がん細胞は抗がん剤により耐性を獲得する

がんが治るには・がんが治る生き方を・・・・・

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない生き方

この方が初めてお電話を下さったのは、

確か、去年の1月下旬か2月の始めだったように記憶しています。

卵巣ガンの彼女は、化学療法をするか、それとも自然療法をするか悩んでいました。

抗ガン剤の毒性、副作用、二次発ガンの危険性、感染症についてお話をした記憶があります。

また、真逆の療法である自然療法の現状、自分でなおすということは、自分が責任を持たなくてはならないこと、意識を変えなくてはならないこと、についても話しました。

そして、抗酸化物質の必要性についても話しました。

私の愛用品はこちらから

化学療法をするなら、なおさら抗酸化物質は必要であることもお伝えしたのですが、それ以降、彼女からの連絡は無いままでした。

化学療法を選ばれたのだろうと思っていました。

その卵巣ガンの彼女から、半年ぶりに連絡がありました。

再発したそうです。

やはり彼女は、一切を病院にゆだね、抗ガン剤を受けてきたそうです。

しかも、肝臓、肺にも怪しげな影が出来ているとか・・・

抗がん剤の副作用の悩みはこちらから

自分がバカだった、抗ガン剤に騙されました、と電話の向こうで悲鳴にも言える声で泣いていました。

抗ガン剤治療をし、一時的にガンは小さくなったようです。

しかし、その後、ガンは確実に動き出したようです。

しかも、ガンは勢いを増しています。

なぜなら、抗ガン剤には耐性があるからです。

以前、彼女にも説明をしたのですが、信じていなかったのでしょうね。

そこは残念ですが、感染症を起こさなかっただけでもまだマシです。

白血球が2000を切りかけている彼女

感染症を起こしていたら、再発どころか、命すら守れません。

本当に気付いて良かったです。

ガン細胞は抗ガン剤により、約100日ほどで耐性を獲得してしまいます。

『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』

1985年にアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長がこれに気付き 『抗ガン剤は無力である』 とこを米議会で発表しています。

抗がん剤を投与すると、一部の人には腫瘍縮小がみられます。

しかし、ガン細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗ガン剤の毒性に耐性を獲得してしまうことは、周知の事実です。

ですが、日本では知らない人も多いのも事実です。

彼女は、感染症を起こす前に気付き、本当に良かったと思います。

人の体は、石油か入ると必ず嫌がります。

なおすのは人や物ではなく、自分の信念と自然界の力です。

選ぶのもの自分

責任も自分です。

これから、彼女がどのように変化していくのか・・・

ガンに感謝できるよう、しっかりと体の声が聞こえるようになるよう、そして生きる意味を知り、1日1日を大切にできるようサポートしていきたいと思っています。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん三大療法(手術、抗がん剤・放射線)だけに頼らない・がんが治る生き方・塚本みづほ

同じがんでも逆さの療法

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

今やガンの療法も変りつつあります。

アメリカでは、半数以上の人が、鍼灸、カイロ、ヒーリング、健康食品などの代替医療を取り入れています。

私の愛用品はこちらから

さまざまな療法を取り入れたことで、アメリカのガンの死亡率は減ってきています。

日本は、まだまだ西洋医学が常識の国

しかし、手術、抗ガン剤、放射線などつらい治療の結果、再発転移を繰り返し、そして、やっと人任せの治療ではなおせないと気付きます。

がん三大療法の副作用の軽減はこちらから

この常識を打破しようと思った時に試練が訪れます。

それは、自分自身の葛藤です。

この原因のひとつは、食事療法の違いに不安が湧いてくることです。

本やネットでの情報はたくさん溢れています。

自分が取り組んでいることと、真逆のことが書かれている本など見たことないですか?

