少食ががん細胞を減らす

私達は『白血球』により免疫が保たれています。

白血球は血液の中をいる単細胞生物で、30億年前に地球上に出現した始原生命そのものではないかと言われています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、それを白血球が食べています。

栄養を取り込んだ白血球も私達と同じようにお腹いっぱいになり、ガン細胞が発生しても見向きもせず、食べようともしません。

ガン細胞だけでなく菌に対しても同じです。

私達が空腹のときには、白血球も空腹になります。

お腹が減った白血球は、ガン細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫の力なのです。

少食が免疫を上げる

免疫を上げたければ腹七分目の少食です。

病気を治すためには、空腹の時間をしっかりとつくることです。

もともと日本人は1日2食だったそうです。

外国も1日1~2食が多かったと言われています。

なぜ2食が3食になったのかというと・・・

発明家であるエジソンが、1日3食を強くススメた事が大きく影響したと言われています。

その根底には、エジソンが発電から送電まで事業化した事。

それと同時に、パンを焼くトースターの発明をした事だそうです。

トースターを売る為と、電気の需要を高める為に、「1日3食」を宣伝したとされています。

実際には、経済発展や政治の問題が1日3食の洗脳教育を生み、今に至ると思われます。

生活が豊かになると1日3食に嗜好品までもが加わり、その分たくさんの病気をつくり、医療費を圧迫させています。

健康になりたければ少食です。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんが治る可能性はだれにでもある

がんは治る病気です。

がん治癒への一番の妨げはガンに対する恐怖心と心のブレ

恐怖心は、体におおきなストレスを与え、痛みさえ増強させてしまいます。

再発転移を繰り返し、末期ガンを宣告され、『助けてください』 というご相談をお受けします。

がんは、自分がつくった病気です。

だから自分で治すしかないのです。

言い方を変えれば、自分次第でなおすことが出来る病気なのです。

思考・生き方を変え、今までの癌に対する考え、そしてとらわれを捨てるしかないのです。

治療をしてもしても同じことを繰り返していることに疑問を感じませんか?

自分が目を覚まさなければ、何も変わらないのです。

がんは死の病気だという今までの思い込みをきっぱり捨てる

余命宣告を受けても、ある日突然ガンが自然退縮したり、元気に共存しているはたくさんいます。

癌の自然治癒・自然退縮が起きることは奇跡でもなく、誰にでもある可能性

末期ガンだからといってあきらめる必要はないのです。

がんを治したければ、がんが治る生き方をする

がんを克服した人たちは、余命宣告を受けても自分で治せる、自分が治すしかないと気付いた人たちです。

がんの根本治療とは、がんと闘わず、がん細胞を正常細胞に戻すこと

決して、がん細胞を攻撃したりしてはいけないのです。

がんと向き合い、不自然な生き方、、血液を汚すことはやめる

癌が治る条件を揃えれば、癌は自然退縮、自然治癒していくのです。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

