食で作ったがんは食で治す

【食が病をつくり 食が病を治す】

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

砂糖はガンのエサになります。

食べ過ぎはNK細胞の働きを弱めます。

ガンになるまでには、どれだけの贅沢があったのでしょうか。

食生活の乱れが積み重なり、長い年月をかけ、ガンをつくっています。

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

食でつくったガンは、食でなおす

ガンをなおすには、食生活の改善と月日、費用が必要です。

なおすには、今まで贅沢してきた分、その何倍のエネルギーと時間、費用がかかることは当然です。

すぐになおると思い甘くみていると、再発をしてしまいます。

それだけ長い年月、体に負担をかけてきたのですから・・・

肉や乳製品は、長い腸を通過していくうち、腐敗がおきインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液は汚れ、抗酸化力も弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

除去出来なかった活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

特にお仕事などで、外食が多い方は抗酸化の栄養補助食品を積極的に摂ることをおススメします。

人間の三大欲である食欲

浴にもバランスが必要であり、欲が優位になったとき、病気など災いが起きてしまいます。

特に砂糖をつかった嗜好品は浴そのものですね・・・

ガンのエサであっても食べますか??

浴や執着をとることが出来れば、食生活の改善もストレスなく出来るようになります。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

自ら熱を発する体でがん治し

毒だしには、下半身を鍛えることが重要になってきます。

有害毒素を排出しやすくするには、下半身を動かすことです。

運動をして、足が温まると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

ガンの方は体温が低くい方が多く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。

血流が悪くなると酸素の運びも悪くなり、低酸素の状態をつくってしまいます。

低体温、低酸素はガン細胞が好む環境ですから、この環境から脱出することがガンなおしの基本です。

特に女性はもともと筋肉量が少ないうえに、更年期時期に体温が急激に下がってしまうことがあり、低体温になりやすい体です。

お風呂に入って湯舟のなかで、ふくらはぎをマッサージして、リンパの流れを良くすることも効果的ですが、自ら熱を発する体づくりをしていくことが大切です。

体を鍛えるのに良い時間は朝です。

朝は、体温が一番低い時間です。

この時間に運動をすると、より効果的に熱を発する体づくりができます。

スクワットや階段を上がるなど、下半身をしっかりと鍛え、筋肉をつけていくと自然と体温は上がり、また体内の毒出しもスムーズにできるようになります。

同時に腹部の筋肉も鍛えると、便秘の解消にもなります。

便秘の原因のほとんどは筋肉量の不足です。

サプリメントや野菜を摂っても出ないといわれる方は、腹筋を鍛える運動をおススメします。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんの原因になる酸化現象を抑える

初期ですから取り除いてしまえば安心です、という言葉を鵜呑みにしていたら、

気付けば末期になっていた・・・という方から相談をうけます。

ガンになった原因を取り除かない限り、誰しもがそうなる可能性はあります。

必ず原因があって、ガンという塊が出来ています。

食生活の乱れや、睡眠の問題、体の冷えや、運動不足、そしてストレス・・・

原因はさまざまですが、これらは体の酸化を引き起こします。

そして体の酸化は、ガンをつくります。

体が酸化する原因をそのままにしていては、また同じことを繰り返してしまいます。

また、手術などで傷ついた臓器は酸化が進み、ガン化しやすい状態になります。

再発の原因になる酸化現象を出来るだけ抑えることが大切です。

初期のガンだけでなく、前がん病変でも同じですね。

特に、子宮頸ガンの前がん病変による円錐切除術をうけた数年後、進行ガンとなって見つかるケースが多いですね。

切り取ってしまったら安心ではなく、その分、リスクを背負っていることを知っておかなくてはいけません。

また、人の臓器には、ガンに対抗する防衛機能がそれぞれ備わっています。

体を守ってくれているものを取り除いてしまうのですから、生体の防衛機能を失い、自然治癒力を低下させてしまうことはいうまでもありません。

大切なことは、人任せにせず、体に対する自分の意識を変えることです。

初期であっても再発転移を起こし、残念な結果になる人はたくさんいます。

末期であっても、ガンになった原因をきちんと取り除き、今までの常識を覆し、生き方を変え、ガンを克服する人はたくさんいます。

ガンは自分がつくった病気ですから、自分の心と体にしっかりと向き合い、意識を変えて取り組むことが大切です。

がんが治る生き方とは・・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

余命宣告を受けても元気になる人は

余命宣告を受けたことで本人はもちろんのこと、ご家族にとっても大きな衝撃となります。

途方に暮れ、相談してこられる方が多いのですが・・・

まだまだやっていないことがたくさんあり過ぎます。

出来ない理由をつくっている方もたくさんです。

出来ないのではなく、やっていないだけのことも多くあります。

命と本気で向き合うときは、出来ない理由などないはずです。

ガン宣告を受け、今まであれだけの時間があったのになぜ?と思うところですが・・・

自分次第であることにまずは気付いていかなくてはいけません。

そして、何かのせいになっていませんか?

