正常細胞を破壊しないために

ガンになったら抗ガン剤治療をするか、しないか・・・

放射線治療をするか、しないか・・・

人間の体には、ガンに対する攻撃力、つまり自然治癒力があることを知らなければ、抗ガン剤、放射線といった治療を選ぶでしょう。

選ぶというよりも、これしかないと思っていれば当然かもしれません。

しかし、これらの治療を提供する医師たちは自分がガンになったとき、家族がガンになったとき、抗ガン剤治療は受けないと言われる方がほとんどです。

抗ガン剤の怖さをよく知っている医師たちですから、この選択は当然かもしれません。

抗ガン剤は、正常細胞も殺してしまう細胞毒と言われています。

ガン細胞も正常細胞も、あまり区別が出来ないようです。

特に成長が早い細胞は、ガン細胞との区別がつきにくくなります。

成長が早い細胞とは、増殖が活発な細胞であり、まずは血液細胞です。

そして、消化器細胞、毛根細胞です。

抗ガン剤を投与すると、脊髄の造血幹細胞が抗ガン剤の毒性によってダメージを受け、白血球など血液細胞が正常につくられにくくなります。

白血球、血小板の減少、倦怠感、不整脈、嘔吐、脱毛、肝機能障害、腎機能障害・・・などの症状がでます。

そもそもガンになる人は、白血球のなかのリンパ球が少ないわけです。

そこに抗ガン剤をすれば、さらにリンパ球は減少します。

リンパ球が減少すれば、ガン細胞と闘ってくれる細胞も減少するのです。

結果、ガン細胞が増殖しやすい環境を自らつくってしまっているのです。

抗ガン剤でガンは無くなったけれど、1、2年後また再発した、転移したというのは特に不思議なことではないのです。

ガンは消えても、同時に免疫力も無くなっていますから・・・

それだけでなく、抗ガン剤によって大量の活性酸素が生まれ、組織を広範囲に壊れてしまう

正常な細胞も破壊してしまった結果、自己治癒力も働かなくなり、感染症などを起こし亡くなる方も少なくないのです。

ガン細胞を攻撃するということは、自分の体を攻撃しているのと同じ

ガン細胞を攻撃するのではなく、正常細胞の戻してあげること

自己治癒力を上げることに目を向けると、自分の体を労わってあげることに自然と繋がります。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

ストレスと砂糖でがんを増殖させる

ストレスや疲れを感じるとつい食べたくなるのが甘いもの

体内にあるガン細胞は、糖を栄養として増殖します。

つまり、砂糖はガンのエサになり、ガンを元気にさせてしまいます。

このガンの性質を上手に活用しているのがPET検査です。

ぶどう糖がぐっと引き寄せられた場所がガンです。

ガンは糖が大好きですから・・・

ガンになっても、砂糖たっぷりのお菓子を食べていませんか?

つらい治療のご褒美に・・・といって甘いスイーツを食べる姿を見かけます。

せっかく頑張っても、自らガン細胞にエサを与えて活発にさせています。

いつまでたってもなおらないわけです。

そして、砂糖は血液をドロドロにして血流を悪くします。

血流が悪くなると低体温を招き、ガンが増殖しやすい状況をつくってしまいます。

砂糖はガン細胞のエサになるだけでなく、大切な正常な細胞を破壊させやすくします。

それによって免疫を低下させ、細菌感染やアレルギーなども引き起こしやすくなります。

甘いものを食べれば気持ちが落ち着くのは、砂糖の持つ依存性です。

砂糖を摂れば摂るだけ、糖分が無ければ落ち着かない心と体になっていきます。

砂糖でガン細胞を増殖させガンになり、ストレスで甘いものを食べ、またガンを増殖させる

まさに負のスパイラルに陥りやすくなります。

どうやったらストレスを回避できるのか・・・

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

放射能と増え続けるがん

放射能によるガンが心配されています。

放射能と言えば、甲状腺ガン、白血病と思いがちですが、リンパ腫や乳ガンなど、また精神病にも影響をもたらすと言われています。

原発事故以降、発表された急性白血病は、7000件から16000件までこの数年間で跳ね上がっています。

放射能は5年後から急激に病気を増やすことがわかっています。

今がその時期に入ってきているのではないでしょうか・・・

特に、茨城、千葉、東京、埼玉からのお問い合わせやご相談がこの1年間で急激に増えています。

目に見えない放射能を甘くみると取り返しのつかないことになります。

低線量が実は一番怖ろしいことも知らず、毎日、浴び続けているわけです。

また、放射能は怖いといいながらも、検診で自ら放射線を浴び、ガンになれば放射線治療を受ける・・・

不思議な話ですが、日本のガンの1割が放射線の検査による発ガンであろうと言われています。

ガンを防ぐには、自ら体内に放射能を入れないこと

入ってしまった放射能はできる限り体外へ出すこと

このような努力が絶対に必要です。

放射能問題は他人ごとと思っていませんか?

