは無意味なの?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

子宮頸がんワクチンについてはいろいろな問題があげられています。

ワクチン接種直後に起きた痙攣など副作用が報道されましたね。

見る度に胸が苦しくなります。

異物を体に入れるということは、このようなことが起きても不思議ではない気がしますね。

『子宮頸がんワクチンは全く効果はない』 と断言する鶴見隆史医師(鶴見クリニック院長)

アメリカ政府のFDA(米食品医薬品局)も『全く無意味』と認めているとか・・・

無意味どころか、サーバリックスに添加されている「水酸化アルミニウム」は、細胞や神経に対する毒性が疑われ、脳にダメージを与える恐れがあることも指摘されています。

アメリカの小児科医も、アルミニウムが細胞組織や代謝プロセス、神経系統を損なうことに関与していると述べています。

サーバリックスは『イラクサギンウワバ』という蛾の細胞の遺伝子を組み換えて、ヒトパピローマウイルスの持つたんぱく質を作っているとか・・・

本当ですか!? と耳を疑いたくなります。

まさに『劇薬』であるワクチン

接種後の免疫疾患の発症率は、子宮頸がんを減少させる効果に比べ、害の大きさの方が重大かもしれませんね

また、ワクチンが不妊症を招く率も大変高く考えなくてはなりませんね。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

激減した野菜の栄養価

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

日本野菜の栄養価・・・

随分と減り、残念ですね

農業研究者である新留勝行氏はこう語っています。

「日本食品標準成分表」の調査を見ても、栄養価の減少は驚くべきものだ。

例えば100g当たりに含まれるビタミンCは、この50年の間にキャベツでは半減、にんじんや春菊で3分の1に、ほうれん草ではなんと、1950年の150JIS+2D53から2000年は40JIS+2D53と、4分の1に激減している。

ミネラルや鉄分の減り方はもっと激しく、ほうれん草も春菊も、今や50年間前のわずか1割ほどしか含まれていない。にら、わけぎに至ってはさらに減っている。

その原因は、化学肥料や農薬だと多くの専門家がいわれています。

化学肥料の弊害の中でも、新留氏は特に「硝酸態窒素」 が問題だと指摘されています。

「牛が青草を食べると死ぬ」現象が「牛のポックリ病」として多発したときの原因だそうで、れ、欧米では、ほうれん草を食べた乳児が突然死する「ブルーベビー症候群」への関与が指摘されているとか・・・

これが事実なら、農薬基準値が高い日本の野菜の安全性はどうなるのでしょう・・・

しかも、健康のために野菜を食べていても、栄養価がないとは悲しい話ですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

水菜の栄養効果

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

水菜は癖もあまりなく食べやすい野菜ですね

シャキシャキと歯触りも良く、鍋によくつかわれる野菜です

水菜は、β-カロチンが豊富なことから、抗ガン作用や免疫賦活作用で知られています。

βカロテンをはじめ、水菜に含まれるビタミンC、ビタミンEは抗酸化性があり、活性酸素を消去することで、動脈硬化の予防をしてくれます。

そして、血栓予防で心筋梗塞、脳梗塞のリスク軽減効果があります。

また、食物繊維も多く、腸内環境を整え、グルコシノレートという成分が解毒機能を強化し、便秘の解消や、大腸がんの予防、美肌にも良いですね

カルシウムも多いのでお年寄りや子ども達には抜群の野菜です。

殺菌効果もあり、肉や魚と一緒に調理すると臭みが消えます

風邪の時にも水菜の殺菌作用と栄養は役立ちそうですね

抗ガン剤後の髪の健康のためにも水菜はおススメです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

保存が便利な白菜の効果

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

これから大活躍する白菜

新聞紙で包み立てておくと2~3週間保存がきくので便利な野菜です
 

また、カットされた白菜は、根元の白い部分に切り込みを入れておくと鮮度が保たれます

ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維がとても豊富な白菜

風邪予防や免疫力強化にはもってこいですね

また、白菜はカリウムが多く、体内の老廃物を排出する働きがあるので、ガン予防効果も期待できます。

なかでも、葉がオレンジ色のオレンジ白菜は、普通の白菜よりも栄養価が高いのでおススメです。

無農薬白菜は甘みが強いので、サラダにしても良いですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

がんを癒す音とは

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

私たちの体は、地球のリズム(振動)に共鳴・共振し、動いています。

人の心と体は、良い音には良い様に、悪い音には悪い様に反応しています。

良い音とは、自然界がつくりだす音です。

木々が揺らぐ音・小川のせせらぎ・小鳥のさえずりなど自然界の音は、高周波の世界になります。

悪い音とは、いわゆる騒音です。

車の音・電車の音・工場や工事の機械音・家電製品の音・携帯電話の音は低周波の世界になります。

私たち現代人は、低周波の音の世界で生活しています。

これらの不自然な音は、体にストレスを与え、自律神経を乱してしまいます。

この繰り返しが、やがて病気をつくっていきます。

田舎で暮らす人が病気が少ないのは、毎日聴いている音が違うからです。

山や川など自然のなかでは、心が和み癒されますね。

心も体も心地よさを感じると、副交感神経がぐんと優位になり、生命エネルギーにスイッチを入れてくれます。

実はもっと身近なところに、体に良い音があることを忘れています。

最もガン細胞に効果があるといわれているのが人間の声なのです。

心地よく聴こえる声・癒される声・・・

自分の声でガンを癒せるのです。

一番よく聴いている声は自分の声ですから、習得すればガンなおしに役立ちますね。

自分で自分を癒す声を活用していきましょう。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

焼き芋にすると食物繊維がます?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

栄養素は加熱することにより壊れやすくなりますが、さつま芋の栄養素は加熱しても比較的壊れにくいといわれています

なかでも注目すべきは、ビタミンB6やB1などのビタミンB郡がとても豊富なことです。

その他にもカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛など多く含まれており栄養面でもとてもよい野菜ですね