方法は人それぞれですが、なおる人は覚悟を決め、自分の信じた道を徹底して取り組んでいます。

なおらない人は、どれもが中途半端になっている人です。

上手くいかなければ何かのせいになったり、すぐに結果を求めてしまい途中でやめてしまうなど、何もかもが中途半端になっています。

なおしたいといいながらも、優先順位が違っていたりします。

人生には、我慢をしなくてはいけないときもあります。

人生には、必死に取り組まなくてはならないときがあります。

人生には、自分と徹底して向き合い、孤独に耐えないといけないときもあります。

それが、ガンになった今であることに気付かなければ、また同じことが繰り返されてしまいます。

長い期間をかけつくってきたガンです。

克服、共生される方は、徹底しています。

新たな価値観を構築すること

ライフスタイルを徹底して改善していくことです。

どんなに周りが騒いでも、やるのは自分しかないのです。

すべては自分次第です。

余命宣告を受けても、元気になられる方はたくさんいます。

キーワードは、気付きです。

そして、執着を手放すことです。

何より実践です。

自分自身の愚かさに気付き、自分自身を信じることから始まります。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

癒すがん治し

ガンをなおすには、さまざまな方法があります。

どうしてガンになったのかを考えてみると、どんななおし方が良いのか見えてきます。

体を酷使し、闘う生き方をしてガンになった人

自然の摂理を無視し続けてガンになった人

自分らしくない、不自然な生き方をしてきた人

それぞれ違うと思います。

睡眠時間を削り働いてきた、石油製品である薬に頼ってきた、添加物がいっぱいの食品を食べてきた、自分の気持ちを押し殺してきた、生活が楽しめなかった・・・

何かしら思い当たる節があると思います。

いづれにしても自分の体が何かと闘っていたり、体をむしばむことをしていたから、ガンになったのです。

次は、闘う生き方ではなく、癒す生き方をしていかなくてはなりませんね・・・

ガンなおしも闘う治療だけでなく、癒す治療もあります。

つまり、私たち人間の生命体の法則にあわせた療法です。

ガン細胞も自分の大切な体の一部です。

だから、切り取り、焼き、薬品はガン細胞を痛めつけると同時に自分の体を痛めつけていることになります。

私たちは日々さまざまな面で、癒しというものを求めています。

これは生命体にとって自然なこと

ガンなおしにおいても同じではないでしょうか・・・

特に女性は、明るく美しいガンなおしでありたいですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

笑いで免疫力を上げる

どんな人でも、毎日数千から数万のガン細胞が生まれてきています。

毎日生まれてくるガン細胞を退治してくれているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞です。

ナチュラルキラー細胞の働きが活発だと、ガンになりにくいとされています。

ナチュラルキラー細胞を活性化するには、食事、呼吸法、運動、健康食品、温熱などさまざまな方法があります。

そして、ナチュラルキラー細胞を活性化するもっともっと身近にあるものは、笑いです。

笑うと、神経ペプチドが活発に分泌されます。

笑うことにより生産される神経ペプチドは、血液やリンパ液から流れ、ナチュラルキラー細胞にくっつき、ナチュラルキラー細胞を元気にすると言われています。

元気になったナチュラルキラー細胞は、ガン細胞だけでなく、体に害を及ぼす物質を退治してくれるので、免疫に働きかけ病気になりにくいとされます。

笑いは、免疫を高めるだけでなく、免疫システムのバランスを整える効果があることもわかっています。

その逆に、怒りや悲しみなどのストレスは、ナチュラルキラー細胞の働きを低下させ、免疫力システムのバランスも崩してしまいます。

笑いは自律神経にも働きかけ、日中であっても笑うと副交感神経が優位になります。

そして、体内に酸素がたくさん取り込まれるので、血流もよくなりますね。

「笑いに勝る良薬なし」 とはよくいったものです。

笑いは、モルヒネに勝る痛みなどを軽減する鎮静作用があるといわれています。

さあ!

今日から声を出して笑いましょう。

大きな声で笑う練習もガンなおしですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんの療法を選ぶのは自分自身

