食の欲が、がんを招く

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

間違った食がガンをつくります。

【食が病をつくり 食が病を治す】

これを裏付けるさまざまな報告があげられています。

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

長い腸を通過していくうちに、肉や乳製品は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液が汚れ、抗酸化力も弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

ガンになっても、動物性のものを摂っているとガン細胞はどんどん増えていきます。

このくらいは、いいかな・・・

という甘い考えが、知らないところで活性酸素を増やし、ガン細胞を元気にしてしまっています。

肉食ががんをつくるはこちらから

【人間の三大欲】

人間、動物が、それを満たすために何らかの行動・手段を取りたいと思わせ、それが満たされたときには快を感じる感覚のこと

① 食欲

② 睡眠欲

③ 性欲

欲がすべて悪いわけではなく、プラスにもマイナスにも働きかけます。

しかし、欲が優位になったとき、病気など災いが起きてしまいます。

欲を認め、反省することは大切ですね。

欲を認め、反省することで、人生の選択肢も増えます。

つまり、自己顕示欲をプラスに働かせ、人生には辛抱しないといけない時もあることを知る

ガンを克服の成功を掴むためには必要なことです。

ご相談ください
TEL 084-925-1271

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

大根を使った民間療法

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

大根シロップ・大根のど飴は、昔から伝わる民間療法です

大根に含まれるビタミンCは、大根の中心部分よりも皮のほうが約2倍も多く含んでいると言われています。

皮はむかずに、丸ごと使うことをおススメします!

ビタミンCは、風邪予防やストレス緩和に効果があり、また、発ガン性物質の生成も妨げると言われています。

そこで、民間薬として昔から親しまれてきたのが、大根シロップや大根のど飴と言われるものです。

風邪の引きはじめや、のどの痛み、炎症などの改善にとても有用です。

【作り方】

大根を皮のまま、さいの目に切り、タッパーなどの容器にいれます

大根がかぶるように、はちみつをたっぷりかけ、ひと晩おきます

大根のエキスがしみ出たはちみつを飲みます。

紅茶や番茶に入れて飲んでも、体も温まりいいですね

また、水か、ぬるま湯で薄めて、うがいに使ってもいいですね

特に、薬を避けたい小さな子どもさんの咳などには、ぴったりです

もちろん大根も食べれますよ!

