生かされている自分に気付くこと

帯津良一先生の『氣の養生塾』に2日間にわたり参加させていただきました。

帯津先生といえば、ガンの方はきっとお会いしたい先生ですよね

東京大学医学部という硬い肩書とは反対に、とても柔軟なお考えと人間味が溢れた語りには引き込まれていきます。

30年前に西洋医学の限界を感じ、医療の東西融合をされていらっしゃる先生ですが、

講義の中でも帯津先生はしきりに 『トキメキ』 という言葉を言われていました。

根本は生命に目を向けること

生命エネルギーのよどみ

つまり、トキメキがないと生命エネルギーは勢いを失い、滞ってしまうということです。

生命に目を向けるということは、まずは、『生かされている自分に気付く』 という意味だと私は感じました。

生かされている自分に気付けば、何でもない小さなことが喜びに感じます。

生かされている自分に気付けば、何でもない小さなことが幸せに感じます。

トキメキとは、明確な目標だけでなく、小さな喜びも、小さな幸せも立派なトキメキです。

生命にしっかりと目を向けたときに『トキメキ』 も感じてくるのでしょう。

食養生も先生が言われるように 「大地のエネルギーを取り込む」 そんな思いで取り組むと、トキメキながらお食事が頂けますね。

ちなみに先生は毎晩 「今日が最後の晩餐」と思い、トキメキながらお食事をされるそうですニコニコ

帯津先生と一緒に撮らせれいただきました

『気付き常に自分を成長させる』

本当に重みのある素晴らしいお話をありがとうございました。

喜びを見つける人生ゲーム 

ガンで途方に暮れ、迷いに迷っていらっしゃる方にも、帯津先生のお話を聞かれ、何かを感じたり、光が見えたりされたのではないでしょうか・・・

また、昇幹夫先生の講義は、帯津先生とはガラッと変わり、軽快なテンポで笑い有りの時間でした。

日本笑い学会 副会長 現役の産婦人科専門医でいらっしゃる昇先生

NK細胞を元気にするには・・・

笑うこと、泣くこと

つまり、心地よいと思うことが大切だという

ガンは原因を改めると平和共存することを確信されていらっしゃいます。

専門が産婦人科の先生ですから、妊婦さんのお腹の4D映像も見せて頂きました。

お母さんのお腹の中で、ニッコリ微笑む赤ちゃん、大きな口を開けて笑っている赤ちゃん・・・

何とも言えない微笑ましい映像でした。

きっとお母さんやお父さんの優しい声を聞いて、心地よく笑っていたのでしょうね。

ちゃんと感じているのですね。

笑って泣いて心地よいと感じることが大切ですね。

ガンもストレス病 はこちらから

昇先生 笑って学んで・・・ありがとうございました。

そして、主催の春名伸司さん

春名さんは41歳で末期ガンになり、大変な自助努力の結果、元気になられ15年を迎えられた方です。

「どんな環境を背負っても末期ガンでも治る」ことを伝えられています。

ガン宣告で心に初めて 「生きたい!」 という火をつけられたそうです。

それにしても、周りに振り回されることなく、ご自身で黙々とされた姿を想像しただけでも、本当に凄い方です。

そして、克服した人の共通点は『心』 であると話されました。

ガンと心は繋がっている はこちらから

春名さん、本当に2日間、お世話になりました。

学び多き2日間となり、心から感謝いたします。

ありがとうございました。

どの方が言われることも、まさにその通りだと思い聞かせて頂きました。

療法はみな様々ですが、共通点は心です。

但し、治療のハシゴは、受ける側も、する側も集中力に欠けると言われていました。

自分の感を働かせ、信じて実践することが大切で、免疫アップにも繋がります。

そして、今を大切に、今日を生きるということです。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

自然栽培米

ですから、やっぱり無農薬、無肥料、除草剤も使わない

こんなお米がいいですね。

自然栽培米は高いでしょ!?

と言われますが、当然、スーパーで売ってるお米に比べたらお値段は2倍です。

しかし、育てる手間、収穫量、なんと言っても安心を考えたら私は安いと思います。

皆様、いかがでしょう

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大豆の力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

麹と一緒に届いた自然栽培の北海道大豆!