ガンに対する考え方はさまざまです。

ガンの三大療法は西洋医学であり、ガン細胞は宿主が亡くなるまで無限増殖し続けると考えます。

抗ガン剤や放射線をつかって直接的にガンを攻撃します。

「毒をもって毒を制す」 という方法です。

一方、化学的な薬物を使わず、食事療法、温熱療法、気功や健康食品、ヒーリングなどを使う方法があります。

これは免疫を上げることでガン細胞の増殖を止め、自然治癒力でガンを退縮させる考えです。

治癒に向かうときの現象も西洋医学とは真逆です。

『自然治癒力でガンが自然退縮するときに、腫瘍は増大し、マーカーが上がり、また転移をする』

自然治癒力を重きにおく考え、西洋医学の考えは、捉え方が全くといっていいほど違います。

現代医学は、19世紀のヨーロッパの細胞病理学者ウイルヒョウの定義で成り立っています。

このウイルヒョウの定義は、200年間にわたり、私達の中に固定観念として定着してきましたから、ほとんどの人がこの定義を基本とした療法を抵抗なく受け入れます。

この学説では、人が本来持つ自然治癒力・免疫力の存在は残念ながらありません。

ですが実際に、免疫を上げることでガン細胞の増殖を抑え、自然退縮させた方はたくさんいらっしゃいます。

どれを信じるか、どの方法を選ぶか・・・

自分自身です。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんを克服する8つのキーワード

『幸せとはなにか』 

広くとりとめのない漠然としたものでしかありませんでした。

その幸せも誰がどのようにつくるものなのかも考えたことすらなかった気がします。

あの頃は、様々な問題や悩みが起きながらでも、毎日が当たり前に過ぎていたからでしょう。

ガンとの出逢いで大きく変わりました。

不足しか見ていない自分、感謝がない自分、不自然な生き方をしている自分に気付かされました。

なんて愚かな生き方をしてきたことでしょう。

なんて勿体ない時間を過ごしてきたのでしょう。

妻として、母として、女性として、ひとりの生かされているこの世の人としての生き方を考えさせられました。

どう生きたいのか・・・

どうありたいのか・・・

自分の愚かさに気付き、今、生きていることに感謝が出来たとき、私の心の迷いが解けました。

そして、ガンという塊に目を向けることではなく、真の健康、真の幸せ、真の美しさに目を向けることで、ガンからの克服をいたしました。

ガンなおしは、視点を変えること

新たな価値観を構築することです。

ガンと出逢い体得した8つのキーワード

たくさん方から 「勇気を頂きました」 「自分に自信がつきました」 「自分の生き方に気付かれました」 などの嬉しいお言葉を頂いています。

人の喜びが私の喜びです。

この喜びによって、細胞が活性化されています。

皆様からの温かいお気持ちを心から感謝いたします。

感謝や幸せを感じて暮らすこと

これが、ガンなおし、ガンと共に生きていくための秘訣です。

そして、このブログを毎日真剣に読んで下さっている方がたくさんいらっしゃいます。

何かに気付いて頂けたら幸せです。

真の健康、真の幸せ、真の美しさへのライフステージへ・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

子宮を冷やす生理用品を避ける

女性の必需品である生理用品

男性でも諸事情で使われることがありますね。

多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれています。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのものです。

実は、この生理用品で体を冷やしている可能性があります。

生理用品は、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっている上に、女性の子宮は、袋状の臓器でありとても冷えやすい場所でもあるので注意が必要です。

そして、多くの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

膣は、最も経皮毒を吸収しやすい場所です。

塩素漂白剤で毒素を体に入れていることになります。

特に毎日使うおりものシートは、気を付けたいものです。

これら経費毒や冷えは、女性の生理不順や生理痛、不妊にも関係してきます。

そして、ガンなどの病気を引き起こす原因になっていきます。

特にガンの方は、冷えは大敵です。

体を冷やさないよう、きちんとした生理用品を選んで使うことをおススメします。

子宮の冷えは、解毒機能を低下させます。

子宮の冷えは、自律神経を乱し、免疫を低下させます。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

癌を作る生き方とは?子どものころからの偏った生き方が・・・

ガンは長い期間をかけつくられた病気です。

毎日の積み重ねでもあります。

日本人は、とても真面目であり、無理をしてでも、深夜になってでも働きます。

長時間の交換神経緊張状態は、ナチュラルキラー細胞の活動を抑制してしまい、ガン細胞がどんどん増える環境をつ
くってしまいます。

また細胞が修復される時間に起きて活動していると、ガン細胞を正常細胞に修復できなくなります。

ストレス社会で無理をしたことによって、働き盛りの年齢にガンが増えているのです。

しかし、子どもたちは逆です。

豊かな暮らしが出来る今の子ども達は、運動不足と食べ過ぎ、過保護状態で副交感神経が常に優位に偏ってしまい、病気に対する能力が低下しています。

副交感神経が優位に偏り過ぎると低体温になります。

また、冬場は暖房などで体を温め過ぎるため、体が自ら体温を上げようとしなくなるのです。

子どもの頃の生き方は思う以上に、大人になった今でも影響を与えています。

体を鍛えられ育った人は、体温も高く自然治癒力も高くなっています。

過保護に育った人は、自ら体温を上げることが出来ず、自然治癒力も低下しています。

この長い期間の積み重ねが、やがてガンをつくってしまうのです。

大人になって変えていくことは大変ことです。

変えていくことに気付けばまだよいのですが、気付かなければ病気の道にどんどん進んでいきます。

2人が1人ガンになる時代です。

2人子どもがいたら、そのうちの1人がガンになるわけです。

そして、今の子ども達が大人になる頃は、もっと増えていることでしょう。

これも私たち親の責任ではないでしょうか・・・

無理をした生き方は、交感神経が過剰となり、体を壊してしまいます。

また、楽すぎる生き方は、副交感神経ばかりが働き、機能低下で体を壊してしまいます。

すべてはバランスです。

これ以上、ガンを連鎖させないためにも偏り過ぎた子育てにならないよう気を付けたいですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)