金時豆の以外な力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

お弁当にも重宝する金時豆を煮ました。

水に浸けて戻すこと8時間

土鍋で煮立てながら、さし水をつり返し、煮上がったら火を止め蓋をして2時間じっくり蒸らします。

蒸した水は捨て、新しい水で、はちみつと塩麹で味を整えます

味付けまでの下ごしらえがちょっと手間ですが、ほっこりした食感で、薄味で豆そのものの味を

楽しむことが出来ます。

今日のお弁当に入れました。

私は、お弁当用に小分けにして冷凍し、自然解凍で使っていますよ

金時豆は、インゲン豆の一種で赤インゲン豆とも言われます。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含んでいるのが特徴です。

金時豆の抗酸化力は赤ワインよりも優れているそうですよ

インゲン豆は、疲労回復、精神安定、貧血予防に良い カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛等のミネラル類もとても豊富です。

また、カリウムは小豆とほぼ同量が含まれているので、むくみ防止にはいいですね

そして、インゲン豆は ごぼうの約2倍、さつまいもの約3倍 の食物繊維があり、不溶性食物繊維が非常に多いので、便秘の解消など腸内環境を整える効果が期待できますよ

女性にはとっても嬉しい効果ですね

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

栄養たっぷりの玄米を頂く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

玄米は栄養バランスに優れています。

玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富

また、ガンマオリザノールという栄養素も含まれており、このガンマオリザノールは、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用がとても優れていてます。

その他、玄米は血行を良くしたり、コレステロールを抑えてくれる作用もあるのでやはり白米より玄米を摂る方が体には良いことはわかりますね。

そして、食物繊維たっぷりの玄米は、血糖値の急激な上昇の心配がありません。

しかし、玄米の問題点は、農薬ですね

白米のように精米をしていない分、農薬の影響は受けやすくなります。

特に玄米は、無農薬栽培をおススメします

玄米を炊くときは、圧力鍋より土鍋がオススメですよ

圧力釜で炊くと、高圧の影響でお米の澱粉が酸化して消化が悪くなります。

冷めても硬くなりにくいのは土鍋です。

何より、土鍋でふっくら炊いた玄米を頂くと、土のエネルギーと自然の恵みを感じられますよ。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

女性の味方・さつまいも

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

私の大好なきさつま芋

春は大好きですが、暖かくなると、さつま芋の存在が薄くなるのが私は寂しく感じますかお

秋から冬にかけ我が家では大活躍してくれるさつまいも

中でのシンプルで芋の風味をしっかり味わえる焼き芋が好きです

さつま芋は便秘に悩む女性の味方音譜

セルロース(食物繊維)の多いさつま芋

セルロースが腸を刺激して働きを活性化にさせるとともに、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させてくれます。

