がん細胞は自分次第で変化する

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ガンが見つかり、強いストレスを受けます。

転移と聞いて、さらに強いストレスを感じます。

ガンは、私たちにとって、死の病気だと潜在能力にしっかりと刻み込まれているからです。

ストレス⊳甘いもの⊳がんの道はこちらから

テレビなどの報道で、ガンであることを告白した有名人は、抗ガン剤でやつれ切ってしまい、以前の姿は見る影もない・・・

そして、訃報

これを見ると、元気な人でもガンに対する恐怖は増すでしょう。

ましてや、現在、ガンである人は言葉で言い表せない恐怖に落とされる人もいるでしょう。

このようなストレスは、ガンを急激に大きくしてしまいます。

自律神経を乱してしまうストレスは、体温も下がり、呼吸も浅くなり、ガンが増殖する環境をつくってしまいます。

がんと心は繋がっているはこちらから

たった1日で、大豆ほどの大きさになることもあると言われています。

この逆もあります。

囚われ、ストレスから解放されると、ガンが一気に退縮することもあります。

よく考えてみると、不思議ではないと思いませんか?

どんな人でも、ガン細胞は、数千個から数万個も毎日生まれ続けています。

特に、血行が悪くなっている場所に、ガンはできやすくなります。

しかし、ガン細胞は、誰しもが持っているのですから、検査をしてガンが発見されても、驚くことではないのです。

事故などで、解剖をすると、あちこちにガンがある方が結構いるそうです。

知らずに元気に過ごしていたわけです。

知らないところで、ガンは出たり、退縮したりを繰り返しています。

元気だと思っている人も、ガンが出来ている可能性は充分ありますね。

ガンでなくても、これを機に生活や心の持ち方を見直してみませんか?

ガンは恐れてはいけません。

恐れれば恐れるだけ、心と体にストレスを与えます。

ガンなおしは、恐れを手放すことから始まります。

人間には、自然治癒力が備わっています。

自然治癒力を上げるはこちらから

誰にでも、治る力があるということです。

その治癒力を活性化するか、しないかは自分次第です。

生命は、神秘と奇跡の力を秘めています。

私もガンになるまでは、病気になれば病院で治してもうのが当たり前と思い込んでいたわけです。

いわゆる洗脳というものです。

ですが、同じようにガンになり、病院で手術、抗ガン剤、放射線の治療を受け、亡くなっていった友人をみて、疑問を感じました。

その直後にも、また知人が治療の甲斐もなく、亡くなりました。

そこで私もやっと目が覚めました。

常識を覆さなければ、ガンはなおらないと・・・

自然の摂理、そして頂いた生命について、よく考えてみると、自分の体に申し訳ないことをしてきた、と心の底から思いました。

大切な命が失われる前に、どうか気付かれますことをせつに願っています。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん治療の選択・自分で決める

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

がんを告知された人、またその家族

混乱が起きます。

なぜなら、がんで死ぬかもしれないという恐怖心が出てくるからです。

転移を最も恐れ、一刻も早くと治療を急いでしまいます。

昨日まで健康な人と変わらぬ生活をしてきたのに、がんが見つかった途端、恐怖心や不安から病人になってしまいます。

そうなると病院任せになってしまうのです。

つい数日前まで元気だった人が手術や抗がん剤治療をしたことで、一気に弱り生気を失ってしまうことも少なくないですね。

そして病院に言われるまま治療をしたら、あっという間に転移をして、さらには体力も激減し、心身ともに弱り切ってしまった・・・と泣きながら相談される方も多くいらっしゃいます。

三大療法一辺倒からの変化はこちらから

病院に押し付けられた、断れなかった、あまりにも急で言われるがままだった・・・とあとになって後悔をされる・・・

悔しくつらい気持ちはよくわかります。

しかし、自分が選んだ結果です。

たとえ悪い結果が出ていても、自分で充分考え、納得して選択したことであるなら、ここまで気持ちが乱れることはないでしょう・・・

がんという病で、自分自身の気持ちを支えていくには、すべてを自分で決めることが大切です。

手術、抗がん剤、放射線といった三大療法を選択するのか、しないのか

ここがまず分かれ道となります。

しかし、実際は選択どころか、がんを治す方法は病院での三大療法しかないと思っている人がほとんどです。

ある日、突然がんが見つかり、何も方法を知らなければ、あれよあれよのうちに治療が開始されます。

恐怖と不安で、冷静に考えることが出来なくなってしまうのです。

恐怖や不安からくる焦りに惑わされず、冷静に選択するには、がんを他人ごとと考えず、がんの仕組みや治療の選択を勉強し、家族と話しておくことは大切ですね。

私の毎日の愛用品はこちらから

そして、恐怖や不安があるからこそ、立ち止まってみることが大事であると、いち早く気付いて頂きたいと思います。

がんを治せるのは、自分だけです。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身でしっかりとお選び下さい。)

