内臓温度を下げない・舌下で計る

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・  がんと自然治癒研究所

寒い冬は体を温めるものを食べたり、服を着こんだりして冷えた体を温めようとします。

体の冷えとは、実は体が感じる寒さだけではないのです。

気がつかぬところで体の冷えが起きているかもしれません。

体の冷えは、ガンの原因にもなりますので要注意です。

冷たいものを飲んだり食べたりすると、内臓の温度が下がることはわかります。

これは冷たいのもを摂ると、全身の血液が胃に集まってくるからです。

冷えた胃を守ろうとする体の防御機能ですね。

そして、4、5時間もの時間をかけて胃の温度を元に戻していきます。

全身の血液が胃に集められている間、腎臓、肝臓、脳、心臓などの臓器は、血液が不足した状態になります。

この状態が長く続けば続くだけ代謝に影響を及ぼすことになります。

代謝機能が落ちると、老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、体内に毒素が溜まり、癌などの病気を引き起こしてしまうのです。

冷たいものは摂った時に体が冷える、寒いと感じるだけでなく、その後の数時間という長い時間に及んで臓器が低体温となり体の機能を低下させてしまうのです。

自分でも気付かないところで怖ろしい影響を及ぼしています。

脇の下の体温は低くなくても、内臓が冷えているかもしれません。

表面の体温と、内臓の温度は違います。

内臓の温度を知るには、舌下での体温測定が一番近くなります。

舌下で37.2℃

この体温が内臓の冷えがない理想的な温度です。

そして免疫、代謝とも活発に働く体温です。

舌下で体温を測ることで、今まで気付かなかった内臓の冷えも意識できますね。

もし、胃腸を冷やしてしまったときには、梅干しや自然塩をひとつまみ入れた白湯や番茶がおススメです。

バランスのとれた栄養、体を温め、明るく前向きな心で過ごすことが、がんを治す生き方です。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・・・がんを治す生き方ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

電磁波はがんを促進する

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・  がんと自然治癒研究所

 

携帯電話、電子レンジ、HIクッキングヒーターなど電磁波は、知らないところで体に大きな影響を与えているようです。

国際がん研究機関が、携帯電話などから発生する高周波の電磁波について「発ガンの可能性あり」という評価結果を発表しているそうです。

ガン発症の低年齢化には、電磁波が与えている影響は否定できないように思います。

不妊症の原因にもなると言われる電磁波

電磁波は、たくさんの活性酸素を生み、体にストレスを与えています。

携帯電話も肌身離さず持っている現代人は、大量の活性酸素に生み出しています。

携帯を耳に当てて10年以上使うと脳腫瘍になるの率が3.9倍も増えるという・・・(スウェーデン報告)

これは発信している電波(マイクロ波)に発ガン性があるからです。

電磁波は、発ガン性以外にも、成長細胞ダメージ、催奇形性、神経ホルモン混乱、自殺や異常行動、生理リズム破壊、ストレス反応、免疫力低下、学習能力低下

そして、ガン促進も電磁波によって起きうると報告があります。

子宮ガン、大腸ガンの方の生活環境を聞くと、HIクッキングヒーターを使っている方が多い

確かに、IHクッキングヒーターの発ガン性は高いとよく耳にします。

お話を聞いてても、やはり関係性があるように思えてなりません。

クッキングヒーターは、ちょうどお腹の位置に当たります。

電磁波がガンを促進させると聞けば、子宮ガン、大腸ガンなど腹部のガンは特に避けたい思いですね。

使わなくても済むものは、出来るだけ使わず生活する

電子レンジにおいては、電磁波の危険性だけでなく、食品のほとんどの成分を破壊してしまいます。

電子レンジは少しの手間をかければ、使わなくても済むように出来ます。

ご飯も土鍋で炊くと、冷めても美味しく電子レンジなど特に必要性を感じません。

便利になり過ぎて、自ら病気をつくっているのがよくわかります。

誰しもが身に覚えがある時代

ガンの人は特に、ガンを促進させないためにも電磁波をもっと意識するべきです。

大切な子ども達にも影響を与えている電磁波

現代の生活では、避けては暮らせない電磁波も多くありますが、携帯電話を子どもに持たせない、枕元の置いて寝ない、電子レンジは使わないなど、電磁波から子どもを守ることも考えていく必要があります。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

