がんの再発転移で気付いたこと

こんばんは

今日は、再発転移での気付きについて書いてみました。

クライアントさんからの紹介を頂いた卵巣ガンの方

最初の出会いから数カ月がたち、また電話をしてこられました。

数カ月後にお電話を下さる方は、決まって抗ガン剤、放射線、手術を受けたあとです。

最初に抗ガン剤、放射線、手術だけでは、ガンは治せないという事を伝えましたが、彼女には響かなかったのでしょう。

彼女も、放射線治療と抗ガン剤治療をしたそうです。

放射線治療後、ガンは一気に小さくなり、このまま治ると思ったそうです。

そして、期待を込めて、抗ガン剤も受けたところ、さらにガンは縮小したそうです。

しかし、抗ガン剤終了と同時に体力がどんどん無くなり、息をすることすらしんどいと感じるようになったと言います。

そして、3カ月後 鈍痛が始まり再発確認

その1ヵ月後、肝臓への転移確認です。

そして再発転移により、また新たな抗ガン剤の投与が始まるそうで、そこで電話をしてこられました。

体重も65キロから現在は41キロになったそうです。

彼女を紹介して下さったクライアントさんもご自身の意思で抗ガン剤をされましたが、副作用もなく仕事も続けています。

同じ治療でもこれほども違いが出ます。

放射線、抗ガン剤は、正常な細胞をも壊してしまいます。

大切な大切なナチュラルキラー細胞など免疫細胞の働きも壊してしまいます。

そして、放射線、抗ガン剤は大量の活性酸素を生み出します。

大量に出た活性酸素で、体はひどい酸化状態になっていきます。

だから、抗酸化物質が必要なのです。

彼女にも以前、伝えたのですが、やっと気付かれたようです。

そして、自分でなおすことを決意されたそうです。

食事、運動、呼吸法、体温を上げる、解毒する、そして心の持ち方を変えることに取り組んでいくとのことです。

もう少し、早く気付いて欲しかった・・・と思いはありますが、あるドクターが言われていた言葉を思い出しました。

『納得できないなら、抗ガン剤は一度やってみたらいい・・・そして気付けばいい』

なおすのは、彼女です。

まだまだ、気付かねばならない課題は山積みですが、寄り添っていきたいと思います。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断下さい)