そして、夏みかんと同等のビタミンCを含んでいるさつま芋は美容の面でも女性の味方ですドキドキ

メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。

また、動脈硬化の予防や、免疫を高めてくれる効果もあります。

有り難い効能はたくさんあるさつま芋

シーズンが終わってしまうのが寂しいですね・・・

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

天然塩で歯磨き

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

皮膚から吸収される毒「経皮毒」

様々なものがありますが、毎日使うものだけでもたくさんあります。

シャンプー、リンス、ボディーソープ、歯磨き粉、…

私はシャンプーはお湯シャンプーなので、シャンプーもリンスも使いません

お湯シャンプーについてはこちら

口の中に直接入ってしまう歯磨き粉。

市販されている歯磨き粉のほとんどが、知れば恐ろしい化学物質がたくさん使われています。

市販の歯磨き粉には合成界面活性剤という成分が入っているのがほとんどです。

舌の細胞が合成界面活性剤によって損傷したり、化学物質が口の粘膜からは体内に吸収されやすく副作用などが心配です。

成分表示の「ラウリル硫酸塩」 「ラウリル硫酸Na」 「ラウリル硫酸ナトリウム」などには気を付けてください。

また、毒性の強いフッ素も含まれていたりします。

特に飲み込む危険性のある子どもさんは要注意が必要です。

子どもは基本、何もつけなくて大丈夫

私は、水でブラッシング後、歯磨き粉の代わりに安全な天然塩を使って指で優しくマッサージしています

天然塩はこちらから

毎日使う歯磨き粉

危険なものは避けたいですね

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

牛乳神話2

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

当たり前のように学校給食や病院のお食事で登場する牛乳やヨーグルトですが、牛乳が骨を強くする、体に良いという神話はそろそろ崩されてきているように思います。

牛乳とガンの関係については、少しずつ知られてきています。

畜産で育った乳牛は、早く成長させ、たくさんのお乳を出させるために大量の成長ホルモン、女性ホルモン、さらに抗生剤が投与されています。

これによって、牛乳が、前立腺ガン、卵巣ガン、乳ガンなどのホルモン系のガンを増やしてきたことは多くの研究者が指摘をしています。

ホルモン系ガンに限らず、腸を汚してしまう牛乳は、大腸ガンの発症リスクも高くなります。

腸が汚れるということは、病気をつくる基本的原因になります。

また、牛乳の脂肪は、ガンだけでなく、動脈硬化や心臓病の原因にもなります。

そして、成長ホルモンを多く含む牛乳は、体の防衛メカニズムを阻害すると言われています。

本来ならば、体の自然防衛メカニズムが働き、健康な体を保つのですが、成長ホルモンは、体の防衛機能を狂わせ、ガンのアポトーシス(死滅)を阻害してしまい、結果ガンの発症に繋がっていきます。

発ガン物質である危険な牛乳を何のために子ども達に飲ませるのか・・・

これ以上、ガンを増やしてどうするのでしょう・・・

不思議で仕方ありません。

牛乳を飲んだら背が伸びる!

成長ホルモンたっぷりの牛乳を飲めば、確かにそうかもしれませんね。

しかし、その成長ホルモンが非常に危険であることを知るべきです。

子どもは、親である私たちが守るしかありません。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

増え続ける若年性のガン

何を食べさせ、何を飲ますか・・・

これも親次第です。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

思考と言霊の力で痛みが和らぐ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

交感神経の過剰な緊張が長く続き、発症したと思われるガンですが、その過剰な緊張は精神的ストレスがとても大きな割合を占めていると思われます。

昔のガンは違ったと聞きます。

冷えや貧しさによる環境の問題、そして過酷な労働からだと言われています。

それが今は、精神的ストレスが原因と考えられるガンですが、まずそこに目を向けなければ、どんなに体を温める環境があっても、どんなにガンに良い食材があっても根本から体を癒してあげることは出来ません。

ガンになったということは、自分を見つめ直す必要があるということなのです。

ガンと心は繋がっている

どちらが良いという訳ではなく、これが心筋梗塞だとどうでしょう・・・

一瞬です。

神様が、ガンという形で自分を見つめ直す機会を与えて下さったと考えてみてはいかがでしょうか。

これも物事の捉え方です。

『ガンになって自分は苦労が多い、不幸だと捉えるのか』

『ガンになって自分の考えや生き方を変える機会が出来たと捉えるか』

まったく違ってきます。

がんを治す・感謝の心はこちらから

苦労が多い、不幸だと感じれば、マイナスの思考からマイナスの波動を引き寄せ、苦労と不幸の現実をつくります。

不平不満、愚痴、泣き言、悪口は免疫を下げてしまいます。

一方、自分の考え、生き方を変えたいと感じれば、プラスの思考からプラスの波動を引き寄せ、自分が変わる現実をつくります。

自分が変わる喜びから希望へと膨らみ、免疫を上げていきます。

誰だって、プラスの思考で居たいと思うでしょう。

それが思うようにいかないのが人間です。

耳も鼻も目も口もある人間は常に周りの言葉や情報、環境に振り回されています。

感情があるが故に、プラスもマイナスも影響を受けてしまうのです。

では、どうしたら良いのでしょう・・・

まずは、自分の何が原因でガンになったかを考えることです。

クヨクヨ考える自分、すぐ不安になる自分、人と比べてしまう自分、ひとりで抱え込んでしまう自分、嫌と言えない自分、素直になれない自分、人を攻撃してしまう自分、イライラしてしまう自分、人に心が開けない自分、孤独を感じる自分、深く深く考えすぎてしまう自分、人や物のせいにしている自分・・・

何かが当てはまりませんか?

