ココナッツオイルの賛否

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

トランス脂肪酸を生成しないと言われているココナッツオイル

トランス脂肪酸の話題も加わり、ココナッツオイルも一気に話題となりましたね

このココナッツオイルにも賛否があります。

ココナッツオイルは、体を冷やしやすいという点は、ガンの方にとって気になるところですね・・・

また、ココナッツオイルは、性ホルモンの代謝を抑制するとも言われています。

一方で、不飽和脂肪酸が少ないので、熱変性しにくいという良さもあります。

どちらを優先するか・・・

自分にとって何が必要なのか・・・

これも自分次第ですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

里芋は最高の毒出し食品

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

里芋には、ガンなどの毒性を引き出してくれる作用があります

肝臓、腎臓を補益するといわれている里芋

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、老化防止にも役立ちます。

これらの性質を利用したのが、サトイモ湿布です。

生姜湿布と同様、サトイモ湿布は、ガンの毒だしにはとても良いとされています。

このムチンは、唾液腺ホルモンの分泌を促進し、胃腸の粘膜を修復して胃腸を整え、便秘を解消してくれます。

また、里芋に含まれるガラクタンという炭水化物は、免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑制する働きもあるとされています。

カロリーも低く、カリウム成分が多い里芋

毒だしには、とても良い食材ですね

味噌汁に里芋を入れると、最高の毒だしです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

塩麹発酵完了

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

塩麹 発酵完了です

前回に比べ、発酵のスピードが速くなりました。

それだけ暖かくなってきているのでしょうね

今回使ったのは、自然栽培の玄米です。

白米の比べると少しだけ、玄米の独特な香りがするかな・・・というくらいでそんなに差は感じません。

こんな効果のある塩麹は毎日欠かすことのできません

①疲労回復(ビタミンB6など)
②ストレス軽減(ギャバなどのアミノ酸)
③乳酸菌による便秘解消
④老化予防(活性酸素を中和作用)
⑤美肌効果(活性酸素を抑えて、腸内環境も整える)

塩麹にはデンプンを分解する「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」という三大消化酵素をはじめ、様々な酵素が豊富に含まれています。

これらの酵素は、人間の腸の中に入れば善玉菌を増やす整腸作用が働き、またアレルゲンをも分解する抗アレルギー作用も備わっています。

また食物繊維と同じような働きをするレジスタントプロテインと呼ばれる成分も含まれているため、解毒力が高く、食べ続けることで便通も改善されてきます。

何といっても塩麹は、麹が発酵する過程で抽出されるポリフェノールが、身体のサビを取ってくれる「抗酸化作用」としてアンチエイジングにもとても効果的です

塩麹は高温で調理するとせっかくの菌が死んでしまうので、出来るだけ生で使うことをおススメします

塩麹は菌が生きていないと意味がありません。

市販されているほとんどのものが、残念ながら菌が死んでしまっています。

塩麹の作り方は、実に簡単です

混ぜて10~14日ほど待つだけ

自分でつくる方が断然安いですし、一番良いところは素材を自分で選んで使えることですね

ぜひ、作ってみてくださいね

私も次の塩麹をつくります

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

プロポリス愛用2カ月のキラキラした彼女

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

先日、京都でお会いしたクライアントさん

京都駅の伊勢丹正面玄関で待ち合わせだったのですが、たくさんの人で、お会いしたことのない彼女がわかるかな・・・とちょっと心配はしていましたが・・・

正面玄関までいくと、なんとお互い目が合い

最高に嬉しい瞬間でしたね~

彼女が、私にお電話を下さったのは、今年の4月半ば過ぎ・・・

たった2ヶ月のお付き合いですが、電話やメールでお話してるせいか、ずっと前から知っているような感覚なんです。

すごく会いたかったので、こんなに早くお会いすることが出来、神様に感謝です

彼女おススメのお店で一緒にランチをしました。

オーガニックで、好きのおかずが選べれるようになっていましたよ

これなら、食事を気にされているガンの方でも選べれるのでいいですね

時間ギリギリまでの4時間 いっぱいお話しました。

心の持ち方、食事、治療のこと、生きることの意味・・・

話は尽きませんね~

お電話を下さった直後からプロポリスも開始

今では、はっきり言って、お元気です

本当に動けなかった人!?と思うぐらい元気で、顔色も良く、お肌も艶々です。

私の方がびっくりしました

嬉しいですね・・・

初めてお電話いただいた時は、不安でいっぱいな様子だたのが嘘のようです。

彼女は、私が言ったことのひとつである早起きも続けていらっしゃるとか・・・

食事も減らし、そうすると体が楽になり、早起きが苦にならなくなったそうです。

今まで気付かなかった、川の水の音、小鳥のさえずりが聞こえるようになったそうです。

そして、今では、自分が本当にやりたいことに希望を持たれています。

これからどう生きていくか・・・

生活を守るだけの自分から脱皮したいと思うようになり、今は夢が膨らんできているそうです

キラキラ輝く彼女を、私も心から応援します

お気軽にご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大根の葉で血流改善

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

大根の葉を捨てていませんか!?