失ってから気づくことのないように

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・  がんと自然治癒研究所

抗ガン剤をしたら、胸水が必ず溜まる、と言われた方がいらっしゃいます。

抗ガン剤をやめると、自然となくなる。

なぜだろう・・・と不思議に思い、抗ガン剤について調べてみたそうです。

結果、彼女は、抗ガン剤をやめることを決めたそうです。

また、ある方は、抗ガン剤で息子さんを亡くしたと言われました。

調べることもせず、それどころか、「抗ガン剤はやめた方がいい」 と言ってくれた友人の言葉も振り払ってしまった・・・

抗ガン剤が、なぜ危険なのか・・・それすら聞こうともしなかった。

そして、息子さんのガンは転移し続け、猛烈な痛みに大量の薬を投与し、そのまま亡くなられたそうです。

息子さんを亡くした悔しさと、ご自身を責め続けるお父様の姿は、何ともいえません。

このお父様と同じように、小学校2年生で白血病になった息子さんの、抗ガン剤で生き地獄をみた医師が書かれた 【白血病の息子が教えてくれた医者の心得】 を読み、私も胸が引き裂かれる思いになりました。

*****************::ご著書の紹介文を一部抜粋させて頂いています*************

患者さんが来ると、まずはプレトニン(ステロイドの一種)を20錠くらい飲ませる。ところが、プレトニンでコントロールできるのはわずか10人のうち5人。あとの5人はなんぼ飲ませてもびくともしない。プレトニンを100錠、200錠、点滴のなかに入れてばんばかやるわけだ。次に抗がん剤をやるわけだ。がんというのは、人間の正常な細胞とそれよりも何十倍も強いお化けみたいなものとが共存しているんです。
抗がん剤をやると患者さんはゲーゲー吐きながらしんどいと訴える。そうすると医者は、検査のデータを見せて、あんたなにをいっているんだ。このとおり抗がん剤でガンが小さくなっているのに。マーカーの数値が下がっているのを見せられて患者さんは「すみませんありがとうございます。ゲーゲー」と感謝する。そこでまた抗がん剤。ゲーゲーやる。人間が死にかかったら抗がん剤をやめる。がん細胞がどんどん大きくなってマーカーが3倍4倍。また抗がん剤やる。患者さんゲーゲーやる。先生もうやめてくださいという。なにいってるんだ、マーカーが下がったじゃないか。あ、ありがとうございます。ゲーゲー。また途中でやめる。マーカーが上がる。またやる。ゲーゲーありがとうございます。を繰り返しながら苦しんで死んでいかなければならないんです。
がん細胞のほうが絶対に人間の細胞よりも強い。絶対にがんよりも人間のほうが先に死ぬ。それは自然の摂理であります。
僕はそんなこと分かっていたけど、卒業して23年。大学でもこれしか教えてくれないし、教科書もこれしか書いてない。だから何百人ものがん患者さんが抗がん剤でみんな苦しんで死んでいくのを見届けるしかなかったんです・・・