この原因をとっていくには、自分を変える、生き方を変えるしかありません。

具体的に言えば、物事の捉え方を変えるということです。

自分の思いとは違うことが起きても、イライラせず、人を攻撃せず、またクヨクヨもせず、

「人生は、そもそも思い通りにいかないもんだ」 

と思えばイライラも消えます。

人を攻撃する必要も、クヨクヨする必要も無くなります。

嫌なことが起きても

「これは気付きなさいというお知らせだ」

と捉えると嫌なことも感謝に変わってくるのです。

捉え方を変えることもそう簡単なことではありません。

私のクライアントさんは、その捉え方の発想が浮かんでこないとよく言われます。

最初はそうです。

これには、毎日の訓練が必要です。

まずは、変えたい自分を頭に描き、言葉に出すことです。

思考と言霊が現実をつくります。

明るく喜びいっぱいの自分を頭に描き、善い言霊を使うことです。

プラスの思考を持ち、プラスの言霊を使うことで、物事の捉え方が自然と変わってきます。

心の持ち方はこちらから

気付きがどんどん増えてきますよ。

今日、お電話でお話をした卵巣ガンのクライアントさん。

ここ最近の不安定な天候も影響しているのか、少し鈍痛が続いている様子でした。

とは言え、とても軽快に楽しくお話をされ、私もプラスの言霊をたくさん出してみました。

30分ほど話した頃、クライアントさんから出た言葉は・・・

「なぜか鈍痛が消えてます!!」 

ご本人さんは不思議な様子ですが、これが言霊の力なのです。

思考、言霊がストレスをつくり、ストレスを和らげます。

人から受けたように思えるストレスも、実は自分自身がつくっているのです。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
詳しくはこちら  

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自分に合ったスローエクササイズ

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

運動が苦手な人でも出来るゆっくりとした動きのスローエクササイズ

ゆっくりとした筋肉運動は、成長ホルモンを出し、血圧や血糖値を下げてくれます。

成長ホルモンとは、若返りのホルモンです.

ゆっくりとした筋肉運動は座ったままでも出来ます。

数秒間、筋肉にグッと力を入れる

椅子に座って足を床と水平に持ち上げる

数秒間、肛門に力を入れグッとしめる

1日1回するだけでも随分ちがいます。

筋肉の衰えは生命活動を弱めてしまいます。

自分の体、体調に合ったスローエクササイズを楽しみましょう.

