足を温めて毒を下半身におろす

ガンは血液の汚れ

血液を汚してしまう環境はたくさんあります。

私たちは、血液が汚れてしまうと、敗血症を起こしてしまいます。

敗血症にならないように、全身の血液の汚れを一手に引き受け、1ヶ所に集めるという役割をしてくれているのが、ガンです。

つまり、ガンは体に溜まった毒です。

毒が溜まれば溜まるほど、ガン細胞はまた汚れを集めさらに大きな塊となります。

この毒をどうやって体から出していくのか・・・

毒素を出す=血液をキレイニする

基本的に私たちの体は、体にとって毒になるもの、必要ないものは外に出そうとする働き、排出機能があります。

鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりものなど、まさに浄化機能の働きによるものです。

特に皮膚から出そうとする力があります。

浮腫みも浄化機能のひとつです。

毒素が出る時には、このような症状がつきものですが、不快な症状に耐えきれなくなります。

そこでついつい薬を使ってしまい、毒をまた体内に押し込めてしまうのです。

そこまでならないために、溜め込まず毎日、毒素を出すことが大切ですね。

そのためには、下半身に目を向けることです。

下半身の筋肉を鍛えること

そして、誰でも簡単に出来ることといえば、足を温めることです。

足を温めると、体の毒が下半身におりてきます。

そして、毒を排出しやすい状態になります。

体を動かして自ら熱を発して足を温めることが一番ですが、出来ない人は足湯などを使うといいですね。

ガンだろうと、ガンでなかろうと浄化機能に意識を向けることは、人間の生命体にとって非常に大切なことです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんを作る原因、乳製品も?

末期がん、進行がんを克服した人の多くは、動物性食品を断つ食事を経験しています。

肉を食べて血や筋肉をしっかりとつくりましょう!といわれ、一生懸命 肉を食べてきた人もいますね。

このように、肉や卵、乳製品などの動物食をしっかり食べるように教えてきたドイツのフォイト氏

『最も理想的な栄養源は、高たんぱく、高脂肪、低炭水化物である』

このフォイト氏の栄養学は、今でも現代医学のなかでうたわれています。

それを覆したのが、アメリカのマクガバン・リポート

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』 今村光一さん翻訳より

本来、穀物を食べるように出来ている人間の体は、肉食動物に比べ、腸の長さが4倍も長くなっています。

長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまうのです。

その結果、有害物質で血液が汚れ、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなれば毒素が溜まり、悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

腸内環境が乱れると、抗酸化力が弱まり、活性酸素の除去が出来なるのです。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞をつくってしまう・・・

お肉ばかり 食べ過ぎていませんか・・・?

また、動物性の食品は、早く肥育させるために成長ホルモン(エストロゲン)が乱用されている可能性があります。

成長ホルモンは、非常に強い発ガン性物質といわれています。

特に米国産牛肉の脂身は、残留度が高いといわれています。

発ガン率が5倍になると言われている成長ホルモン(船瀬俊介氏より)

日本人の乳がん、卵巣がん、子宮がん、前立腺がんなどホルモン系のがんが、凄まじい勢いで増えた背景には、このような食の影響があることは否定できないようですね・・・

思い当たる節がありませんか・・・?

特に女性は、ヨーグルトやチーズ、バター、生クリームといった乳製品を好む人は多いですね。

がんになったら、がんになった原因を取り除く

自分で意識していくことが、がんを治す近道です。

【がんの原因に働きかける】

三大療法(抗がん剤、放射線、手術)だけに頼らない

こんな方に選ばれています

●がんが治る生き方をしたい人

●再発転移を繰り返した人

●余命宣告された人

ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がん治しには揺るがぬ信念が必要

お電話くださった乳ガンの方

実は、以前にもお電話をくださっていました。

不安で仕方ない様子で涙ながらに話されたのを覚えています。

彼女は、直感が働きプロポリスを飲みたい言われました。

もちろん、それだけでなく心の持ち方を変えることが大切であること、そしてコツコツと続けることが最も大切であるとお伝えしました。

その後、彼女は転々とさまざまな療法を渡り歩いたようです。

そして、今回の再発は心も体も弱り切っていました。

なぜ再発したのかを一緒に考えました。

違うことが目に入れば、前のことをやめて違うものをする

そして、また新しい情報が入れば、前のことをやめて新しいものをする

これを何度も繰り替えしています。

その度に、ぐらぐらと気持ちが揺れています。

毎回、振り出しに戻っているのです。

投げかけたことが返ってくるのです。

ガンなおしには、揺るがぬ信念が絶対的に必要です。

自分を信じ続ける精神

周りに振り回されない、影響されない、しっかりとした自分を持つことです。

これも訓練です。

自分の体に愛情を持ちコツコツと辛抱に続けることが最大の武器になるのです。

そして、家族の最大の愛は、ただそばに居てあげることです。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

