がん細胞は抗がん剤により耐性を獲得する

がんが治るには・がんが治る生き方を・・・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方

この方が初めてお電話を下さったのは、

確か、去年の1月下旬か2月の始めだったように記憶しています。

卵巣ガンの彼女は、化学療法をするか、それとも自然療法をするか悩んでいました。

抗ガン剤の毒性、副作用、二次発ガンの危険性、感染症についてお話をした記憶があります。

また、真逆の療法である自然療法の現状、自分でなおすということは、自分が責任を持たなくてはならないこと、意識を変えなくてはならないこと、についても話しました。

そして、抗酸化物質の必要性についても話しました。

私の愛用品はこちらから

化学療法をするなら、なおさら抗酸化物質は必要であることもお伝えしたのですが、それ以降、彼女からの連絡は無いままでした。

化学療法を選ばれたのだろうと思っていました。

その卵巣ガンの彼女から、半年ぶりに連絡がありました。

再発したそうです。

やはり彼女は、一切を病院にゆだね、抗ガン剤を受けてきたそうです。

しかも、肝臓、肺にも怪しげな影が出来ているとか・・・

抗がん剤の副作用の悩みはこちらから

自分がバカだった、抗ガン剤に騙されました、と電話の向こうで悲鳴にも言える声で泣いていました。

抗ガン剤治療をし、一時的にガンは小さくなったようです。

しかし、その後、ガンは確実に動き出したようです。

しかも、ガンは勢いを増しています。

なぜなら、抗ガン剤には耐性があるからです。

以前、彼女にも説明をしたのですが、信じていなかったのでしょうね。

そこは残念ですが、感染症を起こさなかっただけでもまだマシです。

白血球が2000を切りかけている彼女

感染症を起こしていたら、再発どころか、命すら守れません。

本当に気付いて良かったです。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

抗がん剤を投与すると、一部の人には腫瘍縮小がみられます。

しかし、ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまうことは、周知の事実です。

ですが、日本では知らない人も多いのも事実です。

彼女は、感染症を起こす前に気付き、本当に良かったと思います。

人の体は、石油か入ると必ず嫌がります。

なおすのは人や物ではなく、自分の信念と自然界の力です。

選ぶのもの自分

責任も自分です。

これから、彼女がどのように変化していくのか・・・

ガンに感謝できるよう、しっかりと体の声が聞こえるようになるよう、そして生きる意味を知り、1日1日を大切にできるようサポートしていきたいと思っています。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

サッパリ塩麹漬けで腸もスッキリ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

塩麹は、塩、麹、水を混ぜ合わせ発酵させたもの

大豆の無い味噌といったところでしょうか

ぬか漬けと同じように、塩麹に野菜を漬けておくと、最高のお漬物が出来ます。

この時期は、きゅうりや茄子がいいですね

ビニール袋にカットした野菜と塩麹を入れ、軽く揉んで2,3時間置いておくだけ

麹の甘みと塩の辛みがとてもマッチしたお漬物ができます。

麹には、麹菌がつくりだす 酵素 がたくさん含まれています。

酵素は、食材に含まれる タンパク質やでんぷんを分解して、 食材を軟らかくしてくれる性質があります。

だから、塩麹につけたお肉は軟らかくなるのです。

また、麹菌は、乳酸菌であるヨーグルトやぬか漬け、納豆などと同じように、腸にしかりと働きかけてくれる最高の食材です。

ただし、麹菌は、熱が加わると死滅していまうので、そのまま使うのが一番いいですね

私の愛用天然塩はこちらから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん治しでつまずかないために

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

女性のガンが増えたわけ・・・

女性は男性に比べ、甘いものが好きな方が多いですね。

これもガンが増える原因のひとつです。

糖分は、血液をドロドロに汚し、細胞を酸化させてしまいます。

甘いお菓子は免疫を激減させるはこちらから

その結果、血流が悪くなり、ガンが増殖しやすい環境である低体温をつくっていきます。

また、体内にあるガン細胞は、ぶどう糖を栄養として増殖します。

このことがわかりやすいのが、PET検査です。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、ガンとして診断されます。

ガン細胞が、糖を好むことがよくわかります。

糖分は、ガン細胞のエサになるだけでなく、正常な細胞も破壊させやすく、細菌の感染、アレルギーなども引き起こしやすくします。

そして、ガンになり、ストレスをさらに感じやすくなり、今まで以上に甘いものを食べてしまう方も・・・

甘いものを食べれば気持ちが落ち着きますね。

これが砂糖の持つ依存性です。

ストレスがかかると、砂糖なしでは落ち着けない体になっていき、心も体も狂わせてしまいます。

がんを治す・食事と睡眠はこちらから

そして、いずれは甘いものでも落ち着かなくなり、薬を飲む羽目になります。

薬は、さらにガン細胞が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

では、どうしたら良いのでしょう・・・

ストレスをつくっているのは、自分自身

他人のせいになっていませんか?