放射能を除去出来るのは、抗酸化物質です。

生味噌などの抗酸化食品を毎日摂られることをおススメします。

また、お仕事の都合などで毎日摂ることが出来ない人は、健康食品など有効に活用されることをおススメします。

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

自分の体は自分で守るしかありません。

子どもたちの体を守ってあげれるのは親しかありません。

関東でもこれからガン発症が急激に増えることは予測されています。

食事など気をつけ、積極的に予防されることが大切です。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

抗がん剤は耐性をつくる

ガン患者さんの多くの方が恐れているもの

それは再発・転移です。

ガンが見つかった後、治療に専念します。

では予防はどうでしょう・・・

再発・転移をする人は、予防ということをしていない人がほとんどです。

再発・転移という言葉に説得されていませんか?

再発でもなく、転移でもなく、新しいガンだとしたら、また同じことをしてしまったと後悔するでしょう・・・

病院は治療の場であり、予防は放置になります。

今までと変わらぬ生き方では、同じことを繰り返して当然なのです。

手術、抗ガン剤、放射線は、対症療法、つまり応急処置なのです。

だから多くの場合、再発・転移をしてしまうのです。

一時は治ったようにみえても、病気の原因がある限り、ガンはまた増殖し再発します。

手術、薬剤、放射線も血液を汚し新たな病気をつくる原因のひとつです。

一生懸命つらい治療を受け、結局1年後、2年後、3年後、再発・転移を繰り返し、自分の免疫でなおすしかないとやっと気付く方も少なくありません。

大切なことは気付いた後、原因を取り除くために、常識というものから抜け出すことが出来るかどうかです。

抗ガン剤が100日で耐性をつくることはずっと前からわかっていること

100日を過ぎれば、ガンはじわじわと勢力を増して暴れ出します。

反抗ガン剤遺伝子(アンチ・ドラック・ジーンADG)

本当のの意味でのガン細胞の攻撃が始まるのです。

攻撃すれば、攻撃される

ブーメランとなって自分に返ってくる

ガンの世界でも同じではないでしょうか・・・

私たち人間には、ガンをアポトーシス(細胞の自殺)に導く自然治癒力が備わっています。

どんな人でもガン細胞は毎日数千~数万個うまれていると言われ、自己治癒力、つまり免疫によってガン細胞を自然治癒させ、健康を維持しています。

免疫が低下したとき、ガン細胞が抑えられなくなり発症します。

だから、ガンを治癒させるには自分の免疫を高めるしかないのです。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんが治る人は統計の確率に振り回されない

なおる確率・なおる可能性

ガンの方からご相談を受けてよく言われる言葉です。

誰にでもあり、誰にもないのが可能性なのです。

確率や可能性を求めている間は、なおらないであろう・・・ということは言えます。

90%の生存率と言われても、10人中1人の人間は亡くなっているわけです。

5%の生存率と言われても、10年以上元気に生きている人はいるのです。

自分がどちらに当てはまるかなど、誰がわかるのでしょう。

誰にもわかりません。

大切なことは、確率や可能性ではなく、自分が実践するか、しないか

即座に取り組めるかどうかです。

ガンをなおす人は、確率や可能性など気にしません。

悩む暇もなく、実践を続けます。

覚悟をもって取り組む人は、自分でなおる可能性をあげていくのです。

だから、他人の統計に振り回されることなどないのです。

なぜなら、この統計のなかには、何も取り組んでいない人、実践していない人も多く含まれているのですから・・・

ガンは孤独との闘いです。

自分対自分

ガンなおしは、忍耐力を鍛える修行であると私は思います。

この厳しい修行の中に、小さな喜びをたくさん見つけ、豊かな人生をつくりだすことが出来るのです。

統計的な確率は、何%であっても同じ

なぜなら、確率を変えるのは自分自身だからです。

生存率5%であっても、なおした人にとっては100%になるわけです。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください)