玄米食は、栄養が豊富でガンに良い 

玄米食は、腸管に穴を開ける可能性があるので危険

果物は、抗酸化作用もあり、ビタミンなども豊富で酵素もつくる

果物は、糖が高く、体を冷やす

糖は、摂ってはいけない

黒糖は、摂った方が良い

野菜は、生で食べる

野菜は、根野菜を中心に火を通して食べる

塩は、必要

無塩食にする

見れば見るだけ、迷ってしまいます。

病院での治療をやめ、自分でなおす覚悟はしたものの、不安が襲ってきます。

迷い、悩むほど、ガンなおしに大事な直感を鈍らせてしまいますね。

基本的に、何が正しいというものはないと思います。

大事なことは、自分にあったものを自分が選択して、人や情報に振り回されないこと

自分を信じることです。

絶対に食べてはいけない、食べると危険であるものだけは除いて、後は自分の体の声を聞きながら、実践です。

そして、自分の体に合っていないと思ったら、修正するだけです。

人は、みんな体質が違います。

ガンになった原因も違います。

だから、自分が選択したことを信じて取り組むこと

人と比べないことです。

取り組みも、疑いながらやっていたのでは、せっかくの効果が出なくなりますね。

「思考が、信念となり、やがて現実をつくる」

現実をつくっていくのも自分自身です。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の意見、考えでありますので、指導するものではございません。ご自身で考えでご判断下さい。)

抗がん剤によって、がん細胞は自らの遺伝子を変化させる

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

癌が治らないのはなぜなのか・・・

抗がん剤論争は止みそうにありません。

抗がん剤はもともと毒ガス兵器が起源なのですから、体にとって悪いことはわかっています。

でもそれ以上に癌の方が悪者なのでは・・・と不安になり、抗がん剤をするかしないか悩んでいると言われます。

抗がん剤、放射線は癌に対して耐性をつくってしまいます。

抗がん剤から体を守るはこちらから

そして癌細胞はたちまち自らの遺伝子を変化させ、さらに狂暴化させてしまうのです。

これらを理解、納得したうえで抗がん剤を選択するべきです。

抗がん剤には二次発がんという副作用があります。

つまり再発転移が起きても、誰を責めることも出来ない状況なのです。

にわかに信じがたい アメリカ下院議会での 「抗ガン剤による化学療法は無力だ」 という米国立ガン研究所(NCI)所長の証言(1985年) は衝撃的なものです。

NCIは、世界最高レベルのがん研究機関です。

この内容は、抗がん剤によって癌が耐性をつくってしまうということ・・・

私たち人間の体は攻撃されて潰されそうになっても、生き残るためにまた新しい細胞をつくろうとします。

しかし、抗がん剤などの毒性の強いものが体内に入ってしまうと血液が汚れ、それによって正常な細胞はつくられなくなり、また癌細胞をどんどんつくってしまうのです。

癌は血液の汚れからつくられる細胞です。

私の強い味方はこちらから

癌を治すには、血液を汚さないことが大切です。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療の選択・決断と信念

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

がんの三大療法には賛否があります。

そのなかでも癌に耐性をつくらせる作用をもつ抗がん剤、放射線は特に賛否をよんでいます。

仮に癌が小さくなったとしても、数ヶ月後、今度はその抗がん剤に勝つ癌、つまり狂暴化した癌が体内で活動し始めるのです。

がん三大療法の副作用の軽減はこちらから

また次の抗がん剤、放射線をするといったように治療は繰り返されます。

そして癌の勢いは強くなっていくため、治療もどんどん重くなっていきます。

癌が耐性をつくるわけですから、一度治療を始めると抜けれなくなるのです。

しかし、再発転移を繰り返し、不信感を持ち治療をやめたい、副作用のあまりのしんどさに治療をやめたいと考える人も少なくありません。

散々、毒素を入れた挙げ句、やめようとすることは勇気がいります。

当然、耐性を獲得した癌は放っておけば、癌が暴れ出すことはわかることです。

だけどこのまま治療を続けても終わりがないことは察してくるでしょう。

それどころか、体力がどんどん落ちていくことに不安を感じてきます。

副作用の怖さ、免疫が低下する不安で迷われた方からよくご相談を受けます。

抗がん剤の副作用から体を守るはこちらから

選択、決断するのは自分です。

ただ治療をやめるだけというのは非常に危険ですね。

抗がん剤によって自ら遺伝子を変化させ、狂暴化した癌細胞を何もせずに抑えることは出来ないでしょう。

しかも薬によって、血液は汚れ酸化し、さらに癌細胞を増殖させてしまう環境となっています。

ですから、治療をやめたらいち早く、血液をキレイにすることをはじめ、癌細胞が暴れないように免疫力をつけていくことが非常に重要になってきます。

悩んでいる時間もありません。

いかに早く取り組むかで決まります。

そして、ゆるがない信念と精神力が必要です。

がんが耐性を獲得するのは100日です。

また、治療を続けることを選択した人も、いたちごっこにはなりますが、免疫を高め、酸化した体を少しでも正常に近づけられるよう抗酸化物質をしっかり摂っていくことをおススメします。