がんになったら血液を綺麗に

こんばんは

今日は、血液の汚れとがんの原因について書いてみました。

血液を汚してしまう食べものがたくさんあります。

私たちは、血液が汚れてしまうと、敗血症を起こしてしまいます。

敗血症にならないように、全身の血液の汚れを一手に引き受け、1ヶ所に集めるという役割をしてくれているのがガン細胞です。

からだ全体が汚れて命の危険にさらされてしまう前に、汚れを1ヶ所に集め、守ってくれているのです。

そして、宿主に「血液が汚れているよ、危険だよ…」 と塊をつくり教えてくれているのがガン

まぎれもなく感謝すべき存在なのです。

血液の汚れを改善しないまま生活すると、ガン細胞はせっせと働き、また汚れを集め、さらに大きな塊となります。

だから、自分自身が血液の汚れを無くしてしまえば、ガン細胞の役目もなくなるのです。

私たちは、食べたもので血液をつくり、細胞をつくります。

血液を汚すのも食

血液をきれいにするのも食です。

動物性の食品は、腸のなかで腐敗しやすく、血液を汚してしまいます。

添加物、農薬は、体を酸化させ、血液を汚してしまいます。

毎日の生活のなかでつい「このくらいいかな・・・」とついつい思ってしまいがちですが、ガン細胞はしっかりと汚れをキャッチし、役目を果たそうと活性化します。

また、放射線、抗ガン剤も、血液を一気に汚してしまいます。

ガンになったらガンに感謝して、からだの一斉清掃です。

基本は少食

ガン予防には、定期的な清掃で断食がおススメです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

ミトコンドリア優位で細胞分裂を抑制へ

こんばんは

今日は、体をつくる二つのエネルギーシステムについて書いてみました。

私たちの体は、エネルギーを作るための2つのシステムを使い分けています。

この2つのシステムは、年齢、生き方によってどちらを使うかが、決まってきます。

さて、自分はどちらのシステムを主に使っているのでしょうか・・・

酸素を必要とせず低体温でも糖質から素早くエネルギーを作り出す、解糖系

しっかり食べて活力を確保し、成長する子ども時代は、解糖系が優位になっています。

解糖系は、瞬発力と細胞の分裂が活発なのが特徴です。

酸素と体温を必要とし、深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作り出す、ミトコンドリア系

分裂抑制遺伝子を働かせ、成長をとめます。持久力に適しています。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑制するのが特徴です。

お母さんのお腹の中にいる胎児は解糖系を優位に働かせ、細胞分裂と増殖を繰り返し成長します。

そして、生まれて酸素を取り入れるようになると、ミトコンドリアが増えてきます。

成人に近づくにつれ、ミトコンドリアが増えて、分裂抑制が働き、成長がストップします。

この2つがバランスを取りながら私達は生きています。

そして、年齢と共に瞬発力派の解糖系優位から、持久力派のミトコンドリア系に移行していきます。

歳をとっても、若い時と変わらない様にたくさん食べていると、解糖系のシステムが優位のままになります。

解糖系は、細胞分裂をします。

ガンを気にする年齢になると、細胞分裂を抑制するミトコンドリア系のシステムを優位にすることが重要になってきます。

また、ミトコンドリアの機能が低下するとエネルギーが作られなくなり病気が治りにくくなります。

ガン細胞の中では、ミトコンドリアの機能が低下しています。

ミトコンドリア系のシステムを優位にするには、食べ過ぎないこと

そして、優位にしたミトコンドリア系を働かせるには、37℃以上の深部体温と酸素が必要です。

あなたは、どちらのシステムをお使いでしょうか・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

癌の原因と活性酸素過剰

こんばんは

今日は、活性酸素の過剰な発生と癌の関係について書いてみました。

私たちは、酸素を吸うことにより、代謝が行われています。

そこで発生するのが、活性酸素です。

呼吸で取り入れた酸素のうちの約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素は毒性が強く、体内の細胞を酸化させてしまいます。

これが、老化やさまざまな病気を引き起こす原因となります。

このように悪いイメージの方が強い活性酸素ですが、実は、私たちの体を守るための働きもしてくれているのです。

適量の活性酸素の働きは、白血球やマクロファージなどの「免疫機能」の一部として、体内に侵入した細菌などを取り除いてくれることです。

しかし適量を超える活性酸素は、体を酸化させてしまいます。

活性酸素を過剰に生んでしまう原因には、さまざまなものがあります。

ストレス・食品添加物・電磁波・紫外線・薬品・放射線・激しい運動などなど・・・

私達の周りは、活性酸素を大量に発生させてしまう物質で溢れかえっています。

過度の活性酸素は免疫機能をを狂わせ、細胞を傷つけ、ガンなど様々な病気の要因になります。

大切な免疫器官ある胸腺も活性酸素と加齢が原因で機能低下していきます。

活性酸素を除去する機能も40歳辺りを境にどんどん低下していき、体内のスーパーオキシド・ジスムターゼなど抗酸化酵素をつくる力も年齢とともに低下していきます。

抗酸化力が衰えるということは、活性酸素は増える一方になります。

だから、年齢とともにガンになるリスクが高くなるのです。

なかでも薬品や放射線は、活性酸素を大量に発生させてしまいます。

活性酸素が過剰になると免疫も低下します。

放射線治療をした方は、抗酸化食品をしっかり摂ることをおススメします。

そして、活性酸素を増やさない生活をしていくことが大切です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