がん治しはまず心の毒出しから

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ガンが原因で、鬱になった。

鬱が原因で、ガンになった。

いずれにせよ、心の病に苦しんでいらっしゃる方が多き時代です。

抗ガン剤は、拒否しているのに、抗うつ剤、睡眠導入剤は使っている。

心当たりがある方もいらっしゃるでしょう。

抗うつ剤は、自殺リスクが10倍に激増。 他殺や暴力衝動も増え、犯罪多発の元凶にもなっている (船瀬俊介氏)

鬱になると、ガンのリスクが高くなると心配になり、不安が増し、CT検査などを受けたくなる傾向があるようです。

すると、今度はCT被曝による発ガンが心配になってくるという、まさに負のスパイラルになります。

それもそうです。

日本人のガンの1割はCT検診のX線被ばくで発ガンしている (近藤誠医師)

1割とは、恐るべき確率

自分でガンをつくっているということです。

抗うつ剤、睡眠導入剤も同じです。

薬は、体温を下げ、ガンが出来やすい環境をつくります。

生命の根源はこちらから

そうでなくても、心が苦しいと、交感神経が優位にな血流も悪く、体温が下がりがちです。

また、薬の副作用による、新たな不調も起き、さらに薬を必要とします。

なにか、矛盾していると思いませんか?

鬱は、薬でなおせません。

薬は、症状をぼかしているだけです。

根本をなおさない限り、良くなることはないでしょう。

鬱とまでは、いかないにしても、ストレスが強い方

ストレスをつくるのも軽減するのも、自分次第です。

がんと心は繋がっているはこちらから

昔、ガンといえば、極度な肉体的疲労が原因で起きていた病気です。

今は、精神的ストレスからガンになっています。

ガンになる前の自分を振り返ってみると、よく分かります。

感謝があったか、愛の思考があったか・・・

不平不満、愚痴、傲慢さ、頑固さ、妬みや恨み、不安

そんな思考で、心の毒がたくさんです。

その思考を取り除くには、心の持ち方を変える、ものごとの捉え方を変えるしかありません。

私のがん体験・がんに感謝してはこちらから

自分を変えたければ、心の毒を素直に認めること

心の毒を排出しなければ、ガンはなおりません。

また再発転移を繰り返します。

これを機に、少し自分を振り返ってみませんか?

自分を素直に振り返ることが出来る人は、新たな価値観を構築できる人です。

ガンなおしには、新たな価値観の構築が必要

心の毒を素直に認めることで、その意味がわかる時がきます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

生理痛、おりもの、尿もれは子宮の冷え

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

生理痛で悩む女性がとても多くなっています。

生理痛だけでなく、大量のおりもの、若い女性の尿漏れ・・・

生理用品などなかった昔の女性は、月経を自分でコントロールしていたそうです。

腟に小さく丸めた綿をつめ、下半身をぎゅっと締めることで月経血が流れ出ないようコントロールすることができたと言われます。

勿論この綿は月経血を吸収させる現代のタンポンのような役目ではなく、月経血が流れ出ないための栓の代わりだそうです。

今の女性は便利な生理用品があり、月経血をコントロールする必要もないために、尿道、膣、肛門にかけての筋肉が緩んでしまっているのです。

筋肉が少ないと冷えを起こします。

がんを治す・体温と冷えはこちらから

子宮の冷えは、生理痛だけでなく、がんなどの病気を起こしやすくします。

また、おりものも食品添加物など、化学物質によって増えてきています。

不快なおりものには、おりものシートなどの生理用品を使います。

実はこの市販の生理用品こそが、化学物質でつくられているものがほとんどで、経皮毒によって多くの女性が子宮を冷やし、免疫を弱くしてしまっているのです。

おりものが多いと感じたら、添加物など、食生活も見直してみることをおススメします。

生理痛や尿漏れは子宮が冷えているかもしれません。

また筋肉が低下しているかもしれません。

これらが若い女性のがんを引き起こす原因になっていることを知り、改善して頂きたいと切に願っています。

がんを引き起こす原因の改善にはこちらから

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身でしっかりとお選び下さい。)