夫と私はこの大豆を水煮して、そのまま頂くのが大好きです。

お酒ともよく合います。

一晩、体によいお水で寝かせます。

朝にはかなり膨れてます。

大鍋でことこと2時間ほど弱火で煮ると本当にふっくら美味しい大豆の水煮が出来ます。

冷めたら小分けにして冷凍します。

使うときは自然解凍でOK

大豆は、豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、アミノ酸の組み合わせが、動物タンパクによく似ていることから、「畑のお肉」とも言われる非常にすぐれた食品です。

ビタミンは、B1、B2、Eなどが豊富で、カルシウム、カリウム、鉄も多く含まれています。

大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種である大豆イソフラボンは抗酸化作用を持ち備え、活性酸素の発生を抑制する効能があります。

抗酸化作用があることから、血管壁に付着した悪玉コレステロールが酸化するのを防止し、動脈硬化や脳卒中・心筋梗塞といった病気の予防効果が期待できます。

エストロゲンには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという作用があるり、血中コレステロール値を正常に保つ効能があるといわれています。

残りはお味噌作りに使おうと思います。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザワクチンを受けていたのになったのよ・・・

先ほどこんな声を聞きました。

それはそうですよ。

インフルエンザワクチンは効かないことは百も承知です。

受けるだけ無駄なインフルエンザワクチン。

そもそもインフルエンザウイルスは鼻や喉から感染します。

鼻水や唾液に含まれる免疫IgAが感染を防いでくれていますが、現行のワクチンの内容では全く予防になっていないことは多くの専門家も指摘しています。

実際の現場でのインフルエンザの罹患率を調べても何の効果もなかったことは証明されています。

しかも効かないだけならまだしも、ワクチンはどれだけ体に悪く、どれだけ多くの発ガン物質を含んでるか・・・

ワクチンは多種多様の猛毒でつくられています。

多くのワクチンに使われている『チメロサール』は水銀の一種で非常に危険であり、特に子ども達に与える影響は怖ろしい限りです。

インフルエンザになることより、ワクチンを打つことの方が怖いですね。

インフルエンザにかかるということは、高熱を出し免疫を上げてくれると言うことです。

インフルエンザには、かかった方がいいと安保先生もおっしゃってます。

安保先生のおっしゃるように熱を薬で抑えてしまうとせっかくの免疫上昇効果とガン細胞死滅効果が無くなってしまいますね。

お熱に感謝はこちらから

そして、インフルエンザになった後も、タミフルを飲むことの方が怖ろしい、そのことを周知するべきです。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

抗ガン剤  医薬品添付文書   その3

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

抗ガン剤の中身はどんな成分なのですか?

多少なりとも抗ガン剤に対して不信を持っていれば、副作用の重大性からして当然、気になる部分ですね・・・

「毒には毒で制す」

この言葉通りです。

******************* 以下 船瀬俊介著書より一部引用 *****************************

アルキル化剤 毒ガス兵器が起源、DNA破壊する 発ガン剤

毒ガス兵器マスタードガスが起源

これらは、もっとも歴史の古い抗ガン剤である。

ガン細胞のDNA(遺伝子)合成を阻害して、増殖を抑えようとするもの。つまりDNAを損傷する強い作用がある。

ガンはDNA損傷、破壊、切断によって発生する。

つまり、これら古典的アルキル化剤の抗ガン剤は、まぎれもない強烈発ガン物質なのだ。

「本剤は、第一次世界大戦中にドイツ軍が毒ガスとして使用したマスタードガスが起源を発し…」と記述はガ然、きな臭くなる。

「その後、制ガン作用が検討され、とくに1952年、石館らによって開発され・・・アルキル化剤を含めた制ガン剤開発の発端となった」 医学大辞典

「医学辞典」は正直である。

「粘膜皮膚に付着すると、みるみる爛れ(びらん)を起こす」

よってこの毒ガス兵器は びらんガス とも呼ばれ、恐れられた。

************************************************************************************

これだけの毒が体内に入るのですから激しい吐き気に襲われるも当然です。

DNA破壊ですから様々な機能を失います。

亡くなっていく方は、実はガンで亡くなるのではなく、8割以上の人が抗ガン剤によって免疫が破壊され感染症を起こして亡くなる。

これも某大学病院のインターンが、亡くなっていく患者さんの死因に疑問を感じ、独自でカルテを調査したという有名な話です。

これがまさの毒による副作用です。

毒には毒で制する

ガンは宿主が死ぬまで増殖し続けるというウイルヒョウの学説を未だに使っている西洋医学では、当然ながらガンは毒なのでしょう。

ガン細胞は本当に増殖し続けるのでしょうか。

そこがそもそも違うのです。

ガンは自分の体の細胞の一部です。

だからガンは温めて癒してあげることが一番なのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

(このブログは私個人の意見・考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断ください)