白血病で亡くなった息子が抗がん剤は拷問以上だと教えてくれたそうです。

息子さんを通して、気付く・・・

人は、そうなのかもしれません。

本当に大切な、かけがえのないものを失って、初めて気付くものなのかもしれません。

しかし、少し心にゆとりを持って、素直に周りを見てみると気付くチャンスはたくさんあります。

気付けるチャンスを掴むか、掴まないかも自分自身

一番は、後悔の無い選択、悔いのない生き方が出来るかです。

私は、女性として

ガンであっても美しく輝いていたい・・・

母として、生き生きとありたい・・・

妻として、心豊かでありたい・・・

そんな方を応援しています。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

太ももと背筋を鍛えてがんを抑制

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・  がんと自然治癒研究所

体を冷やさないようにたっぷりと着込んでいる

体温を下げないように重ね着をする

実はこれは逆効果となる可能性があります。

寒いからといって何枚も重ね着をしていると自分で熱を作ることが出来なくなります。

これは低体温の根本的解決法ではありません。

重ね着に限らず、部屋を暖めすぎることも逆に低体温を招いてしまうことにも・・・

外から体を温めすぎると体は自分の力で温めることを怠けてしまいます。

つまり自分で熱をつくれない体になってしまうのです。

熱をつくれない体になると、食べたものを必要な栄養素に変換することが出来ず、糖が蓄積され、癌が好む環境をつくってしまいます。

これによって癌細胞は増殖します。

ですから、服や暖房で体を温めることに頼るのではなく、内臓を活発に動かし、下半身の筋肉を鍛え、体のなかから熱を発して体温を上げていく方法をおススメします。

内臓を活発に動かすには、腹式呼吸やストレッチ、ヨガなどがよいでしょう。

そして筋肉によってつくられる熱

筋肉の多くが集中する下半身を鍛えることです。

特に太ももと背筋にはエネルギーを効率よくつくるミトコンドリア系が多く存在しますので、スクワットなどの運動で太もも、背筋を鍛えるといいでしょう。

このミトコンドリア系を増やすことで、癌は抑制されます。

靴下の締め付けも返って血流を悪くして、冷えを招いていることもあります。

室内では、歩くと素足の方が摩擦で血流が良くなり、熱を生み出していたりします。

服も靴下もは昨年の冬より1枚少なく、薄着になることを目指すといいですね。

毎日コツコツと続けることで、癌が好む環境(低体温・低酸素・高血糖) から脱出することは可能になります。

がんにならない生き方、がんを治す生き方は、体を過保護にしないことです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

増粘多糖類の危険性

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・ がんと自然治癒研究所

袋から出せばすぐ食べれる、調理された金時豆や金時芋

見た目もとても艶々していて甘そうで美味しいだろうな・・・と想像させてしまいますね

実は、あの艶々感は、怖ろしき食品添加物がつくった仮面の姿です

食品や飲料に粘性や接着性を付けるための添加物である増粘安定剤(増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊料)が使われいる可能性が大です。

増粘安定剤は、食感やのどごしを良くなるために、アイスクリームなどさまざまな食品に使用されています。

実は、この増粘剤は、2品目以上使用した場合は、『増粘多糖類』としか表示されず、実際に何が使用されているのかが全く分かりません。

なかには、カラギナン、トラガントガム、ファーセレランなど、発ガン性や催奇形性の疑いがあるものも含まれています。

袋に入ってる調理された金時豆は本当にキレイで艶々、まるでニスでも塗ってもらっているような色艶です。

家で炊いた金時豆は、あんなニスを塗ったような状態にはなりません

安くて便利なものには、不自然な点がたくさんあります。

見た目と便利さだけで選んではいけません

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんと真菌の関係

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方・・・・・   がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ガンと真菌は関係するのでしょうか・・・

「特に真菌とカンジダは、宿主の体を分解し、それを食べることで成長します。単独では繁殖できないので、そのためにも人体を必要とします。慢性疲労の健康状態が、多くの場合、カンジダのコロニー形成に起因することは驚くに値しません。患者は、身体的にも精神的にも非常に心地悪くなります。」

ガンとはこのカンジダ真菌感染症であると、トゥリオ・シモンチーニは主張する。

このイタリアの医師の主張を目にした時、子宮頸ガンの方との会話を思い出しました。

私がみてきた 子宮頸ガンの方に共通すること

「膣カンジタになりやすい」

ちょっと油断すると膣カンジタになっていたと皆さん言われます。

膣カンジタとは、カンジダ菌という真菌によって起こる腟炎です。

カンジダ菌は、健康な人の皮膚や粘膜にも常在しますが、免疫力の低下などにより、腟内のカンジダ菌が異常増殖して、腟カンジダを発症します。

腟カンジダは治癒しても、ちょっとした体調の変化や疲れ、薬の服用などで、またカンジダ菌が異常増殖し、再発してしまいます。

トゥリオ・シモンチーニ氏の主張が正しければ、ガンの方は、お刺身を食べてはいけないということは非常に重要になってきます。

違うとしても、ガンになるということは免疫が低下しているということですから、感染症などの原因となる生魚は避けた方が良いことは確かですね。

生魚からの感染症リスクは知っておく必要があります。

普段は免疫系が、真菌の増殖を抑制していますが、何らかの原因で、カンジダが強力な菌に変異する時、重大な健康問題が発生することになるということです。

感染症を予防するには・・・

免疫を高めること

疲れをためないこと

むやみに薬を使わないこと

殺菌効果の高い食品を摂ることです。

がんと自然治癒力研究所、推奨品はこちらから

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方・・・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください

テフロン加工は?

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・ がんと自然治癒研究所

 

お手頃価格で、焦げつかない便利なフライパン!