半身浴で免疫を上げる

ゆっくりお風呂に浸かると体がポカポカします。

毎日の入浴は、ガンなおしの貴重な時間です。

お風呂に入ると、、気持ちが良くて、ホッとする感覚になりますね。

この瞬間、副交感神経に働きかけています。

お風呂で体の芯まで温まると、血管が広がり、血流が良くなります。

血流が良くなると、酸素と栄養の運びもスムーズになり、腎臓、肝臓、腸の動きが活発になると、老廃物の排出が促されます。

入浴は、心身共に癒される時間ですね。

体温が36℃未満の人は、40℃前後

体温が37℃近い人は、41℃前後がおススメです。

熱すぎるお湯は、交感神経を刺激してしまいますので、寝る前の入浴は高温になりすぎないよう注意してください。

そして、ゆっくりと時間をかけて半身浴がおススメです。

肩が冷える人は、肩にタオルをかけておくといいでしょう。

半身浴は、全身浴に比べ、毒素が排出されやすくなります。

好きな音楽を聴いたりしながら、リラックスで半身浴を楽しんで、免疫をあげていきましょう。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

活性酸素は腸で除去される

私たちの体は、常に活性酸素を発生させています。

この活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけてしまい、ガン細胞をつくっていきます。

体が酸化すると、ガン細胞はどんどんと増えてしまいます。

強い抗酸化力で活性酸素を除去してくれているのが腸です。

私たちの腸内に住む腸内細菌は、免疫向上に日夜働き続けています。

この腸内細菌が減ると、抗酸化力が弱まり、活性酸素が除去出来なくなります。

ガンの原因である活性酸素から体を守るには、腸内環境を整え、しっかりと抗酸化力を高めることが大事だといえますね。

腸内細菌を増やすには、発酵食品です。

発酵食品でも、お漬物や、納豆、味噌といった植物性のものがおススメです。

特にガンの方は、腸内での腐敗を防ぐためにもヨーグルトなど動物性のものは避け、植物性の発酵食品で腸内細菌をしっかりと整えることが重要です。

日本人には日本人にあった菌を摂ることです。

腸内環境の乱れはガンだけく、不安神経症や鬱の原因にもなります。

幸せ物質であるセロトニンの9割は腸に存在すると言われています。

心と体の健康は、腸内環境で決まるといっても過言ではなさそうですね。

がんを治す生き方・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

手足が冷える原因

低体温は、ガンなどさまざまな病気を招きます。

体温が1度下がれば免疫が30%下がるといわれるくらい体温は免疫機能と深く関わりをもっています。

体温が低い、手足が冷える一番の原因は筋肉不足

体の熱は筋肉で作られます。

私たちの体の筋肉は、7割以上が下半身に集中しています。

つまり下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来ます。

そして私たちの体は、寒くなると手足の表面の血管を細めて血液の流れを減らそうとします。

これは、血液をできるだけ内臓に集め、体を冷えから守ろうとするためです。

手足にも血液をしっかりと運ぶには、下半身の筋肉を鍛え、体温の底上げをすることです。

屋内でも出来るスクワットなどいいですね。

男性に比べ筋肉がつきにくい女性は特に、体温プラス4℃の湯舟でふくらはぎをしっかり揉んであげるといいでしょう。

ふくらはぎが温まると血液が流れだし、自然と足先が温まります。

また、強いストレスは筋肉を減少させてしまい、低体温を招いてしまいます。

ストレスによって分泌されるホルモンが、ストレスを緩和させるために、筋肉を分解してしまう現象が起きるからです。

筋肉を鍛えることに加え、ストレスを回避できる生き方をしたいですね。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

食で作ったがんは食で治す

【食が病をつくり 食が病を治す】

肉好きの人は、ガン死の危険性が4倍、5倍と高くなります。

砂糖はガンのエサになります。

食べ過ぎはNK細胞の働きを弱めます。

ガンになるまでには、どれだけの贅沢があったのでしょうか。

食生活の乱れが積み重なり、長い年月をかけ、ガンをつくっています。

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』

アメリカのマクガバン・リポートより 今村光一さん翻訳

食でつくったガンは、食でなおす

ガンをなおすには、食生活の改善と月日、費用が必要です。

なおすには、今まで贅沢してきた分、その何倍のエネルギーと時間、費用がかかることは当然です。

すぐになおると思い甘くみていると、再発をしてしまいます。

それだけ長い年月、体に負担をかけてきたのですから・・・

肉や乳製品は、長い腸を通過していくうち、腐敗がおきインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。

その結果、有害物質で血液は汚れ、抗酸化力も弱まり、活性酸素の除去が出来なくなります。

除去出来なかった活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、ガン細胞をつくっていきます。

特にお仕事などで、外食が多い方は抗酸化の栄養補助食品を積極的に摂ることをおススメします。

人間の三大欲である食欲

浴にもバランスが必要であり、欲が優位になったとき、病気など災いが起きてしまいます。

特に砂糖をつかった嗜好品は浴そのものですね・・・

ガンのエサであっても食べますか??