私の支えとなった愛用品はこちらから

バランスのとれた栄養と、体を温め、前向きな明るい心で過ごすことが癌をつくらない・癌を治す生き方です。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

筋肉疲労・消炎鎮痛剤・新たな病気を招く

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

ストレスを感じると肩に力が入り、コリが出来ます。

がんになったことで悩み、落ち込み、恐怖を感じていると体が凝り固まってしまいます。

このようなストレスで交感神経の緊張状態が続くと、筋肉は疲れ果ててしまいます。

がんと心は繋がっているはこちらから

そして慢性筋肉疲労となり、筋肉が炎症を起こしてしまうと重く痛みを感じ、熱をもつこともあります。

これはプロスタグランジンという血管拡張作用のある物質の分泌によるもの

慢性筋肉疲労を改善しようと体が働くときに出る症状です。

そしてこの痛みや熱といった症状を通り、体は回復していくのですが、この痛みや熱に対して消炎鎮痛剤などを使うとどうなるでしょう・・・

痛みは緩和されますが、体温は下がり血流は滞ってしまいます。

血流が滞ることによってまた、筋肉疲労を起こしてしまいます。

それだけでなく消炎鎮痛剤(湿布も)を使い続けることで、新たな病気を生んでしまう可能性もあります。

薬の長期使用は体にとって大きなストレスとなり、交感神経緊張を招く大きな原因になります。

鎮痛剤に含まれる成分は、交感神経を刺激してしまう作用があります。

交感神経緊張状態は血管を収縮させてしまい、脈が速くなり、動悸などが起きます。

また、不安感が増すなど、不眠の原因にもなります。

交感神経緊張状態が続けば続くだけ、白血球のなかの顆粒球が増え、同時に活性酸素も過剰となり、その強い毒性によって体の粘膜組織を破壊して癌などの病気をつくってしまいます。

このように薬には効果とリスクが必ずあります。

病気の大半は交感神経過剰でつくられます。

がんが促進されるような環境は避けたいですよね。

痛みや熱の症状もまずは民間療法を用いてみることも、癌をつくるリスクを高めない方法です。

また慢性筋肉疲労を起こさないためには、日頃から背筋を鍛えるといいでしょう。

私の愛用品はこちらから

ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

また、背筋を伸ばし、よい姿勢を意識するだけで背筋は鍛えられます。

そして、心のコリをつくらないことです。

悩み過ぎ、考え過ぎはコリをつくります。

姿勢を正し、心と体のコリをつくらない生き方をしたいですね。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんの常識・固定観念を捨てる

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

がんは体をむしばむ怖い病気

やがて進行して転移する

がんは死んでしまう病気

そう思っている人も少なくないでしょう。

がんを治したい思いと裏腹に、私はいつまで生きれるの? これからどんな風に弱っていくの? と色々なことを考えてしまいます。

考えて考えて不安がどんどん膨らみ、恐怖で眠れなくなる

眠れないことで交感神経過剰になり自律神経がバランスを崩してしまいます。

そうなるとさらに眠れなくなる

まさに負のスパイラルに陥ってしまいます。

がんと心は繋がっているはこちらから

こんな経験をした人、現在苦しんでいる人も多いはずです。

恐怖に押しつぶされそうになっていませんか?