自分の直感を信じて最初の一歩を・・・・癌を克服するために

こんばんは

今日は、自分の直感を信じて実践すとことと癌の関係について書いてみました。

突然のガン宣告

すがるように病院にお願いする人、治療法について自分で必死で調べる人

治療法においても、少しずつではありますが、病院の三大療法が当たり前でなくなってきています。

私自身もガンになったとき、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

調べることも怖くて仕方なかったのを覚えています。

治療については、機械的であるせいか調べれば調べるだけ不安と恐怖が襲ってきました。

私の場合、病院の治療法をみていても光が見えてこなかったのです。

そんななかで、私は試してみたいと直感が働いたものがありました。

この直感は、真っ暗闇にいた私に一筋の光を見せてくれた感覚でした。

先の見えない暗闇のトンネルの先に、出口の光が目に入った感覚は今でもよく覚えています。

このトンネルから出るためには、自分の直感を信じて歩き続けるしかないと思うようになりました。

そこで始めたのが、プロポリスでした。

しかし、これも中途半端ではなく徹底しました。

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違います。

ここで働かさなくてはいけないのが、自分の直感です。

そして、直感を信じ、実践することです。

どんなに直感が働いても、実践しなければ何も変わりません。

どんなものでも、皆に100%効くものはありませんね。

療法はアイテムであり、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

そして、あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると直感が鈍り、信念までもが揺らいでしまいます。

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底する。

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

癌と闘う療法?と癒す療法?

こんばんは

今日は、癌と闘う療法と逆に癒す療法について書いてみました。

ガンなおしにも様々なやり方があります。

① ガンの三大療法(手術・放射線・抗ガン剤)など薬物療法をはじめとした治療を病院で受けている方

② 病院での標準治療をしながら副作用の軽減などを目的に健康食品などを併用される方

③ 代替療法、自然療法を組み合わせ、ご自身で取り組まれる方

④ 全く何もしない無治療の方

どれが正解なのかは、本人にしかわからないことです。

①、続いて②の療法が圧倒的に多いのが日本の特徴です。

というよりも、①② しか知らないと言った方が正しいかもしれません。

①②と③④は、ガンに対する考え方、捉え方が全くといっていいほど違います。

①②は、現代医学の考え方です。

『ガン細胞は宿主が亡くなるまで無限増殖する』

これは、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義です。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり、私達の中に固定観念として定着してきました。

この学説では、人が本来持つ自然治癒力・免疫力の存在は残念ながらありません。

ガン細胞は、宿主である私たちが死ぬまで増殖し続けるのであれば、攻撃し続けるしかない。

③は、化学的な薬物を使わず、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、ヒーリングなどを使います。

免疫を上げることでガン細胞の増殖を止め、自然治癒力でガンを退縮させる療法です。

『自然治癒力でガンが自然退縮するときに、腫瘍は増大し、マーカーが上がり、また転移をする』

ここだけ聞いても、真逆ですね。

転移ひとつとっても、捉え方は全く違うのです。

前者の学説通りであれば、毎日数千個から数万個と生まれてきているガン細胞は、どうなるのでしょうか・・・

死ぬときにはみんな全身ガンだらけになってしまいます。

私達は免疫力が働ているからガン細胞の増殖が食い止められているのです。

自然治癒力さえしっかりと働けば、ガンの自然退縮も充分可能ということです。

実際に、免疫を上げることでガン細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

免疫を上げるためには、体が喜ぶことをする。

つまり、癒すことです。

ガン細胞も大切な自分の体です。

ガン細胞を攻撃するということは、自分の体も攻撃してしまっていることを・・・

気付いて欲しい。

闘い、攻撃する生き方は、宿主の体力を奪います。

また、交感神経が過剰になり、免疫力が低下し、肺炎などの感染症を起こしてしまいます。

ガンなのに、感染症で亡くなる方が8割を占めている悲しい現状があります。

ガンも自分自身の大切な細胞。

闘う生き方をやめ、ガンを含め、自分を癒す生き方をしてみませんか・・・

ガンだって・・・

愛情を求めています。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

睡眠と癌も含めた細胞修復時間の関係

こんばんは

今日は、人間の細胞が修復される時間について書いてみました。

夜が遅い生活をしていませんか?