ストレスは心の持ち方ひとつです。

なにかにとらわれていませんか?

「こうでなければならばい」

「普通はこうである」

このように勝手な常識に自分を当てはめていませんか?

ガンなおしで、つまずくのはストレスです。

ストレスをつくらないためには、常識からの打破が必要です。

常識にとらわれず、自分なりの新しい価値観を構築すること

とらわれが体にストレスを与えていますはこちらから

すると、ストレスは消え、悩んでいた時間が勿体ない時間であったと感じます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

その時間、気付かないところで自分の体を痛めつけています。

私の毎日の愛用品はこちらから

心の持ち方・ものごとの捉え方を変えてみまませんか?

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お腹の冷えは下半身の冷え

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お腹を触って、自分の体の冷えを確認してみる

下腹部は、心臓から離れているため、特に血行が悪くなりやすい場所です。

下腹部が冷たくないですか?

胃の辺りと下腹部を手で触って、温度差があると要注意です。

下腹部が冷えていると、下半身も冷えています。

ガンをなおすには、下半身は温かくないといけません。

しかし、多くの女性は下半身が冷えています。

これが、病気をつくる原因ですね。

冷えたところには、栄養も酸素も届きにくく、血栓をつくり、血液を汚してしまいます。

下腹部でいえば、子宮、卵巣、大腸、腎臓など・・・

臓器の働きを低下させてしまいます。

そして、冷えた場所に、ガンなどの病気がつくられるのです。

下腹部が冷えて病気になるのであれば、下腹部を温めればいいことですね。

下腹部が冷える原因は、運動不足による筋肉の低下です。

温めるには、ウォーキングや、腹筋など、筋肉を動かすよう努力が必要です。

塩分不足も冷えの原因です。

減塩をしていては、体温は上がりません。

体に害を与えない自然塩を、適度に摂ることが大切です。

ミネラルとビタミンがたっぷり入った自然塩はこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お家の周りに鉄塔は沢山ありますか?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

あなたのおうちの近くには、鉄塔がありますか!?

鉄塔から出ている電磁波は、恐るべき発ガン物質であることを知っていますか!?

鉄塔は、強力な電磁波発生源ですから、知らないうちに被曝をしているのです。

近くであれば室内であろうが危険ですね・・・

知らずに、子育てをしています。

小さな子ども達を含め、ガン、白血病死者の数が異常な街には、鉄塔がたくさんあるそうです。

電磁波が生む活性酸素はこちらから

家を借りたり、買うときには、電磁波も考えた方が良いですね

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

毒素は、便や尿以外からも排出されてます

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

毒素は、口や鼻、皮膚から入ってきます。

そして、肝臓などで処理され、便や尿として排出されます。

当たり前のようですが、実は・・・

出し切れていない毒素がたくさんあるのです。

私たちの体には、自然治癒力と同時に解毒機能が備わっています。

毒素の出口の役割分担は次のようになっています。

便 75%

老廃物や有害物質などの毒素が、もっとも多く排出されるのが便です。

毒素の多くが便から排出されます。

尿 20%

汗 3%

髪 1%

爪 1%

となっています。

髪や爪は、実際には、もっと多くの毒素が排出されているのではないか・・・

と、重要視されている先生も多いですね。

爪の色は、自分で健康チェックが出来る場所でもあります。

中医学は、このように爪も含め、体全体、環境に至るまでみます。

健康な爪は、薄いピンク色で艶があります。

爪の色は多くの病気の目安にもなります。

赤は、心臓、脳の病気の可能性が・・・

紫は、肺、心臓など循環器系の病気の可能性が・・・

黄は、リンパ系・糖尿病の可能性も・・・

白は、肝臓の病気、貧血の可能性も・・・

緑は、細菌感染(ネイルなど)の可能性も・・・

爪の色で、自分の健康チェックをしてみるとよいでしょう。

特に抗ガン剤をされた方は、爪が真っ黒になったり、割れたり、変形したり・・・

この爪に出る症状を見て、強い毒素を感じる方も多いですね。

抗がん剤治療の方へがんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

しかし、真っ黒だった爪が、キレイなピンク色に戻っていくのを見て、便や尿以外の場所からも、毒素の排出をされていることを実感したという声をよく聞きます。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

口呼吸の人はがんになりやすい

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

口呼吸していませんか?