ビタミン、ミネラルが豊富な はちみつはこちらから

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

辛いがん治療の実態

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

苦しい、悲しい、つらい・・・

このままでは、良くなるどころか悪くなる気がする。

抗ガン剤、放射線でどんどん弱っていく自分がいる

そんな思いで治療を受けている人もいます。

抗がん剤医薬品添付文書はこちらから

化学療法をしたくない、と拒否し続けてきたものの病状が悪化してしまい緊急入院となったケース

家族の希望があり、本人が拒んできた化学療法が開始される

緊急時を乗り越えたら、本当は全部拒否して帰るつもりだったのではないでしょうか・・・

しかし、家族の考えと、これから先の生活のこと、病院との関わりを考えたら、拒否が出来ない苦しさがあるようです。

放射線後の焼けだだれた痛みでやつれ、激やせし、笑顔が消えていく・・・

放射線後、高熱で弱っているなかでも抗ガン剤が投与される・・・

体調など関係なく続く治療

痛みと苦しみで、離れている子どもを思う気持ちすら、失われていく日々・・・

どうやって前向きになればいいのか・・・

抗ガン剤で殺されそう・・・

彼女の苦しい訴えは、本当につらいです。

彼女が緊急入院をする直前に出会いましたが、本当に明るく元気な印象を受けました。

さまざまなことに気付かされ、「さあ、これから!」という時に緊急入院になってしまったようです。

今まで彼女が自分で取り組んできたことが、一瞬にして覆され、望まない方向で治療が開始され、毎日がつらく、悲しく、涙を流している日々だそうです

何が良い、何が悪いではなく、本当に必要かどうか、本人が望む道かどうか、そこが大切だと思います。

やればやるだけ弱っていく、本人が死の恐怖を感じる、希望感がないことをして、本当に良くなるのでしょうか・・・

もちろん、家族は彼女に良くなって欲しいという思いからでしょう、。

本人も同じことを望めばこういう苦しい、つらい思いは出ないでしょう。

しかし、家族と本人の考えが違うことから起きてしまいます。

以前にも同じような方がいらっしゃいましたが、耐えきれず病院を飛び出てしまいました。

家族が同じ方向をむけれることが一番の支えになります。

そうであれば、どんな結果になっても本人は納得出来るのではないでしょう・・・

他人ごとと思わず、いざという時のことを日頃から家族で勉強し、話し合っておくことが大切ですね。

こんな苦しみのなかでも、感謝の気持ちを大切にしたいという彼女の心には、本当に頭が下がります。

ただ、自分に嘘をついてまで感謝をするのは間違いですね・・・

素直に感謝出来ることに感謝をすることです。

がんを治す・感謝の心はこちらから

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

彼女の心が少しでも穏やかに保たれることをせつに祈っています。

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

本質を見極めて取り組む食事療法

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

食事療法の考え方はさまざまです。

どれをとっても賛否があります。

例えば、大豆製品のなかの豆乳

豆乳は、大豆イソフラボンで女性ホルモンの分泌量を適切に調整してくる働きがあり、乳ガン予防に推奨する考えがあります。

一方、豆乳は体を冷やす作用があるということ

そして、非発酵の大豆は、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)など人体に有害な作用を持つ植物性化学物質が含まれているため、タンパク質の消化と吸収を阻害して、亜鉛や、カルシウム、マグネシウム、鉄といった必要なミネラルの吸収も邪魔してしまう働きがあります。

だから豆乳は、ガン予防やガンの方には不向きだという考え方

全く違いますね。

何を必要としているのか、何を主に取り組みたいのかによって必要性が変わってきます。

がんを治す・食事で細胞修復はこちらから

野菜についても賛否があります。

生野菜は、体を冷やし、体温を下げるという考え

生野菜は酵素を補うので代謝があがり、結果、体温が上がるという考え

真逆ですね。

それですべてを判断するのではなく、野菜の種類や特徴、有用成分によって、生野菜にするのか、温野菜にするのかを使い分けることが大切です。

例えば、同じ食物繊維であっても、食品の性質によって、生の方が摂取しやすいもの、火を通した方が摂取しやすいもの、全て違うわけです。

そして、人間も同じように、体質、環境、ガンになった原因、全て違うわけです。

自分は、どこの部分を強化したいのか、何が必要なのか

きちんと体の声を聞いて、自分に必要な食品、調理方法をすることが大切ですね。

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

数字のトリックがこんなところに

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

自分が服用するにあたって、薬の治験データーの詳細など目にすることはまずありませんね

ですが、薬の効果や確率については聞くこともあるでしょう

例えば、骨粗鬆症の薬をすすめられ、「骨折の可能性が50%減る」と言われたら、その薬に魅力を感じてしまうかもしれませんね!

骨粗鬆症の薬「フォサマック」の治験データーについて、興味深いことを宇多川久美子先生が書かれています。

【骨折の可能性が50%減る】

「この薬を飲まなかった100人のうち骨折したのは2人だった。

 飲んだ100人のうち骨折したのは1人だった。」

~宇多川久美子先生ご著書より~

なるほど!

確かに2人が1人になれば50%ですね

間違いではないですが、100人が50人になった、とでは話が随分違いますね

これぞ数字のトリックですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

生理痛を軽減する民間療法

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

生理痛の鈍い下腹部の痛みはつらいですよね

鎮痛剤を飲む前に・・・

試してみませんか!?

生理3~4日前から始める 生理痛を軽減する民間療法です

いつもより濃い目に番茶を入れます。

お湯呑に入れた番茶にすりゴマと自然塩 (ゴマと塩合わせて小さじ1杯目安) を入れます。

1日4~5杯くらいを生理が終わるころまで飲みます。

番茶も自然塩も体を温める効果は抜群ですね

お風呂にもカップ1杯の自然塩を入れて入浴すると良いですね

もちろん根本から体を整えていくことが一番大事です。

何が原因で生理痛や生理不順が起きているのか、自分の体の声を聞いてみることですね!

ビタミン・ミネラルたっぷりの自然塩はこちらから・・・

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

22時から3時はがん治しにとって大切な時間

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

【早寝早起き・早起きは三文の徳】

早起きは、朝の新鮮な氣を感じ、朝陽に感謝してエネルギーを頂くことが出来ます。

そして、早寝は生命の活性源ともなります。

私たちの体は、酵素やミネラルが働いて、22時から3時の間の細胞が作られています。

毎日どんどん発生しているガン細胞もこの時間に修復されます。

がん細胞・自然治癒力はこちらから

正常な細胞をつくるためには、この時間は寝ていることが大切です。

細胞が生まれ変わったり、またガン細胞が修復される時間に起きていると、正常な修復が出来なくなるだけでなく、交感神経が緊張状態になります。

夜になっても、交感神経が働きっぱなしでいると、リンパ球が増えません。

健康な体をつくりたければ、遅くても22時には床につき、細胞が活性化できる環境を整え、副交感神経を優位にすることです。

また、成長ホルモンの分泌も22時から2時までと言われています。

成長ホルモンは組織を修復し、体力を回復させることで病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。

分泌される時間、つまり睡眠中に体のメンテナンスをしているのです。

22時から3時は寝る

この時間はしっかり寝て、細胞の修復、免疫力アップに心がけたいですね。

早く寝れば、早く起きれます。

朝陽を見る生活をすることが、本来の生き方なのです。

ご相談くださいね
TEL 084-925-1271

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

チーズを毎日食べると骨折しやすい??

