食べ過ぎはNK細胞の働きを抑制する・がんの原因

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

食は生きる源であり、がんの原因にもなります。

【食ががんをつくり、食でがんをなおす】

アメリカのマクガバンレポートでも報告があるように動物性の食べ物が癌を増やしています。

ガンになり、初めて食事について本気で考えたと言われる方も少なくありません。

癌は、病ダレに口3つ(品)に山と書きます。

品のあり過ぎ、食べ過ぎががんと言われています。

少食ががん細胞を減らすはこちらから

食べ過ぎは体の免疫を下げ、酵素の働きも低下させてしまいます。

酵素は、食べたものを消化するとき、また排毒やガン細胞など、細胞の修復に使われています。

消化の方で酵素を使いすぎると、残った酵素だけでは正常な排毒や修復が出来なくなります。

特に朝昼晩の食事以外に1日中だらだらと食べてしまう人

大切な酵素を使いきってしまうだけでなく、NK細胞の働きを低下させてしまいます。

私たちはお腹がいっぱいになると動くのが億劫になったり、眠たくなったりします。

NK細胞も私たちと同じように、お腹がいっぱいになると活動をしなくなります。

NK細胞がお腹いっぱいになり、動かなくなると何が起きるでしょう・・・

日夜、私たちの体内をパトロールして癌細胞を見つけては攻撃してくれているNK細胞です。

NK細胞免疫を上げるはこちらから

このNK細胞の働きが抑制されると、癌細胞は増殖し続けることとなります。

逆にお腹を空かせたNK細胞は、がん細胞を瞬時に捕らえる最強のハンターになるのです。

人間は食べたもので細胞をつくっています。

質の良い栄養を摂ることで、質の良いNK細胞がつくられます。

そして、NK細胞が最強のハンターになってくれる空腹の時間をつくることが大切です。

そのために注意すること

●必要以上に食べない

●決まった時間に食事をする

●消化に悪いものは避ける

●1日1〜2食を目指す

●食事中の水分は消化を遅らせるので控えめにする

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

私の愛用品はこちらから

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

がんを治す生き方…お問い合わせください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自分にあったがん療法は直感で決まる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

突然ガンと言われ、どうするべきか、色々と調べますね。

特に、現代はネットという便利な環境があるので調べることは簡単です。

私もガンになった時そうでした。

まずは、自分が置かれた現状を知るために、震えながら、ガンのステージ、治療法について調べました。

怖くて仕方なかったのを覚えています。

がん自然治癒・がんを恐れないはこちらから

そして、次に 『ガンに効く』と言われているものについて調べました。

藁をもすがる思いだったですね。

そんななかで、私は直感が働いたものをやろうと決めました。

しかし、他にも良いものがあるのではないかと気になり、また次を調べていた自分がいました。

ところが、いろいろ調べていると、気持ちが揺れ、何が正しいのかわからなくなり、自分の直感すら、疑うようになってきました。

私もこのような経験をしているので、気持ちはよく分かります。

ですが、調べれば調べるほど、大事な直感を鈍らせてしまいます。

がんの治療法の選び方・自分で決めるはこちらから

ガンなおしは人それぞれです。

これをやったらガンがなおる

これを飲んだらガンがなおる

それも人それぞれ違うのです。

他人を参考にするのではなく、自分の直感を大事にすること

この療法はどう思いますか?

このサプリはどう思いますか?

とよく聞かれますが、それもみんな違うのです。

皆に100%効くものはありませんね・・・

自分で選ぶことが、ガンなおしです。

人や物に依存するのではなく、なおすのは自分であることをしっかりと自覚することが重要です。

あれもこれもと欲が出たり、悩みすぎると、直感が鈍り、信念までもが揺らいできます。

がんを治す・信念と執着の違いはこちらから

これが、失敗を招くもとです。

これだと決めたら、自分を信じて、徹底してする

プラスの思考が、揺るがぬ信念となり、やがて現実をつくるのです。

悩み過ぎると、エネルギーも失い、ガンの道に進みます。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

何が正しいかは、誰にもわからないこと

神のみが知る世界です。

自分の直感を信じて、おおらかな心でガンなおしに励まれることを祈っています。

直感が働く自分になるには、執着を捨てること

自分を信じたいなら、朝陽を拝むことです。

がんを治す・感謝の心はこちらから

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がん細胞の修復・睡眠中の代謝を上げる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