乳がん、卵巣がんを促進するもの

私たちの日常に当たり前のように浸透しているもの

そのひとつに牛乳があります。

牛の乳ですが、牛の血液からつくられたもの

よく考えると不気味ですね。

骨が丈夫にする牛乳、体に良い牛乳、だから牛乳は毎日飲みましょう

と子どもの頃から言われてきましたが、本当にそうなのでしょうか・・・

ラクターゼという分解酵素によって牛乳の乳糖は分解されます。

しかし、アフリカ人や日本人を含むアジア人は、このラクターぜが離乳期以降分泌されません。

つまり、分解する酵素がないのに牛乳を飲んでもカルシウムを吸収することは出来ません。

それどころか、体内からカルシウムを奪い、排出してしまうこともわかっています。

世界一牛乳を飲むノルウェー人の骨折率は日本人の5倍にも及ぶそうです。

チーズも同じく、食べない人に比べると骨折率は4倍にもなります。

がんで骨転移をしている人が、骨折しないように牛乳を一生懸命摂っていらっしゃいましたが、実は逆効果?という話もありますね。

牛は、乳の出をよくするためにホルモン注射をされ、病気を防ぐために抗生剤を毎日与えられています。

牛乳に含まれる成長ホルモンや女性ホルモンが、卵巣ガン、乳ガン、前立腺ガンなどホルモン系の癌の発症を高めているという研究がされています。

牛乳に含まれるカゼイン(牛乳たんぱく質)という物質は発ガン促進物質であり、癌と牛乳の関係は否定できないようですね。

よく知られてきましたが、牛乳を使った乳製品も癌の人は特に気をつける食品ですね。

健康な人も気をつけたいものです。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

最後まで読んで下さりありがとうございました。

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

病気の根源は心にある

【病の根源は心にある】

ガンになったとき、私の胸に大きく響いた言葉です。

病は氣から・・・という言葉はよく耳にしますが深く掘り下げて考えたこともなかったように思います。

完璧主義だった私は、自分に厳しく、適当ということが許せなかったのです。

他人からの見られ方も気になる私は、常に他人の言葉や態度に敏感になっていました。

自分に厳しい性格ですから、当然、他人にも厳しさを追求していたのでしょう。

白か黒でしかない私は、適当な人が許せなかったりしたものです。

こんな私は常に交感神経が過剰になっていたと思います。

睡眠中もちょっとした音でも反応し、目が覚めてしまうのですから・・・

知らぬ間に自らストレスをつくっていましたね。

性格は急に変わるものではありません。

しかし、自分の愚かさに気付き心から周りや自分に詫びることが出来ると、自分を変えるための行動を始めます。

つまり、バランスのよい生き方に変えるということです。

まず、私は夜型の生活から朝型の生活に変えました。

完璧主義の私は、すべて完璧にしてからでないと寝れなかったため、毎晩、寝るのは早くても日にちが変わる頃でした。

これが、交感神経を過剰にさせ、ガン細胞を退治してくれているナチュラルキラー細胞の活動を抑制していたのでしょう・・・

そこで、私は朝の起床時間を3時半にしました。

1日1時間の散歩、時間を見つけては体を動かすことをしました。

実は、運動が苦手で体を鍛えることは全くしない私は、当時スクワットが1回も出来なかったのです。

早起きを始め、体をしっかり動かすと、自然と早くから眠くなり、気がつけば朝型の生活に切り替わっていました。

細胞が修復される時間、しっかり寝るようにすると、どうやらナチュラルキラー細胞も活性化してくれたようです。

夜、早く寝ることで究極のリラックス状態をつくり、副交感神経が優位となり、自律神経のバランスが整い、精神状態が安定してきます。

考え方も変わりました。

家族のためと勝手に思い込み、無理をしてきた結果、私はガンになり、一番大切な家族を悲しませ、苦しめてしまったのです。

だから、多少家事は残したままでも、自分が休むこと

これも大切な家族への大事な想いであると気付いたのです。

まずは自分の意識を変える努力が大前提ですが、生活が変わると意識はさらに大きく変わります。

意識が変わると生き方が変わってきます。

不平不満、愚痴、苛立ちはガンの道

【笑いに勝る療法はなし】

明るくおおらかに感謝して生きることが、ガンなおしの近道です。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

ガンとフィトケミカルの有用性

ガンの原因である活性酸素

活性酸素が過剰に発生する原因はストレス、薬品、電磁波、添加物など様々なものがあります。

そして、私達はたえず酸素を体に取り込んで生きています。

取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。

活性酸素のすべてが悪いわけではなく、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。

しかし、活性酸素は過剰に増えると健康な細胞まで酸化してしまい、ガンなど様々な病気を起こしてしまいます。

ガン宣告を受け、不安や恐怖からストレスは強くなり、さらには化学療法で活性酸素はガンになる前よりはるかに増えていく方がほとんどです。

いかに活性酸素を上手く除去するか、酸化させない生活をするかで再発転移の率も変わってきます。

そこで活性酸素を除去してくれる身近なものは抗酸化力のある植物性の食品です。

抗酸化力のある植物には『フィトケミカル』という活性酸素を無害化にする抗酸化物質が含まれていてます。
自ら排出した活性酸素から身を守るために、植物は抗酸化物質である『フィトケミカル』を持ち備えています。
『フィトケミカル』を多く含む食品は、海藻、キノコ類、苦みのある色の濃い野菜など・・・