わかっているけど出来ない、もっと自分の生命力を信じたいけど心が折れてしまう・・・
とよく言われます。

だから、ぐるぐると同じことを繰り返してしまう、進歩しない自分がまた情けなくなってしまう・・・

私達は、潜在意識に支配されています。

今まで生きてきた中で見たもの、聞いたものによって 『がん=死』 というものが意識のなかに叩き込まれてしまっているのです。

だから自分をそこに当てはめてしまうのです。

本当にそうでしょうか・・・

末期がんでも元気に生きている人はたくさんいます。

余命1ヶ月と言われた人が10年、生きています。

進行がんがある日突然 消えた人はたくさんいます。

これは癌という存在に恐れを捨てたことで、ものごとが好転しているのです。

がんは怖い、進行するかも、転移したらどうしよう、再発したら・・・という恐れ

これは、 『がん=死』 の思考だからです。

思考は、現実になります。

末期の癌が退縮した人はたくさんいるのですから、『がん=死』 という常識はないのです。

癌は治らない、癌は怖いといった固定観念を捨てること

今までの価値観、常識にとらわれている自分に気付くこと

固定観念を捨てた人たちが癌から生還、克服しています。

私の固定観念を捨てさせたものはこちらから

がんの常識が変われば、恐れがなくなり、心にゆとりが生まれ、体の塊も和らいでいくのです。

がん治しの近道は、固定観念を捨てることです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

体を温める野菜・がんの抑制作用

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

酵素のための生野菜をとろうとすると体が冷えてしまいます。

レタスやサラダ菜、きゅうり、セロリなど・・・

特にこれからの寒い季節は注意ですね。

生野菜を摂るなら、大根や人参などが体を冷やし過ぎず、良いでしょう。

食べ方も、大根おろしやお漬物がさらに酵素の働きをパワーアップさせます。

大根は食べる万能薬、また、生食すれば医者いらずといわれています。

大根にはデンプンを分解して糖質に変えるジアスターゼ、たんぱく質を分解するリプロテアーゼ、脂肪を分解するパーゼといった酵素が含まれています。

残念ながら酵素は加熱によって破壊されてしまうので、サラダやお漬物といった生食がベストです。

また、大根は酵素やビタミンC以外に、おろすことでイソチオシアネートという成分が作られます。

イソチオシアネートにはがんを抑制する作用、発がん物質の解毒効果、抗菌作用、抗炎症効果があると言われています。

私の解毒はこちらから

これらの効果をよりよく活用するためには、大根は食べる直前にすりおろすこと

酵素やビタミンCはすりおろしてから20分後には20%も減少してしまいますので、すりおろしてすぐに食べることをおススメします。

そしてイソチオシアネートは大根の先端部分に多く含まれていますので、葉の部分より先端部分をおろすことで大根の効果を高めます。

大根は体を温める野菜ですが、食べ方、使い部分によってさらに良い効果が得られますので、工夫して使うといいですね。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんと共生・自己治癒力を高める

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

日本は健康診断で癌が見つかればガイドラインに沿った治療が始まります。

西洋医学では、手術、抗がん剤、放射線、ホルモン剤といったものになります。

これらは、がんを切り取る、がんを毒で制す、がんを焼くといった癌を消すことを目的とした対処療法です。

人は病気になれば健康になりたい、元の元気な体に戻りたいと求めるでしょう。

しかし、病院での治療の多くは健康な体をつくるための治療ではなく、今ある症状を抑えるというものです。

症状を抑えるために薬品を使うため、免疫を落としてしまうので、病気は一見良くなったようでも実は真の健康からは遠ざかってしまっていることも・・・

がんの三大療法・副作用の軽減はこちらから

ですが、生死に直結する急性期の症状には、西洋医学の対処療法は素晴らしい効果を出すことも多くあります。

しかし多くの方が悩まされる癌は、慢性期の病です。

癌が大きくなって食事が通らない、便が出ない、出血が止まらないという生命の危険がある急性期の症状は、対処療法を必要としますが、癌そのものは生活から出来た生活習慣病です。

生活習慣から出来た病気は、生き方を変えることが治療なのです。

癌になった原因は何でしょう。

ストレス、乱れた食、睡眠不足、運動不足、不規則な生活、薬の飲み過ぎ・・・

まずは癌になった生活の原因を取り除くことからです。

どんなに素晴らしい医師に出逢えても、どんなに素晴らしい治療をしても、癌になった原因を残していたのでは、癌はまた再発してしまいます。

病院にかかれば安心、処方された薬を飲めば安心、そんな人が多いですよね。

病気の原因を取り除かずにいると、薬は増えるばかりです。

なぜなら薬は根本を治すものではなく、症状を抑えているだけのものがほとんどだからです。

原因が残っている以上、また違う形で症状が出たり、薬が効かなくなったりします。

そして表面上の症状を抑えるために薬を飲み、薬の副作用で違う病気をつくってしまっていることも・・・

私の愛用品はこちらから

有名な話があります。 (船瀬俊介氏・ご著書より一部抜粋)