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

チーズを食べると骨折しやすい!?

一見、逆のように思えますね

日本人で、チーズを1日 一切れ以上食べる人と全く食べない人とを比較してみたところ、大たい骨 骨折率は、チーズを食べている人は約4倍という報告が・・・

牛乳を飲むほど骨折しやすくなることは、随分知られてきましたが、チーズも同じですね

その原因は、牛乳に多く含まれるたんぱく質とリンです。

これらを消化しようとするときに、骨からカルシウムが溶け出すのです。

そして、骨粗しょう症などの原因にもなります。

発酵乳製品に多く含まれている「ガラクトース」という物質が、老化を促進し寿命を縮めることが動物事件でもわかっています。

昔から言われてきた 『丈夫な骨をつくるために牛乳を飲みましょう~』というフレーズ

これは、なんだったのでしょうね・・・

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

原因療法で本当の健康を手に入れる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

精神的な部分も含め、からだ全体を診る東洋医学

分析化学の基本に、体を専門的に分散化して診る西洋医学

療法で分ければ、対症療法と原因療法があります。

対症療法とは、表面的な症状の消失、あるいは緩和を主目的とする治療法をいいます。

表面に表れた状況に対応して物事を処理することであり、根本を解決するものとは違います。

原因療法とは、原因そのものを制御する治療法をいいます。

根本からの治療には、原因療法や自然治癒力の助けが必要です。

対症療法と原因療法は相対的になります。

ガンになるまでは、私も対症療法に頼っていました。

咳が出れば、咳止め

頭が痛ければ、頭痛薬

便秘をすれば、下剤

血圧が高ければ、降圧剤

これらが対症療法です。

西洋医学が対症療法にあたります。

病気を治している訳ではなく、表面に出た症状を抑え込んでいるだけです。

頭が痛い原因を取り除かず、痛みだけを抑えたのでは、また頭痛は起きてしまいます。

頭痛が起きる原因は何か・・・

体の冷えからくる血流障害から起きていることも

ストレスから交感神経が過剰になり酸素が少なくなって起きていることも

運動不足で筋力の低下から起きていることも

これらの原因を取り除いていくことで、本当の健康なからだを手に入れることが出来ます。

がんや病気の原因を知るはこちらから

この場合だと、体を温めたり、ストレスの緩和に努めたり、運動をしたりするのが原因療法ですね。

原因療法よりも薬に頼ることをしてしまうと、同じことが繰り返されるだけではありません。

薬は、体温を下げ、活性酸素を増やしてしまい、体内に毒素を増やします。

緊急時を除き、対症療法は結果として、人間が本来持つ自然治癒力を低下させていきます。

がん細胞・自然治癒力はこちらから

不調なところがあるということは、体温をあげてください、活性酸素を増やさないでください、自然治癒力が下がっていますよ、という体の声、サインです。

これを聞き逃さないよう、体が嫌がることではなく、体が喜ぶことをすることです。

ガンも同じですね。

体が悲鳴をあげていることに気付かなければなりません。

ご相談ください
TEL 084-925-1271

救われる命はもっとあるはず
発信していきます

新医学宣言に協賛しております
詳しくはこちらから

心身共にキレイになることを教えてくれたガン

ガンに感謝して・・・

心豊かに美しく生き生きと輝くガン治しでありたい

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ  

ぶどうの残留農薬

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

果物の美味しい季節ですね

秋の味覚を楽しみたいですね

そのなかでも、農薬に気を付けてたいのが、ぶどうです。

ぶどうの残留農薬許容量はEU基準に比べて、驚くことになんと500倍

子どもがぶどう一房を(500g)を食べただけで、許容量を4割もオーバーしてしまう
(船瀬俊介氏ご著書より)

これにはびっくりしますね

完璧に除去することは出来ませんが、農薬は最大限除去して食べさせたいですね

そして、綺麗に皮を剥いて口に入れるようしたいですね

がん自然治癒の法則・がんが治る生き方・がん自然療法  広島県福山市  塚本みづほ