これらを積極的に摂ることは、体内の活性酸素の除去に役立ちます。
特に野菜は皮や茎の部分にフィトケミカルが豊富に含まれているので捨てずに使うことをおススメします。
ただし、手間でも農薬の除去をきちんと行うことです。

フィトケミカルを多く含む野菜は味噌汁などにも向いています。
煮ることでフィトケミカルが野菜の細胞膜から溶け出し、煮汁にしっかりと抗酸化物質が取り入れられます。
味噌汁は、生きた味噌に含まれる酵素と野菜から溶け出るフィトケミカル(抗酸化物質)でダブルの活性酸素除去効果があります。

様々な野菜、海藻をしっかり摂り、最低でも1日1回はお味噌汁を摂ること

活性酸素を増やさない生き方をすること
そして、フィトケミカル、酵素、ミネラルが含まれた栄養補助食品を上手に使うことも大切ですね。

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします。

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんを原因療法で治す

心にストレスが生じると、体にさまざまな症状や臓器の異常を発生させることになります。

ガンもそのひとつ

日々、ご相談を受けるなかで一番多い悩みは、ストレスです。

自分がなぜ、ガンになったのか・・・ご自身でちゃんとわかっている方が実はほとんどです。

ガンの発症に心理的要因が強く関わっていることは言うまでもなく、ガンは心のストレス病といってもいいでしょう。

特に、右の乳ガン、胃ガン、肺ガンは心理的ストレスによってつくられるとも言われています。

なかでも女性に多いのは、幼少期を含む家庭内の問題が原因にある人が多いようです。

もし、思い当たるふしがあるなら、まずは認めてみることからですね・・・

ガンは原因を取り除く、原因治療によって充分なおすことが出来る病気です。

ストレスが原因でガンになった人は、ストレスを回避する生き方、環境をつくるしかないのです。

さまざまな苦労やつらいことがあったのでしょう。

しかし、そこをすべて受け入れ、フラットに出来るのは自分しかないのです。

悩んでも恨んでも、何も変わりません。

何も変わらないどころか、さらに苦しくなります。

ストレス、胸の苦しみを取り除けるのは、感謝のみです。

『ありがとうございます』 は最高の言霊

『ありがとうございます』 を繰り返し言い続けたことで、ガンを克服した人もいます。

悩むことをやめ、人を恨むことをやめ、人を妬むことをやめ、人のせいにすることをやめ

つらかったことにも感謝する

だって、今 こうやって生かして頂いているのですから・・・

しかし、人間は感情の生きもの

毎日、心は揺れ動きます。

だから、私はクライアント様を支えていきたいと思い、日々相談を受けています。

今があることに感謝して、一日一日を大切に生きてみませんか?

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

放射能を軽減させるには

増え続けるガン

茨城、千葉、東京方面から最近はよくご相談を受けます。

また、放射線治療による再発を恐れている人も・・・

お腹いっぱい食べさせたのマウスと、腹5部目に抑えさせたマウス、それぞれに同じ線量の放射線を浴びさせたところ、腹5部目のマウスは、0.7%しか発ガンしなかったとの報告

一方、お腹いっぱい食べさせたマウスは、100%ガンを発症したという米国マウントサイナイ医大の報告があります。

つまり少食は、放射能対策として効果があるということのようです。

逆に食べ過ぎは、人工的放射性物質を体内に蓄積しやすいということのようですね。

断食や少食によって酵素の動きが活発になることで、毒物の排出が促されガン予防の効果が期待できるのです。

発酵食品などを摂取することが大切ですね。

ですが、酵素はビタミン・ミネラルが不足すると働くことができませんので、ビタミン、ミネラル不足には注意しなければなりません。

自然塩は、適量摂ることでビタミン、ミネラル不足を補います。

また、放射能を除去出来るのは抗酸化物質

きのこなどフィトケミカルが溶けだす具だくさんの味噌汁など毎日飲むことをおススメします。

気になる人は、抗酸化力のある健康食品を摂取するとよいでしょう。

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

ここ最近の関東方面からのご相談の多さは、気にかかるところです。

他人ごとと思わず、対策をすることは必要ですね。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

アルカリ性の体でがん細胞を阻害

アルカリ性の体は、ガン細胞の成長を阻害します。

天然多種のビタミン、ミネラルを中心に、後は微量栄養素(200種以上)で体をアルカリ性に保つことです。

体をアルカリPH7.5以上に保ち、自己治癒力を高める必要があります。

ビタミン、ミネラルを補うには、自然塩を摂るといいですね。

食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部に出血を生じてしまいます。

この出血を止めるために、血管内の傷ついた部分をコレステロールが覆い、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。