土と太陽のエネルギーを浴びた野菜を食べる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

『水耕栽培』の野菜や果物

水耕栽培と聞くと、清潔でお上品な野菜や果物というイメージがあるようです

実際、土に触れていないネギやイチゴは本当に綺麗です。

水耕栽培とは、字のごとく、栄養分を溶かしている液の中に野菜の根を置き育てています。

この栄養の液体が非常に問題な部分です。

この液のなかには、化学肥料やホルモン剤など成長を促す薬品がたくさん入っています。

それもそのはず・・・

本来は栄養の源となるはずの土を使わない、陽が当てないハウスでつくる訳ですから当然、成長を促してやるためのホルモン剤が必要になってきます。

確かに綺麗に育っている野菜や果物ですが、自然に反して育てた野菜が体に良いとは思えませんね

やはり、土にしっかりと根を生やし、太陽のエネルギーをしっかり浴びて育った野菜や果物を食べたいですね

清潔さや見た目に誘惑され、その代わりに薬品が体内に入ってきていることを忘れてしまいがちです。

何が大切なのか考えてみたいですね

自然農法の野菜が安心ですね

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

自然の摂理に従ってがん治し

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

自然療法を選んで私のところに相談のお電話を下さる方

ほとんどの方が女性です。

自然の摂理に反して生きてきたことに気付き、気付かせてくれたガンに感謝が出来る自分になることから始まります。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

ガンと闘わず、ガンを癒す

ガン細胞も自分の体の一部です。

ガンも自分の大事な細胞の一部ですから、切り取ったり、焼いたり、毒を与えたりすると、自分の体を痛めつけていることになります。

心や体に負担をかけてきた、今までの不自然な生き方がもたらした結果

それが、ガンです。

だから、不自然な生き方を見直すことが、ガンなおしなのです。

がんに感謝・自分と向き合うはこちらから

男性は、男性ならではの生き方

性は、女性ならではの生き方

男性は、凛々しさや逞しさ

女性は、美しさや柔らかさ

これが自然な生き方です。

戦い抜いて勝ち負けをはっきりさせることは、本来女性には向かない生き方です。

女性が社会にどんどん進出している現代

女性が社会で、一生懸命働き、キラキラ輝くことは本当にすばらしいですね。

そんな中でも、女性ならではの生き方を上手に生かしている人こそが、厳しい社会の中でも長期的に生き残っています。

これが自然の摂理に則っている女性の上手な生き方です。

ガン療法においてもそうですね。

女性であるから、美しくいたい、柔らかくいたい

だから、女性は、ガンと闘うのではなく、ガンを癒すということが受け入れやすいのです。

とは言え、ご相談くださる方が最初からこの考えだったわけではありません。

当たり前に、三大療法を受けてきた結果、再発転移の壁にぶつかり、疑問を持ったり、気付いたりして、お電話を下さる方が大半です。

自分の大切な細胞であるガンを薬剤でさんざん攻撃してきたことも、不自然な生き方のひとつであったと後悔されています。

がんの療法は自分で決めるはこちらから

しかし、実はこのような生き方、考え、療法があることさえ知らなかったと言われる方がほとんどですね。

無知は恐ろしいことです。

知ったことを柔軟に自分の中に落とせるのも女性ならではの特徴です。

女性ならではの生き方を、ぜひガンなおしにも生かしてほしいと切に願っています。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

有精卵と無精卵

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

『雌鶏20羽に対して、雄鶏1羽以上を、平飼い、または、放し飼いなどで自然交配可能な環境で採卵されたもの』

これが、有精卵の定義だそうです。

有精卵と無精卵は、栄養学的に分析しても、ほとんど変わりません。

しかし、栄養学的に同じであっても生命エネルギーは、全く別物です。

温めると、有精卵には、生命がみなぎります。

一方の無精卵は、腐ってしまいます。

当然ですが、20℃以上の常温で有精卵を置いていると、親鶏に抱卵されているのに近い状態となります。

36以上になると、有精卵はどんどん細胞分裂していきます。

これが、生命エネルギーですね

昔は、病気の人のお見舞いには、有精卵を持って行っていたと聞いたことがあります。

つまり、弱っている人が食べるものが有精卵ですね。

私たちの日々の生活のなかで、一般的に出回っているのは、無精卵です。

無精卵は、生命エネルギーがない、人間が機械的に生ませた卵です。

不自然な環境下で生まれた卵は、とても体によいと思えません。

卵は、本当に完全食品と言えるのでしょうか・・・

卵は、アトピーやアレルギーの原因にもなります。

卵は、必要以上に食べない方がいいですね

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

プロポリスとは?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

プロポリスって聞いた事あるけど、ローヤルゼリーのことですか!?