私たちの体は、酵素やミネラルが働いて、夜の10時から3時の間の細胞が作られます。

ガン細胞のように、傷ついた細胞もこの時間に修復されます。

この時間に寝ていますか?

ガンになりたくなければ、この時間は寝ることです。

ガンの方を見ていると、夜が遅い方が多いですね。

細胞が生まれ変わったり、またガン細胞が修復される時間に起きていると、正常な修復が出来なくなります。

主人の帰りが遅いから・・・夫婦の時間だから・・・と言われる方もいるでしょう。

しかし、細胞を修復するこの時間を大事にすることで、将来の夫婦の時間を繋げることになるのです。

これからも長く一緒に居たいと思うなら、この時間は大事にするべきです。

夜10時を過ぎても、活動していると、交感神経が緊張状態になります。

夜になっても、交感神経が働きっぱなしでいると、リンパ球が増えません。

リンパ球を増やしたければ、眠れなくても、10時にはお布団に入り、副交感神経を優位にすることです。

また、成長ホルモンの分泌も夜の10時から2時までと言われています。

成長ホルモンはアミノ酸で構成される物質です。

主な働きは、組織の成長を促すこと、そして代謝のコントロールです。

具体的には、体の成長、肌や筋肉など体組織の修復・再生、疲労回復、脂肪の燃焼、免疫力です。

副交感神経が優位になる時間帯に成長ホルモンは分泌されています。

成長ホルモンを分泌させるためには、この時間の睡眠が必要

私達、大人にとっても成長ホルモンは、睡眠中に体のメンテナンスをしてくれるなど、大きな役割をしてくれています。

それだけでなく、成長ホルモンは組織を修復し、体力を回復させることで病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。