体温を下げない食事の仕方とは・・・

冷たいもの、体を冷やす食品は避けること

そして寝る3時間前には済ませることです。

食べた物は酵素によって消化され、必要な栄養分が腸管から吸収されます。

胃で消化にかかる時間は、およそ3時間

炭水化物、タンパク質、脂質の順に消化されていきますが、この間、血液は胃に集められます。

特に冷たいもので胃が冷えてしまうと、胃を守りための体の防御機能が働き、全身の血液が一気に胃に集まってきます。

その間、腎臓、肝臓、脳、心臓などは、血液が不足した状態になっています。

血液が不足すると、体温が低下し代謝機能が落ちます。

体温が低下すると老廃物などの排出がスムーズにできなくなり、癌などの病気を引き起こしてしまいます。

体温を上げる・免疫アップはこちらから

とくに睡眠中は、体温が下がりやすくなります。

明け方は日中に比べて1℃近くさがってしまいます。

日中の体温が36℃なら、睡眠中は35℃になっているかも・・・

35度台はがん細胞が活発になってしまいます。

胃の中に食べ物があると、さらに体温は下がってしまいます。

睡眠中は、代謝機能が最も働く大切な時間です。

代謝を上げていくためには体温が必要

睡眠中も体温を落とさないよう、胃の中のものは消化してから睡眠に入るよう気をつけたいですね。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

大自然の恵み・私の毎日の愛用品はこちらから

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

自然体に近づけることが、がんを遠ざける

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

食べ過ぎ・頑張り過ぎ・悩み過ぎ・極度なストレス・薬の飲み過ぎ

これらが、ガンをつくっています。

食べれば食べるだけ、治癒力を低下させてしまいます。

少食で長寿遺伝子スイッチが入るはこちらから

頑張り過ぎ、悩み過ぎは、交感神経が過剰に働き、血流を悪くし、免疫を低下させます。

ストレスは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内に毒素を溜めやすくなります。

がんの原因であるストレスをなくすには・・・・・はこちらから

薬の飲み過ぎは、活性酸素を大量の発生させてしまい、体を酸化させてしまいます。

今や、2人に1人がガンになる時代です。

しかし、野生動物は、ガンにならないそうです。

野生動物は、人間のように食べ過ぎることがありません。

当然、薬を飲むこともありません。

野生動物が人間と最も違うところは、言うまでもなく自然体で生きていることですね。

野生動物を見てわかるように、人間は、不自然な生き方をしているからガンになるのです。

がん治しは野生動物を見習えはこちらから

食をはじめとした環境を、自然体に近づけること

日本人にあった食事をすることが自然体です。

朝陽が昇る時間には、目覚めることも自然体です。

出来るだけ、緑を見て生活することも自然体です。

空気の良い早朝、朝陽を見ながら、河原や公園、神社など散歩をするのも良いでしょう。

体がとても心地よく感じ、心も洗われ、1日にの良いスタートになりますね。

また、自然体とは、環境的問題だけでなく、心理的なものもそうです。

無理していい人でいたり、他人に気を遣いすぎたり、必要以上に頑張りすぎたり、泣けなかったり、本音が言えなかったり・・・

自然体の自分ではない生き方をしてきた人が、ガンになっています。

ありのままの自分 自然体で生きてみませんか?

自然体に近づけること

これが、ガンなおしの秘訣・ガンなおしの生き方です。

がんを治す生き方・・・お問い合わせください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

ゴマの抗酸化力

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

さまざまなお料理の脇役で使われているごまですが、もっと積極的に使う価値があることをご存知ですか!?