ですから、必ず自然塩を使うことをおススメします。

人間の体をしっかりと機能させるには、体に電気を流す必要があります。

電気を発するにも塩が必要なのです。

体内に塩分がないと、体温も上がらず、解毒もしにくくなります。

ガンをなおすには、体のなかに溜まっている毒素の排出が必要

朝起きてトイレを済ませたら、まずは自然塩をひとつまみ入れた白湯を飲むとよいでしょう。

程よい塩分が体内に入ると、血流がよくなり、解毒効果も高まります。

緑色の葉の野菜に含まれるクロロフィルの効果で、栄養素だけでなく、体内に酸素をしっかりと取り入れることも大事です。

血液に酸素がしっかりと運ばれるガン細胞が生きにくい体になります。

自然界の問題は、自然界が解決してくれるのです。

天然のサプリメント、健康食品を摂ることをおススメします。

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんの根本治療とは

命の営み、命の根源といえる代謝

代謝が活性化されると、免疫力が高まり体力が安定します。

代謝を活性化するには、栄養と体温、そしておおらかな、前向きな心が必要です。

良い栄養を摂る、体を温め動かし、体温を上げる

そして一番大切なのは、いつもおおらかな心で前向きに生きることです。

この3つが常に一体となり代謝活動を行います。

つまり、栄養、体温、心を健康にすることで免疫力は強化されます。

心が後ろ向きになり、自律神経が乱れると体温は下がります。

体温が下がると、食べたものを必要な栄養素に変換できなくなります。

栄養状態が悪いと、さらに心は淀んでいきます。

つねに、栄養、体温、心は連動して生命活動をしているのです。

ガンの根本治療とは、代謝を活性化してガン細胞を正常細胞に戻すこと

代謝が活性化する生活をしていきたいですね・・・

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

「がんは直せる」自分を信じるこつ

このまま諦めていいのですか?

このままで本当にいいのですか?

そんな風に声をかけたくなるような方はたくさんいらっしゃいます。

まだまだ、していないことがたくさんあります。

まだまだ可能性があるのに諦めてしまったり、自分自身の殻から抜け出すことが出来ず、途方に暮れていらっしゃる方・・・

なおすのは自分であることに気付いて欲しいです。

療法はさまざまですが、自分でなおすという意思を持つことが絶対的に重要です。

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

そのうち半数が、治療への不安、病院への不信でさまよっているそうです。

そもそもは、無知がゆえに始まったことなのかもしれません。

治療をしても再発転移を繰り返す、または行き場の無くなったガン患者さんは本当に不安な時間を過ごされていることと思います。

2人に1人がガンになり、3人に1人が亡くなる時代です。

自分や大切な家族が、いつガンになるかわからない時代ですから、ガンには、さまざまな療法があることを知っておくことも大切だと思います。

たったひとつの情報で救われた人もたくさんいます。

情報を目にしなければ、気付かないまま、知らないまま過ごしていることも多いはずです。

情報をキャッチしたら、自分の直感を働かせ、自分自身に責任をもって判断する

療法も、自分に合うものを自分でしっかり選ぶことです。

自分を信じて取り組むことで、ガンでも元気に楽しく生活されている方、ガンが消滅した方もたくさんいらっしゃいます。

それは、自分が信じた道、信じた療法が一番効果的ということです。

氣や念というものは、思う以上に強く出ます。

余談ですが・・・

スプーン曲げも特別なものではなく、誰にでも出来ます。

曲がらないと決めてしまうと、曲がりません。

曲がってくれると信じ、愛情を一生懸命注げば、簡単に曲がってくれます。

ガンなおしも同じです。

コツをつかむことです。

ご質問お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925ー1271

おすすめのページはこちら
https://www.qualitypro.jp/

私の愛用品はこちら
https://propolis.ocnk.net/

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)