しかも、焼き芋にすると食物繊維が生の状態に比べ30%も増加するそうです。

そして、焼き芋を食べるとストレスが軽減されるとか・・・!?

これは焼き芋に含まれるカルシウムの効果ともいわれます。

そして、焼き芋を食べる時は、皮ごと食べるといいでしょう

焼き芋の皮に含まれる「アントシアニン」は、葡萄などにも含まれているポリフェノールで、抗酸化作用や肝機能改善などに効能があるとされています。

参考までに・・・

焼き芋をつくる時は、ゆっくりと焼いた方が甘みがでますよドキドキ

ゆっくり熱を加えることで、さつま芋に含まれる酵素アミラーゼの働きが活発になり、でんぷんが糖に変わり甘みが出てくるのです。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

夏目ナツメの効能

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

ナツメは、夏に入って芽が出ることから、夏芽(ナツメ)というそうです

この季節から収穫できるナツメは、そのまま食べると、甘みの少ないリンゴのような味ですね

果実を乾燥させ、干しナツメとして、また、果実を砂糖と醤油で煮詰め、甘露煮として食卓に並ぶ地域もありますね

ですが、ナツメといえば、果物やおかずのイメージよりも、どちらかといえば、健康食品に使われているイメージを持つ方が多いのでは・・・

中国では漢方薬として、韓国でも薬膳料理として古くから使われてきました。

ナツメの一番の効能といえば、デドックス

血液に栄養を与え、脾臓、そして胃腸を元気にする作用があると言われています。

漢方医学では、白血球や血小板の減少、慢性肝臓病、喘息、アレルギーなどの治療に効果的とされているようです。

また、栄養面でも優れているため、「ナツメを食べれば年をとらない」 といわれるほど美肌効果も抜群です

女性には嬉しい果実ですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

優良な納豆を楽しんで頂く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

毎日食べたい納豆

納豆にフィトケミカルたっぷりの大根おろし、ネギ、タマネギ、ニンニク、ごま、塩麹、海苔などを合わせ、日替わりで楽しんでいます

良質のタンパク質や炭水化物,脂肪分など優れた栄養をもっている納豆

納豆菌には、ナットウキナーゼという血栓溶解活性があり、血液をサラサラにして血流を良くする効果があります。

そして、納豆菌の酵素が消化を助け、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす整腸作用や食中毒や雑菌に対する抗菌効果も期待できます。

納豆の粘膜には、シピリコン酸という放射性物質を吸着する物質が含まれていたり、ガン細胞を溶かすサビチリスという酵素があるとか・・・

納豆が優れものであることはよくわかりますね

毎日食べる納豆だからこそ、安心な大豆を使って自分でつくることをおススメします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

栗の強い抗酸化作用

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

今が旬の栗

栗は、とてもバランスよく栄養成分を含んでいます。

そのなかでも注目するのは、ビタミンCです。

栗に含まれるビタミンCは、デンプン質に包まれ保護されているため、加熱しても壊れにくいのが特徴です。

美容にも良いといわれるのが、このビタミンCがあるからです。

そして、栗のすごいところは、強い抗酸化作用です。

栗の渋皮には、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれています。

これは、活性酸素を除去したり、皮膚の保護作用もあり、強い抗酸化作用によってガン予防や老化防止に効果があるといわれています。

渋皮煮がおススメです

ただし、タンニンには鉄の吸収を阻害する働きもあるので、摂り過ぎには気を付けてくださいね

魚焼きグリルで簡単に焼き栗をつくるのもいいですね

包丁の角で栗に切り込みをいれておきます。

グリルに水をたっぷりと入れ、網の上に栗を並べて焼くだけです。

弱火で約20分 

仕上げに少し火を強め5分ほど焼いて出来上がり

秋の味覚を楽しみたいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

オクラは夏野菜の中の優れもの

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

夏のお野菜だと知らない方も多いくらい、今は1年を通していつでも手に入るオクラ

オクラが露地栽培できるのは、6月から8月あたりですね!

オクラといえば、あのネバネバが特徴です。

オクラのネバネバには、ガラクタン、アラバン、ペクチン、といった水溶性食物繊維がたっぷり

水溶性食物繊維は、整腸作用を促すので便秘の方やガン予防にはいいですね!

そして、有り難いのが、オクラに含まれるβカロテンは、なんとレタスの3~4倍もあり、抗ガン作用を有すると言われています

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・カリウム・マグネシウムなど、多くの有用成分をを含むオクラは、万能野菜といってもいいですね

免疫力をアップさせる効果もあり、夏のお野菜なかでもオクラはなかなかの優れものです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