口呼吸の人は、ガンになりやすい人です。

・無意識な状態でいると口が開いている

・いわゆる出っ歯

・噛み合わせが悪く、受け口

・朝起きると口のなかが乾いている

・食事のとき、不快な音をさせる

・唇が渇きやすい

・鼻炎、中耳炎などの耳鼻科系が悪い

思い当たるものがあれば、口呼吸の可能性は大です。

なぜ、口呼吸だとガンになりやすいのか・・・

口呼吸は不自然な呼吸だからです。

哺乳類の中で口呼吸をするのは人間だけ

ガンは、不自然な生き方から起きる病気

自然の摂理に従ってがん治しはこちらから

だから、不自然な呼吸はガンをつくります。

口呼吸は、人間が言葉を発するようになったために起きた欠陥だとも言われています。

口呼吸をすると、何が起きるのでしょう・・・

口呼吸をすると、細菌やウイルス、感染物質などが必要以上に入ってきて、扁桃腺、アデノイドなどのリンパ輪を痛めてしまいます。

扁桃腺やアデノイドなどのリンパ輪は、口呼吸によって傷つけられると、免疫システムが誤作動を起こし、免疫異常に陥ります。

『すべての病的現象はこのリンパ輪の感染に始まる』 (ワルダイエル博士)

特に悪性リンパ腫、白血病は、口呼吸と深い関連があるようですね。

免疫システムが誤作動を起こすと、当然、さまざまな臓器にも影響が出てきます。

つまり、口呼吸は、免疫を低下させてしまい、病気を引き起こす

免疫を高めるためには、本来の鼻呼吸に戻すことです。

口呼吸を改善して、病気を改善した例はたくさんあります。

このようなことを、知るのと知らないのとでは随分違いますね。

生活のなかで、少し意識をするだけでも変化は出てきます。

口呼吸から鼻呼吸になおす方法は、いろいろあります。

がんを治す腹式呼吸はこちらから

毎日の実践が大事になってきますね。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自分にあったがん療法は直感で決まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

がん自然治癒・がんを恐れないはこちらから

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

がんの治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

がんを治す・信念と執着の違いはこちらから

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

がんを治す・感謝の心はこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然体に近づけることが、がんを遠ざける

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

食べ過ぎ・頑張り過ぎ・悩み過ぎ・極度なストレス・薬の飲み過ぎ

これらが、ガンをつくっています。

食べれば食べるだけ、治癒力を低下させてしまいます。

少食で長寿遺伝子スイッチが入るはこちらから

頑張り過ぎ、悩み過ぎは、交感神経が過剰に働き、血流を悪くし、免疫を低下させます。

ストレスは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内に毒素を溜めやすくなります。

がんの原因であるストレスをなくすには・・・・・はこちらから

薬の飲み過ぎは、活性酸素を大量の発生させてしまい、体を酸化させてしまいます。

今や、2人に1人がガンになる時代です。

しかし、野生動物は、ガンにならないそうです。

野生動物は、人間のように食べ過ぎることがありません。

当然、薬を飲むこともありません。

野生動物が人間と最も違うところは、言うまでもなく自然体で生きていることですね。

野生動物を見てわかるように、人間は、不自然な生き方をしているからガンになるのです。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

食をはじめとした環境を、自然体に近づけること

日本人にあった食事をすることが自然体です。

朝陽が昇る時間には、目覚めることも自然体です。

出来るだけ、緑を見て生活することも自然体です。

空気の良い早朝、朝陽を見ながら、河原や公園、神社など散歩をするのも良いでしょう。

体がとても心地よく感じ、心も洗われ、1日にの良いスタートになりますね。

また、自然体とは、環境的問題だけでなく、心理的なものもそうです。

無理していい人でいたり、他人に気を遣いすぎたり、必要以上に頑張りすぎたり、泣けなかったり、本音が言えなかったり・・・

自然体の自分ではない生き方をしてきた人が、ガンになっています。

ありのままの自分 自然体で生きてみませんか?

自然体に近づけること

これが、ガンなおしの秘訣・ガンなおしの生き方です。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

唾液は天然の抗ガン剤?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

しっかり噛んで食事をしていますか?

私たちは、毎日たくさんの活性酸素を生んでいます。

ストレス、添加物、電磁波、薬剤など、現代の生活では、残念ながら活性酸素が出る生き方が普通になっています。

活性酸素は、いわば排気ガスのようなもので、必ず排出するものですが、溜めてしまうと毒になります。

排出してしまった活性酸素を除去出来ずにいると、正常な細胞を傷つけ、ガンなどさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

これが、毎日の食事が影響しています。

食事をする時、しっかりと噛むことで唾液が出ます。

唾液に含まれる酵素は、活性酸素を除去する働きがあります。

つまり、抗酸化作用があるということです。

唾液は天然の抗ガン剤とも言われます。

また、しっかりと唾液を出すと、消化酵素もしっかりと出ます。

消化もスムーズに進み、食べたものが胃腸で腐敗するのを防ぎます。

そして、噛むことは、脳への刺激もあり、自律神経をのバランスを整える手伝いもしてくれます。

何より大事なことは、自然の恵みを感じ、楽しみながら、ひとくちひとくち、感謝して頂くことですね。

ひとくちで、ゆっくりと30回は噛んで頂きたいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