ごまに含まれるゴマリグナンには活性酸素を除去する力があります。

つまり、活性酸素によって酸化していく体を、ごまの抗酸化力で酸化を防いでくれるのです。

水溶性の抗酸化物質である、ビタミンCやカテキンなどは血液中の活性酸素を除去してくれます。

一方、ごまのゴマリグナンは、血液中ではなく、肝臓に届いて、はじめて抗酸化作用を発揮してくれます。

肝臓で働いてくれる抗酸化作用は、様々な面で大きなパワーを発揮してくれるでしょうね

肝機能が向上することで、肌の細胞の代謝を促進し美容にもとても良いと言われているごま

しかもお手軽に使え、何にでもよく合うごま

白いご飯にも野菜にも、しっかりとごまをかけて頂きたいですね

ごまの硬い外皮をすって使うと、消化・吸収がされやすくなります。

このひと手間が、ごまのパワーをさらに活かすことになるのですね

例えば、すりごまと、はちみつを混ぜると、ダブルの抗酸化作用が期待できます

お湯で溶いて飲んだり、パンにぬったり、またお料理の味付けにもよいですね

たかがごま、されどごま

ごまのパワーをしっかり頂きたいですね

生き生き輝く女性の楽しい素敵な商品がいっぱい
私の毎日の愛用品はこちらから

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

増え続ける子宮頚がん・円錐切除術後の再発

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

増え続ける子宮がん

子宮頸がん、子宮体がん、どちらも30代、40代といった子育て世代の方からのご相談が増えています。

子宮頸がんの原因とされるヒトパピロマウイルス

がんになるウイルスと聞けば怖くなりますね。

日本女性の約8~9割が感染しているといわれるヒトパピロマウイルスですが、通常は自然に排除されるウイルスであり、本来は怖がるものでもないようです。

怖いのはウイルスではなく、ウイルスが排除できない自分の体です。

つまり免疫力が低いということです。

これは、ヒトパピロマウイルスに限らず、カンジタなど菌も同じですね。

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの方は、カンジタ症に悩まされた経験がある方が多いです。

免疫機能機能の低下・がんとカンジタの関係はこちらから

少し疲れいても免疫力があれば、自然治癒力が働き、真菌の増殖は防ぐことが出来るのです。

ウイルスや菌を排除できないのは、まさに免疫力、自然治癒力の低下を意味していますね。

がん細胞・自然治癒力はこちらから

その究極の状態が癌です。

子宮がんの検査は、細胞を採取します。

自然治癒力がない人が、検査で細胞を採取すればその傷口はどうなるでしょう。

自然治癒力の低い人は、傷口を再生する力もないため、細胞は酸化したままとなり、やがて癌化していくことも・・・

異形成が癌に変化する・・・

検査によって、細胞が傷つけられ癌が出来ていることも考えらえますね・・・

たとえ小さな傷でも、細胞を切り取ることは体にとって大きなダメージを与えています。

とくに子宮頸がんの円錐切除術

初期の子宮がんで円錐切除をした後、進行がんになったと言われる方は少なくないです。

なぜ、子宮がんになったのでしょうか・・・

免疫力が低いからです。

自然治癒力が低いからです。

傷口が癌化するのも理解できますね・・・

そもそもなぜ、免疫力、自然治癒力が低いのでしょうか・・・

栄養が偏っていませんか?

常にストレスを抱えていませんか?

体が冷えていませんか?

化学物質たっぷりの生理用品を使っていませんか?

まずは、自然治癒力が低下した原因知り、取り除く

そして、バランスのよい栄養、体温、明るく前向きな心で免疫力を高めていくことが大切です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身でしっかりとお選び下さい。)

喜びを感じて低酸素からの脱出

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

喜びを感じて生きていますか?