浴や執着をとることが出来れば、食生活の改善もストレスなく出来るようになります。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

自ら熱を発する体でがん治し

毒だしには、下半身を鍛えることが重要になってきます。

有害毒素を排出しやすくするには、下半身を動かすことです。

運動をして、足が温まると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

ガンの方は体温が低くい方が多く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。

血流が悪くなると酸素の運びも悪くなり、低酸素の状態をつくってしまいます。

低体温、低酸素はガン細胞が好む環境ですから、この環境から脱出することがガンなおしの基本です。

特に女性はもともと筋肉量が少ないうえに、更年期時期に体温が急激に下がってしまうことがあり、低体温になりやすい体です。

お風呂に入って湯舟のなかで、ふくらはぎをマッサージして、リンパの流れを良くすることも効果的ですが、自ら熱を発する体づくりをしていくことが大切です。

体を鍛えるのに良い時間は朝です。

朝は、体温が一番低い時間です。

この時間に運動をすると、より効果的に熱を発する体づくりができます。

スクワットや階段を上がるなど、下半身をしっかりと鍛え、筋肉をつけていくと自然と体温は上がり、また体内の毒出しもスムーズにできるようになります。

同時に腹部の筋肉も鍛えると、便秘の解消にもなります。

便秘の原因のほとんどは筋肉量の不足です。

サプリメントや野菜を摂っても出ないといわれる方は、腹筋を鍛える運動をおススメします。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

今日もお付き合いありがとうございました。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

がんの原因になる酸化現象を抑える

初期ですから取り除いてしまえば安心です、という言葉を鵜呑みにしていたら、

気付けば末期になっていた・・・という方から相談をうけます。

ガンになった原因を取り除かない限り、誰しもがそうなる可能性はあります。

必ず原因があって、ガンという塊が出来ています。

食生活の乱れや、睡眠の問題、体の冷えや、運動不足、そしてストレス・・・

原因はさまざまですが、これらは体の酸化を引き起こします。

そして体の酸化は、ガンをつくります。

体が酸化する原因をそのままにしていては、また同じことを繰り返してしまいます。

また、手術などで傷ついた臓器は酸化が進み、ガン化しやすい状態になります。

再発の原因になる酸化現象を出来るだけ抑えることが大切です。

初期のガンだけでなく、前がん病変でも同じですね。

特に、子宮頸ガンの前がん病変による円錐切除術をうけた数年後、進行ガンとなって見つかるケースが多いですね。

切り取ってしまったら安心ではなく、その分、リスクを背負っていることを知っておかなくてはいけません。

また、人の臓器には、ガンに対抗する防衛機能がそれぞれ備わっています。

体を守ってくれているものを取り除いてしまうのですから、生体の防衛機能を失い、自然治癒力を低下させてしまうことはいうまでもありません。

大切なことは、人任せにせず、体に対する自分の意識を変えることです。

初期であっても再発転移を起こし、残念な結果になる人はたくさんいます。

末期であっても、ガンになった原因をきちんと取り除き、今までの常識を覆し、生き方を変え、ガンを克服する人はたくさんいます。

ガンは自分がつくった病気ですから、自分の心と体にしっかりと向き合い、意識を変えて取り組むことが大切です。

がんが治る生き方とは・・・・・・
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

余命宣告を受けても元気になる人は

余命宣告を受けたことで本人はもちろんのこと、ご家族にとっても大きな衝撃となります。

途方に暮れ、相談してこられる方が多いのですが・・・

まだまだやっていないことがたくさんあり過ぎます。

出来ない理由をつくっている方もたくさんです。

出来ないのではなく、やっていないだけのことも多くあります。

命と本気で向き合うときは、出来ない理由などないはずです。

ガン宣告を受け、今まであれだけの時間があったのになぜ?と思うところですが・・・

自分次第であることにまずは気付いていかなくてはいけません。

そして、何かのせいになっていませんか?

方法は人それぞれですが、なおる人は覚悟を決め、自分の信じた道を徹底して取り組んでいます。

なおらない人は、どれもが中途半端になっている人です。

上手くいかなければ何かのせいになったり、すぐに結果を求めてしまい途中でやめてしまうなど、何もかもが中途半端になっています。

なおしたいといいながらも、優先順位が違っていたりします。

人生には、我慢をしなくてはいけないときもあります。

人生には、必死に取り組まなくてはならないときがあります。

人生には、自分と徹底して向き合い、孤独に耐えないといけないときもあります。

それが、ガンになった今であることに気付かなければ、また同じことが繰り返されてしまいます。

長い期間をかけつくってきたガンです。

克服、共生される方は、徹底しています。

新たな価値観を構築すること

ライフスタイルを徹底して改善していくことです。

どんなに周りが騒いでも、やるのは自分しかないのです。

すべては自分次第です。

余命宣告を受けても、元気になられる方はたくさんいます。

キーワードは、気付きです。

そして、執着を手放すことです。

何より実践です。

自分自身の愚かさに気付き、自分自身を信じることから始まります。
ご質問・お問い合わせは
がんと自然治癒力研究会
☎084-925-1271

おススメのページはこちら
がん三大療法だけに頼らない

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

(このブログは、私個人の考えであり指導するものではありません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)