「テフロン」は商標名ですが一般化して広く使われています。

つまり「フッ素樹脂加工」のことです。

焦げつき防止のため、フッ素樹脂や同種の化学物質でコーティングされいます。

この樹脂の耐熱温度は意外と低く、一定の温度を超えると有毒ガスになります。

テフロン加工したフライパンなどで、一定以上の温度に熱すると、発ガン性物質をふくむ、多種類の有害なガスや化学物質が溶け出す危険性が指摘されています。

390度以上になると、フッ素樹脂が分解されて溶け出す物質によって、動物を死にいたらしめる報告があがっています。

薄いフライパンでは、1分間の予熱で370℃に上昇することも・・・

動物実験においても、肝臓ガン、膵臓ガン、未熟児、奇形児、免疫力低下に関与することを明らかになっています。

その他のガンに対する危険性も指摘されています。

便利で日々使っているフライパンや鍋ですが、こんなところにもガンに対する危険性が潜んでいるのです。

便利がゆえに危険もあるということを知っておくことも大事ですね

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)

がんの最高の治療師は自分と家族

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・  がんと自然治癒研究所

あなたは、ご自身の『氣』のエネルギーを信じますか?

生命の根源である『氣』

私達は氣が無くなれば生きていることは出来ません。

この氣が体の活動・生命エネルギーになっています。

しかし、氣が全身を流れず、どこかに滞ってしまうと病気になります。

氣滞瘀血(氣が滞り、血液の流れが悪くなり、よどんだ状態)が起きます。

氣滞瘀血が解消されない限り快方へは向かいません。

氣が滞ってしまう原因は、ストレス・過労・冷えなどです。

まさに 『病は氣から』 の言葉通りです。

『氣』と言えば、気功師

手のひらから出るエネルギーを使って治療を行います。

治療師の手のひらからは、微弱な電磁エネルギーが放射されているといいます。

この手のひらから出る『氣』は特殊な能力を持つ人にしかないエネルギーだと思っている方も少なくないでしょう。

エネルギーの強弱はあるものの、生きている以上『氣』は、誰しもがもっているものなのです。

この氣を利用せずにいるのは勿体ないと思いませんか?

治療師のような強いものは無くても、自分自身で毎日コツコツと出来る治療です。

私がガンになった時、夫が毎日私の下腹部、腎臓、肝臓に手をかざしてくれました。

ただひたすら、『ありがとうございます』 と感謝の気持ちを込めながら手をかざしてくれました。

私は、『ありがとうございます』 と感謝を言葉に発しながら、滞っているものが流れていく感覚をしっかりとイメージしました。

すると、手をかざしてもらっている部分はポカポカとあたたかくなるのです。

ポカポカとあたたかくなるということは、血流も良くなっているのです。

自分でも出来ますので、毒素の排出を促すために、私は暇さえあれば、腎臓、肝臓にしっかりと手をかざしました。

治療師のような強いエネルギーはなくても、家族には強い愛情があります。

小さな力でも毎日コツコツと続けることが大きな力となり、結果をつくっていくのです。

そして、信念が現実をつくるのです。

家族の愛情に勝るものはありません。

ガン治しには、前向きな気持ち、豊かな心が必要です。

しかし、幾度となく落ち込むときがあります。

落ち込む時間をいかに短くしていくか・・・

これも訓練です。

人生にはこんな時もある、と今の自分を受け入れることです。

ガン治しは、『思考直し、生き方直し』 です。

今の自分を受け入れることで、信念を持ち続けることが出来るのです。

ガンの最良の治療師は、あなたとご家族です。

愛情、喜び、笑い、癒しは免疫力を高めます。

これらは、体をリラックスさせ、副交感神経を刺激し、リンパ球が増えるのです。

リンパ球の中には、ガン細胞を発見すると攻撃してくれるNK細胞がいます。

リンパ球が増えることによりNK細胞も活性化されるのです。

大きなガンが数日のうちに消える人もいます。

これが自然が与えてくれた治癒力というものなのです。

体が心地よいと感じる生き方

体が心地よいと感じる言霊

体が心地よいと感じる食

食で治せない病気は医者にも治せないのです

出来る限り、天然のものを使い、天然のものを体に入れることです。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がん自然治癒研究所
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