この大根の葉が、冷え性の体に役立ちますよ

これからの時期、エアコンで体を冷やしてしまう方・・・

大根の葉は、冷えで起きる血液の滞りの改善に良いと言われています。

肩凝り、頭痛、めまい・・・

これらも冷えからくる毛細血管の血液の滞り

大根の葉は、抗酸化物質であるβ-カロテンやカルシウムや鉄分などのミネラルをしっかりと含んでいます。

大根の葉をお味噌汁に入れて使うと、血液の滞りの改善はもちろん、抗酸化作用であるフィトケミカルを摂ることが出来ます。

また、緑黄色野菜になみに栄養の高いので、冷え以外にも、胃腸を整え、便秘解消など老廃物の排出にも働きかけてくれます。

捨てずに使うといいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

甘夏でがん予防

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

先日、頂いた無農薬の甘夏音譜

すごくいい香りがします

甘夏は、栄養も豊富でありビタミンC、シネフェリンに加え、クエン酸を多く含んでいます。

これらの成分は、免疫力を高め、風邪予防、ストレスや疲労回復に大きな効果を発揮します。

もちろん美肌効果も

また、甘夏には、腎臓の働きを助けるカリウムや、整腸作用の効果があるペクチンも多く含まれています。

そして、一番の魅力

実は、甘夏には、ベ-タ-クリプトキサンチンと言う、発ガンを抑える成分が含まれているのです。

通常、厚い皮を剥いで、果実をそのまま食べたり、ほぐしてサラダに入れて使うのですが

ベ-タ-クリプトキサンチンは、甘夏の果肉よりも 皮に多く含まれるので、皮を捨ててしまうのはとっても勿体ないあせる

皮を使ってジャムやはちみつ漬けなどをつくるといいですね

無農薬の甘夏なら安心して皮も使えます

甘夏の皮のはちみつ漬けをつくってみませんか?

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

トウモロコシは髭も使えます

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

トウモロコシの 『ひげ』

どうしていますか?

ほとんどの方が、皮と一緒に捨ててしまっている 『ひげ』

トウモロコシのひげは、意外にも、昔から漢方薬の材料として使われています。

おうちでも、トウモロコシのひげ茶をつくってみませんか!?

まずは、トウモロコシのひげを、綺麗に洗って天日に干します

茶色っぽくなってきたらOK!

後は、お茶パックなどに入れて、煮出します

トウモロコシのひげ茶は、利尿作用があり、むくみ改善や老廃物排出の効果もあります。

そして、女性に嬉しい・・・

生理前のイライラや不安な気分の緩和させてくれる効果があるそうですよ

野菜は、やはり自然農法が安心ですよ

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

スイカは血流を良くする?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

スイカ、メロンはウリ科の1年生果菜

野菜の仲間になります

女性の悩み“むくみ”は、血液循環が悪くなり水分がたまることが原因と考えられています。

ウリ科の野菜は、むくみや腎臓の妙薬とも言われ、腎臓に溜まった毒素を尿から排出してくれる効果があります。

また、スイカには、シトルリンというアミノ酸が含まれているのをご存知ですか

このシトルリンは、血管に働きかけ、冷えを改善してくれるという効果も報告されています。

これは、意外ですね

ただし、スイカは水分が多く含まれているので、食べ過ぎると逆に体を冷やしてしまいますので、ほどほどにしたいものです

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

会員さんとランチで個人セミナー

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

先日、会員さんとランチに行ってきました

彼女と会うのは半年ぶりかな・・・

久しぶりに会った彼女は、以前よりずっとキレイになってる

酷かった肩こりも、プロポリスを飲みだして、運動を心がけるようになり、今ではほとんどなくなったそうです。

体温も上昇し、血行が良くなったのを実感しているそうです

ガンの再発もなく、以前の彼女と思考が明らかに違っています。

ランチをしながらの2時間半の個人セミナー

自然を肌で感じながらの生命のお話は、彼女にとってまた大きな気付きとなってくれたようです

自然に感謝です

ガンになり、心まで病んでいましたが、彼女の心の持ち方、ものごとの捉え方も随分変わっています。

感謝を忘れていたことに気付き、取り戻したこと

彼女は素直ですから、なんでも素直に実践している結果ですね

彼女は、人を妬まず、人の喜びを心から自分の喜びにしているから、神様が応援して下さっているのでしょうね。

日頃は、電話やメールでしか話せませんが、心はちゃんと繋がっています

私の大切な会員さんが、これからもずっと幸せに暮らせますように

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

自然栽培大豆で自家製納豆を作り

がんが治るには・がんが治る生き方を・がん克服者がつかんだ8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

毎日食べる納豆だからこそ、安くて安心なものを頂きたいですよね

自然栽培の北海道大豆

洗って、ひと晩 水に浸しておきます

水に浸すと大豆は、2倍くらいに膨らみますから、量には気を付けてくださいね

大豆を土鍋で煮ます。

土鍋を火にかけ、ある程度加熱したら、土鍋ごとバスタオルでくるみ、土鍋の保温力のを利用します。

私は発泡スチロールの中に入れます。

後は、このまま5~6時間の保温で柔らかくなるのを待ちます。

大豆が柔らかくなったのを確認したら、余分な水分は捨て、菌になる納豆を1パック入れて混ぜます。

ここでまた、少し加熱

気を付けることは、加熱しすすぎると菌が死んでしまうので、人肌程度に温めます。

そして、またバスタオルにくるみ、発泡スチロールのなかに再びin

数時間保温して、混ぜ、また少し加熱して保温をする を何度か繰り返します

この時、我が家は手でくるくるっと混ぜ、我が家菌を入れちゃいます

菌を殺さない様に低温でじわじわ発酵

1日から1日半で自家製納豆の出来上がりですよ

生きているのがよく分かりますね~

タッパーに移して、冷蔵庫へ。。。

しっかりと糸を引いてます

お腹の中で活躍してくれることをイメージして頂きます

簡単ですから、ぜひ自家製納豆にチャレンジしてみてください

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