1973年にイスラエルで医師のストライキが決行されたとき、診察する患者の数を1日あたり6万5000人から7000人に減らした。エルサレム埋葬協会によるとストが続いた1ヶ月で、人々の死亡率が半減した

これはいかに今まで医療に頼っていたかということがわかりますね。

病院で治してもらう考え、医者に任せる考えによって、私たちは自己治癒力の存在を忘れてしまいます。

人に委ねてしまうと、自分の体の声が聴けなくなってしまいます。

人は老衰で亡くなると、その体から癌が見つかることが多いそうです。

つまり、知らないところで癌と共生していたということです。

これが自然体で人間らしい人生の終わり方ですね。

私たちはどんな人でも、毎日癌細胞は体内で生まれ、がんと共生しています。

自己治癒力を高めることで、がんであっても元気に生きていられるのです。

私の元気の元はこちらから

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんを治したい・直感と決断力

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

がん治しについてセミナーを聞いたり、本を読んで勉強する

治療家、専門家に相談する

なんとか癌を治したいという思いからですが、治らない、良くならないとよく言われます。

勉強したり、相談したりすることは必要なことと思います。

しかし、勉強しても実践しなければ治らない、相談しても決断しなければ良くならないのです。

癌は頭で考えても治せないのです。

がんと心は繋がっているはこちらから

よく質問される内容ですが・・・

どうしたらいいかわからない ➡ わかる人なんて誰もいないのです。

やるかやらないかなのです。

やらないと何も変わりません。

やれば良くなるでしょうか ➡ 効果を出すか出さないかも自分次第です。

100%のものはありません。

100%に近づけるのは自分自身です。

このままだと進行してしまうのでしょうか ➡ 今までと変わらなければそうでしょう。

時間は刻々と過ぎています。

気付いた時がチャンスです。

良くならないには良くならない理由があるのです。

こんなになっていても自分への駆け引きをしてしまう・・・

悩む期間が長くなればなるほど、結局何も出来ずにいます。

調べれば調べるだけ悩み苦しみ、結局いつも振り出しに戻っています。

悩んでいても考えていても、病気は待ってくれません。

あっという間に1日、1週間、1ヶ月と、時は過ぎています。

その間に進行していることも・・・

そうなると、さらに心は弱ってしまいます。

悪くなってからでは、時間もお金もエネルギーもそれ以上にかかってきます。

あのとき、しておけばよかった・・・と後悔のないよう、チャンスを逃さないよう決断して実践することが大切です。

実践してみないとわからないこともたくさん

実践してみて気付くことはたくさんあります。

学びだけ、知識だけでは何にもならないのです。

療法を選べれないのも自分の責任

自分の命としっかり向き合い、駆け引きをしない

がん治しは直感力と決断力、そしてコツコツとした自助努力あるのみです。

私の直感で決断したものはこちらから

その先に結果があるのです。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

クセのある野菜で血管浄化・がんは血液の汚れ

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

がんは血液の汚れから起きた病気です。

だから、癌を治すには血液の浄化が必要です。

野菜は血液をサラサラにすると言われますが、クセのある野菜ほど血液の浄化作用が強くあります。

ニンニク、ネギ、春菊、生姜など・・・

これら匂いのある野菜は、フィトケミカルが多く含まれており、活性酸素を除去する作用があり、抗酸化力が非常に優れています。

がん治しには有り難い存在です。

私のフィトケミカルはこちらから

また、春菊は肉や卵といった動物性の食品の毒性を軽減する作用があります。

春菊は葉緑素を豊富に含んでおり、腸を活発にさせて老廃物の排泄を促し、血液の酸化防止に役立ちます。

春菊も血液浄化にはとても優れた野菜ですね。

これからの季節、肉や魚介類の毒性を軽減してくれる春菊は鍋のなかに必須

また体力が落ちたとき、風邪ぎみのときは、みじん切りにしたネギとすりおろしたニンニクを湯呑に入れ、番茶を注ぎ、最後に醤油を少し加え、熱いうちに飲むといいでしょう。

ニンニクには、強力な抗菌・殺菌、解毒作用があります。

クセのある旬の野菜をしっかり摂って、血液の浄化し、癌が住みにくい体にしていきたいですね。

がんを治す生き方
ご質問・お問い合わせは
☎084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)