自分がつくった「がん」に責任をもつ

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・・・・  がんと自然治癒研究所

40代子宮がんの女性からのご相談

癌が再発し、眠れず、息をするのも苦しいと感じる時があるそうです。

がん宣告を受けるまでは何の症状もなかったのに、病院に言われるがまま手術、抗がん剤治療をして、体力がなくなり、3ヶ月後には再発

さらに抗がん剤の投与をすすめられたものの不安を感じ、断ったところ医師から 『抗がん剤をやめたら年が越せない可能性がありますよ』 と言われたそうです。

最初の抗がん剤投与のとき 『今なら抗がん剤をすれば大丈夫ですよ』 言われ抗がん剤を投与

その3ヶ月後、再発

今、恐怖と不安の闘いのなか治療の選択を迫られているようです。

とても多いご相談内容です。

抗がん剤はどういうものなのか、自分でよく調べ、納得して選択することが必要ですね。

知らないことも自分の責任

当然、調べれば様々な意見、賛否が出てきます。

そのとき自分がどう直感的に感じとるか、なにを信じるかです。

選ぶのは自分

抗がん剤を選択したのも自分、病院に任せたのも自分自身です。

抗がん剤治療に限らず

責任はすべて自分なのです。

がんは自分の愚かさに気付くこと

自分でつくった癌に責任を持つことです。

気付いたら修正は出来きます。

気付かなければ修正も出来なかったのですから

気付けたことにまずは感謝ですね。

とらえ方が変わればモチベーションが変わります。

こんなにしたのになぜ・・・ととるのか

これだけでよく済んだ・・・ととるのか

この とらえ方ひとつでこれからが大きく変わってきます。

過去を責めても、悩んでも 状況は変わりません。

だったら少しでも良い方向でものごとをとらえ、不足ではなく充足に目を向けたいですね。

心が変われば体が変わります。

心が喜べば細胞も喜びます。

気付いたときが、大きなチャンスです。

気付けたことに感謝して、前向きに取り組んでいかれることを願っております。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

細胞分裂を抑えるミトコンドリアを増やすには

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方・・・・・・  がんと自癒研究所

私たちの体は、エネルギーを作るために、2つのシステムを使い分けています。

この2つのシステムを、年齢、生き方によって使い分けることで健康が保たれています。

またガンなおしにおいては、鍵となります。

あなたはどちらのシステムを主に使っているのでしょうか・・・

低体温でも糖質から素早くエネルギーを作り出す、酸素を必要としない【解糖系】のシステム

このシステムは、しっかり食べて活力を確保し、成長する子ども時代に必要なシステムです。

解糖系は、瞬発力と細胞の分裂が活発なのが特徴です。

もうひとつは

深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作り出す、体温と酸素を必要する【ミトコンドリア系】のシステム

分裂抑制遺伝子を働かせ、成長をとめ、細胞分裂を抑えます。

また、持久力に適しているのが特徴です。

ミトコンドリア系は、カルシウムの貯蔵やアポトーシス(細胞の自殺)の制御などの役割も担っています。

ですから、ミトコンドリア系の機能が低下すると、病気や怪我がなおりにくくなります。

これらを見ても、ガンなおしには、ミトコンドリア系のシステムを働かすことが重要であることがよくわかりますね。

お母さんのお腹の中にいる胎児は、解糖系を優位にしっかりと働かせ、細胞分裂と増殖を繰り返し、成長していきます。

生まれくると、酸素を取り入れることで、ミトコンドリアが増えてきます。

成人に近づくにつれ、どんどんミトコンドリアが増え、細胞分裂の抑制が働き、成長がストップします。

そして、年齢と共に瞬発力派の解糖系優位から、持久力派のミトコンドリア系に移行していきます。

歳をとっても、若い時と変わらない様にたくさん食べていると、解糖系のシステムが優位のままになります。

解糖系は、細胞分裂をします。

ガンを気にする年齢になると、細胞分裂を抑制するミトコンドリア系のシステムを優位にすることが非常に重要になってきます。

この2つのシステムがバランスを取りながら私達は生きています。

私のバランスを摂るコツ
がんと自然治癒研究所推奨発酵食品はこちらから

1つに細胞の中に、ミトコンドリアは数百個から数千個存在すると言われています。

体温が高い臓器、例えば肝臓、心臓、また、脳にはミトコンドリアが多く存在すると言われ、体温が高いほど働きが良くなります。

年齢と共にさまざまな病気が起きてきます。

これは、ミトコンドリアが上手く働いていないということです。

ガン細胞のなかは、ミトコンドリアの数は少なく、機能が低下していることは知られています。

私たちのなかでつくられる酵素がミトコンドリアに働きかけています。

ミトコンドリアに働きかける貴重な酵素を無駄につかわないためにも、少食を心がける必要がありますね。

ミトコンドリアがしっかりと働いてくれる自分でいますか?

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271
がんと自然治癒研究所

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