睡眠が不足すると病気への抵抗力・免疫力が下がり、病気にかかりやすくなります。

ただしこれは、睡眠が長ければ良いという訳ではなく、成長ホルモンが分泌される時間に寝ている必要があるということです。

夜の10時から3時は寝る

この時間はしっかり寝て、細胞の修復、免疫力アップに心がけましょう。

ガンであっても、毎日楽しまなくてはいけません。

しかし、楽しむためには何をしても良いのかといえば、そこは違います。

毎日、規則正しい生活をすることが基本です。

【早寝早起き・早起きは三文の徳】

早起きは、朝の新鮮な氣を感じ、朝陽に感謝してエネルギーを頂くことが出来まよ。

朝の時間をしっかりと活用し、夫婦でお散歩も良いですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

癌をつくるのも食、癌を治すのも食

こんばんは

「一物全体」 とは、ありのままの姿であり、分割されていない状態のこと。

食養では、食材を丸ごと使用するという意味で使われています。

穀物を精白しないこと、野菜の皮をむかずに丸ごと使うことや、根菜であれば葉も使うこと、小さい魚を丸ごと食べるということです。

生き物、植物は、全体でバランスが取れています。

バランスが良いままの状態で摂取することで、人間の体のバランスをとるということですね。

栄養面から考えても、植物の皮や葉、小魚の骨は栄養がとても高い部分です。

また 同じく食養でよく使われる「身土不二」という言葉

「身土不二」 とは、その土地の旬のもの、また伝統食が身体に良い、という意味で使われます。

体と土とは大きく繋がっており、三里四方、四里四方の身近な土地で育ったものを食べて生きることがよいとする考え方です。

生物が育つ土や空気、水といった環境は、その土地で生活する人にとって必要な関係です。

寒い土地では、体を温めるものが育ち、それを食べて寒さから体を守ってきました。

暑い土地では、体を冷やすものが育ち、それを食べて暑さから体を守ってきました。

例えば、抗酸化力の強い野菜も、暑い土地で育ったものの方が抗酸化力はさらに強くなります。

それは、野菜自身が紫外線に傷つけられないよう、酸化を防止しようして、さらに強い抗酸化力を身に付けるからです。

このように、その土地土地にあったものが育っているということなのです。

これが一番自然な生き方ではないでしょうか・・・

食は、365日 毎日です。

小さな積み重ねが大きな結果をもたらします。

食がガンをつくり、 食がガンをなおす

食に感謝して、丸ごと無駄なく頂きたいですね
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

ミトコンドリアでがん細胞の分裂を抑制

こんばんは

今日は、癌の細胞分裂を抑えるミトコンドリアと体のエネルギーシステムについて書いてみました。

体を動かすためのエネルギーをつくるシステムは、ミトコンドリア系と解糖系という2種類のものがあります。

この2種類のシステムが、バランスをとりながら私たちは年齢を重ねていきます。

どちらのシステムを主に使っているのかで体の状態や免疫力が変わってきます。

このシステムの使い方を間違えたり、バランスを崩したりすると、ガンを引き起こしてしまいます。

ガンになったら、自分が使っているシステムを年齢に似合ったシステムに戻してやらなくてはいけません。

解糖系の特徴は、細胞分裂しやすく、瞬発力に使われます。

急なエネルギーが必要な時に、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んで瞬時のエネルギーをつくります。

20歳までは、しっかり食べて活力をつけ、激しい運動が出来る解糖系のシステムを使って生きています。

上皮細胞、骨髄細胞、骨格筋、精子などの分裂の盛んな細胞は、解糖系システムからエネルギーをもらっています。

解糖系は、糖を必要とし、低酸素、低体温の環境でもしっかり働いてくれます。

一方、ミトコンドリア系の特徴は、細胞分裂はしにくく、持続力に使われます。

50代からは、長生きのためのゆっくりシステムであるミトコンドリア系で生きていきます。

非常に効率の良いエネルギーで、解糖系の18倍のエネルギーをつくることが出来ます。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑え、ガン細胞の分裂も抑えます。

20歳までは、瞬発力、細胞分裂をする解糖系

20歳から40代までは、解糖系メインでありながらも、2つのシステムを調和させながら生きる時期

50代になると更年期に伴い、エネルギー生成を解糖系からミトコンドリア系に切り替えていきます。

更年期を迎えても解糖系でエネルギーをつくっているとガンなどの病気になってしまいます。

このシステムの切り替えに大切なことは、少食です。

若い時と同じように食べていると、いつまでも解糖系でエネルギーをつくり続けてしまい、ガン細胞の分裂が抑えられなくなります。

ガン細胞の分裂を抑えるのは、ミトコンドリア系です。

年齢と共に糖質の摂取を抑え、少食を心がけ、システムをミトコンドリア系に移行していかなくてはいけません。

そして、ミトコンドリアをしっかりと働かすために、絶対に忘れてはいけないことがあります。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

辛い生理痛に民間療法を・・・・・

こんばんは

今日は、昔からある生理痛の民間療法について書いてみました。

生理痛の鈍い下腹部の痛みはつらいですよね

鎮痛剤を飲む前に・・・

試してみませんか!?

生理3~4日前から始める 生理痛を軽減する民間療法です

いつもより濃い目に番茶を入れます。

お湯呑に入れた番茶にすりゴマと自然塩 (ゴマと塩合わせて小さじ1杯目安) を入れます。

1日4~5杯くらいを生理が終わるころまで飲みます。

番茶も自然塩も体を温める効果は抜群ですね

お風呂にもカップ1杯の自然塩を入れて入浴すると良いですね

もちろん根本から体を整えていくことが一番大事です。

何が原因で生理痛や生理不順が起きているのか

自分の体の声を聞いてみては・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)