とよく聞かれます。

全く別のものです

プロポリスとは、ハチの巣の入り口の部分です。

ミツバチが樹液を摂りに行き、自らの酵素と混ぜ合わせたものを巣の入り口に塗ったものがプロポリスです。

ミツバチは、外敵の侵入を防ぐために巣の入り口にプロポリスを塗ります。

こうすることで、巣のなかを、ほぼ無菌状態にして、生命を守っています。

クレオパトラが老化防止のために愛したと言われるプロポリス

また、古代エジプトでは、ミイラの腐敗を防ぐために使われてきました。

私のこだわりは、ミツバチが採取する樹液がオーガニックであること

なので、私はブラジルのユーカリを起源植物としたプロポリスにこだわっています。

私の愛用品はこちらから

蜂粋ゴールドプロポリスの一番多いファンは

ガンの方

続いて肝炎、糖尿病、アレルギー

こんな方に愛されていますはこちらから

加工工程は、また詳しくお伝えしますね

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん細胞を阿弥陀様のように思うこと

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

現代医学は、ガン細胞のことを、外界から入ってきたエイリアンのようにせん滅し叩き潰す思想です。

ガン細胞は自分の体の弱い部分よりももっと弱い細胞なんだから、自分の意思によって統制できるものなのです。

自分の体に入ったガン細胞は、阿弥陀様かエンジェルと考えれば、とてもおとなしくなります。

自分の敵にするのではなく、「味方」と考えればとても扱いやすくなると思います。

そういうやりかたで、多くの人が治っています。

以上 船瀬俊介氏ご著書 奇先生のお言葉を引用
 

素晴らしいお言葉だと思いませんか?

私は、ガンは阿弥陀様であり、自分の分身だと考えています。

自分の分身を攻撃したり、切り取ったりしたい人なんていません。

分身であるから、大切にしたいと考えます。

分身だけを治そうとしても、必ず無理がきます。

大元の体が汚れている状態では、また分身が汚れて苦しむことは目に見えています。

まずは、大元である自分の体からなおしていくことが先ですね。

大元の体が浄化されれば、分身もキレイになります。

大元の体が浄化されれば阿弥陀様も喜ばれます。

体を温めること

体が喜ぶ日本古来の食事をすること

体を癒す心を持つこと

体を冷やす生き方をしていませんか?

日本人の体に合わない食事をしていませんか?

不平不満、愚痴、恨み、悪口で心と体を苦しめる生き方をしていませんか?

血液がすべて生まれ変わるのに約90日

骨まで生まれ変わるのには約3年かかると言われます。

これを証明するかのように、韓国では

「病気になれば100日は熱心に自分を精進すれば治る」

と言われているそうです。

阿弥陀様は、必ず見ていらっしゃいます。

自分を信じて、精進することです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

筋トレでホルモン分泌

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・・・ がんと自然治癒研究所

筋肉から活性ホルモンがたくさん分泌されていることご存知ですか!?

その種類は、100種類のも及ぶそうです

活性ホルモンは、年齢と共にどんどん減ってきます。

活性ホルモンは、代謝を良くしたり、骨を丈夫にしたり、皮下組織の水分の含油量を高めるなどの作用があります。

また、ホルモンの中には、血液中の糖分を排除し、血糖値を下げる役目があるものもあります。

これらのホルモンは、ゆっくりとした筋肉運動をすることで、しっかりと分泌されるようになります。

スクワットやウオーキングなど、特に下半身を鍛える運動がいいですね!

足には大きい筋肉があるため、ホルモンの分泌が期待できますよ。

ガン治しにも下半身を鍛えることは有効ですね。

がん三大療法(手術、抗がん剤、放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒研究所
☎084-925-1271

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんを治す生き方・がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任で判断ください)