特に楽しいことも無いから、と言われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

喜びもなく、毎日悶々とした気持ちで過ごしていると細胞だって元気をなくしてきます。

喜びのない生き方は、気がつかないうちに低酸素状態になっていることも…

ガンになって、クヨクヨしていても低酸素状態に陥るだけで、ガンもよくならず、何の得もありません。

低酸素は血流を悪くし、低体温を招きます。

低体温になると、氣が滞り、さらに酸素の運びが悪くなります。

まさに、負のスパイラルですね。

ガンは、低体温、低酸素、高血糖の状態が招いた病

本来、この状況から脱出しなければならないのです。

この状況を改善していくようにすれば、ガンは増え続ける事もなく、自然退職が始まると福田稔先生はおっしゃいます。

喜びは自分でつくるものです。

向こうから訪れてくるものではありません。

周りには、数え切れないほどの喜びがあることに気がついていないだけです。

家族がいることも、ご飯を食べれることも、朝、目が覚めることも喜びです。

喜びを見つけるのが人生

大きく深呼吸してみましょう。

空気がキレイな早朝、窓を開け

氣の流れと朝陽のエネルギーをしっかりと感じてください。

目を閉じて、体内の毒素を吐き出す気持ちで、ゆっくりと口から息を吐き出していきます。

今度は、体の隅々に酸素が行き渡っていくイメージを描きながら、ゆっくりと鼻から息を吸い込みます。

しっかりと胸に酸素が入るのがわかりますね。

無理をせず、体の声を聞きながら

心と体が心地よいと感じることが大切です。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

生命があるものをまるごと食してエネルギーを上げる

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんの人の食事と健康な人の食事は違います。

しかし、共通していることは、生命あるものを食べることです。

人工的にぬかを取り除いた白米は、精米の過程で生命を失っています。

生命を失った白米からは芽が出ることはありません。

体に良いと言われる味噌も、生きている味噌を選ぶことが大切です。

本来、味噌の原材料は、大豆、塩、麹(米・麦)だけです。

これらの材料以外に 「酒精」 と書かれているものがあります。

酒精とはエチルアルコールのことで、発酵を止めるために使われています。

酒精(エチルアルコール)を1~2%加え、発酵を止めることで炭酸ガスが発生するのを防ぐのです。

また、酒精以外にも 「加熱殺菌」 によって菌の動きを止めてある場合もありますので注意です。

酵母が生きていると発酵がどんどん進み、味が変わってしまいます。

これはメーカーが味噌の味を一定に保つためと、発酵によって容器が破裂するのを防ぐために、酒精や加熱処理で発酵を止めているのです。

しかし、味噌は酵母が死んでいては意味がありませんので、酵母が生きた味噌を使うことをおススメします。

生きた味噌は、常温で置いていると発酵しますので、容器の破裂を防ぐため、蓋にはガス抜きの穴が開いているのが特徴です。

また、だし入り味噌のダシは、「グルタミン酸」「イノシン酸」「グアニル酸」など化学調味料であることが多いので注意です。

味噌なら何でも体に良いと思い込み、酵母が死んだ味噌や、化学調味が加えられた味噌を知らずに使っている方が意外にも多いです。

栄養成分も大切ですが、生命のあるものを頂くことが最も大切と考えます。

私たちの体は生きています。

生きている体には、生きている食品を入れることが、理にかなった合理的健康法ではないでしょうか・・・

だから、私は癌になったとき、生きている発酵プロポリスを選びました。

木樽発酵プロポリスはこちらから

生きているものは、私たちの体に生命エネルギーを与えてくれます。

そして、玄米、ごま、豆のように食物をまるごと食べるように、野菜、魚もまるごと食べることが大切です。

大根であれば、皮のまま葉っぱから根までまるごと食す

魚は、切り身より小魚のように頭から尻尾までまるごと食す

生きたものをまるごと、感謝して頂きたいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました「

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

唾液は天然の抗ガン剤?

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

しっかり噛んで食事をしていますか?

私たちは、毎日たくさんの活性酸素を生んでいます。

ストレス、添加物、電磁波、薬剤など、現代の生活では、残念ながら活性酸素が出る生き方が普通になっています。

活性酸素は、いわば排気ガスのようなもので、必ず排出するものですが、溜めてしまうと毒になります。

排出してしまった活性酸素を除去出来ずにいると、正常な細胞を傷つけ、ガンなどさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

これが、毎日の食事が影響しています。

食事をする時、しっかりと噛むことで唾液が出ます。

唾液に含まれる酵素は、活性酸素を除去する働きがあります。

つまり、抗酸化作用があるということです。

唾液は天然の抗ガン剤とも言われます。

また、しっかりと唾液を出すと、消化酵素もしっかりと出ます。

消化もスムーズに進み、食べたものが胃腸で腐敗するのを防ぎます。

そして、噛むことは、脳への刺激もあり、自律神経をのバランスを整える手伝いもしてくれます。

何より大事なことは、自然の恵みを感じ、楽しみながら、ひとくちひとくち、感謝して頂くことですね。

ひとくちで、ゆっくりと30回は噛んで頂きたいですね。

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ

プロポリスの感想をお電話下さいました

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則

がん自然治癒研究家・塚本みづほ

先月、ホームページの方から「蜂粋ゴールドプロポリス」120㎖をご注文下さった方からお電話を頂きました。

ホームページからのご注文は、どんな方が飲まれているのか、どんな目的で飲まれているのか全くわかりません。

でも、何らかで「蜂粋ゴールドプロポリス」を必要として下さっている方でしょうから、お役に立ちますように・・・と祈りを込めて、お送りさせて頂いています。

そして、一昨日、お電話を下さった方

肺ガンの58歳の方です。

全く、ネットが使えない方で、息子さんが調べてご注文されたそうです。

『息子がこれを飲んでくれ、と言って持ってきてくれたので、よく分からないまま飲み始めました。
私は、抗ガン剤治療を今までしてきましたが、結局、再発をし、転移もしています。
抗ガン剤をすることで、体力がなくなり、精神的にも弱ってしまったんです。
何のために生きているのかと考えるようになりました。
今回も、抗ガン剤をすすめられましたが、もうやめたいと心底思ったんです。
前から、息子は抗ガン剤はやめたほうがいいと言っていたので、治療をやめることを伝えると、プロポリスを買って持ってきてくれたんですよ。
信じて飲んでみようと思い、毎日8mlずつ飲んでいます。
半月ほどで、真っ黒になっていた爪が、きれいになりました。
痛みもすごく楽になり、外に出て体を動かすことが出来るようになったんですよ。
せっかく良くなっているので、このまま続けたいので送って欲しいと思って、お電話しました』

愛される蜂粋ゴールドプロポリスはこちらから

なんて優しい息子さんなんでしょう

聞いているだけで、私の方が心が温かくなりました。

息子さんを信じるお母さんの力も凄いですね。

信じるものは救われる

何より素直な心は大事です

がんを治す生き方・・・ご相談ください
TEL 084-925-1271
がん自然治癒の法則・がんを治す生き方・がん自然療法・広島県福山市・がん自然治癒研究家・塚本みづほ