筋肉は使わなければ退化します。

使うことで成長ホルモンが分泌され、自然治癒力も高まってきます

自然治癒力はこちらから

特に下半身を鍛えることは、ガンなどにも非常に有効です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ

生かされている自分に気付くこと

帯津良一先生の『氣の養生塾』に2日間にわたり参加させていただきました。

帯津先生といえば、ガンの方はきっとお会いしたい先生ですよね

東京大学医学部という硬い肩書とは反対に、とても柔軟なお考えと人間味が溢れた語りには引き込まれていきます。

30年前に西洋医学の限界を感じ、医療の東西融合をされていらっしゃる先生ですが、

講義の中でも帯津先生はしきりに 『トキメキ』 という言葉を言われていました。

根本は生命に目を向けること

生命エネルギーのよどみ

つまり、トキメキがないと生命エネルギーは勢いを失い、滞ってしまうということです。

生命に目を向けるということは、まずは、『生かされている自分に気付く』 という意味だと私は感じました。

生かされている自分に気付けば、何でもない小さなことが喜びに感じます。

生かされている自分に気付けば、何でもない小さなことが幸せに感じます。

トキメキとは、明確な目標だけでなく、小さな喜びも、小さな幸せも立派なトキメキです。

生命にしっかりと目を向けたときに『トキメキ』 も感じてくるのでしょう。

食養生も先生が言われるように 「大地のエネルギーを取り込む」 そんな思いで取り組むと、トキメキながらお食事が頂けますね。

ちなみに先生は毎晩 「今日が最後の晩餐」と思い、トキメキながらお食事をされるそうですニコニコ

帯津先生と一緒に撮らせれいただきました

『気付き常に自分を成長させる』

本当に重みのある素晴らしいお話をありがとうございました。

喜びを見つける人生ゲーム 

ガンで途方に暮れ、迷いに迷っていらっしゃる方にも、帯津先生のお話を聞かれ、何かを感じたり、光が見えたりされたのではないでしょうか・・・

また、昇幹夫先生の講義は、帯津先生とはガラッと変わり、軽快なテンポで笑い有りの時間でした。

日本笑い学会 副会長 現役の産婦人科専門医でいらっしゃる昇先生

NK細胞を元気にするには・・・

笑うこと、泣くこと

つまり、心地よいと思うことが大切だという

ガンは原因を改めると平和共存することを確信されていらっしゃいます。

専門が産婦人科の先生ですから、妊婦さんのお腹の4D映像も見せて頂きました。

お母さんのお腹の中で、ニッコリ微笑む赤ちゃん、大きな口を開けて笑っている赤ちゃん・・・

何とも言えない微笑ましい映像でした。

きっとお母さんやお父さんの優しい声を聞いて、心地よく笑っていたのでしょうね。

ちゃんと感じているのですね。

笑って泣いて心地よいと感じることが大切ですね。

ガンもストレス病 はこちらから

昇先生 笑って学んで・・・ありがとうございました。

そして、主催の春名伸司さん

春名さんは41歳で末期ガンになり、大変な自助努力の結果、元気になられ15年を迎えられた方です。

「どんな環境を背負っても末期ガンでも治る」ことを伝えられています。

ガン宣告で心に初めて 「生きたい!」 という火をつけられたそうです。

それにしても、周りに振り回されることなく、ご自身で黙々とされた姿を想像しただけでも、本当に凄い方です。

そして、克服した人の共通点は『心』 であると話されました。

ガンと心は繋がっている はこちらから

春名さん、本当に2日間、お世話になりました。

学び多き2日間となり、心から感謝いたします。

ありがとうございました。

どの方が言われることも、まさにその通りだと思い聞かせて頂きました。

療法はみな様々ですが、共通点は心です。

但し、治療のハシゴは、受ける側も、する側も集中力に欠けると言われていました。

自分の感を働かせ、信じて実践することが大切で、免疫アップにも繋がります。

そして、今を大切に、今日を生きるということです。

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

自然栽培米

ですから、やっぱり無農薬、無肥料、除草剤も使わない

こんなお米がいいですね。

自然栽培米は高いでしょ!?

と言われますが、当然、スーパーで売ってるお米に比べたらお値段は2倍です。

しかし、育てる手間、収穫量、なんと言っても安心を考えたら私は安いと思います。

皆様、いかがでしょう

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大豆の力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒への道・塚本みづほ

麹と一緒に届いた自然栽培の北海道大豆!

夫と私はこの大豆を水煮して、そのまま頂くのが大好きです。

お酒ともよく合います。

一晩、体によいお水で寝かせます。

朝にはかなり膨れてます。

大鍋でことこと2時間ほど弱火で煮ると本当にふっくら美味しい大豆の水煮が出来ます。

冷めたら小分けにして冷凍します。

使うときは自然解凍でOK

大豆は、豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、アミノ酸の組み合わせが、動物タンパクによく似ていることから、「畑のお肉」とも言われる非常にすぐれた食品です。

ビタミンは、B1、B2、Eなどが豊富で、カルシウム、カリウム、鉄も多く含まれています。

大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種である大豆イソフラボンは抗酸化作用を持ち備え、活性酸素の発生を抑制する効能があります。

抗酸化作用があることから、血管壁に付着した悪玉コレステロールが酸化するのを防止し、動脈硬化や脳卒中・心筋梗塞といった病気の予防効果が期待できます。

エストロゲンには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという作用があるり、血中コレステロール値を正常に保つ効能があるといわれています。

残りはお味噌作りに使おうと思います。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん自然治癒への道・塚本みづほ