アメリカと日本のがんの原因の違い

アメリカではガンによる死亡率が1990年代から減少しています。

それなのに、日本はガンで亡くなる人があとを絶たないのはなぜでしょう・・・

ガンの原因はさまざまなことがありますが、日本とアメリカにおいてのガンの原因の違いは容易に推測されます。

日本は、安全な国と思っている人が多いようですが、大きな勘違いです。

農薬使用量、電磁波認可、CTやMRIの使用率、添加物認可数(特にトランス脂肪酸の管理状況)
の多さはアメリカと比べものになりません。

薬の使用量も世界的にみても非常に多い国です。

これらを知り、生活の基本的なことから変えていかない限り、日本はガンが減ることはないでしょう。

お菓子や菓子パンを普通に食べて育った世代

日本のスーパーでは、普通に販売されているマーガリン

このマーガリンが与える体への影響は怖ろしいものです。

ガンになっても、まだマーガリンを摂っていませんか?

~ 以下 船瀬俊介氏 新医学宣言より抜粋 ~

マーガリンは食べてはいけません。

『欠陥油』トランス脂肪酸を大量に含むからです。

アメリカ国内には、すでにマーガリンは存在しません。

なぜならトランス脂肪酸自体が、2014年から全面禁止されているからです。

しかし、日本では依然として野放しです。

トランス脂肪酸は、別名『狂った油』 または『キラー・オイル』(殺人油)と呼ばれます。

その毒性は、心筋梗塞、狭心症、流産、さらに、気管支ぜんそく、アトピー皮膚炎などアレルギー疾患を起こします。

さらに、胎児の体重減少、死産なども警告。

過剰摂取で悪玉コレステロールを増やし、善玉を減らす。

そのため動脈硬化を悪化させ、心臓病リスクを高めるのです。

さらに、認知症、パーキンソン病のリスクを高めるという報告も。

さらに高血圧、糖尿病を引き起こすなど、『万病のもと』と断罪する研究者もいます。

つまり、血液を汚す 恐るべきトランス脂肪酸なのです。

ガンは血液の汚れから起きる病気です。

日本では、体に悪い影響を与える可能性がある添加物、農薬が多く認められていること

また、許可された使用量も多いことを、知ることは大切ですね。

アメリカは、トランス脂肪酸に限らず、日本より添加物、農薬の規制が厳しくなっています。

そして、健康管理にサプリメントや健康食品を摂ることも国をあげてすすめています。

ガン治療においても、代替療法が普通に取り入れられている国です。

これらによって、アメリカのガン死亡率が減少しているのです。

良いところは、見習い取り入れていくべきですね。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください。)

末期がんであっても元気に暮らせる人

抗ガン剤、手術といった治療を一生懸命してきた乳ガンの方

手術でガンはすべて取り除いたと医師から説明があったあと、念のためにと、抗ガン剤治療をすすめられたそうです。

手術で体力が落ちていたにも関わらず、抗ガン剤が開始されました。

抗ガン剤治療終了から半年後、再発が見つかりました。

さらに抗ガン剤治療を受けたそうですが、3ヶ月後、肝臓に転移が見つかったそうです。

本当にガンは手術ですべて取り除けるのでしょうか・・・疑問です。

私たちの体はすべて繋がっているのですから、ガン細胞は全身のどこに流れ、どこに住み着いているかはわかりません。

ガンが見つかってから1年後、彼女は余命宣告を受け、抗ガン剤の怖ろしいリスク、そして、抗ガン剤ではガンがなおせないことに気付いたそうです。

逆に、乳ガン末期で見つかった方

医師からは、どの治療も効果は期待できないといわれ、治療はせず、自分でなおす決心をしたそうです。

1日3回の入浴と、早朝の散歩、そして健康食品1種類だけ摂ると決め、あとは心の寂しさ、孤独感を埋めるため、清掃ボランティアをされています。

今も変わらぬ生活をされ、3年が過ぎています。

しこりは小さくなり、特に具合が悪いところもなく、健康な人と変わらない生活をされています。

この違いは何でしょう・・・

生きたいという思いは同じです。

他人になおしてもらうのか、自分でなおすのか、意識の違いです。

ガンの名医は自分自身です

そして末期で病院からも見放された彼女は、ガンに対する執着を手放し、人のために生き、天に委ねたところでしょう・・・

執着を持つとガンに対する恐怖心や不安は強くなります。

恐怖心や不安は、ガンを悪化させるだけ

ガンの原因の多くは、心にあり

他人に委ねるのではなく、自分を信じてみませんか・・・

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

体温を上げて摂ったものを必要な栄養素に変換させる

私たちは、解糖系とミトコンドリア系、2つのエネルギー生成システムを使って生きています。

ミトコンドリアが増えると、細胞分裂が抑えられ、持久力が発揮できるようになり、効率の良いエネルギー生成が出来ます。

ミトコンドリアは高い体温を必要とします。

ミトコンドリアは、栄養成分を変換することができます。

体温が高い人は、偏った食事であっても必要な栄養成分に変換することができるのです。

糖からでも脂肪酸や必須アミノ酸に変えていくことができます。

草食動物がよい例です。

決まった草しか食べないのにしっかりとした栄養素を体にとり込むことができるのは、体温が高いからです。

まさに偏った食事ですが、摂ったものを自ら必要な栄養に変換することができているからです。

同じように偏った食事を低体温の人がするとどうでしょう・・・

必須アミノ酸欠乏になり、単純に栄養失調になってしまいます。

このように体温がどれだけ大切かということがよくわかります。

体温が低い人は、まずは外から体を温めること

そして、自ら熱を発する体づくりをすることです。

そして、偏らない食事を人一倍、心がけることです。

私も以前は低体温でしたが、短期間で36℃台後半まで上げることができました。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんなのに感染症で亡くなる??

ガンは怖い病気ではありません。

しかし、ガンは死ぬ怖ろしい病気だと潜在意識のなかに刻み込まれています。

治療の甲斐なく亡くなる方が後を絶たない限り、ガンのイメージはなかなか変わらないのが現状です。

実は、ガンそのものが直接的な死因になっている人は、実は全体の2割でしかない

8割の人は、ガンではなく何で亡くなっていっているのか・・・

それは、免疫低下による感染症です。

なぜ免疫を落とすのか・・・

それは、抗ガン剤など薬による副作用からです。

きつい治療を繰り返すうちに体力が無くなり、通常なら免疫で払いのけることが出来るはずの菌に簡単に感染してしまい、肺炎などで命を落としていくのです。

抗ガン剤で、ガンが小さくなっても、体力が無くなり、命を落としたのでは何の意味もありません。

しかし、これが現実なのです。

そうかと思えば、余命宣告から元気に復活される方もいます。

克服した人は、免疫力に注目しています。

免疫力を落とすような治療は避け、何より自分の免疫力は、ガンに負けないという自信を持っています。

最初からそうであれば、もちろんガンになってないはず

彼らは気付き、免疫力の強化に全身全霊を注いでいるわけです。

不安を思う暇もないくらい、覚悟を持って自助努力に励んでいます。

だから、ガンを自然治癒させる自信が出てくるのです。

ガンは、人任せではなおらない

自分の免疫次第なのです。

くすりが自然治癒力を低下させる

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

生理痛とがんの関係

増える若年層のガン

20代、30代の子宮頸ガンが増えているように思います。

その多くに共通する点

生理痛がひどく、生理の時は鎮痛剤が手放せないとのこと

なぜ鎮痛剤を必要とするほどの生理痛が起きているのでしょう・・・

その原因を解かずして痛みだけを抑え込んでいても何の解決にもなりません。

体の冷え ・ 食生活の乱れ(特にジャンクフードや欧米食)・ 不規則な睡眠時間 ・ 経皮毒(生理用品やシャンプー) など・・

なにかしらの原因が必ずあります。

原因を無視したまま、鎮痛剤を飲み続ける

鎮痛剤は体温を下げ、血液を汚します。

これが、ガンをつくる原因です。

そこに加え、体温を下げてしまう生理用品を使っていませんか?

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのものです。

この生理用品で子宮を冷やしている可能性があります。

生理用品は、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

女性の子宮は、袋状の臓器であり、とても冷えやすい場所でもあるので、要注意ですね。

さらに・・・多くの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

膣は、最も経皮毒を吸収しやすい場所です。

特に毎日使うおりものシートは、気を付けたいものです。

これら経皮毒や冷えは、女性の生理不順や生理痛、不妊、そしてガンにも大きく関係しています。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)